電子タバコ 使い方。 電子タバコ(VAPE)の使い方について|blu日本公式

電子タバコの仕組みは?使い方は?電子タバコ初心者が知っておきたいコト

電子タバコ 使い方

はじめに:「プルーム・テック」とは? 最近レストランの喫煙席やショッピングモール、高速道路のパーキングの喫煙所などで火を着けずにタバコを吸っている姿をよく見かけないでしょうか? タバコも時代と共に進化していますね!これらは 「加熱式タバコ」と言って火を着けるのではなく加熱することによってニコチンを摂取するタイプの 「新型のタバコ」です 3種の加熱式タバコ 現在三種類の加熱式タバコが登場しています。 アイコスは「フィリップモリス」という世界的な大手メーカーが出している加熱式タバコです。 対するグローは、こちらも世界的な大手メーカー「BAT」というメーカーが出している加熱式タバコです。 この両社は「マルボロ」や「クール」と言ったいわゆる洋モクを製造販売しているメーカーです。 つまり外国製の加熱式タバコなのです。 もちろん、通常の紙巻きタバコと比べ多くのメリットがある加熱式タバコはどんどんシェアを広げてきています。 そこで出て来たのが我らが日本のタバコメーカー「JT」が出した加熱式タバコ!それが 「プルームテック(PloomTECH)」となります。 「加熱式タバコ」といってもそれぞれ仕組みが異なる 上の写真をご覧ください。 左から順にアイコス、グロー、プルームテックです。 紙巻きタバコと違い装置の様な見た目です。 見た目の違いからわかる通りこれら加熱式タバコは 同じ「加熱式タバコ」といえど、仕組みと使い方は異なってきます。 加熱式タバコ共通の仕組み はじめに、 加熱式タバコが共通してどういった仕組みなのかを簡単にみておきましょう。 紙巻きタバコはニコチンを摂取するために タバコの葉を燃やし、その 煙を吸うことでニコチンを摂取します。 一方、加熱式タバコは葉を燃やすのでは無く、 高温で加熱することによってタバコの葉が含んでいる水分を蒸発させます。 その 蒸気を吸うことでニコチンを摂取します。 紙巻きタバコはタバコ葉を「燃やす」ことによってタールが発生してしまいますが、加熱式タバコはタールが発生しません。 その分有害性物質が削減されているし、ニオイや煙が減るというメリットが生まれているのです。 紙巻きタバコ 加熱式タバコ 吸い方 タバコ葉を燃やす タバコ葉を熱する ニコチン 出る 出る タール 出る 出ない 煙 多い 少ない ニオイ 多い 少ない 加熱式タバコの中でも、この記事では特にプルームテックについて更に詳しく見ていきます。 プルームテックの仕組み シンプルな見た目ですが、これがプルームテックの全貌です。 奥に3つ並んでいるのが「タバコカプセル」と呼ばれるタバコの葉が詰まったカプセル。 吸い方は至ってシンプル、先端にタバコカプセルを取り付けて吸うだけ。 これだけで吸える。 プルームテックは実は他の加熱式タバコと仕組みが大きく異なり、且つ簡単です。 アイコスとグローは、「タバコの葉を直接加熱、発生した水蒸気を吸う」 のですが、 プルームテックは、「カートリッジに入っているリキッドを蒸発させて、タバコの葉を通った水蒸気を吸う」 という仕組みになっています。 「リキッド」という単語はプルームテックにのみ登場するワードですので、覚えておくと便利です。 要は、 プルームテックを吸うために利用するのはタバコ葉だけではありません。 その独特の仕組みから、吸い方が簡単になっているのです。 プルームテックは以下の3つのどれかが切れると吸えなくなります。 バッテリー切れ• カートリッジ内のリキッド切れ• タバコカプセルの寿命 【1】バッテリー切れ バッテリー切れは想像しやすいものですね。 プルームテックは精密電化製品ですので電気がないと吸えません。 バッテリーが切れたら上述の通り充電しましょう。 【2】カートリッジ内のリキッド切れ 前述したことですが、プルームテックには「リキッド」という概念があります。 実は「カートリッジ」には、水蒸気を作り出すための一種の「水」が入っているんです。 その水が「リキッド」と呼ばれています。 ベイプなどではおなじみの「リキッド」ですが、このリキッドがなくなってしまうと水蒸気が出ないので吸うことができなくなります。 