斉藤孝信 放送文化研究所。 メディア多様化時代の20代とテレビ

調査あれこれ

斉藤孝信 放送文化研究所

1 概要• 2 アナウンサー出身の関係者• 1 現在• 2 過去• 3 外部リンク 概要 創造された放送文化の調査研究を行い、それに即した刊行物も年に数回発行している。 研究員の中にはアナウンサーや記者の出身者も少なくない。 2002年まではNHK放送博物館と同じ建物にあった。 アナウンサー出身の関係者 現在• 岩佐英治• 斉藤孝信• 柴田厚• 田中孝宜• 滝島雅子• 中山準之助• 野地俊二• 山口勝• 和田成弘 過去• 岩澤忠彦(現・NHK放送研修センター・日本語センター長、元NHK放送文化研究所長)• 大出岳史(現・NHK北見放送局局長)• 小川浩司(現・NHK千葉放送局)• 合田敏行(現・NHK放送研修センター・日本語センター)• 北村紀一郎(現・NHK岡山放送局)• 柴田実• 杉原満(現・NHK放送センター)• 田中浩史(現・跡見学園女子大学教授)• 田中学• 中尾晃一郎(現・NHK金沢放送局)• 松本和也(現・青二プロダクション所属)• 山田亜樹 外部リンク• NHK放送文化研究所 up vote 0 down vote favorite Got a problem with Retrofit 2, don't know if it's related to server bad response handling or to my code. USEFUL INFORMATIONS ApiUtils. getString R. string. setLenient. Builder. connectTimeout 10, TimeUnit. SECONDS. writeTimeout 10, TimeUnit. SECONDS. readTimeout 10, TimeUnit. SECONDS. followRedirects true. followSslRedirects true. addInterceptor new AddHeadersInterceptor. addInterceptor new ReceivedCookiesInterceptor. b… up vote 0 down vote favorite I'm using 'androidx. multidex:multidex:2. multidex. MultiDexApplication"... On the build. multiDexEnabled true... When running the application in Android versions older than 5. 0 API 21 I get the following exception: java. lang. RuntimeException: Unable to instantiate application androidx. multidex. MultiDexApplication: java. lang. ClassNotFoundException: Didn't find class "androidx. multidex. MultiDexApplication" on path [... ] I used the APK browser and I saw that the MultiDexApplication class and the other MultiDex helper classes where in the classes2. dex file. That's probably why it does'nt find the class. Must I force those classes to be on the main classes. dex file? How can this be fixed? android mu… up vote 0 down vote favorite I use Angular Material and Angular 6. dialog. componentInstance. bottomSheet. open BottomSheetOverviewExampleSheet ; dialogRef. componentInstance. component. ts 568,15 : error TS2339: Property 'componen Instance' does not exist on type 'MatBottomSheetRef'. Thanks for your help angular angular-material bottom-sheet share improve this question edited Oct 4 at 12:33 asked Oct 4 at 10:12 Newbiiiie 14412 add a comment up vote 0 ….

