ライン浮気証拠。 LINE転送で浮気の証拠をおさえる方法【LINEトークまるっと保存】

浮気の証拠をLINE(ライン)トーク履歴で掴む方法!

ライン浮気証拠

Contents• LINE ライン は不倫・浮気の証拠になるのか? 結論から言うと、 LINE ライン は不倫・浮気の証拠になりません。 でも不倫の証拠としては難しい場合が多いのです。 LINE ライン は不倫・浮気の証拠になりにくい理由 LINE ライン が不倫・浮気の証拠になりにくい理由はなぜか? それはどんなものが不倫・浮気の証拠となるのかを知っていると理由は簡単にわかります。 不倫・浮気の証拠とは、 第三者から見ても不倫の事実が明確にわかるもののことです。 ストレートに言っちゃうと、 不倫・浮気の証拠とは第三者から見ても奥さん以外の女性とセックスしたことが明確にわかるもの。 ラインってあなたも日ごろ使っているから分かると思いますが、言葉が多少省略されていても伝え合うことができるじゃないですか。 例えば、「今日は気持ちよかったね」とセックスの話をしていたとします。 この場合、何が気持ちよかったのかまでは文面には残っていません。 第三者には明確にわかる文面だとは言えないのです。 マッサージが気持ちよかっただけだよだとかね。 LINE ライン が不倫・浮気の証拠になる場合・ならない場合 LINEのやりとりは基本的に不倫・浮気の証拠としては難しいものが多いのですが、第三者に明確にわかるような内容があれば証拠としては成立します。 詳しくはまとめておきましたので、知りたい方は下記の記事をどうぞ。 だからLINE ライン だけで旦那に不倫の事実を確認しても言い逃れられてしまうことがほとんど。 疑ってることが旦那さんに伝わってしまうことで逆に慎重にさせてしまいます。 証拠取りが難しくなっちゃう。 ポイントは 第三者でも明確にわかるもの。 これです。 さらにお伝えすると旦那さんの携帯チェックは基本的にしない方がいいのです。 疑ってることがバレてしまうんで。 そして見てもロクなことがないので! 携帯チェックをする女性はかなり多いのですが、私的には離婚する決意が固まった時だけにしておくことを強くおすすめしておきます。

