エジプト 神話 神。 【エジプト神話のストーリー】個性豊かな神々とあらすじをわかりやすく解説

エジプト神話の神々・登場人物20選!九柱神や伝説をわかりやすく解説

エジプト 神話 神

ラーは、エジプト神話における太陽神です。 エジプト九柱(ヘリオポリス九柱)の一人に数えられることもあります。 後にアトゥムと習合されラー・アトゥムとなり、最高神とされました。 、ホルス神と習合しラー・ホルアクティ、アメンと習合しラー・アメン、アテンと集合しアテン・ラーともなっています。 ラーは、シュー・テフヌト・バステト・イシス・セクメトの父ともされています。 シューとテフヌトが長旅から戻った姿に涙し、その涙が人間になったと言われています。 またセクメトは、ラーが人間を滅ぼすために生み出したと言われています。 壁画などでは、ラーの頭部ははやぶさの姿として描かれています。 夜は雄羊の姿で船に乗り、冥界を旅して、再び朝に地上に帰ってくると考えられていました。 また、ファラオはラーの息子とされていました。 登場人物である神々の多くに関わる神です。 エジプト神話の神々・登場人物|ケプリ ホルスは、天空と太陽とはやぶさの神です。 太陽神ラーの息子とされる説、オシリスとイシスの息子とされる説など、諸説ありますが、エジプト神話の中でも、特に多様化し、信仰を集めた神です。 父オシリスを殺した叔父セトと戦った逸話は有名です。 妻はハトホルとされていますが、別の女神が妻とされる説もあります。 様々な神と習合され、信仰されていたホルスですが、ファラオはホルスの化身とされ、ファラオは、ホルスが地上で統治を行うための姿と捉えられていました。 ホルスの右目は「ラーの目」として太陽の象徴とされ、左目は「ウジャトの目」として月の象徴とされました。 ラーの目は、人間を滅ぼすためセクメトとなり、人間界で殺戮の限りを尽くしたため、破壊の象徴、ウジャトの目は、セトにより潰され、トートにより再生されたホルスの左目で、癒しと再生の象徴とされました。。 エジプト神話の神々・登場人物|ハトホル トートは、知恵の神です。 ヒヒまたはトキの姿で描かれ、世界ができた時、自らの力で、石から生まれたとされる説が有名です。 創世神の一人に数えられ、ヌトの出産を助けたり、オシリスを蘇らせることを助けたりと、多くの逸話に関わっています。 トートは、ヒエログリフを開発したことから、書記の守護者ともされました。 その人物の人生をすべて記録しているともされ、また、冥界においては、死者の名前を記す役割を果たしていました。 王が即位した時には、イシェドにその名前を書き記す役目も果たしています。 ヌトの出産に際し、トートは、月と勝負をして勝ち、太陽神の管理できない閏日を5日作りました。 結果、月の属性を得たトートは、夜の間は地上を守護する存在となりました。 また、魔術師の側面も持ち、トートの書という、この世のあらゆる知識をまとめた42冊の書を残しています。 エジプト神話の神々・登場人物|マアト 王家の紋章は、1976年から連載の続く最長連載の少女漫画です。 秋田書店の「月刊プリンセス」で連載中で、コミックスは64巻まで発行されています。 王家の紋章は、登場人物が現代から古代エジプトへタイムスリップしてしまう壮大な歴史ロマンです。 エジプト神話の神々から歴史を紐解こう 3000年もの長い間、人々に信仰され、神話として現代にも伝わるエジプト神話は、とても奥が深く、登場する神々も、逸話もまだまだたくさんあります。 エジプト神話の神々からは、約5000年前の時代背景、生活、信仰など、様々なことを垣間見ることができます。 映画やゲームなどのモチーフとしても馴染み深いエジプト神話の神々ですが、信仰を集めていた時代のことについても、調べてみてはいかがでしょうか。

次の

エジプト神名リスト:セクメト

エジプト 神話 神

