豆腐ハンバーグ肉なし。 豆腐ハンバーグのレシピ!崩れるのを防ぐコツ&肉と豆腐の割合とは [毎日の野菜・フルーツレシピ] All About

【ツナ入り豆腐ハンバーグ】ショウガ醤油で食べると肉なしでも美味!夫飯

豆腐ハンバーグ肉なし

お肉なし豆腐ハンバーグは、お肉を一切使わない、お豆腐100%のベジタリアンハンバーグです。 ヘルシーなおかずをお探しの方はぜひお試しください。 豆腐が入っているのでふんわり、軽めの食感のハンバーグです。 お肉のハンバーグのような噛みごたえはありませんが、ちょっと食べ過ぎた日の次の日や、ダイエット中の方、お豆腐好きの方におすすめなレシピ! このレシピはこんな方にオススメ!• 豆腐が好きなベジタリアンの方• 豆腐で簡単な主菜を作りたい• お肉なしでヘルシーなおかずを作りたい お肉なしに加え、豆腐の水切りも不要です。 ひじきを乾燥のまま入れることで、豆腐の水分をしっかり吸い取ってくれるので、楽チン簡単です。 では、必要な材料と作り方を解説しますので、詳しくみていきましょう。 レシピご覧の方は下の方へスクロールしてください。 コンテンツ• お肉なし豆腐ハンバーグに使う材料 豆腐ハンバーグに使う材料はこちらです。 こちらは面倒な時は省いても大丈夫です。 パン粉を加える• 塩胡椒で味付けする• 大きすぎると、ひっくり返すときに形が崩れてしまうので、小ぶりなサイズにしてください• 焼き色が付くまで片面3分づつ焼きます 出来上がり! お皿に取り出し、お好きなソースをかけてお召し上がりください。 ケチャップとマヨネーズを混ぜたソースや、醤油・みりん・酒で照り焼きソース、なんかもいいと思います。 献立づくり : 一汁三菜と色を食べる お肉なし豆腐ハンバーグをおかずに、献立を考えてみましょう。 献立を考える時は、 一汁三菜 汁物1品、ごはん、副菜ふたつ、主菜ひとつ 、色々な色の素材を入れることを意識するといいと思います。 サンプル献立:• ごはん• お肉なし豆腐のハンバーグ 白菜、しめじ、にんじん、インゲン、油揚げ、ひじき、大豆、アスパラガス、ゆで卵、豆腐、玉ねぎ、と全部で12品目含まれています。 色でカウントすると、 緑、白、茶色、黒、オレンジの5色!様々な色を食べることで、異なる栄養を取り入れられるので、栄養バランスがきになる方はちょっと意識してみてください。 まとめ さて、豆腐ハンバーグの作り方についてご紹介しましたが、いかがでしたでしょうか? お肉が入っていないのに、食べ応えしっかり。 和食から洋食まで、調理プロセスの詳しい解説を含めたレシピを発信しています。 こんなレシピが知りたい、この素材ってどう使うの?など、ご質問があればお気軽に下のコメント欄より送信ください。