次の

彼氏の浮気をラインで見抜く!彼女100人が証拠を掴んだ方法

ライン浮気証拠

ベッキーの不倫騒動でも、LINE(ライン)のやり取りの画面キャプチャが流出して不倫が表沙汰になりました。 それだけLINEで浮気・不倫をしている人は多いと言えます。 社会問題にまで発展しているLINEは、もはや若者のみならずスマホユーザーの間では無くてはならない通信アプリとして認知されています。 しかし、簡単に無料で通話やメッセージが送れ、特定の相手とチャット形式で会話ができるので、浮気ツールとしてももってこいです。 そこで、LINEアプリから浮気・不倫の証拠を探す方法をご紹介します。 最近、夫(妻)の様子がなんだか怪しい。 浮気しているかもしれない。 よくLINEをしているところを見る。 など、なんとなく怪しいとお悩みの方は、ぜひ参考にしてみてください。 ただし、対象者がスマホのセキュリティー設定を強化している場合は、こちらが探りを入れていることがバレる可能性があるので、調べる際は十分に注意してください! Contents• LINEで浮気・不倫をする手口 LINEは今や日本のほとんどのスマホユーザーが使ったことがあるアプリではないでしょうか。 無料で手軽に使えるLINEは浮気・不倫をするのにとても便利なアプリです。 というのも、LINEには普通のキャリアメールにはないアプリならではの機能があるからです。 では、どんなところが浮気・不倫をするのに都合がいいのでしょうか。 LINEを浮気・不倫に使っている人の手口をご紹介します。 ID検索ができる 日本では今や70%のスマホユーザーが使用していると言われているLINEは、すでに連絡手段の一つとなっています。 ほとんどのスマホユーザーが使用しているので、電話番号やメールアドレスよりもLINEのIDを交換することで、簡単に連絡先を交換することができます。 つまり、 メールアドレスや電話番号を教えるのにハードルがある相手でも、LINEのIDを教えれば、ID検索で相手のアカウントを見つけることができてしまいます。 例えば 出会い系サイトや合コンなどで知り合ったばかりの人にも、気軽にLINEのIDを教えて連絡先の交換をすることができます。 受信通知をオフにできる メッセージが受信された際に表示される通知をオフにすることができるので、浮気相手からメッセージが届いてもスマホ上に表示されません。 通知オフの設定はLINE全体、もしくは個別にもできるので、特定の相手のみ、つまり 浮気・不倫相手のみメッセージ通知をオフに設定することもできます。 名前を変更できる 浮気相手のLINEの名前を変更することができます。 名前の変更の仕方は、友だち一覧から名前を変更したい人を選択し、名前の右横の鉛筆マークをタッチすると編集画面になるので、ここで名前が変更できます。 もちろんアイコン写真が本人だった場合は、名前を変更しても意味がありませんが、 ペットや風景の写真の場合は誰か特定できないので、同性の名前にしたり、よく分からないハンドルネームにしてしまえばいいのです。 非表示機能がある LINEでは特定の友だち・トークを非表示に設定することができます。 非表示にした友だち・トークは画面に表示されません。 ブロック機能とは違い、メッセージ自体は受信されるので、浮気・不倫相手とのトークを削除したくない場合でも、 非表示にしておけばメッセージを隠しておけます。 ただし「非表示」設定は、LINE内の表示を見やすくするための機能で、本来ならすでに終わったトークなどを区別するために使用する設定なので、現在進行形でやり取りしているトークを非表示にしても、メッセージを受信すればトークにメッセージが表示されてしまいます。 それでも相手からメッセージが届かない限り画面には表示されないので、LINEをチェックされた時にもバレることがありません。 全て無料でできる スタンプはもちろん、写真を送りあったり無料通話をすることができるので、メールアドレスや電話番号を知らなくてもLINEのみでやり取りを完了することができます。 しかもネット回線を利用しているので、通話履歴にも残りません(LINE内には残ります)。 これらが 全て無料でできるので、通話料を気にしないでやり取りをすることができます。 トークの削除が簡単 特定の相手とのトークは、メールのように1件ずつ削除しなくても トーク履歴を一括削除することができます。 もし浮気を怪しまれてスマホを見せて欲しいと言われても、少しの隙があれば一瞬のうちに全トークを削除することができてしまいます。 ブロック機能がある 電話やメールアドレスを教えていないでLINEのみでやりとりして入れば、もし相手が面倒臭くなったり、一時的な体の関係で終わりにしたい相手だったりした場合、相手のLINEのIDをブロックしてしまえば、メッセージを受診することもなくなりスパッと切ることができます。 さらに、パートナーから浮気を疑われている時にも、 いざという時は一時的に相手をブロックしてしまえば、メッセージは届きません。 ほとぼりが冷めた頃にブロックを解除して、また浮気相手と連絡を取ることができます。 