新 日本 プロレス 試合 日程。 プロレス : 日刊スポーツ

スケジュール/チケット | 新日本プロレスリング

新 日本 プロレス 試合 日程

やり直し可。 同一端末からの複数回投票の場合は最新分に上書きされます。 辻陽太 石井智宏vs. エル・デスペラード 矢野通vs. 邪道 本間朋晃vs. 外道 永田裕志vs. 鈴木みのる 上村優也vs. 金丸義信 ゲイブリエル・キッドvs. 99マスターが配信する『ドキドキライブ2. ゲストは人気芸人! 】 日テレ1(地上波)ジャンル:バラエティ — トークバラエティ 偶然ですが…スポーツネタ!? の2本立て。 1 「世の中の事は全てプロレスに例えられる」と言い切る男 2 頭部でやる卓球みたい!? ヘディスとは? ONE Championship テレビ東京1(地上波)ジャンル:スポーツ — 相撲・格闘技 今、アジアで爆発的な人気を誇る格闘技団体「ONE Championship」。 世界トップの注目ファイター、日本人選手の情報をお伝えします。 天龍源一郎、長州力、川田利明、田上明、小橋建太、渕正信、秋山準、佐藤昭雄、和田京平、鶴田恒良 実兄 、池田実 日川高校バスケ部同級生 、鎌田誠 元中大レスリング部主将 、磯貝頼秀 ミュンヘン五輪代表 他、当時のコメントと多くの新証言をもとに、誰もが踏み込めなかったジャンボ鶴田の実像に、元『週刊ゴング編集長』小佐野景浩が初めて踏み込んだ大作。 2020年3月17日発売!俺たちのプロレス VOL. 14 ジャンボ鶴田最強説を追う!! ジャンボ鶴田最強説を追う!! 12名が明かした「ジャンボ鶴田最強説」の虚と実 2020年4月15日発売! 逆説のプロレス vol. 17 プロレス 「取材拒否」暗闘史 前田日明 鈴木みのる ジョージ高野 片山明 グレート小鹿 2020年3月10日発売!2017年発売の柳澤健著『1984年のUWF』が文庫化(Kindle版と文庫本あり)。 自身のキャリアを振り返るだけでなく、伝説化しているスーパータイガー 佐山聡 vs前田日明の不穏試合、前田日明vsアンドレ・ザ・ジャイアントのセメントマッチ、前田日明が長州力の眼窩底を骨折させた顔面蹴撃事件、新生UWFの3派分裂劇、UWFインターナショナルと新日本プロレスの全面戦争など歴史に残る騒動について当事者の立場から「真実」を激白! 2020年2月28日発売!その現実から目を背けるな。 「やれるか」じゃない、やるんだよ。 鈴木みのるの言葉はなぜ俺たちの心に刺さるのか。 プロレス界の今、ここを生き抜いてきた唯一無二の思考、貪欲に幸福を求める方法 2019年12月28日発売!新しい敵に向かっているから俺はずっとギラギラしていられる。 そして、そういう闘いの中にいられることが、俺にとっての幸せなんだよ。 強くあるために何ができるか、いま何をすべきか。 リング内外で見せる強烈な存在感の源泉がわかる、プロレス王・鈴木みのる、刮目の最新刊! 2020年3月15日!獣神伝説、完結! 自伝、第3弾! ありがとう、みんなのライガー。 2020年の東京ドーム2連戦でリングを去った獣神、最後の告白。 連綿と続く壮大な新日本ジュニアの物語。 いつもそこにライガーがいた 2019年12月19日発売!世界最高峰のリングWWEからインディー団体まで、日米マット界の「光」と「陰」を知る著者がはじめて明かす熱狂を生み出す「サイコロジー」のすべて。 自身の圧倒的な経験値をもとに綴る、目からウロコのプロレス論! 2019年10月10日発売!プロレスラー・柴田勝頼のデビュー20周年記念DVD。