つまり、 カートリッジの寿命は中身のリキッドがなくなったタイミングというわけでもあります。 【3】タバコカプセルの寿命 続いてがタバコカプセルの寿命です。 タバコカプセル1個で50パフ(吸い)することが可能です。 これ以上吸うと煙が吸いにくくなったり、タバコ感がなくなったりします。 感覚としては・・ 何度も何度も使用したお茶っ葉を想像していただけるとわかりやすいかと思います。 要はなんかカラカラして美味しくありません。 「そんな50パフなんて数えてられないよ!」という意見は当然ですが、こちらはプルームテックがちゃんと教えてくれます。 吸っている時に青色ランプが点滅したら、タバコカプセル交換の合図 この様にプルームテックは先端にLEDが内蔵されていて「あなたもう50パフ吸いましたよ」とお知らせしてくれます。 こうなったらタバコカプセルを交換しましょう。 カートリッジはいつ捨てるの?問題 ちょっと気になるのが、「カートリッジはいつ捨てるのか?」という問題です。 実際にプルームテックを吸っていると、 カートリッジがカプセルの減りと同期しないことが多くあります。 公式説明では以下のようにされています。 カートリッジのリキッドは250パフ分に設定されているので、カプセルを1箱吸いきったら捨ててしまってまた新しいカートリッジを使う つまり、以下のように考えましょう。 たばこカプセルは50回に吸ったら交換• カートリッジは250回吸ったら交換 このイメージで吸えば、1箱がちょうど良い割合で消費されます。 実際、そんなうまくいきません。 絶対にどちらかが余ります。 そんな方のために、プルームテックには様々なアイテムが登場しています。 例えば、「プルームテックのたばこカプセルが余った人専用のカートリッジ」なんてその大御所です。 様々なメーカーから、たばこカプセル余りやカートリッジ余りの対策グッズが発売されています。 こういったものも活用できると良いですね! プルームテックを使ってみた感想 上の方で写真を載せていますが、私はアイコス、グロー、プルームテックと加熱式タバコの3大代表を所持しています。 だからこそ比較出来るのですが、正直に言うと 紙巻きタバコから最初にプルームテックに変更するとかなり物足りなく思う のは間違いないかと思います。 結構こういう方は多いようで、以前インタビューした方は以下のように語っていました。 紙巻き時代は8ミリを吸っていたので、アイコスは始め薄かったんですが、それにも慣れて試しにグローに変えてみました。 そのときはそこまで違和感なく吸えましたが、味の好みという理由でやはりアイコスに戻りました。 そしてプルームテックへと移行したのですが、最初はホントーーーにニコチンを吸ってる感じがしなかったですね。 ほのかにタバコっぽい味がする程度でした。 でも我慢してその日は1日プルームテックを吸っていたのですが、次の日の朝アイコスを吸うと、口に広がるタバコ臭が不快に感じ軽いヤニクラにもなりました。 アイコス程有害物質をカットしたものでもそうなるってことは、プルームテックはかなりクリーンなタバコなのか!と思い、そこからはずっとプルームテックを使っています。 2日くらいすれば次第に慣れてきますし、始めは頼りないと思っていたのに今では味や吸い心地でタバコカプセルの寿命もわかるようになりました。 また、メリットとしてゴミがでないという点が良いと仰る方も多いですね。 一度慣れれば最高の体験を提供してくれるのが、プルームテックといえるでしょう。 フレーバー味を極める! プルームテックの使い方をマスターしたら、次に気になってくるのが プルームテックの味種類です。 コンビニでもたばこカプセルが販売し始め、手軽に手に入れることが出来るようになってきました。 また、通販でまとめ買い購入することも可能なので、気に入った種類があれば買い溜めておくことも可能です。 現在プルームテックには多くの種類のフレーバーが登場しています。 例えば上記の画像は、左から順に• ブラウン:カフェモカフレーバー• レッド:アップルミントフレーバー• パープル:甘いメンソール• イエロー:レギュラー• グリーン:メンソール というものです。 通常のレギュラー・メンソールに加えて、カフェモカ味やアップル味なども出ていて気分によって切り替えたりなんてことも可能なのが嬉しいですね。 