こんな兆候があったら怪しい!? 浮気や不倫をしている人は、どこかで怪しい行動をとっているものです。 普段の行動と照らし合わせてみて違いがないかチェックしてみましょう。 スマホを肌身離さず持ち歩く LINEに限りませんが、スマホを見られないようにするために、トイレに行く時もお風呂の時も、肌身離さず持ち歩いている場合も怪しいと言えます。 スマホを見れないからこそ浮気しているかの証拠も見られないですが、その行動自体で浮気を疑うことができます。 また、こういう人に限って ゲームにハマっていると装う人もいます。 本当にゲームにハマっている人も中にはいると思いますが、スマホを肌身離さず持っていても怪しまれないように、スマホで四六時中ゲームをして、実はトイレなど 一人の時に浮気相手と連絡を取っている可能性もあります。 スマホを画面を下にして置く LINEのメッセージが届くと、スマホ上にポップアップで受信通知が表示されます。 受信通知をオフにすることもできますが、設定忘れや、そのほか何かやましいことがあってスマホの画面を見られたくない人は、 意識的にスマホの画面を下にして置く傾向があります。 スマホの画面を下にして置く場合は、浮気をしている可能性が高いと言えるでしょう。 スタンプ使いが巧みになった 何気ない変化かもしれないですが、意外とLINEで浮気が発覚するのに スタンプ使いの変化が挙げられます。 浮気相手とメッセージのやりとりが盛り上がってくると、相手ともっと繋がりたい、仲良くなりたい!という気持ちで、楽しくなってスタンプを多用することも増えるでしょう。 特に男性が、女性が喜ぶような可愛いスタンプを多用するようになったら危険です。 今まで見たこともない可愛いスタンプを使うようになった、会話の口調が変わったなどと感じたら要注意です。 浮気相手とスタンプを使って甘い会話をしているのかもしれません。 LINEにロックがかかっている LINEのアプリを起動する時にパスワード認証をかかっている場合、もし浮気をしているのなら証拠を見られないようにするには効果的かもしれませんが、逆に かなりの確率で浮気を疑った方がいいです。 スマホにロックがかけてあるのは防犯のためだとしても、LINEにまでロックをかけているのは、 LINEのやり取りを見られるかもしれないという場面を想像しているからのはずです。 なぜLINEにロックをかけているのか?何か怪しいやり取りをしているんじゃないか?証拠が見られないようにしているんじゃないか?疑えば疑うほどクロの匂いがプンプンします。 もしLINEの起動時にロックがかかっていた場合、浮気の証拠は採取することはできませんが、かなりの確率でクロであると思われるので、他にもどこかに証拠は落ちているはずです。 別の方法で浮気の証拠を入手することに専念しましょう。 メッセージの送信間違い 意外とあるのがメッセージの送信間違いです。 特に男性は同時に2つのことをするのが苦手です。 並行してあなたと浮気相手とメッセージのやり取りをしていた場合、間違って浮気相手に送るはずのメッセージをあなたに送信してしまったという、うっかりミスが起こることがあります。 もちろんその後に苦しい言い訳をされるかもしれませんが、浮気を怪しむのには十分でしょう。 受信通知で偶然メッセージを見てしまった これもよくある浮気発見パターンです。 LINEではメッセージが受信されると、他のメールなどと同じくポップアップで通知がされます。 通知はオフにすることができますが、通知オフの設定をし忘れていて、たまたま相手のスマホを見た時に、浮気相手のメッセージの受信通知を見てしまったなんていうことがあります。 」など、明らかに怪しいメッセージが表示されれば、それは見間違いではなくパートナーが浮気をしているということでしょう。 受信通知がオフ メッセージが受信されるとスマホ上に通知が届きますが、この通知をオフにしている場合も怪しいと言えます。 何もやましいことがなければ、通知をオフにする必要がないからです。 LINEで浮気をしている人は、大抵この通知はオフにしてあります。 それもそのはず、浮気相手が送ったメッセージが、スマホ上に表示されてしまうからです。 浮気をしていますと宣言しているようなものです。 LINEの設定を見ないと通知がオフになっているかどうかはわかりませんが、もし設定を見ることができたとして、通知オフの設定をしている場合、適当なことを言って通知オフにしている言い訳をしてくるかと思いますが、かなりの確率で浮気を疑った方が良いでしょう。 また、個別に通知をオフにしている場合、それぞれのトークを開いて確認しないといけないので、LINEの中をチェックする際には怪しい相手が分かっている場合のみチェックして見ましょう。 LINEチェックのポイント LINEの中をチェックする際に、押さえておきたいポイントをまとめました。 ただし、スマホやLINEにパスワードがかかっていた場合、本人の同意なしにロックを解除して中身を見ることは プライバシー侵害で法律に触れる可能性があります。 