次の

プロレス試合結果データべース

新 日本 プロレス 試合 日程

遂に発表となった、新日本プロレスの 大会再開スケジュール。 ファンのみならず、多くのプロレス関係者も注目していたことでしょう。 【重要なお知らせ】 6月9日(火)昼12時~ 新日本プロレスワールド、新日本プロレス公式YouTube CHで『大会再開に関するオンライン会見』を配信!! — 新日本プロレスリング株式会社 njpw1972 他団体に比べ遅れを取った一歩となりましたが、インパクトのある大きな一歩となりました。 会見の内容について触れる前に、興行再開にあたり重要な情報がオープンになるかどうかまとめてみました。 まずは無観客試合から始めるだろう新日本が、どんな大会再開予定を発表したのか。 以下はオンライン会見の内容になります。 菅林会長で始まった会見ですが先週から選手・スタッフの抗体検査を行い、やっと試合ができる準備が整ったとのこと。 無観客試合の開催は6月15日から始まり、全11大会の予定を発表しました。 これは 約110日振りの大会再開です。 6月15日は「Together Project Special」と題して、 今までのプロジェクトの集大成の大会を開催するそうです。 対戦カード及び出場選手は、試合開始19時からリングアナウンサーによって発表になります。 6月16日~7月3日までは 「NJPW WORLD Special NEW JAPAN CUP 2020」と題して ニュージャパンカップ(以下NJP)が開催されます。 6・16NJC2020 1回戦 真壁刀義 vs 辻陽太 石井智宏 vs エル・デスペラード 矢野通 vs 邪道 本間朋晃 vs 高橋ヒロム スペシャルマッチ1試合開催 6・17NJC2020 1回戦 オカダカズチカ vs 外道 永田裕志 vs 鈴木みのる 上村優也 vs 金丸義信 ゲイブリエル・キッド vs 石森太二 スペシャルマッチ1試合開催 6・22NJC2020 1回戦 棚橋弘至 vs タイチ 飯伏幸太 vs ザック・セイバーJr. 田口隆祐 vs SANADA SHO vs 鷹木信悟 スペシャルマッチ1試合開催 6・23NJC2020 1回戦 天山広吉 vs YOSHI-HASHI YOH vs BUSHI 小島聡 vs EVIL 後藤洋央紀 vs 高橋裕二郎 スペシャルマッチ1試合開催 総勢32人のトーナメント組合せは、ご覧の通りになりました。 7月2日(木)に準々決勝4試合とスペシャルマッチ1試合が開催。 7月3日(金)に準決勝2試合とスペシャルマッチ1試合が開催となります。 ここまでは無観客試合での開催です。 そして、NJC決勝戦の舞台はなんと… 7・11大阪城ホール 翌日も大阪城ホール大会を開催し、なんと二冠戦が行われると発表されました。 「二冠王者の内藤哲也 vs NJC2020優勝者」 今大会は6・14大阪城ホール大会の延期分として開催され、 通常の3分の1程度の 有観客興行を開催するということです。 ここで一つ残念なお知らせ。 7月に予定していた 北海道シリーズはすべて中止と発表されました。 7月13日以降の予定は、今後の情勢を考慮して発表されるとのことです。 また、来場する際のコロナ対策についてはにてアナウンスがあるということなので、大阪城ホール大会2連戦に参加予定の方は事前のチェックをお願いします。 残念ながら外国人選手の出場は殆どありませんでした。 今の状況を考えれば妥当でしょう。 今回のNJCにエントリーされなかった選手達は、ご覧の通りです。 【新日本プロレス本隊】 ジュース・ロビンソン、デビッド・フィンレー、トーア・ヘナーレ、タイガー・マスク 【CHAOS】 ウィル・オスプレイ 、マイキー・ニコルス、ロッキー・ロメロ、ロビー・イーグルス 【鈴木軍】 DOUKI 【BULLET CLUB】 エル・ファンタズモ、KENTA、ジェイ ・ホワイト、タマ・トンガ、タンガ・ロア、チェーズ・オーエンズ、バッドラック・ファレ、ヒクレオ 【 ロス・インゴベルナブレス・デ・ハポン】 内藤哲也 【LA DOJO】 アレックス・コグリン、カール・フレドリックス、クラーク・コナーズ 予想外のNJC開催となり、ジュニアヘビー級とヘビー級混合のトーナメントとなり、想像の斜め上を行く発表となりました。 色々と知りたい情報はありましたが、今は情報が多すぎて整理するのでいっぱいな状態です。 遂に新日本プロレスの無観客試合・有観客興行が動き出します。 どんな試合になるのか、どんな会場で行われるのか楽しみは尽きません。 当面、今まで通りの通常興行はできないかも知れませんが、今後の新日本プロレスの反撃に期待で胸が膨らむばかりです。