次の

お肉なしでヘルシー!豆腐ハンバーグのレシピ/作り方

豆腐ハンバーグ肉なし

まずは基本の豆腐ハンバーグの作り方 用意するのは普通の木綿豆腐で大丈夫です。 木綿豆腐のほうがしっかりとしているので、水切りしやすくておすすめです。 ではさっそくノーマルの豆腐ハンバーグの作り方を見ていきましょう。 2.豆腐にパン粉を混ぜて、ペースト状にする。 3.材料をすべて合わせて混ぜる。 4.粘り気が出てきたら、人数分に成形する。 5.初めは強火で焼き、焼き色がついたらひっくり返してホイルや蓋をかぶせて蒸し焼きにする。 6.ハンバーグを押してみて、透明な汁が出てきたら火を止めて完成。 簡単に作れるソースの紹介 ハンバーグを焼き終わったフライパンの肉汁が残っているところに、材料を足してもいいのですが、今回はもっと手軽にできる混ぜるだけのソースを紹介します。 【材料】 3人分 ケチャップ 大さじ2 ソース 大さじ2 この2つを器の中で混ぜ合わせたら完成です。 とっても簡単にハンバーグのソースができあがります。 器に盛ったら、豆腐ハンバーグのできあがりです。 豆腐が入っているのでふわふわとした食感で、ふっくらとしていておいしいです。 今回紹介したレシピはお肉が少な目なので、あっさりとしていて、まったくくどくないです。 2.ペースト状になるまでよくこねる。 3.成形できるぐらいの粘り気が出てきたら人数分に分けて焼く。 4.普通のハンバーグ同様、中に火が通れば完成。 かなり生地が軟らかいので、ひっくり返すときには注意が必要です。 初めに焼きに入る時に、やや強火で焼き目をつけておくのが失敗しないポイントです。 焼き目が付いてハンバーグの表面がしっかりと火が通っていたら、軟らかめの生地でも崩れることなくひっくり返せます。 究極!肉も卵も使わない豆腐ハンバーグ 最後に、肉も卵も使わずに作れちゃう豆腐ハンバーグのレシピを紹介します! 冷蔵庫を開けたら何もない!というような時でも豆腐さえあれば常備のもので作れるので覚えておくと便利です。 2.豆腐の水が切れたら残りの材料、調味料を加えて混ぜる。 3.成形できるくらいの粘り気が出たら人数分に分けて焼く。 4.普通のハンバーグのように両面焼いて完成。 肉も卵も使わずに豆腐ハンバーグが完成しました! 気になるお味は、はんぺんのようなイメージです。 下味で醤油を入れていますが、かけるのも醤油でOKです。 お好みでわさび醤油にしてもおいしいと思います。 しかし、玉ねぎのみじん切りが入っているので食感はしっかりハンバーグですよ! 肉がなくても「ハンバーグを食べたぞ!」という満足感を得られるはずです。 この肉なしハンバーグ、想像よりもおいしいですよ。 おかずはもちろん、一口サイズに成形しておつまみにもなりそうです。 お弁当の中に入れてみるのもいいですよね。 ぜひ一度試していただきたい新しいハンバーグです。 まとめ 簡単に作れちゃう豆腐ハンバーグの作り方やさらにはそれをベースとして、さまざまな材料がなくても作れちゃうアイデアレシピも紹介してみました。 豆腐が入っているとハンバーグがふんわりとしてとてもおいしいですし、ヘルシーに仕上がるので嬉しいことだらけですよね! 豆腐が入っているからといって、ハンバーグのうまみは損なわれずしっかりと満足していただけるお味です。 どれも簡単に作れるものばかりなので、ぜひ挑戦してみてくださいね!.

次の

ふんわり美味しい!人気の「豆腐ハンバーグ」レシピ11選

豆腐ハンバーグ肉なし

材料を順番に混ぜ合わせよくこねたら、1つずつハンバーグ型に整えます。 これをフライパンで蒸し焼きにすればハンバーグの完成です。 ハンバーグを取り出し軽く拭いたフライパンで、和風ソースの材料を全て合わせたものを火にかけ、とろみが出てきたらソースも完成。 ふっくらジューシーなハンバーグが出来上がりです。 材料を順番に混ぜ合わせよくこねたら、1つずつハンバーグ型に整えます。 これを油をひいたフライパンで両面焼き、蒸し焼きにします。 最後に合わせておいた調味料をよく混ぜて入れ、ハンバーグ全体にタレがからまったら出来上がりです。 材料をよく混ぜ合わせたら、1つずつハンバーグ型に整えて、油をひいたフライパンで両面焼きます。 ここに、大根おろしと調味料を合わせたソースを入れてよく絡めれば完成です。 豆腐を使ったヘルシーなハンバーグにおろしソースがよく合いますよ。 玉ねぎはみじん切りにして炒め、豆腐は水切りしてから材料をよく混ぜ合わせます。 1つずつハンバーグ型に整えて、油をひいたフライパンで両面焼けば完成です。 ふわふわで美味しいハンバーグが出来上がります。 ソースは好みでかけて下さい。 こちらも肉なしで作れます。 生おからを使用する場合は、豆腐を水切りし、パン粉を加えて固さを調整すると作れるそうですよ。 ハンバーグとタレは別に作り、最後にかけて完成です。 しっかり味のタレで、肉なしでも美味しくヘルシーにいただけますよ。

次の