夫婦であってもマナー違反、さらにスマホ(携帯)を勝手に見たということで、あなたに対しての信頼も失うかもしれませんので、相手に無断で見るのはやめておいた方が良いでしょう。 トーク履歴を確認する まず一番最初に確認するところは、どんな人とどんなメッセージのやり取りをしているかです。 浮気相手がわかっている場合は、浮気相手とのトーク履歴を全部チェックしましょう。 浮気相手がわからない場合、とりあえず全てのトーク(特に異性)のやり取りをチェックしておきましょう。 LINEは今までのメッセージのやり取りの履歴が残るので、怪しいメッセージのやり取りがあった場合は、証拠として写真を撮っておきましょう。 ただし、浮気をしている人の場合、用心してトークを定期的に削除している人もいます。 トーク履歴が完全に削除されている場合はメッセージを確認することはできませんが、 会話が不自然に途中で切れているような内容のやり取りがあれば、それ以前のメッセージを削除している可能性があります。 トーク履歴が途中で削除されたような形跡のあるやり取りがあれば、浮気相手とのトークを定期的に削除しているか、やましいやり取りをしていた可能性が高いでしょう。 <LINEチェックの際に注意すること!> 未開封のメッセージがあるトークは決して開かないこと!トークを開いた(メッセージを見た)瞬間に「既読」が付き、メッセージを開いた(見た)ということがバレてしまいます。 未読メッセージがあるトークを開けなくても、トーク一覧画面で最新のメッセージの一部は表示されます。 メッセージが長い場合は途中で切れてしまうほか、スタンプも表示されませんが、既読がついてしまうと元に戻せないので、未読メッセージがある場合はトークを開かないようにしましょう。 <未読メッセージを見るには(注意)> iPhoneで既読をつけずに未開封のメッセージがあるトークを見る場合には、「 機内モード」を使ってチェックしましょう。 機内モードにするとインターネットに繋がらない状態になるので、ト ークを開いても「既読」マークがつきません。 iPhoneで機内モードにするには、iPhoneの下から上へスワイプしてコントロールセンターを表示させ、左上の飛行機のマークをタッチします。 「機内モード:オン」と表示されます。 機内モードで未読メッセージをチェックし終わったら、一旦アプリを終了し、機内モードを解除しましょう。 iPhoneの場合、真ん中のホームボタンを2回押して起動中のアプリを上へスワイプすることでアプリを終了できます。 一部の アンドロイドの端末ではこの方法だと既読がついてしまうようです。 ただし、この方法で未開封メッセージが読めたとしても、機内モードを解除して次にLINEアプリを起動させた時に既読がついてしまいます。 機内モードで見ている時は通信が遮断されていて、本来既読になるはずの通信がされない状態なだけなので、通信ができる状態でLINEを起動させると既読状態が相手に伝わってしまいます。 通話履歴を確認する 次に、下のメニューから通話履歴を確認しましょう。 ここではLINEで無料通話した相手の履歴を確認できます。 こちらも削除されている可能性がありますが、トークのみ削除していて通話履歴の削除を忘れている場合もあります。 スタンプのチェック 浮気・不倫相手とトークが盛り上がってくると、スタンプを使う頻度が増えたり、有料のスタンプを購入することがあります。 スタンプ使いが巧みになったり、会話の口調が変わることで浮気を疑うことができますが、人によっては用心して浮気相手にのみ購入したスタンプを使用しているかもしれません。 どんなスタンプを使っているか確認するには、メニューから 設定>スタンプ>「マイスタンプ」で使えるスタンプの種類を確認できます。 さらに有料のスタンプを購入している場合、「 購入履歴」で購入したスタンプを確認できます。 また、「 プレゼントボックス」には、受け取ったプレゼント・贈ったプレゼントが表示されるので、こちらも一応チェックしておいた方が良いでしょう。 通知オフの設定を確認する LINEは受診通知をオフにすることができます。 まずは 設定>通知で、通知設定がオンになっているか確認しましょう。 この設定がオフになっている場合、LINE全体の通知がオフになっているので、メッセージが届いても通知が届かない設定になっています。 LINEはメッセージアプリですが、 メッセージが届いたことを知らせる設定がオフになっているということは、かなり不便になるはずなので、逆に怪しいと言えます。 さらにLINEでは個別の友だちの通知をオフに設定することができます。 特定の相手の通知をオフにするやり方は、該当の友だちとのトークの右上メニュー(v)から「通知OFF」をタッチします。 通知がオフになっているトーク相手は、 この表示が「通知ON」になっています。 この通知オフ設定を確認するには、一つずつトークの設定を確認していかなければいけません。 とりあえずトークに表示されている相手の設定を全部確認しておきましょう。 LINEの通知はオンになっているのに、 特定の友だちの通知だけがオフになっている場合、かなり高い確率で浮気・不倫相手の可能性が高いと予想できます。 