ラーは、エジプト神話における太陽神です。 エジプト九柱(ヘリオポリス九柱)の一人に数えられることもあります。 後にアトゥムと習合されラー・アトゥムとなり、最高神とされました。 、ホルス神と習合しラー・ホルアクティ、アメンと習合しラー・アメン、アテンと集合しアテン・ラーともなっています。 ラーは、シュー・テフヌト・バステト・イシス・セクメトの父ともされています。 シューとテフヌトが長旅から戻った姿に涙し、その涙が人間になったと言われています。 またセクメトは、ラーが人間を滅ぼすために生み出したと言われています。 壁画などでは、ラーの頭部ははやぶさの姿として描かれています。 夜は雄羊の姿で船に乗り、冥界を旅して、再び朝に地上に帰ってくると考えられていました。 また、ファラオはラーの息子とされていました。 登場人物である神々の多くに関わる神です。 エジプト神話の神々・登場人物|ケプリ ホルスは、天空と太陽とはやぶさの神です。 太陽神ラーの息子とされる説、オシリスとイシスの息子とされる説など、諸説ありますが、エジプト神話の中でも、特に多様化し、信仰を集めた神です。 父オシリスを殺した叔父セトと戦った逸話は有名です。 妻はハトホルとされていますが、別の女神が妻とされる説もあります。 様々な神と習合され、信仰されていたホルスですが、ファラオはホルスの化身とされ、ファラオは、ホルスが地上で統治を行うための姿と捉えられていました。 ホルスの右目は「ラーの目」として太陽の象徴とされ、左目は「ウジャトの目」として月の象徴とされました。 ラーの目は、人間を滅ぼすためセクメトとなり、人間界で殺戮の限りを尽くしたため、破壊の象徴、ウジャトの目は、セトにより潰され、トートにより再生されたホルスの左目で、癒しと再生の象徴とされました。。 エジプト神話の神々・登場人物|ハトホル トートは、知恵の神です。 ヒヒまたはトキの姿で描かれ、世界ができた時、自らの力で、石から生まれたとされる説が有名です。 創世神の一人に数えられ、ヌトの出産を助けたり、オシリスを蘇らせることを助けたりと、多くの逸話に関わっています。 トートは、ヒエログリフを開発したことから、書記の守護者ともされました。 その人物の人生をすべて記録しているともされ、また、冥界においては、死者の名前を記す役割を果たしていました。 王が即位した時には、イシェドにその名前を書き記す役目も果たしています。 ヌトの出産に際し、トートは、月と勝負をして勝ち、太陽神の管理できない閏日を5日作りました。 結果、月の属性を得たトートは、夜の間は地上を守護する存在となりました。 また、魔術師の側面も持ち、トートの書という、この世のあらゆる知識をまとめた42冊の書を残しています。 エジプト神話の神々・登場人物|マアト 王家の紋章は、1976年から連載の続く最長連載の少女漫画です。 秋田書店の「月刊プリンセス」で連載中で、コミックスは64巻まで発行されています。 王家の紋章は、登場人物が現代から古代エジプトへタイムスリップしてしまう壮大な歴史ロマンです。 エジプト神話の神々から歴史を紐解こう 3000年もの長い間、人々に信仰され、神話として現代にも伝わるエジプト神話は、とても奥が深く、登場する神々も、逸話もまだまだたくさんあります。 エジプト神話の神々からは、約5000年前の時代背景、生活、信仰など、様々なことを垣間見ることができます。 映画やゲームなどのモチーフとしても馴染み深いエジプト神話の神々ですが、信仰を集めていた時代のことについても、調べてみてはいかがでしょうか。

次の

トート

エジプト 神話 神

