ブラック ラグーン 2 設定 差。 ブラックラグーン2で万枚!?ARTを15回引き戻した驚愕の結果…

ブラックラグーン2 スロット 解析攻略・天井・設定差・評価【スロットコレクション 2

ブラック ラグーン 2 設定 差

ブラックラグーン2 ボーナス重複確率と設定差 ボーナス重複確率 リプレイ 0. 04% 強ベル 33. 3% 確定ベル 100% 弱チェリー 1. 00~2. 00% 強チェリー 20. 0% 中段チェリー 50. 0% スイカ 5. 00~7. 00% 弱チャンス目 6. 25~10. 3% 強チャンス目 33. 3% 超チャンス目 50.

次の

ブラックラグーン2 設定判別・設定差解析まとめ

ブラック ラグーン 2 設定 差

【技術介入要素】 ほとんど無し。 通常時とART中にスイカとチェリーを取りこぼさないようにするだけ。 押し順ナビ発生時以外は、必ず左リールから停止させること。 演出がおとなしいようならばヤメてOK、演出が騒がしいようならばおとなしくなるまで回す。 特にREG後は、高確以上に滞在している可能性が非常に高い。 【天井】 ボーナス後1280G消化で天井到達となり、次回ボーナスまで継続するARTに突入する。 かつ、バレットも満タンとなる。 【設定変更時】 天井到達までのゲーム数がクリアされる。 以降は、左リールの停止形により打ち分ける。 ==左リール中段にチェリーが停止した場合== 中段チェリー確定。 中・右リールは適当打ちでOK。 ==左リール上段 or 下段にチェリーが停止した場合== 弱チェリー or 強チェリー or 確定ベル。 中・右リールには青7を狙う。 3連チェリーになれば強チェリー、それ以外ならば弱チェリー。 チェリー+ベル揃いとなれば確定ベル。 ==左リール上段にスイカが停止した場合== スイカ or 強ベル or 強チャンス目 or 超チャンス目。 中リールにはBAR、右リールには赤7を狙いスイカをフォロー。 ベルが揃えば強ベル。 スイカテンパイハズレとなれば強チャンス目。 中段ベルテンパイハズレとなれば強チャンス目。 ==左リール下段に赤7が停止した場合== 中・右リールともに適当打ちでOK。 左・右でリプレイとベルがダブルテンパイしてハズれれば弱チャンス目。 押し順ナビ発生時以外は、必ず左リールから停止させること。 払い出し枚数が224枚を超えると終了、純増枚数は約150枚。 払い出し枚数が224枚を超えると終了、純増枚数は約150枚。 5回の小役入賞、または12G消化により終了、純増枚数は約50枚。 【ボーナス中の打ち方】 適当打ちでOK。 通常時の状態について - [ブラックラグーン2] ブラックラグーン2の通常時には、4つの状態が存在する。 滞在状態に応じて、ART当選期待度が異なる。 状態昇格抽選は、「ボーナス後」・「レア小役成立時」に行われる。 状態転落抽選は、「リプレイ成立時」・「ハズレ時」に行われる。 液晶が「イエローフラッグステージ」となれば高確の期待が、そして「桟橋ステージ」ならば超高確の期待が持てる。 ART自力チャンスゾーン「バレットバトル」 - [ブラックラグーン2] ブラックラグーン2には、「バレットバトル」と呼ばれるART自力チャンスゾーンが存在する。 継続ゲーム数は15G。 バレットバトルへは、主に前兆演出である「バイオレンスゾーン」を経由してから突入する。 バレットバトル成功でART当選確定。 バレットバトルは、対戦相手によって勝利期待度が異なる。 ロベルタ < 銀次 < トーチ < ソーヤー < ロットン 対戦相手が「ロットン」ならば勝利確定。 ART「ラグーンラッシュ」 - [ブラックラグーン2] ブラックラグーン2には、「ラグーンラッシュ」と呼ばれるART機能が搭載されている。 