LINEの非表示トークをチェックする 非表示は「友だち」と「トーク」両方設定することができます。 まず、友だちリスト内から「友だち」を非表示にして表示させない設定をしている場合、「友だち」を表示させてから、その友だちのトークを確認することになります。 「友だち」リストから非表示にした友だちを確認する場合、 メニューから、 設定>友だち>非表示リストから確認できます。 非表示設定の友だちのトークを確認する場合、非表示リストから再表示したい友だちの 「編集」>「再表示」で友だちリストに再表示されます。 その後、先ほど再表示させた「友だち」を友だちリストから選択し、「 トーク」を選択すると、その友だちとのトークが表示されます。 トークが無い、もしくは削除されている場合、トーク内容は何も表示されません。 次に「友だち」は非表示にしていなく「トーク」のみを非表示にしている場合、残念ながら、非表示にされた友人が誰なのかわからない限りトークを確認することができません。 一人一人全ての友だちリストをチェックすればわかりますが、かなりの根気が必要です。 浮気相手と思われる相手や怪しい相手のLINEの名前が分かっている場合は、友だちリスト内から、該当する「友だち」を選択し「トーク」を選択すると、その友だちとのトーク履歴が表示されます。 一度友だちやトークを表示させると非表示設定が解除されているので、非表示の「友だち」や「トーク」を確認した後は、確認したことがバレないように非表示の再設定をしておきましょう。 ブロックリストをチェックする 浮気・不倫を怪しまれていて、ほとぼりが冷めるまでメッセージ自体が届かないようにするため、浮気・不倫相手をブロックしていることもありえます。 もしくは遊び相手として出会い系サイトなどで知り合い、一度だけ体の関係を持ったような相手をブロックしている可能性もあります。 ブロックリストをチェックするには、非表示と同じように、 メニューから、 設定>友だち>ブロックリストから確認できます。 ブロックリストにある相手のトークを確認する場合も非表示の時と同じく、 「編集」>ブロック解除で友だちリストに表示させてから、その友だちを選択して「トーク」を選択すると、その友達とのトーク履歴が表示されます。 ブロックリストに登録してあるIDは、何かしらの不利益・不都合があったためにブロックしているはずですので、ブロックリストに数件、もしくは大量の異性のリストが表示されていたら、それぞれチェックしてみると良いでしょう。 パソコンからログインする LINEはパソコンからログインすることもできますが、パソコンからログインするためには、 IDとパスワードが必要になります。 さらにセキュリティ強化で、パソコンからログインした際に表示される番号をスマホのLINEアプリに本人確認として入力しないといけないため、 スマホも手元にないとログインすることができません。 さらに、パソコンからログインした際にはスマホ側のLINEに「 〇〇(パソコン名)でLINEにログインしました。 ログイン中の端末:〇〇(端末名) 心当たりがない場合は下記のリンクからログアウトしてください。 」という通知が届くため、隠れてパソコンからログインをする場合は、このメッセージを削除する必要があります。 また人によってはパソコンからログインできない設定にしている場合もあります。 ログインができなかったとしてもログインを試みただけで、「 PCでLINEにログインできませんでした。 ログインを試みた端末:〇〇(もしくはIP Address:〇〇)心当たりがない場合はアカウント情報を変更してください。 」という通知が届きますので、何者かがログインを試みた形跡が相手に知られてしまいます。 しかも端末やIPアドレスまで表示されるので、もし自宅のパソコンからログインを試みた場合、 端末やIPアドレス情報から相手側に知られてしまいます。 (自宅のIPアドレスやPCの端末名は調べればすぐにわかります。 ) これらを全て対策してパソコンからLINEを見れたとしても、IDやパスワードを不正に入手して中身を見ることは、プライバシーの侵害として法律に触れる可能性があるため、相手に隠れてパソコンからログインして中身を見るのはやめておいた方が良いでしょう。 まとめ 夫、妻、彼氏、彼女がLINEで浮気や不倫をしているかもしれない場合、そのLINEのやり取りを見たい、証拠を掴みたいと思う気持ちはよくわかります。 しかし、LINEから浮気・不倫をしている証拠が見つかったとしても、勝手にスマホを見た、LINEを見たと責められるかもしれません。 また相手に隠れてスマホやLINEの中身を見ることは、 プライバシー侵害として不正アクセス禁止法違反で犯罪に当たる可能性があります。 さらに、離婚や慰謝料を考えている場合、 LINEのやり取りだけでは不貞行為の証拠とは認められない場合があります。 たとえLINEの証拠のみで相手が浮気・不倫を認めたとしても、その後調停や裁判になった場合、不貞行為の証拠とはならない可能性があります。