次の

ウイークエンド中部

斉藤孝信 放送文化研究所

Arabic Bulgarian Chinese Croatian Czech Danish Dutch English Estonian Finnish French German Greek Hebrew Hindi Hungarian Icelandic Indonesian Italian Japanese Korean Latvian Lithuanian Malagasy Norwegian Persian Polish Portuguese Romanian Russian Serbian Slovak Slovenian Spanish Swedish Thai Turkish Vietnamese 目次• 全国の放送局に約500名のアナウンサーが所属しており、アナウンスのほか、番組の取材や企画・番組制作なども行う。 入局したアナウンサーは東京本部での研修を経て、各地の放送局へ配属される。 その後、早い人は2年、長い人でも5年程度で次の任地へと異動するが、男性と女性では扱いが大きく異なっている。 男性の場合はキャリアを磨くために、多くの地方・拠点放送局で勤務を重ね、東京本部に戻る頃には別の部署に異動する場合もある。 NHKでは組織のスリム化が課題となっていることもあり、一部は・などに出向している [ 要出典]。 また、近年は退職者の再活用も盛んになっている [ 要出典]。 地方の場合、その地方の管轄局は管理職を含めて10~20人、その他の地方局は5~7人のアナウンサーが所属している。 ただし首都圏・東海・近畿など拠点局とエリアが重なる放送局は局の規模が少ないためアナウンサーは2~4人程度であり 、室蘭・帯広・北見のように局員アナウンサーが1人しかいない局も存在する。 転勤予定者 この節には予定される事象を扱っている文章が含まれています。 記事の内容は最新の情報を反映していない可能性があります。 異動対象となったアナウンサーについては、各局の欄から外し、新任地に着任するまではこの欄に掲載する。 2010年2月2日以降順次発表(50音順)• アナウンス室所属者だけでも130名を超え、すべてを合わせると200名近くが所属する。 所属するアナウンサーの一覧はの項を参照。 アナウンス室長(アナウンス総責任者) 2008年6月12日付で着任、女性では以来2人目。 前任の岩澤忠彦は就任からわずか1年での所長に転出。 アナウンス室次長 2007年6月の異動で就任。 北海道 札幌放送局 統括責任者• 大出岳史(おおで・たけし)統括担当部長 男性• (きたの・たかひろ)• (いけだ・こういちろう)• (みよし・まさと) 女性• (いでた・なな) 函館放送局• 室蘭局が全国最小の小規模局であるがゆえのこと。 原大策(はら・だいさく) 道内リストラ策で、2008年夏に北見へ配属されたばかりにもかかわらず1年で函館へ転勤。 旭川放送局• 猪飼雄一(いかい・ゆういち) 帯広放送局• 北向敏幸(きたむき・としゆき)チーフ 道内リストラで、2009年夏にアナウンサー1人局化。 釧路放送局• (たかはし・あつし) 北見放送局• (ふくだ・みつお)チーフ 道内リストラで、2009年夏にアナウンサー1人局化。 室蘭放送局• (くぼた・つとむ) 室蘭局の正職員アナウンサーは1人だけである。 東北 仙台放送局 統括責任者• 羽塚由(はねづか・とおる)統括担当部長 男性• (いまみち・たくや)• (いいじま・てつろう)• (よしだ・かずたか) 神戸放送局• (しもさかい・ひでゆき)• 小西政親(こにし・まさちか)元千葉局船橋営業センター、営業制度の抜本見直しもあり配置転換 [ 要出典] 和歌山放送局• (おおの・かつろう)チーフ• 小野卓哉(おの・たくや)• (たなか・ひろひと) 奈良放送局• 大山武人(おおやま・たけと)• 鏡和臣(かがみ・かずおみ) 大津放送局• 若月弘一郎(わかつき・こういちろう)• 後藤康之(ごとう・やすゆき) 中国 広島放送局 統括責任者• (おみ・なりひろ)統括担当部長 男性• 記事項目の内容も参考のこと。 現在別部署に所属 男性• (いしおどり・しょういち) 2009年6月の異動で大阪局のディレクターに。 2008年夏の異動で国際放送局へ。 (さいとう・よういちろう) 故郷・新潟局でアナウンサー生活を終え、現在は子会社NHK文化センター新潟支社長。 品田公明(しなだ・きみあき) 現在高知局放送部長。 過去には大分局、鳥取局、故郷・北海道の3局(札幌・函館・釧路)などでも勤務。 杉林昇(すぎばやし・のぼる)• (たなか・ひろふみ) 1996年にチーフアナウンサーのまま出向、話し言葉講座講師を務めた。 2007年にへ異動し、主任研究員(部長)に。 現在は報道局国際部記者。 (わたなべ・としお。 衛星放送局で映画担当に [ 要出典]) 女性• (さこた・ともこ。 を経て現在はディレクター)• (どうでん・あいこ。 現在は解説委員室)• 服部絢子(はっとり・あやこ)• (ほりえ・さゆみ。 現在は局) NHK放送研修センター・日本語センター所属者• 専属者はを参照。 NHK本体からの出向者についてはを参照。 専属契約高齢者 既に65歳を超えるなどして雇用関係が終わったものの、外部プロダクションには属さずNHKと専属契約を結んで出演している元アナウンサーとする。 それ以外の活動も行っている者は「フリーに転身したアナウンサー」の扱いとするが、活動範囲がNHKグループにとどまっている場合(例:講師)は本項で扱う。 東京本部関係• (あかし・いさむ)• 秋山士郎(あきやま・しろう)「能楽鑑賞」などFM放送の純邦楽番組の案内役を担当。 (あさづま・もとすけ)のニュースを担当• 飯塚浩之(いいづか・ひろゆき)• 石平光男(いしひら・みつお)月曜日の株式市況の前半を担当。 