中近東 [ ] アブラハムの宗教 [ ] 、、は、同じ神を信じている。 しかし、ユダヤ教徒とイスラム教徒は神を、厳格な的な語として思い浮かべるのに対して、ほとんどのキリスト教徒の神はとして存在すると信じている。 ユダヤ教 [ ] の1つ、 20章7節の命令を根拠として、ユダヤ教においては古代から神の名を発音することを避けてきた。 このため、現在では正確な呼称を知っている者は少なく、祭司家系の者たちの間で口伝されるのみであると伝えられる。 詳細は「」を参照 キリスト教 [ ] 歴史的には、キリスト教はひとりの神を信じ、「神」として知られ、ひとりの神また神格を成す神聖な三者()を信じると公言した。 (参照 : )。 そのため、三位一体論的一神論者であるキリスト教徒がほとんどであるが、中にはそれに異議を唱える者もいる。 以下の記事を参照。 、、例えば、。 これら反三位一体論のグループは、ただひとりのが神であると信じている。 末日聖徒は父と子ととが三つの別個の神々を成すと信じている。 エホバの証人は はイエス・キリストより上位であり、は神の活動する力であると信じている。 イスラム教 [ ] はイスラム教のもっとも伝統的な神を表す言葉である(固有名詞ではない)。 イスラム教の伝統はまたも語る。 ユダヤ教やキリスト教よりもある意味では詳細に神の存在の状態を定義しており、キリスト教で伝える三位一体は明確に否定し、その実態については「目なくして見、耳なくして聞き、口なくして語る」物理的な要素はない精神と力のみの存在としている。 その他 [ ] 二つの小宗教はのどの区分にもまったく該当しない。 はを崇拝し、もユダヤ教、キリスト教、イスラム教と同じ神を崇拝する。 エジプト神話の神々 [ ] の神々は実在の動物と関連する姿をとることが多い。 例えば、アヌビスはの体を持つが、頭はである。 - 創造神の一柱。 - 太陽の光の化身。 - 死体を腐らせない神。 死の友。 - 闇と混沌の象徴。 - 雄羊の神。 - 魔法の女神。 ネフテュスの姉妹。 - 知恵、医術と魔法の神。 - の女神。 - 冥府の神。 - 創造神の一柱。 - 大地の神。 - 、日の出の化身。 - 月の神。 - 大気の神。 - 戦闘の女神。 の頭を持つ。 - 嵐の神。 アヌビスの父ともいわれる。 - の神。 - の女神。 イシスの従者。 - 星の女神。 - の女神。 - 天候の女神。 秩序、公正、時、天国と地獄の守護神。 - 月、製造、著述、幾何学、知恵、医術、音楽、天文学、魔術の神。 - 偉大なる母なる女神。 - の女神。 - 天国と空の女神。 - 原始の海。 - アヌビスの母。 - の女神。 - 愛の女神、音楽の女神、ホルスの妻。 - ナイル川の神、豊穣の神。 - 創造神の一柱。 - の女神。 - 出産や娯楽、保護の神-魔神(? - 隼の頭を持つ神。 - 4個のを人格化した神。 - 真理、調和、秩序の女神。 () - ライオンの頭をもつ戦闘の神。 () - 雌獅子の神。 - 戦争の神。 - アメンの妻。 ムートとも。 - 太陽神。 アヌビスの父ともいわれる。 参照: メソポタミア神話の神々 [ ] に伝わる神話の総称。 とから成る。 - 天の父。 - 最高の天の神• - 神々と地下世界の海の支配者• - アッシリアの国家神。 - 地球の母なる女神• - 知恵の神。 - 天候と嵐の神。 () - 戦争の神。 () - 天候の神。 - 愛の女神。 - ティアマトの夫。 - 地を司る女神(の妻にして妹)• - バビロニアの国家神。 - 霧の神。 - 知恵と書紀の神。 - 全ての神々の母• - 太陽と正義の神。 - 月の神。 - 原初の女神。 - との子。 との父。 - アプスーとティアマトの娘。 アンシャルとキシャルの母。 シュメール神話の神々 [ ] の神々。 () 「」も参照 アッカド神話 [ ] を支配したが継承した神話。 言語によりとに分けられる。 バビロニア神話の神々 [ ]• アッシリア神話 [ ]• ウガリット神話の神々 [ ] はアブラハムの宗教と民族的にも近縁の神話体系。 - 神々の女王• - 豊穣多産の女神• - 愛と戦いの女神• - 神を指す言葉• - 工芸神• - 太陽神• / - 嵐と慈雨の神• - 炎と死と乾季の神• - 海と川の神 ヒッタイト神話の神々 [ ] は紀元前15世紀頃現在のに王国を築いた民族。 ( ()も参照)• Alalu• () Hebat• () Kumarbi• Sharruma• () Shaushka• Telipinu• () Teshub - 嵐・天候神。 