フレーバーの口コミ どの味が良いのでしょうか? アイコスの方が吸った感は強いけどプルームテックの方が手軽に吸えるしかさばらない。 味は全種類試した結果レッドクーラーが一番しっくりきた — だいちゃん da15uke1t0 プルームテック。 メインはブラウンだけど飽きるから時々グリーン。 カートリッジを復活させる方法がある あらためて、プルームテックをずっと利用していると、プルームテックのカートリッジ使用量とたばこカプセル消費量が合わず、 どちらかが余ってしまうという問題がほぼ必ず発生します。 これ本当に困るんです。 なんかもったいないし、不経済。 そんな疑問に解決。 実はプルームテックのカートリッジは再生させることが出来るんです。 詳細は以下の記事に写真付きで解説しました。 是非ご覧になって下さい。 この代用方法めちゃくちゃ面白いです。 プルームテックが故障したら プルームテックをずっと利用していると、やはりどうしても仕方ないのですが 「故障」することがあります。 症状としては、吸っても蒸気(たばこベイパー)が出てこなかったり、赤点灯をしていたり、赤青点滅を繰り返したり・・・。 プルームテックの故障には、 対応できるものと、どうしようもないものがあります。 以下の記事では、プルームテックの故障について様々なユースケースを紹介。 吸えない!故障した!と感じたらすぐに見るようにして下さい。 アクセサリーでもっと吸いやすく 更に慣れてきたら、プルームテック利用において必須級になってくるものがあります・・・。 それは、アクセサリーです。 特に以下の二つは 絶対にあったほうがよいです。 これは断言します。 断言の理由は プルームテックの形状にあります。 この形状だとどうしても必要になってくるものがあるんです。 この3つ!• マウスピース• 専用スタンド• ケース 【1】プルームテック専用マウスピース プルームテックって、カプセル側から吸いますが、この カプセルを交換するのは通常タバコ5本分を吸ったらです。 つまり、5本分は毎回同じ箇所に口をつけなければならないんです。 これが実際にやってみると結構不快。 プルームテック純正ケースなら、これ全部入っちゃう 純正含めたおすすめケースは以下にまとめていますので、プルームテックお持ちの方なら必見です。 マナーとルールを忘れずに! ここまでプルームテックの利用方法を見てきました。 これまでの仕組みと方法を熟知していればもうプルームテックで困ることはないでしょう。 ただ最後に1点、利用者として気をつけないとならないことを改めて確認しておきましょう。 それは、 マナーです。 プルームテックは、あくまで タバコです。 加熱式タバコは煙なども少ないためついついタバコという意識を忘れがち。 ですが、列記としたニコチンを排出する成人指定の煙草具ということを常に意識しておきましょう。 昨今加熱式タバコのマナー違反(ポイ捨て・禁煙場所でも吸う・etc)が多発してニュースに取り上げれることが多いです。 こういったことに自身がならないようにしっかりと加熱式タバコ時代のマナーは把握しておきましょうね。 また、2020年からは受動喫煙防止対策も本格化され、喫煙ルールを認識していないと問題が起こる可能性があります。 プルームテック含め、アイコス・グローなど「加熱式タバコのマナー」や、「加熱式たばこの喫煙ルール」をしっかりとまとめていますので、是非ご覧になって下さい。

次の

Relx 電子タバコの使い方【日本新着2020】

電子タバコ 使い方

電子タバコ・VAPE(ベイプ)の使い方 各項目をクリック! 電子タバコは、リキッド(電子タバコ用の液体)を加熱し、その煙(水蒸気)を吸うようになっています。 基本的な電子タバコの構造は、リキッドを加熱する「 バッテリー」と、リキッドを入れる「 アトマイザー」という部分の組み合わせになっており、形が変わってもその組み合わせは変わりません。 上記の通りアトマイザーとバッテリーが分かれる(付け替えられる)のが一般的ですが、最近ではアトマイザーとバッテリーが合体した一体型も存在します。 一体型は拡張性がありませんが、よりコンパクトで低価格な物が多いため、手軽さが人気となっています。 