気象通報の月曜日22時放送分・火曜日9時放送分を担当。 (かわの・かずいえ)「ラジオ深夜便」アンカーなど• 岸田高佳志(きしだ・たかし)• 児玉士誠(こだま・しせい)のニュースを担当• 佐藤桂一(さとう・けいいち)• (せきぐち・いわお)• 関野武(せきの・たけし)• 瀬田光彦(せた・みつひこ)• 中村昇(なかむら・のぼる)「」などFM放送の純邦楽番組の案内役を担当。 星静夫(ほし・しずお)• (やまだ・よしひろ)• (よこやま・よしやす) 東京以外• 佐藤敏彦(さとう・としひこ。 札幌) 現在は土曜日の昼間・夕方の地域ニュースを担当(ラジオ・FMのみ)• 館野直光(たての・なおみつ。 札幌) 現在は日曜日の昼間・夕方の地域ニュースを担当(ラジオ・FMのみ)。 2009年3月までは日曜日の早朝・昼間の地域ニュース(ラジオ・FMのみ)と全国放送の「」の北海道地方分も担当していた。 仙台) 2009年夏の異動までは嘱託職として勤務。 63歳になったことを機にシニアスタッフへ移行。 田沢真(たざわ・まこと。 福島)• 松山) 現在は非常事態時の応援で出てくるのみ。 平瀬隆之(ひらせ・たかゆき。 徳島) 現在は日曜日昼間・夕方の地域ニュースを担当。 沖縄) 旧時代からのアナウンサーだった。 『』司会。 男性 な行 は行• (おおつか・のりかず。 1973年4月〜1994年3月)• (くさの・ひとし)• 大阪) 2007年度で嘱託契約は終わったが、担当番組はそのまま。 放送はNHK専属。 (さとう・りゅうすけ)• (せんだ・まさほ)• (てらたに・いちき)• 寺内夏樹(てらうち・なつき)• (ほりお・まさあき。 1981年4月〜2008年3月)• (まつだいら・さだとも)• (みやかわ・しゅんじ)• (みやもと・りゅうじ)• (もりもと・たけろう) 女性• (くぼ・じゅんこ)• (すま・かつえ) 放送においてはNHK専属状態であるが、放送以外の活動も積極的に行っている [ 要出典]。 (ぜんば・たかこ)• (やまね・もとよ) 元アナウンス室長(2005年6月 - 2007年6月) その他の退局したアナウンサー 男性• 小谷傳(おだに・でん:1960年入局)• (おがわ・ひろし:1949年入局)• 沖野皓一(おきの・こういち:1959年入局)• 御宿正統(入局年不詳) か行• 貝山晋(1932年入局)• 賀川安邦(入局年不詳)• (1929年入局)• 笠間守彦(1936年入局)• 片根信行(1934年入局)• 加藤不二太郎(1938年入局)• 加藤幸男(1939年入局)• 金子喜三郎(1934年入局)• 金子正造(1936年入局)• 金谷熈(1933年入局)• 金谷良信(1937年入局)• 鎌田正(1931年入局)• 神川柳太郎(1929年入局)• 狩野真一(1925年入局)• (1931年入局)• 川崎正三郎(1939年入局)• 川崎忠男(1929年入局)• 川添照夫(1937年入局)• 川名正一(1936年入局)• (かわばた・よしあき、1975年入局) 長、長を経、視聴者サービス局長を歴任した。 河原武雄(1939年入局)• 河村清太郎(1929年入局)• 川村正之(1927年入局)• 喜久川鼎(1929年入局)• 北山秀年(1930年入局)• 京田武男(1925年入局)• 桐野音次郎(1925年入局)• 櫛引清(1945年入局)• 國井勝彦(1932年入局)• 久保田公平(1933年入局)• 熊谷幸博(1938年入局)• 熊崎真吉(1925年入局)• 熊野五郎(1934年入局)• 栗村盛孝(1934年入局)• 小島九十三(1937年入局)• 小高正嗣• 高野国本(1931年入局)• 小浜稔(1939年入局)• 小林邦夫(1938年入局)• 小林茂雄(1934年入局)• 小林利光(1939年入局)• 小森幸正(1925年入局) さ行• (1997年入局、国政選挙立候補表明のため退職)• 斎藤芳郎(1932年入局)• 三枝賢正(1938年入局)• 榊原弘(1937年入局)• 坂口英一郎(1937年入局)• 坂本武雄(1925年入局)• 佐久間節夫(1929年入局)• 佐藤光照(1926年入局)• 椎谷健(1933年入局)• 柴田融(1931年入局)• 島浦精二(1931年入局)• 島崎直正(1937年入局)• 島野俊男(1937年入局)• (1936年入局)• 下山博通(1939年入局)• 庄司寿完(1931年入局)• 白井滋之(1936年入局)• 白井英之(1936年入局)• 杉崎健次郎(1937年入局)• 杉本亀一(1931年入局)• 鈴木英吉(1932年入局)• (1952年入局)• 隅田格(1936年入局)• 瀬戸義久(1931年入局)• 善田英夫(1937年入局) た行• 高嶋修平(1932年入局)• 高谷宗之助(1929年入局)• 高月福太郎(1932年入局)• (1933年入局)• (1942年入局)• 高橋光太郎(1932年入局)• 高橋左太郎(1933年入局)• (1936年入局)• 伊達徳雄(1935年入局)• 竹内啓祐(1938年入局)• (1934年入局)• 田島輝雄(1938年入局)• 但木顕禎(1938年入局)• 立川福蔵(1934年入局)• 橘内英次(1928年入局)• 館野守男(1938年入局)• 田中清芽(1932年入局)• 田中元秀(1934年入局)• 田辺元晴(1937年入局)• 丹羽益根(1933年入局)• 丹羽卓郎(1929年入局)• 千葉俊象(1934年入局)• 長笠原栄風(1933年入局)• 津島定一(1928年入局)• 辻本栄(1926年入局)• 津田貫太郎(入局年不詳)• 津田誠(1938年入局)• 寺内久平(1939年入局)• 友安義高(1930年入局)• (1951年入局) な行• 永尾都美(入局年不詳)• 中川次郎(1934年入局)• 