カタツムリ 駆除。 【ガーデニングの天敵!?vol.2】ナメクジ・カタツムリによる被害と駆除対策について

ナメクジの駆除方法や、来ないようにする対策は?駆除剤がおすすめ

カタツムリ 駆除

葉野菜やお花を育てているとカタツムリに食べられていたことがあるのではないでしょうか? ここではそんな被害をなくすための駆除の仕方を紹介していきます。 カタツムリから守る 寄せ付けない対策 対策の一つに 銅線、銅板を周囲に設置すると寄りつかなくなると言います。 しかし銅は人体には影響ありませんが、土壌に少しずつ成分が染み出して作物に影響を及ぼすことがあります。 イネ科の作物が特に影響を受けやすいそうです。 鉢植えやプランターなどの周りで小さい範囲であれば有効と言えますが、資材の費用もありますし、規模が大きい程あまり対策には向いていません。 ビールを使った罠もよく聞きますが、効果は対象の種類によって差が出て来ますし、お酒を飲まない方には準備するのに余計な出費になりがちです。 市販されている薬品や駆除用の餌は効果的ですが作物への影響を考えて使用するのをためらう方がいると思います。 環境を整える 一番有効なのはカタツムリの好む環境を作らないか、わざと作っておくかのどちらかになってきます。 カタツムリは乾燥を嫌い、昼間は物陰に潜んで夜間に活動する習性のために、湿っていて薄暗い所を好みます。 基本的に何でも食べますが、 好物は柔らかい葉やしなびた葉、貝殻です。 そういった場所、餌となるものをできるだけ撤去して寄りつかせないようにするか、反対にわざと作っておびき寄せて駆除するという方法です。 苦手な方には大変ですし、地道な作業になってしまいますが、現在の所はこれがお勧めです。 捕まえる時は、手袋やトングなどを使って下さい。 素手で触るのは病気の元になる可能性があるので危険です。 以上のことはナメクジに対しても有効です。 スポンサードリンク 駆除をする時は卵にも注意を カタツムリだけを駆除しても卵が残っていたら、また被害が出てしまいます。 産卵は春から秋にかけて行われますが、5月から7月の梅雨時が特に盛んな時期です。 中には単体で繁殖する種類もいますが、基本的に彼らは雌雄同体で、出会った後は両方とも卵を産みます。 集まっているのを見つけて駆除するのも良いでしょう。 卵を駆除するには、カタツムリが入りやすそうな物陰や薄暗く湿った所の地面を浅く掘り返して見て下さい。 彼らはそういった所の数cm下の地中に頭を入れて卵を産み落としていくのです。 BB 弾のように小さくて丸くて白い物体がいくつも現れたら、それが卵です。 見つけたら新聞紙などに包み、燃えるゴミとして捨てましょう。 まとめ お花や作物の種類、規模は人によって様々です。 ここで述べた方法はどちらかと言えばガーデニングや家庭菜園などの規模の小さい畑に向いています。 大々的な畑になってくると、地道な作業は大変で話が違ってきます。 それぞれの事情に合わせた駆除対策が必要になってくるので、考える上での参考になれれば幸いです。 スポンサードリンク.