バッテリーには 電池内蔵タイプと、 電池入れ替えタイプがあります。 電池内蔵タイプは本体サイズが小さめで手軽ですが、電池の寿命がきたら捨てるしかありません。 電池入れ替えタイプは、本体が大きめで電池の取り扱いも注意が必要ですが、電池だけ交換して長く使えます。 いずれも使い方によりますが、300〜500回程度の充電で電池の寿命が来ると言われています。 【使用時間目安】 電池は容量の違いがあり、1回の充電で使用持続時間に差があります。 7V〜4. 2V、7〜10W程度で程度で使用した場合。 出力が上がれば上がるほど使用時間は短くなります。 【充電方法】 バッテリーの充電方法は、電池内蔵タイプでも、電池入れ替えタイプでも、 本体を直接USBで充電するのが主流です。 *電池入れ替えタイプは、機種によっては別途電池用の充電器が必要な場合もあります。 【可変出力機能・温度管理機能】 バッテリーの機能も機種によって様々ですが、一番使用される機能は「 電力を変えて煙の量を調整する」可変出力機能です。 V(ボルト)またはW(ワット)で調整します。 出力を上げると煙が増えますが、上げすぎると味が飛んだり(味がくずれたり)しやすくなります。 また近年では温度で調整をするTC(Temperature Control)という機能を搭載した機種も登場しています。 アトマイザーとバッテリーの接続 アトマイザーとバッテリーの接続部分はeGo規格の物と、510規格の物があります。 接続部分の太さは同じなので、接続部分の 凸凹が合っていればメーカーが違う物も、見た目の太さが違う物も、全て接続可能です。 *ただし一部特殊な形で互換性のない物もあるのでご注意ください。 (本物の煙草サイズの物や、極端に細いもの等) 【eGo規格】アトマイザーの接続部分が凹、バッテリー側が凸。 スティック型の機種に多い規格です。 【510規格】アトマイザーの接続部分が凸、バッテリー側が凹。 BOX型の機種に多い規格です。 接続部分の太さは同じなので互換性があり接続可能。 接続部分が凹同士の場合はアダプターを使用すれば接続可能です。 【リキッドの入れ方】 アトマイザーには、リキッドを上から入れるタイプと、下から入れるタイプの2種類があります。 両方ともリキッドを真ん中の穴に入れないよう、側面に流し込みます。 【上からタイプ】 【下からタイプ】 【アトマイザーの素材】 アトマイザーの素材は プラスチック、または パイレックスガラスの2種類があります。 強いメンソールリキッドを使う場合、プラスチックだとメンソールが浸食して劣化が早まり割れてしまう可能性があります。 メンソールを使う場合はパイレックスガラス製のものを使用しましょう。 【コイルについて】 アトマイザーの中にはバッテリーから電力を受け取り、リキッドを煙に変える為の「 コイル」が付いています。 これが緩んでいたり、壊れていると煙が出ません。 消耗品なので焦げ臭くなったり、喉がイガイガしたらコイルを交換して下さい。 交換目安は使う出力、吸う頻度によって変わります。 高出力で煙をいっぱい出す方は数日から2種間程度、ほどほどの煙の量で楽しむ場合2〜3週間が交換目安です。 また、アトマイザーごとに適合するコイルの種類は異なります。 購入する場合は間違えないようにご注意下さい。 電子タバコを準備しましょう。 セット買いでもバラ買いでも、リキッドは別途ご購入下さい。 【セットで購入する】 スターターセットとリキッドの2つが揃ってれば使用出来ます。 【バラで購入する】 「 バッテリー」「 アトマイザー」「 リキッド」の3つが揃っていれば使えます。 電子タバコ専用USBケーブル 本体にねじ込んで使うタイプです。 マイクロUSBケーブル 一般の家電でも使われるマイクロUSBです。 USBポートに挿して充電します。 リチウム電池専用充電器 電池入れ替えタイプで使います。 電池の取り扱いはご注意下さい。 持っているアトマイザーがリキッドを「上から入れるタイプ」か、「下から入れるタイプ」か、確認し、真ん中の穴に入らないよう側面にリキッドを流し込んで下さい。 (入れる量は5〜7割を目安に) 【上からタイプ】 【下からタイプ】 リキッドを初めていれた時、コイルを交換した時は、必ず5〜10分程度リキッドが染み込むまで放置して下さい。 