次の

遂に新日本プロレス動く。プロレス再開!?無観客試合に懸念も!?

新 日本 プロレス 試合 日程

【重要なお知らせ】 6月9日(火)昼12時~ 新日本プロレスワールド、新日本プロレス公式YouTube CHで『大会再開に関するオンライン会見』を配信!! — 新日本プロレスリング株式会社 njpw1972 6月9日(火)昼12時~ 新日本プロレスワールド、新日本プロレス公式YouTube CHで 『大会再開に関するオンライン会見』を配信!! 待ちに待った発表です。 6月9日の 『大会再開に関するオンライン会見』では、 無観客試合の開催が発表されるのではないでしょうか! 度々、このブログでも新日本プロレスにおける無観客試合の可否については触れてきました。 過去に触れた記事を載せておきます。 100日以上振りの試合です。 SNSでも、喜びの声が多く飛んでいました。 無観客試合の開催だった場合に、 「気になること」そして、 私が一つだけ引っ掛かる「懸念」について、触れておこうと思います。 気になることは・・・ 以下にまとめてみます。 対戦カード• 同グループのスターダムについて 恐らく、一番気になるのが対戦カードでしょう。 KENTA選手をはじめとする海外在住の選手は、入国規制により出場は難しいです。 国内在住の選手に限られます。 個人的な予想では、タイトルマッチは組まれません。 易々と無観客ではカードを切らないと予想してます。 暫くは様子を見ながらで、最終的にも NEVER無差別級6人タッグマッチだと思います。 後にも書きますが、一発目の対戦カードはかなり重要です。 スターダムについて 新日本と同じグループ会社にいるスターダムについてですが、 今のところプロレス再開の情報はありませんでした。 下記の記事にもあるように、抗体検査は近々行われると思いますので、 そこまで遠くないタイミングで発表されるのではないでしょうか。 新日本プロレス、スターダムの親会社・ブシロードが3日、ライブイベント再開に向けて選手や出演者、スタッフ全員への抗体検査を行うことを発表した。 東京スポーツ新聞 今は難しい状況下にあると思います。 一歩ずつ選手やスタッフの気持ち最優先で動いて欲しいです。 懸念も・・・ 現在、無観客試合を行っている団体は、新日本以外全てと言っていいです。 プロレスリングNOAHや全日本プロレスは、コロナ禍でも無観客試合を活かし数ヵ月間話題を作ってきました。 その中で、 新日本の無観客試合実施に対する懸念は、他団体より下回ることです。 今回の無観客試合で転ぶことは絶対に許せない状況なはずです。 前述した通り、無観客試合に関してはNOAHや全日本に上手を取られています。 そして、ファンも他団体に流れていく可能性が非常に高いです。 新日本の選手なら 試合のクオリティは、まず落とさないですが、 一発目で話題を新日本に引き戻せるような演出を持ってこないと厳しい気がします。 「新日本プロレスがプロレスをする。 」だけでは話題を取り返すのは難しいでしょう。 海外の地方大会でやるような対戦カードやヤングライオンvsベテランのようなチャレンジマッチを組み始めたら、相当危険だと思います。 おわり 6月9日に 『大会再開に関するオンライン会見』で発表される内容は、 無観客試合の実施と予想。 ・・・ 総じて、結局何が言いたいかっていうと、 「グレート・オーカン凱旋帰国してほしいってこと。

次の