長倉男士(1932年入局)• 永瀬健次郎(1938年入局)• 永原芳雄(1931年入局)• 中村重尚(1932年入局)• (1925年入局)• 中村精(1939年入局)• 中村彦二(1932年入局)• 成毛勉(1938年入局)• 西内正丸(1937年入局)• (入局年不詳)• (1981年入局)• 根岸忠夫(1936年入局)• 野口芳太郎(1932年入局)• 野溝浩(1945年入局) は行• 波木井醇(1936年入局)• (1951年入局)• (1945年入局)• (1934年入局)• 原二郎(1932年入局)• 原岡一郎(1934年入局)• 福岡幸成(1936年入局)• 福島幸世(入局年不詳)• 藤井重雄(1938年入局)• 藤井史郎(1932年入局)• (1940年入局)• 船越章(1934年入局)• 古田正信(1939年入局)• 星子正寿(1933年入局)• 本多睦雄(1934年入局)• 本間英太郎(1934年入局) ま行• 前田晃(1934年入局)• 牧真(1932年入局)• 益井三弘(1932年入局)• 町田五郎(1932年入局)• (1925年入局)• 松隈敬三(1930年入局)• 松田義郎(1926年入局)• 松野善弘(1938年入局)• 松原通夫(1937年入局)• 摩尼清之(1933年入局)• 三浦巌(1929年入局)• 三浦重雄(1925年入局)• 宮岡修(入局年不詳)• 宮川三雄(1932年入局)• 宮田喜久夫(1933年入局)• (1942年入局)• 宮本敬之助(1939年入局)• 村崎敦夫(1933年入局)• 村瀬宣行(1932年入局)• (1937年入局)• 村山武雄(1932年入局)• 米良忠麿(1931年入局)• 元橋俊彦(1937年入局)• 森芳郎(1936年入局)• 森本信一(1929年入局)• 守屋素衛(1938年入局) や行• 八木恒徳(1937年入局)• 矢野圭介(1930年入局)• 矢野俊明(1930年入局)• (1956年入局)• 山口清(1932年入局)• 山口政保(1934年入局)• 山崎良夫(1932年入局)• 山村恒雄(1934年入局)• 山本恒雄(1937年入局)• 山本照(1932年入局)• 湯本修治(1931年入局)• 吉田晴一郎(1936年入局)• 吉田良三(1937年入局)• 米沢喜兵衛(1932年入局) ら行 わ行• 若菜三雄(1938年入局)• 鷲尾正次(1925年入局)• (1934年入局) 女性 あ行• 相沢泰子(1944年入局)• 赤沼つや(1939年入局)• 天野綾子(1942年入局)• 荒牧富美江(1944年入局)• 安藤幸子(1944年入局)• (1991年入局)• 石坂幸子(1944年入局)• 磯部和(1944年入局)• 井出鈴江(1945年入局)• 伊藤由紀子(1992年入局)• 稲陰千代子(1926年入局)• 大坪静江(1931年入局)• 大橋富美子(入局年不詳)• 大牧靖子(1944年入局)• 大村郁子(1926年入局)• 大山ツヤ子(1944年入局)• 岡志津子(1944年入局)• 小笠原綾子(1926年入局)• 岡本ふみ子(入局年不詳)• 岡村照子(1925年入局)• 乙葉多喜子(1926年入局)• 小山幸子(1944年入局) か行• 粕谷晴子(1926年入局)• 川上龍枝(1925年入局)• 川西佐知子(1937年入局)• 河野アイ(1944年入局)• 菊一昌子(1944年入局)• 木村八重子(1944年入局)• 栗栖琴子(1944年入局)• 黒田恵美子(1944年入局)• 小西重子(1944年入局)• (こみやま・ようこ:1972年入局) 現:• 小柳敏子(1944年入局)• (1944年入局) さ行• 佐治与史子(1944年入局)• 佐藤一枝(1936年入局)• 杉原宏子(1944年入局)• 鈴木きよ(1929年入局) た行• (1992年入局)• 高橋明子(1945年入局)• 武井照子(1944年入局)• 武田千鶴子(1944年入局)• 立石奈々(1944年入局) な行• (ながい・たえこ) 一旦退局後副会長として復帰するも会長とともに退任• 錦島法子(1944年入局)• 西村道子(1944年入局)• 西本美代子(1944年入局)• 二宮久子(1944年入局)• (のぎわ・ようこ:1958年入局) 現:女優• (2005年入局) は行• 長谷川美智子(1944年入局)• (はた・けい) 元参議院議員、現:作新学院副理事長• 福士夏江(1944年入局)• (1990年入局)• 本田寿賀(入局年不詳) ま行• 松崎千代子(1927年入局)• 松沢知恵(1932年入局)• 三沢はま(1944年入局)• 翠川秋子(1925年入局)• 三原登美(1928年入局)• 村岡秀子(入局年不詳)• (1994年入局) や行• 山上みち子(1944年入局)• 山下晶子(1944年入局)• (2005年入局) ら行 わ行• 和田実枝子(1939年入局) 関連項目• 脚注 Webmaster Solution Alexandria A windows pop-into of information full-content of Sensagent triggered by double-clicking any word on your webpage. Give contextual explanation and translation from your sites! Try or get the SensagentBox With a , visitors to your site can access reliable information on over 5 million pages provided by Sensagent. com. Choose the design that fits your site.