充分に染み込んでいない状態で使うと「空焚き状態」となり、焦げ臭い味になったり、コイル故障の原因になります。 また、リキッドを追加する場合も空焚き防止のため、完全にリキッドが無くなる前に追加して下さい。 バッテリー充電完了、アトマイザーにリキッドを入れ充分染み込ませたら準備完了。 バッテリーとアトマイザーを接続し、ボタンを押して吸ってみましょう。 一番多いの使い方はボタンを5回素早く押すと電源ON/OFF、吸う時はボタンを押しながら吸うというもの。 ただし、機種によってボタンの位置、押す回数など若干異なる場合がありますので、各商品説明をご確認下さい。 ・吸うとアトマイザーからジュルジュルと音がする場合 ・アトマイザーの下の穴から液体が出る場合 ・口に液体が入ってくる場合 ・煙が少なくなった場合 アトマイザーの気道にリキッドの結露が溜まっている、またはコイルにリキッドが染み込みすぎている(過剰供給)の可能性があります。 一度アトマイザーを外して吸い口から強く息を吹いて頂くか、細く丸めたティッシュや、細い綿棒などで気道を掃除して下さい。 ・急に煙が出なくなった場合 アトマイザーのコイルが緩んでる、または故障している可能性があります。 コイルを閉めなおし、それでも治らなければコイル交換して下さい。 ・ボタンが点滅して使えない 充電切れ、またはアトマイザーのコイルの緩みや接触不良の可能性があります。 バッテリーを充電し、コイルを閉めなおし、それでも治らなければコイル交換して下さい。 ・USB充電ができない場合 バッテリー接続部分の汚れている可能性があります。 バッテリー接続部分を拭いて、それでも治らなければバッテリーや充電器の故障です。 ・焦げ臭い味がする場合 コイルの寿命、またはリキッドが充分染み込んでいない状態で使った為に焦げてしまった可能性があります。 一度そうなると直りませんので、専用の新しいコイルと交換して下さい。 【空焚き注意】 リキッドを初めていれた時、コイルを交換した時は、必ず5〜10分程度リキッドが染み込むまで放置して下さい。 充分に染み込んでいない状態で使うと「空焚き状態」となり、焦げ臭い味になったり、コイル故障の原因になります。 また、リキッドを追加する場合も空焚き防止のため、完全にリキッドが無くなる前に追加して下さい。 当店でご購入頂きました電子タバコ/VAPEは3ヶ月の保証を付けております。 電子タバコ/VAPEについてご不明な点は遠慮なくご連絡ください!.

次の

【説明書】プルームテックの使い方を画像付き解説!正しい吸い方と仕組みを解説

電子タバコ 使い方

Contents• 電子タバコ(VAPE)の種類 「電子タバコ(VAPE)を吸おうかな!?」と検討していると思いますが、電子タバコ(VAPE)といっても種類が色々あり、初めて購入する場合はいったいどれを購入すればいいんだろう?と疑問に思ってしまいます。 そんな時、まず見るところは 形状が気になります。 電子タバコ(VAPE)の形状は大きく分けると 3種類に分類され、 形状が異なるごとに特徴が違います。 私が購入を検討していた時は 「収納がしやすく持ち歩きが便利なものがいいなー」とか考えていましたが、今となってはその考えが違っていました。 もちろんコンパクトで収納し易いのに超したことはありませんが、それよりも、 煙(蒸気)の量やリキッドの味わいを優先した方が良かったと今になって後悔しているところです。 何も調べずに購入したのが失敗でした。 せっかく高いお金を出して購入しましたが、今は全く使用しないで机の上にころがっています。 私のように後から後悔しないためにも購入前は色々と下調べをして、 電子タバコの特徴を知ることで後から後悔せずに自分好みの電子タバコ(VAPE)を手にすることができます。 電子タバコ(VAPE)を探しているならこちらの記事で しっかりと分かりやすいように解説していきたいと思いますので、後悔しないようにしっかりと自分にあった電子タバコ(VAPE)はどれなのかを理解しておきましょう。 電子タバコ(VAPE)の基本的な構造 まずは、電子タバコ(VAPE)の基本的な構造を理解しておきましょう。 これを知っていないと今後の話しが良く分からなくなってしまいます。 