ゲーム数上乗せ方式となっている。 【ART中のレア小役成立時】 ART中のレア小役成立時には、以下の抽選が行われる。 【ART中のバレットについて】 前作同様、今作でも「バレット」が重要となる。 バレットが10個貯まれば「MAX状態」となり、ゲーム数上乗せやART継続が優遇される。 【バレット獲得ゾーン「バレットチャンス」】 バレットチャンスとは、1セット5Gで最大5セット継続となるバレット獲得ゾーンのこと。 ART中の「強ベル」や「3択ベル」で突入のチャンスとなる。 バレットチャンス中は、レア小役や3択ベルでバレット獲得確定。 一度のバレット当選で、最大10個のバレットを獲得できる。 【上乗せ特化ゾーン「ヘブンズラッシュ」】 ヘブンズラッシュとは、毎ゲーム高確率でゲーム数上乗せが発生する上乗せ特化ゾーン。 なお、ボーナスが成立すれば100G~300Gの上乗せとなる。 消化中に右下がりBAR揃いが成立すると、さらに上乗せ性能の高い「スーパーヘブンズラッシュ」へ移行。 一度のスーパーヘブンズラッシュでの上乗せ期待ゲーム数は約400G! 【フリーズ上乗せ「ヘルズラッシュ」】 ヘルズラッシュとは、毎ゲームフリーズ上乗せが発生する3G継続の上乗せ演出。 フリーズ上乗せは3種類存在し、発生するリールアクションが派手なほど上乗せゲーム数も大きくなりやすい。 一度のヘルズラッシュでの上乗せ期待ゲーム数は約200G。 さらに上乗せ性能が強力な「スーパーヘルズラッシュ」も存在。 こちらは7G継続のフリーズ上乗せ演出となり、一度のスーパーヘルズラッシュでの上乗せ期待ゲーム数は約400G! 【ART中の打ち方】 押し順ナビ発生時はそれに従って消化。 演出発生時は、通常時と同じ打ち方でスイカとチェリーをフォロー。 その他の場合は適当打ちでOK。 【ART中の純増】 ART中は、1Gあたり約1. 6枚のペースでコインが増加していく。 ART直撃抽選 - [ブラックラグーン2] 通常時に特定のレア小役が成立すると、滞在状態に応じてART直撃抽選が行われる。 ART直撃抽選が行われるのは、以下の4種類のレア小役。 弱チャンス目 < 強チャンス目 < 強ベル < 中段チェリー しかし、最高の状態である「超高確」に上がらない限り、ART直撃当選となることはほとんど期待できない。 なので、直撃当選についてはオマケ程度に考えておいた方がよい。 天井について - [ブラックラグーン2] ブラックラグーン2には天井機能が搭載されている。 ボーナス後1280G消化で天井到達となり、次回ボーナスまで継続するARTに突入する。 かつ、バレットもMAX状態からのスタートとなる。 バレットMAX状態となるとART中の上乗せや継続が優遇されるため、本機種の天井は恩恵が非常に大きい。 なお設定変更後は、天井到達までのゲーム数がクリアされる。 小役とボーナスとの重複当選 - [ブラックラグーン2] ブラックラグーン2には、小役とボーナスとの重複当選機能が搭載されている。 各小役での重複当選期待度は以下の通り。 低設定と設定5以上とでは 3倍の設定差が存在する。 「弱チェリー+REG」が複数回確認できたら、粘ってみる価値あり。 【ART中のハズレ出現率】 高設定ほど、ART中のハズレが出現しやすくなる。 現在新台リリースイベントで大盛況! 前作に比べてボーナス確率はなんと 【250%超】! オール役からのボーナス解除や高確モードからの連チャンは圧倒的破壊力で一気に大爆発の可能性アリ! 【姉妹サイト】 パチスロとも共通点の多い投資『FX』を徹底解説 当サイトの姉妹サイトで、 運営7年目を迎える老舗のFX初心者向け入門サイト。 特に人気のコンテンツを以下にご紹介。