次の

メディア多様化時代の20代とテレビ

斉藤孝信 放送文化研究所

抄録 「2020年東京オリンピック・パラリンピックに関する世論調査」は、大会に対する人びとの関心や期待・不安、放送サービスへの要望などを明らかにするため、2016年から継続して行っており、今回は2018年10月に実施した第4回調査の結果を報告する。 今回の特徴としては、パラリンピックや障害者スポーツに対する認識の変化が挙げられる。 障害者スポーツについても、現代社会で『理解されている』と考える人が増え、「すごい技が見られる」「明るい」「迫力のある」など、スポーツとしての具体的なイメージを持つ人が増加した。 準備状況への評価は大きく改善している。 2年前は8割が『順調ではない』と厳しい評価をしていたが、回を重ねるごとに『順調だ』と考える人が増え、今回初めて半数を超えた。 一方で、開催に伴う不安では、交通渋滞の他、治安や生活環境の悪化など、東京関連の項目で増加がみられた。 こうした変化の一方で、東京開催の評価や大会への関心には変化がみられない。 開催評価は85%程度、『関心あり』はオリンピック約8割、パラリンピック約6割で、いずれもこの2年間、変化がない。 期待する放送サービスでは「見逃し配信」と「4K・8K」が第1回から一貫して上位である。 ただし、「見逃し配信」は女性50代以下、「4K・8K」は60代以上で高くなるなど、性別や年層、五輪を視聴するつもりの機器などによって、ニーズには違いがある。

次の