それでは、電子タバコ(VAPE)の基本的な構造についてですが、写真のように 「バッテリー」「アトマイザー」「ドリップチップ」で構成されています。 バッテリーは電気を流す役割があり充電しながら使うというパターンが多いです。 バッテリーの電気はアトマイザー内にあるコイルに電気を流すことでコイルが加熱されその熱でアトマイザー内のリキッドという液体を蒸発させてその蒸気をドリップチップから吸い込むという仕組みになっています。 これが最もオーソドックスな形状ですが形状によりそれぞれの機能が若干異なってきます。 次に形状による特徴について理解しておきましょう。 形状による特徴を知ろう 電子タバコ(VAPE)にも色々な形状があり、その形状によって特徴があります。 例えば「煙(蒸気)がいっぱい出てタバコサイズのもの!」といっても今出ている電子タバコ(VAPE)の中にはありません。 このように、デザインを重視するなら煙量(蒸気)を妥協しなくてはならないとかその反対もありますが全てが理想にすることはなかなか難しいというのも現実です。 それでは、電子タバコ(VAPE)の種類について見ていきますが、形状の種類は大きく分けて以下の3種類に分類されます。 ここをしっかりと理解しておくと選ぶ時に分かりやすくなります。 それでは、この3つの形状の特徴についてそれぞれ見ていきます。 スティック型の特徴 スティック型はフラットな棒状の形状をした電子タバコで、細くコンパクトなものが多いのが特徴。 持ち歩きにはコンパクトなので非常に便利な形状をしています。 また、 価格が安価なものが多いことから初めて電子タバコを購入するのは、このスティック型から入る人が多いようです。 デザインもスタイリッシュでシンプルなものが多いことから 女性からも人気です。 参照 スティック型でも本体の構造や使い方に違いがあり、さらに3つのタイプに分かれていきます。 バッテリーは充電できないものがほとんどで、アトマイザー部分はリキッドが最初から入っているので リキッドを補充する必要もありません。 味が購入する時から決めておき、 交換ができませんので1本同じ味で吸うことになります。 1本で 250回から500回と機種によって吸える回数が異なりますが、味がなくなり吸い終えたら本体全てを廃棄します。 全て一体型のため リキッド補充や交換、メンテナンスが一切ありませんので最も手軽に取り扱えるのが使い捨てタイプの特徴です。 カートリッジタイプ カートリッジタイプはバッテリーは充電しながら使用してアトマイザー部分とドリップチップ部分が一体型となっていて味が無くなると アトマイザーとドリップチップ一体型の部分のみを交換するといった使用方法になります。 味がなくなったアトマイザー部分は廃棄して新しい物に付け替えますが、 バッテリーはそのまま使用できますので捨てる物が半分になった分 安く抑えられます。 アトマイザー部分は最初からリキッドが入ったカートリッジなので リキッド補充することなく交換のみで使用することができ、味を変えたくなったらアトマイザー部分を違うものと交換するとすぐに味も変えられます。 使い勝手も良いですしお財布にも優しいのがカートリッジタイプの特徴です。 リキッド補充タイプ リキッド補充タイプは、バッテリーとアトマイザーとドリップチップがそれぞれあり、 アトマイザー部分にリキッドを入れて吸います。 バッテリーが無くなったら充電しながら使用し、味が無くなったらリキッドを補充しますので、 廃棄する部分はひとつもありません。 消耗品はリキッドのみなので 維持費は最も安価に抑えられますが、電子タバコ自体が性能の割に高額なのでスティック型の中では 初期投資が最も高くなってしまいます。 コンパクトな電子タバコでサイズが紙巻きタバコに近いことから「タバコ型」と分類される場合もあります。 ペン型の特徴 ペン型はスティック型よりは一回り大きな形状になりますが、その分スティック型よりも性能に優れ操作方法もスティックタイプと同様に 手軽に扱えるのが特徴です。 構成はバッテリーとアトマイザー、ドリップチップがそれぞれあり、バッテリーは充電しながら何度も使用して、アトマイザーにはリキッドを補充しながら使用していきます。 