次の

ブラックラグーン3 小役確率・解析 スイカに設定差【スロット・パチスロ】

ブラック ラグーン 2 設定 差

台の基本情報• 機種名:ブラックラグーン2• メーカー:スパイキー• 導入時期:2015年3月• タイプ:A+ART(純増1.6枚) バグと規制でお蔵入りになりそうだったラグーンがそのまま登場。 「致命的なバグ」とのことでしたが、実際はそれを残したまま導入に踏み切ることになりました。 バグの内容についても、全くもって他の機種のバグに比べたら致命的なものではなく、しかも滅多に出ないものであったので、他にバグが無いのであれば問題ないかと思います。 前作同様A+ART(1.6枚)• 1セット50G+上乗せGタイプ セット継続にはセット後のバトルに勝てば継続• 集めたバレットにより戦いを有利に進めることが可能• ビッグ:150枚、レギュラー:50枚 基本的な打ち方 目押しレベル 色目押しができれば問題ない 通常時の打ち方・リール配列• 左リール赤7を上段付近に目押し• スイカが滑ってきたら、中右ともに赤7を目安にスイカをフォロー ボーナス中の打ち方 全リール適当でOK。 ハズレでバレット獲得の可能性あり 立ち回りのポイント 情報は正確であるよう配慮していますが、間違っている可能性もありますので、最終的な判断は、ご自身でご判断ください。 天井&恩恵• 天井:ボーナス間1280G• 恩恵:ボーナス当選までバレット満タン状態でART継続 やめ時 REG後はREG中に獲得した高確状態となるため、やめ時注意。 また演出なしレア役、ベルこぼしが激熱となるため、やめる前はしっかり小役フォローをしながら打って、やめ時を判断すること。 設定差・設定推測 設定差に関しては、個人的に注目したいポイントのみ記載しています。 細かい部分まで知りたい方は、解析サイトなどをご覧ください。 設定確定パターン• バレットチャンス5セット継続:設定4以上• バレ満時+56G上乗せ:設定5以上• (スーパー)ヘヴンズRUSH中ベルで+5G上乗せ:設定5以上• ART(超)高確中+200G上乗せ:設定6 注目すべき設定差• この筐体はレバーが壊れやすい印象があります。 その部分は長期稼働してみないと分かりませんね。 あとリプレイ時にコインが入りません。 演出関連 前作同様の演出なので新鮮味は少ないかもしれませんが、前作ファンである方なら違和感なく打てると思います。 演出バリエーションは増えているように感じました。 出玉関連 とにかく吸い込みが早く感じました。 20前半/50枚といったところでしょうか。 またART準備が長く、コインが減ってしまうことが多かったです。 バレットバトルがかなり難易度が高く感じたのは自分だけでしょうか?ほぼロベルタ。 たまに銀次。 それ以上のキャラは出てきませんでした。 ボーナスの枚数も減ったため、出玉はやはりARTのロング継続にかかっています。 ある程始めの方で大きな上乗せをしないと厳しい仕様で有ると感じました。 個人的総評 今回は、稼働時間の大半が天井への通常時であったこと、特化ゾーンにも入れていないことなどから、正しい評価が出来るとは思っていませんのでご了承ください。 気になるのは吸い込みの速さです。 ここだけは心配な要素であります。 とりあえず特化ゾーンを引いて楽しさを味わうことが出来ないと、正しい評価にならないかなあと思いますので今回はこれくらいにしておきます。 稼働継続予測と適正台数予測• 稼働継続:2~4か月程度• またバトルのキャラがロベルタばかり出てくるので、その部分のバランスをなんとかしていただけると、もう少し遊びやすくなるような気がしました。 メーカーさん、よろしくお願いします。

次の