次の

畑や植物にとって害虫のカタツムリ

カタツムリ 駆除

葉野菜やお花を育てているとカタツムリに食べられていたことがあるのではないでしょうか? ここではそんな被害をなくすための駆除の仕方を紹介していきます。 カタツムリから守る 寄せ付けない対策 対策の一つに 銅線、銅板を周囲に設置すると寄りつかなくなると言います。 しかし銅は人体には影響ありませんが、土壌に少しずつ成分が染み出して作物に影響を及ぼすことがあります。 イネ科の作物が特に影響を受けやすいそうです。 鉢植えやプランターなどの周りで小さい範囲であれば有効と言えますが、資材の費用もありますし、規模が大きい程あまり対策には向いていません。 ビールを使った罠もよく聞きますが、効果は対象の種類によって差が出て来ますし、お酒を飲まない方には準備するのに余計な出費になりがちです。 市販されている薬品や駆除用の餌は効果的ですが作物への影響を考えて使用するのをためらう方がいると思います。 環境を整える 一番有効なのはカタツムリの好む環境を作らないか、わざと作っておくかのどちらかになってきます。 カタツムリは乾燥を嫌い、昼間は物陰に潜んで夜間に活動する習性のために、湿っていて薄暗い所を好みます。 基本的に何でも食べますが、 好物は柔らかい葉やしなびた葉、貝殻です。 そういった場所、餌となるものをできるだけ撤去して寄りつかせないようにするか、反対にわざと作っておびき寄せて駆除するという方法です。 苦手な方には大変ですし、地道な作業になってしまいますが、現在の所はこれがお勧めです。 捕まえる時は、手袋やトングなどを使って下さい。 素手で触るのは病気の元になる可能性があるので危険です。 以上のことはナメクジに対しても有効です。 スポンサードリンク 駆除をする時は卵にも注意を カタツムリだけを駆除しても卵が残っていたら、また被害が出てしまいます。 産卵は春から秋にかけて行われますが、5月から7月の梅雨時が特に盛んな時期です。 中には単体で繁殖する種類もいますが、基本的に彼らは雌雄同体で、出会った後は両方とも卵を産みます。 集まっているのを見つけて駆除するのも良いでしょう。 卵を駆除するには、カタツムリが入りやすそうな物陰や薄暗く湿った所の地面を浅く掘り返して見て下さい。 彼らはそういった所の数cm下の地中に頭を入れて卵を産み落としていくのです。 BB 弾のように小さくて丸くて白い物体がいくつも現れたら、それが卵です。 見つけたら新聞紙などに包み、燃えるゴミとして捨てましょう。 まとめ お花や作物の種類、規模は人によって様々です。 ここで述べた方法はどちらかと言えばガーデニングや家庭菜園などの規模の小さい畑に向いています。 大々的な畑になってくると、地道な作業は大変で話が違ってきます。 それぞれの事情に合わせた駆除対策が必要になってくるので、考える上での参考になれれば幸いです。 スポンサードリンク.

次の

カタツムリも塩をかけると溶ける?駆除方法も徹底紹介

カタツムリ 駆除

畑で野菜を育てている方や、プランターで植物を栽培している方の多くがカタツムリやナメクジなど害虫の被害にあっている事と思います。 カタツムリは、一年中(特に梅雨)発生して柔らかい葉や苗を好んで食べるため、葉っぱが穴だらけになってしまったり、苗のまま食べられると育たなかったりと本当に困ってしまいます。 害虫のカタツムリ カタツムリは、基本的にほとんどの野菜や植物を食べますが、 その中でもアブラナ科である、キャベツ・白菜・大根・小松菜・ブロッコリーの葉などを好んで食べ、ホウレン草などの少し苦味のあるものは苦手です。 カタツムリは、繁殖力が強く、また殻を被っていて乾燥にも強い為、一度増えてしまうと次から次へと被害も拡大していきます。 そうなってしまうと、無農薬では追いつくことができませんので育てている野菜や植物と相性のいい農薬を探し使用して、その後カタツムリの嫌う銅やコーヒーのカスを使って予防することが効果的です。 カタツムリを寄せ付けない方法 カタツムリは銅イオンが苦手で、銅の近くに寄るだけで動きが鈍くなり銅を触れることができません。 これは研究結果として実際に効果があったと言われてい方法です。 銅のすぐそばまでは近づけても、銅を乗り越えて渡ることができないため畑や植物にはたどり着けないという事になります。 畑では、太めの銅線を周りに張り巡らせ、プランターなどでは銅板を下に敷いたり銅線をプランターに巻いたり素材に銅を用いたプランターを使うなどで予防することができます。 駆除にはビールやコーヒーなども使える ビールでの駆除は有名で、ビールトラップ(ビールで作った罠)を仕掛けてカタツムリを寄せ付け数匹まとめて駆除するという方法で、カタツムリはビールに集まるため効果的ですが、寄せ付けてしまうという事は予防には使用できません。 コーヒーはカタツムリの駆除にも効果があり、なおかつ肥料としても使えるので一石二鳥です。 スポンサードリンク カタツムリはカフェインが苦手で、土にコーヒーのカスを混ぜることで土の中に隠れているカタツムリやナメクジなどが逃げ出してきて、数時間後には約9割のカタツムリやナメクジが命を落としてしまう程です。 しかし、カフェインは発芽の抑制にも作用してしまいますので、苗や新芽の時には控える事をお勧めします。 まとめ せっかく始めた家庭菜園やガーデニングで、害虫に悩んでしまうのは困りますよね。 カタツムリやナメクジの特性を知って、よりよい環境で育てられるように色々な方法を試してみるのもいいかもしれません。 スポンサードリンク.

次の