ペン型は サイズが小型の割には煙(蒸気)量も多くリキッドの味わいもそれなりに濃くでますので電子タバコ(VAPE)の味わいを楽しむのであれば、最低でもペン型の性能が必要でしょう。 メーカーや機種も色々あり操作方法もメーカーによって異なりますが、それ程 複雑な設定方法はありませんので手軽に扱えてリキッドを味わうにはペン型が最も適した電子タバコ(VAPE)かもしれません。 参照 ボックス型 ボックス型の最大の特徴は 深い味わいと爆煙が出ますので吸っていて楽しくなる電子タバコ(VAPE)です。 また、 大容量バッテリーで長時間の持続性と出力や温度コントロールなど設定が複雑でもあり、初めて電子タバコ(VAPE)を持つ場合はハードルが高いかもしれません。 機器の構成は、バッテリーとアトマイザーとドリップチップがそれぞれあり、リキッドを入れながら使用していきます。 バッテリーは 内蔵型と交換型があり、交換型はバッテリーが使用できなくなっても、電池を再度購入すれば本体は使用できますので、本体が故障しない限り 永久に使用することができます。 ボックス型は 拡張性が高く、アトマイザーを違う部品に変更したり、コイルを違うものと交換したりと 自由にカスタマイズできるのも特徴で、自分好みの電子タバコ(VAPE)に思いのまま変えられます。 世界で一つしかない電子タバコ(VAPE)を作り上げてみるのも楽しいかもしれません。 性能が高い分 金額も高くなってしまいますが、本格的に電子タバコを楽しみたいのであればBOX型が最も楽しめるのではないでしょうか。 参照 参照 参照 参照 参照 スターターキットを選ぶ スターターキットとは、メーカーによって内容が異なりますが、主に本体(バッテリー、アトマイザー、ドリップチップ)と充電用USBケーブル、取扱説明書などが セットになっているものがスターターキットと言います。 メーカーによってはケースが付属していたり、ACアダプタもセットになったりと違いはありますが、スターターキットを購入すれば、あとはアトマイザーにリキッドを入れるだけで吸えるようになります。 スターターキット以外の購入方法としては、単品でバッテリーやアトマイザーなどを購入するという方法もありますが、 ある程度の知識が必要になってきますので最初はスターターキット購入から始める方が簡単に始められます。 参照 リキッド選び リキッド選びはとても重要で、どんなに良い電子タバコの機種を選んでもリキッドが安物では美味しくなくなってしまいます。 タバコで例えるならS. Dupontのライターでecoを吸うのと同じような感覚です。 反対もありどんな良いリキッドを購入しても、まがい物の電子タバコで吸っては美味しくありません。 電子タバコとリキッド両方がよい物を使用することで本体の電子タバコの味わいがでてきます。 ここでいう良い物とは高価な物という意味ではありません。 あくまでも自分に合ったものという意味合いです。 電子タバコを爆煙仕様のものにしたが、リキッドが爆煙仕様でなくては爆煙になりませんし、味わいを楽しみたいのに爆煙仕様のリキッドを購入したら深い味わいを出すことはできません。 このように バランスが非常に重要であり、購入時には気をつけたいところです。 参照 まとめ 自分の欲しい電子タバコ(VAPE)がどのような特徴があるか分かったでしょうか。 何を重視するかで選ぶ形状も変わってきます。 スティック型は操作などがありませんので初心者向けとか言われますが、電子タバコを味わうのであればペン型が良いように思えます。 今は ペン型でもそれなりの爆煙仕様もありますし吸った気分は存分に味わえるのではないでしょうか。 爆煙目的であれば、ボックス型が良いでしょう。 ボックス型は 電力設定などがあり自分好みの煙(蒸気)量に設定が可能です。 初心者でも深い味わいを味わいたいのであればボックス型が良いと思います。 スティック型は電子タバコというよりは口が寂しい時に吸うとか、タバコの合間に吸うとか 補助的に利用するには良いかもしれません。 今は ビタミン摂取なんかができる電子タバコも話題を集めています。 デザインがシンプルでオシャレなので 爆煙を求めていない女性はスティックタイプが良いのではないでしょうか。 今回は電子タバコ(VAPE)の選び方と形状の特徴について解説しましたが参考にしてください。

次の