アルメニア神話 [ ] はキリスト教が入るよりも以前の古代で信仰されていた神話• - 愛と美貌・水源と湖の神• - 太陽・光・豊穣の神• - 太陽・火・戦いの神• ゾロアスター教の神々 [ ]• - の最高神。 - アフラ・マズダーに従う7柱の善神。 - 水の神• - アムシャ・スプンタに次ぐ地位の善神。 - 火の神• - 水神• - 川・水を司る神• - 英雄神• - 星、慈雨の神• - 太陽神• - 英雄神、司法神、光明神、牧畜の守護神• - 万物に宿るとされる精霊。 - ゾロアスター教の最大の悪神• 北アジア [ ] エヴェンキ族の神話 [ ] はの民族。 東アジア [ ] 中国の神々 [ ] (詳細はを参照)• ばんこ - 創世神• の三皇• / ふっき、ふくぎ• じょか• へきかげんくん /天仙娘娘• 道教の神々 [ ] は三大宗教()の一つ。 元始天王() — 天地創造の神• 天地人三才• — 元始天王から生まれた神• — 天皇から生まれた神• — 地皇から生まれた神• — 神農の後裔• せんぎょく• (玉清) — でないと近づき難い最も神格の高い最高神• 道徳天尊(太清・・)• 霊宝天尊(上清・)• (雷帝) — 雷神の最高神• (九霊太妙亀山金母)• 東王公()• (昊天上帝・天公) — 信仰者にとって事実上の最高神• 五斗星君• — 北斗七星の神格化• — 南斗六星の神格化• (寿星) — の神格化での・と同一神とされることもある。 四霊星君()• (玄天上帝) — の分身とされる• (五雷元帥) — 雷帝の部下• — 水界の神• — 地界の神• — 天界の神• () — 北極星の神格化• 東岳大帝() — ()の神• — ()の神• — ()の神• — ()の神• — ()の神• 救済の神• — 免罪の神• — 国難打破の神• (天上聖母) — 航海の守護神• 衣食神• — かまどの神• 関聖帝君() — を神格化した武神・財神• 趙玄壇 — の神格化• 冥界の神• — 地獄の最高神• — 仏教のを取り込んだ神• 学問の神• — 学問の神• /制字先師(そうけつ) — を作ったとされる神• 生育の神• (へきかげんくん)• — 安産の神• — の神格化• 芸能神• — 黄帝の臣で音楽の神• — 唐の皇帝を神格化した芸能・芸術の神• — 病気治癒の医神• — 医師の守護神• 辟邪神• (いしがんどう)• (しょうき)• — 悪霊の侵入を防ぐ神• 中壇元帥()• 張天師()• — の神格化• (、、 ()、、、 ()) — トイレで殺害された女性の• () — 厠神• (、) — 厠神• /城隍爺(じょうこうしん) — 城壁都市の支配神• — 村落・郊外の守護神• — 墓の守護神• (しょううりけん)/• (そうこっきゅう)• — 黄河の神• (けんせいじろうしんくん) — 治水の神• 日本の神々 [ ] 、で多数な神がおり、総称して「八百万(やおよろず)の神」といわれる。 日本神話においての神々のなかでもとくにが尊いとされ、そのは主神となっている。 詳細は「」を参照 インド・南アジア [ ] ヒンドゥー教の神々 [ ] はやで多数派を占める。 - 火神• - 雷霆神。 - 風神。 - 維持の神。 - 戦いの女神。 - 愛の神。 - ガンジス川を神格化した女神。 - 富と財宝の神• - 破壊の神• - 軍神• - 太陽神• ダーキニー()• (梵天) - 創造の神。 - 暴風雨神。 /ルドラ神群• ヨーロッパ [ ] ギリシア神話 [ ] も参照。 - 原初神、天空神• - 医神• - 星空の神• - 知恵、芸術、工芸、戦略の神• - 風の神々• エウロス - 東風• ゼピュロス - 西風• ノトス - 南風• ボレアース - 北風• /アフロディテ - 愛と美と性を司る神• /アポロン - 太陽と光明と芸術を司る神• - 狩猟、純潔の神• - 戦を司る神• - ティーターン族• - 虹の女神• - 天空神• - 暁の神• - 復讐の女神達• - 暗黒の神• - 恋心と性愛の神• - 海の神• - 夢の神• / - 吟遊詩人• - 原初の地母神、世界そのもの• - 混沌の神• - 美と優雅を司る女神達• カリテス - カリスの複数形• / -単眼の巨人• - ティーターン族• - 農耕、または時間の神• - ティーターン族• - 雷と天空を司る最高神• - 月の女神• - 死の神• / - 地獄・奈落の神• - 地下水の女神の母• - 豊穣とブドウ酒と酩酊の神• - 天空の女神• - 古の神々• - 法・掟の女神• - 穀物の栽培を人間に教えた神• - 夜の女神• - 義憤の女神• - 地下・豊穣・冥界の神• - 牧羊神• - 眠りの神• - 太陽神・光明神• - 人に火を与えた神• - 地母神• / - 三人の巨人• - 炉の女神• - 炎・鍛冶の神• - 青春の女神• - 昼の女神• - 結婚・母性・貞節の女神• - 太陽神• / - 春の女神・冥界の女王• - 幸運と盗みの青年神• - 時間の女神• - ホーラの複数形• - 海洋の神• /ミューズ - 文芸を司る女神達• ムーサイ - ムーサの複数形• - 運命の三女神• - 定業の神• - 大地の女神• 以下も参照。 、、、、、、 ローマ神話の神々 [ ]• - 火の神• - 竈の女神・家庭の守護神• - 愛と美の女神• /キューピット - 愛の神• - 豊穣神、地母神、地下神• - 太陽神• - 狩猟、貞節、月の女神• - 海神、馬の神• - 戦神、農耕神• - 医学・知恵・工芸・魔術を司る女神• - 最高神• - 月の女神• (詳細はを参照) エトルリア人の神々 [ ] は中部の先住民族。 ( ())• Turan - 愛と活力の女神• () サルデーニャ島の神々 [ ] は西の島。 ( Deities) Sardinian deities, mainly referred to in the age of , are partly derived from n ones. - Goddesses of death• - God of• - Goddesses of reproduction women dead in childbirth• - Goddess of Earth and fertility ダキア人の神々 [ ] はに住んでいた系の民族。 ( Deities)• () ケルト神話の神々 [ ] はの草原からと付きの乗り物を持ってに渡来したの民族。 (も参照)()• () Artio - 熊の女神。 - 馬・ロバ・ラバの神。 - 戦いと豊穣の女神。 (アンガス・マク・オグ)• - 戦い・言語・霊感の神。 () Creidhne - ゴヴニュの息子で金属細工の神。 クレーニュとも。 - 月の女神、冥界の女神。 - 狩猟の神・冥府神。 - 工芸の神の一柱。 () - 雷神。 - 戦いの神、水に縁のある神。 - 光・火・治癒を司る神。 ()(「祝福されたブラン」とも。 Bendigeidfran) - 『』に登場するウェールズ王。 その名前は「祝福されたカラス(またはワタリガラス)」を意味する。 () Boann - の女神。 () Miach - ディアン・ケヒトの息子。 父より優れた医術を持っていたため父に恐れられて殺される。 - 太陽神。 北欧神話の神々 [ ] 詳細は、を参照。 - オーディンの息子。 - 狩猟、弓術、スキー、決闘の神。 - 海の神。 - 神々の王。 - 太陽の女神• - 軍神。 - 雷神・農耕神・戦神。 - 海の神。 - 運命の女神。 複数形は。 - 光の神。 - 正義、平和、真実を司る神。 - 詩の神• - 愛と結婚と豊穣の女神• - 豊穣の神。 - 光の神• - 月神• - 冥界の女神• (ワルキューレとも。 も参照) スラヴ神話の神々 [ ] は、・に居住し、に属する言語を話す諸民族集団。 (も参照)• 東スラヴの神々• - 太陽神、火の精霊• - 風神• - 太陽神• - 雷神• - 太陽神• 西スラヴの神々• - 天神• - 死神• () Jarovit - 豊穣神。 南スラヴのと同一起原と考えられている。 南スラヴの神々• - 植物、肥沃、春を司る神。 バルト神話 [ ] ラトビア人の神々 [ ] はの基本住民を形成する民族。 ( ()も参照)• Auseklis - 明星神。 かつては運命を司ると考えられていた。 () - 天空神。 () Jumis - 豊饒神。 かつては運命を司ると考えられていた。 () Laima - 運命の女神。 Saule - 太陽の女神。 馬との結びつきも深く、この神を象徴する記号は太陽を運ぶ馬を表現している。 ウースィンシュとも。 自然やを崇拝し、日本神道と似ているラトビア土着信仰「」における主要な神々は約20柱いる。 リトアニアの神々 [ ] は北ヨーロッパの国家。 (、 ()も参照)• () Dalia - 運命の女神。 () Dievas - 天空神。 () Laima - 運命の女神。 () Menuo - 月の神。 ( ()も参照)• () またはDeiwas - 天空神• フィンランド神話の神々 [ ] 古の宗教に関する文書はあまり残されていない上、神々の名前や崇拝の仕方に関していえば土地土地で異なっていた。 次に示すのは、最重要かつ最も広範に崇拝されている神々の概略である。 () - 川、湖、海の神。 - 冥界の女神。 - タピオの妻。 () - 草原と農業を司る神もしくは女神(実際の性別は不明)。 - 古代のフィン族あるいはエストニア人の神。 () - ウッコの妻。 豊穣の女神。 - 森と野生動物の神。 - 最高神。 天と雷の神。 アフリカ(エジプト以外) [ ] アカン族の神話 [ ] ()は、の民族。 (も参照)• アカンバ族の神話 [ ] は、の先住民族。 アサ Asa アシャンティの神話 [ ] は、かつてにあった王国。 (も参照)• ビア Bia)• イボ神話 [ ] は、の民族。 (も参照)• ズールー族の神々 [ ] は、の民族。 (も参照)• ブションゴ族の神話 [ ] ()• () ダホメ神話 [ ] (ダオメともいう)は、17世紀から19世紀にかけて西アフリカにあった王国。 (も参照)• Ayaba• ダ Da• Gbadu• ロコ Loko• Sogbo• Zinsi• Zinsu ディンカ族の神話 [ ] は、の民族。 (も参照)• ニャリッチ Nyalitch エフィク族の神話 [ ]• アバッシ Abassi• アタイ Atai Isoko mythology [ ]• コイコイ人の神話 [ ] は、南アフリカの民族。 「ホッテントット」と呼ばれた。 (も参照)• () Utixo - ティクア Tiqua とも。 天空神。 キリスト教の宣教師が聖書の神を表す名として用いた。 サン人の神話 [ ] は、南アフリカの民族。 「ブッシュマン」と呼ばれた。 (も参照)• ()(Cagn。 カアング Kaang 、カッゲン Kaggen とも) - 太陽神、創造神• コティ Coti - カグンの妻• ガウナブ Gaunab - 疫病神、死神• ヘイツィ・エイビブ Heitsi-Eibib - 文化英雄• ツイ・ゴアブ Tsui'goab - 天空神、雷神• Xu - 慈悲の神、全能の神 トゥンブカ族の神話 [ ] トゥンブカ族は、北部、東部、南部に住む民族。 (も参照)• チウタ Chiuta - 全能の神 ドゴン族の神話 [ ] はに住む民族。 (も参照)• Amma• Nonmo• Yurugu ピグミー族の神々 [ ] は各地で暮らす民族。 (も参照)• Arebati• トレ Tore ヨルバ族の神話 [ ] は、ナイジェリアの民族。 (、も参照)• アジェ Aje• シャンゴ Shango• ルグバラ族の神話 [ ]• ロトゥコ族の神話 [ ] ()• Ajok アメリカ大陸 [ ] メソアメリカ [ ] アステカ神話の神々 [ ] はの中央部に栄えたの国家(も参照)。 - 霜の神• - 塩の女神• - 太陽神・軍神・狩猟神• - 音楽・ダンスの神• - 風の神• /オメテクトリ/オメシワトル - 創造神• - 狩猟と釣りの神• - 文化神・農耕神• - 地母神• - 星の神• - 穀物神• - 金星の神• - 地母神• /シンテオトル - トウモロコシの神• - トウモロコシと豊穣の女神• - 水の神• - かまどと火山の火の女神• - 創造神・悪魔• - 地震・山彦・ジャガーの神• - 食物の創造者にして分配者• - 太陽神• - 破壊神• - 大地・愛欲の女神• - 雨・稲妻の神• - リュウゼツランの女神、の妻• - 死神• - 死神• () - 古き神• () - 大地と死と銀河の女神• () - 農耕の女神、 ()の女王• () - 癒しと祝祭とゲームの神• () - 音楽と踊りの神• () - 月の神• () - 卑しき神• () - 酒の神、薬の神• () - ウィツィロポチトリの伝令• () - 古き月の神• () - 大地の女神• () - 若いトウモロコシの実の女神• () - 死の中の生命を司る神• () - 花、肥沃、ゲーム、ダンス、農業、職人、売春婦、および妊婦の女神• () - 花の神、狩猟の神、祝祭と若いトウモロコシの神• () - 商人の神、旅人の守護神 マヤ神話の神々 [ ] はメキシコ南東部、、などの地域を中心に栄えた文明。 (詳細は、を参照)• - 自殺の女神。 - 月の女神。 - ジャガーの神。 - 知識の神。 Kauil - 稲妻、火、王朝の始祖に関連づけられる神。 「 ()の神々 : Schellhas gods 」においては神Kに分類されている。 後は「ボロン・ザカブ」 (ボロン・ツァカブ Bolon tza cab とも)と呼ばれた。 - 蝙蝠の悪神。 - 太陽神。 - 羽の生えた蛇の神。 - 死の神。 - 雨の神。 - 4つの方角の神。 - 創造神。 - 創造神。 - トウモロコシの神。 北アメリカ [ ] のたちは、「」という概念を共有している。 これはによって呼び名は違うが、を包み込む「」であり、万物の中心である。 あらゆる神々、もすべてこの「偉大なる神秘」のもとにあるが、「偉大なる神秘」そのものは神でも精霊でもない。 アベナキ族の神話 [ ] は、のインディアン部族。 ( )• - spirit• - kind protector of humanity• - cruel, evil god• - the creator エスキモー・イヌイットの神話 [ ] は・のに暮らす狩猟民族。 () - 海の邪神、死と破壊を司る• () - 月の神• () - イガルクの宿敵、敗れて星となる• () - 地母神であり海の女神• () - 熊の神• () - セドナの別名• () - 狩猟の女神• () - 太陽の女神 グアラニー族の神話 [ ] は、の。 () クリーク族の神話 [ ] は、アメリカ南東部とのインディアン部族、のこと。 () クワキウトル族の神話 [ ] 族は、部のインディアン部族。 () サリシ族の神々 [ ] は、カナダのインディアン部族で、西海岸の漁猟部族。 () チペワ族の神話 [ ] は、アメリカのに住む部族。 () -。 () ハイダ族の神話 [ ] は、のインディアン部族で、西海岸の漁猟民族。 () ヒューロン族の神話 [ ] は、北アメリカ大陸北部の、周辺や周辺などに居住するインディアン部族で、のこと。 () ポーニー族の神々 [ ] は、アメリカ中西部平原のインディアン部族。 - 大地母神。 パー Pah - 月の神。 - 太陽神。 - 創造神。 19世紀末までは、を捧げられた。 ホピ族の神話 [ ] は・に暮らすインディアンで、彼らの宗教観はなど現代の文化に影響を与えている。 () - 収穫の神• ) - 原初の創造神• See also ()娯楽の神ターニングチーゴ イロコイ族の神話 [ ] はとの間にあるインディアン国家。 