金のエンゼル 中身。 しゃべる!「金のキョロちゃん缶」中身を公開|石ログ

しゃべる!「金のキョロちゃん缶」中身を公開|石ログ

金のエンゼル 中身

チョコボール50周年で「おもちゃのカンヅメ」は、「しゃべる!金のキョロちゃん缶」にリニューアル。 この金のキョロちゃん缶は、通常と同じように「金のエンゼル」なら1枚「銀のエンゼル」なら5枚を送るともらえます。 「おもちゃのカンヅメ」はよく、外の缶詰と平行して景品になっていることが多いので、 応募の際には必ず希望の缶を書いて応募してください。 応募方法 必ず希望の缶を記載の上、住所・氏名・年齢・性別・電話番号を明記し、はがき又は封書で送ってください。 〒110-8691 日本郵便上野支店私書箱123号カンヅメ係 おもちゃのカンヅメ プレゼントキャンペーン事務局 0120-280-963 わたしは送付してから1ヶ月以上待ちました。 気長に待ちましょう。 50周年記念で、50倍のチョコボールも発売してます でかすぎやろ・・・ 金のキョロちゃん缶 開封 外箱 やっぱり、クエってしゃべるのかな〜? 箱の中身 フタを開けて、電池部分についてる絶縁シートを外しましょう。 特別な工具などは必要ありませんでした。 キョロちゃんがしゃべる2つの方法• くちばしの部分をなでる• ギュッと抱きしめる 50回に1回だけしゃべる特別なコトバがあります。 見事なまでの金色!! 金のキョロちゃん缶 カンヅメの中身 キョロちゃん缶の中には4つのおもちゃが入っていました。 手品 ケースにキョロちゃんを入れます。 次に開けると、何とキョロちゃんがいなくなります。 キョロちゃん 定規 長さがはかれますが、大きすぎて筆箱には入りそうにありません(笑) 転がして立てる キョロちゃんを転がして真ん中の穴に入れます。 キョロちゃん けん玉 意外とむずかしい。 さいごに 「金のキョロちゃん缶」は、おもちゃのカンヅメでした。 前回はなぞをといていくタイプのとても楽しめるものでした。 前回はすごく楽しめたんですが、今回はとてもいいものでした。 次回新作にもすごく期待してしまいます。 しかし、金のエンゼルを引くのはとても大変です。 噂では金のエンゼルは1000個に1つ以下、銀のエンゼルは25個に1つ以下といわれています。 前にチョコボールを3ダース買ったことがありましたが、その時は銀のエンゼルが1枚しかでませんでした。 でるかどうか分からないエンゼルのためにチョコボール買い続けるよりはいいかも.

次の

おもちゃの缶詰の当たりはパッケージでわかる

金のエンゼル 中身

ネットで検索していたら凄いブログを見つけた 気になったらすぐにgoogle検索です。 とにかくビックリしたのは1000箱チョコボールを重ねたタワー。 チョコボールタワーとでも言いましょうか。 このブログの方「ままさん(ニックネーム)」はチョコボールキャラメルを購入していましたねぇ~。 ちなみに僕はピーナッツが好き。 あの歯ごたえがたまらんです。 僕はピーナッツが好きだなぁー。 とりあえずこの1000箱チョコボールを重ねた「チョコボールタワー」が凄いので見てみる価値はありますよ。 銀のエンゼルの確率は? とりあえず企業秘密のようで、メーカーの方からの正式な発表はないようですが、 銀のエンゼルが「30分の1前後」 金のエンゼルは「1500分の1前後」 みたいですね。 ただし年ごとによって、確率を変えるようなので正確なことはわかりません。 チョコボーを1000箱買った、ブログの作者の方は「金のエンゼル」を1個GETしていました。 おもちゃの缶詰の中身 ちなみにおもちゃの缶詰の中身は上の「ネイバーまとめ」にのっています。 どうしても「おもちゃの缶詰」をゲットしたい方は、ヤフーオークションやメルカリなのでフリマアプリで購入が可能です。 気になる方はチェックしてみてください。 最後に これだけ低い確率だと、たまたま買ったチョコボールが「金のエンゼル」だったら感動ですね。 僕もいつかは当ててみたいものです。

次の

【え?】謎商品「チョコボールのなかみ」が新発売 / 中身が夢見たソロデビューと残酷な現実

金のエンゼル 中身

Index• 現在でも1~2年おきに新商品が出されていますが、その初代はなんと1967年との事!実に半世紀にも及ぶロングセラー商品です。 私が貰ったこのカンヅメ、いつ貰ったかは忘れてしまいましたが、調べてみるとこの「キョロ缶」は2004年8月~2006年6月が対照だったそうなので、今からおよそ12年前という事になりますね。 カンヅメはスチール缶で出来ていますが、クチバシの部分はプラスチック、足の部分はゴム製です。 ギッシリ詰ったキョロちゃんグッズ!いずれもビニールやプチプチに入れられて入っています。 考えてみれば、よくぞここまでキチンと取っておいたなぁと…。 「おもちゃのカンヅメ」の中身 キョロ缶の中身がコチラ!私の記憶では、確かこれに小さなシールも一枚入っていたと思うのですが、残念ながら紛失してしまった模様…。 左から順に「はさんで!キョロちゃんクリップ」「パクパクキョロちゃんプラモデル」「どこでもチョコボールケース」。 チョコボールケースは、クチバシの部分が可動式で、チョコボールが上手い事出てくる様になっています。 こちらは「キョロちゃんのかたちの絵本」と「キョロちゃん色あわせゲーム」。 ゲームは色と点数で競い合うカードゲームです。 トランプの様にしっかりした紙質ですが、あまりにも小さいのでちょっとプレイし難そう…。 金のエンゼルなら1枚、銀のエンゼルなら5枚でカンヅメと交換可能ですが、その出現率はどの程度なのか? 記憶を辿ると、私がキョロ缶Getに至るまでに購入したチョコボールは計105個。 その中で銀のエンゼルが5枚、金が0枚でした。 毎回スーパーへ行って15個~20個を大人買いするのですが、その中に銀のエンゼルが含まれている可能性はおよそ2回に1回程度。 よくめげずに買い続けたものです…。 購入金額は8千円~9千円程度、恐らく当時は体重もいくらか増加したものと思われます 笑。 今回もこの記事を書くにあたって、久々に3つほど購入したのですが、残念ながら全てハズレ!味は相変わらず、やはり王道のピーナッツが一番美味しいですよね。 キャラメルは歯にくっつくので、あまり買わない様にしています。 数量限定「チョコボール 50 倍」.

次の