合衆国憲法の元となった仕組みを持っている。 () スー族の神話 [ ] は、アメリカの大平原に住むインディアン部族。 - 宇宙の真理。 神、精霊ではない。 - 石の精霊。 - 母なる大地の精霊。 - 空の精霊。 - 太陽の精霊。 - 月の精霊。 ウィの妻。 - 風の精霊。 - ウィとハンウィの娘。 偉大なる仲介者。 - 邪悪の精霊。 - 地下に棲む「オールド・マン」• - 魔女。 - ワズィヤとワカンカの娘。 二つの顔を持つ。 - 雷の精霊。 - 蜘蛛の精霊。。 ナバホ族の神話 [ ] は、アメリカ南西部に住むインディアン部族。 神話を原典に持つ。 () ズニ族の神々 [ ] は、アメリカ南西部のインディアン部族。 定住農耕民。 () セネカ族の神々 [ ] は、インディアンのの6部族のひとつ。 () 南アメリカ [ ] インカ神話の神々 [ ] はのを中心に存在し、インカ人は現在も伝統を伝えている。 (参照)• () - 稲妻の神• () - 夜明け、夕暮れ、金星の女神• Coniraya - 創造神の一柱、月の神• () - 家庭と富の神• () - 神的存在• Huallallo Carhuincho - 創造神の一柱、火の神• () - 天候の神• Inti - 太陽神• () - インティとママ・キジャの息子。 () - 豊穣と収穫の女神• () - 海と魚の神• Pachamama - 竜の姿をした沃土の女神• () - 月の女神• () - 穀物の女神• Manqu Qhapaq• Pachacamac - 創造の神• Pariacaca, - 創造神の一柱、水の神• () - 死の神• () - 金属と宝石の神• Viracocha - 文明の創造者• Amaru - 竜神 オーストラリア・オセアニア [ ] アボリジニーの神話 [ ] は、の先住民族。 ターニングチーゴ 娯楽の神( )• Eingana• [ ]( [ ])• Yurlungur ターニングチーゴ 娯楽の神 ポリネシアの神話 [ ] は、の海洋部の区分の一つ。 タンガロア、タガロア、タアロア、 , , , ,• , p. 126. (「ゴブニュ」の項)• , pp. 117-118. (「エスス、タラニス、テウタテス」の項)• , p. 140. (「ベンディゲイドブラン」の項)• , pp. 140-141. (「ボアン」の項)• , p. 132. (「ディアン・ケヒト」の項)• 中堀正洋「ヤロヴィト」『神の文化史事典』ほか編、白水社、2013年2月、p. 549。 265. (第6章 バルト族の女神(ライマ) A ラトヴィア人)• (249 バルト諸民族の宗教)• , p. (249 バルト諸民族の宗教)• 『木漏れ日のラトヴィア』、pp. 14-15。 , p. (249 バルト諸民族の宗教)• 『木漏れ日のラトヴィア』、p. , pp. 268-269. (第6章 バルト族の女神(ライマ) B リトアニア人)• , p. 267. (第6章 バルト族の女神(ライマ) B リトアニア人)• 599-601。 (参照:p. 600)• , p. 154. (「シェルハスの神々」の項)• , p. 261. (「パレンケの三神」の項)• 『Lame Deer Seeker of Visions. Simon and Schuster』(Lame Deer, John Fire and Richard Erdoes. New York, New York, 1972) 参考文献 [ ]• 『妖精学大全』、2008年7月。 『世界宗教史 5 ムハンマドから宗教改革の時代まで(上)』訳、〈〉、2000年7月。 『図説 マヤ・アステカ神話宗教事典』、編、増田義郎監修、武井摩利訳、、2000年9月(原著1993年)。 『運命の女神 - その説話と民間信仰 新装』竹原威滋訳、、2005年6月。 関連項目 [ ]•

次の