次の

LINE転送で浮気の証拠をおさえる方法【LINEトークまるっと保存】

ライン浮気証拠

「相手が不倫をしているかも?」「浮気をしているかも?」と疑問、不安を感じたとき、まずはスマホをこっそりのぞき見してみるという方は多いのではないでしょうか。 スマホをのぞき見したところ、LINEで異性と、恋人気分の会話、えっちな会話をしているLINEを発見してしまったとき、「このLINEのやり取りを証拠にして離婚したい。 慰謝料請求したい」と考える方もいます。 不倫・浮気の証拠が、LINEのやり取りしかないときであっても、これを証拠として使うことができる場合もありますが、LINEの内容・入手方法によっては、別の方法によって不倫の証拠を収集する努力をしたほうが良い場合もあります。 特に、不倫・浮気の証拠として、スマホを盗み見したLINEのやり取りを出すと、「不正アクセスだ!」と反論をされることがありますが、不倫の証拠を集めるために行ったスマホの盗み見も、違法なのでしょうか。 そこで今回は、不倫・浮気の証拠としてLINEを活用できる場合と、指紋認証をこっそり突破して行ったスマホののぞき見の違法性について、離婚問題を得意とする弁護士が解説します。 LINEのやり取りも不倫の証拠になる! 不倫・浮気の証拠というと、探偵・興信所に依頼して入手した写真、ビデオなどが典型例ですが、不倫・浮気をしていることを示すLINEのトーク内容もまた、不貞行為を行った証拠となる可能性があります。 ただ、法的に離婚原因となりうる「不貞行為」は、肉体関係を有しているか、これに準ずるものである必要があることから、「LINEのトークで仲良く会話をしていた。 」というだけでは、浮気・不倫の証拠としては不十分といわざるをえません。 LINEのトークを、証拠として活用しようと考えるときには、少なくとも、肉体関係(性交渉)をしていることが明らかとなるトーク内容を保存しておくとよいでしょう。 LINEのトーク履歴を、浮気、不貞の証拠として活用するためには、次のような方法が考えられます。 時間が許すのであれば、次の2つの方法のどちらも実行しておくのがよいでしょう。 LINEのトーク履歴を写真にとる LINEのトーク履歴を、不貞行為の証拠として収集しておくための方法の1つ目は、夫または妻の携帯でLINEのトークをひらき、その画面を写真にとっておく方法です。 LINEの画面を写真撮影する方法は、まさにそのような会話を不倫相手としていたことを証明するための証拠として十分な価値を持ちます。 相手方の携帯を操作して、画面をキャプチャーして自分の携帯に送る方法でも、浮気・不倫の証拠として、同様の高い価値を持つ証拠を収集できます。 LINEのトーク履歴をバックアップする LINEの会話内容を、不貞の証拠として裁判所に提出するための2つ目の方法は、LINEの機能を使ってテキストファイルでバックアップをとり、自分の携帯に送っておく方法です。 LINEのトークは、チャットの性質上、かなり長くなってしまうことがあります。 特に、不倫相手との日常的な会話を証拠に残そうとすると、不貞期間が長ければ長いほど、LINEの履歴も膨大です。 写真撮影をすべて行うことができればよいですが、こっそりスマホをのぞき見している場合など、時間的に、すべての写真撮影をすることが困難な場合もあります。 しかし逆に、不倫・浮気の証拠としては、LINEのトークの一部だけを切り出しても証拠としては不十分となってしまいかねません。 そこで、LINEの機能によって、テキストファイルの形でバックアップをとり、そのテキストファイルを自分の携帯に送っておくことによって、LINEのトーク履歴を、浮気・不倫の証拠として収集しておく方法が有用です。 スマホをのぞき見することは違法? 相手方配偶者(夫または妻)の携帯から、LINEのトーク履歴を証拠収集しようとすると、スマホ本体のロックを解除しなければなりません。 不倫・浮気をしている配偶者であれば、スマホにロックをかけている方が通常であるといえるでしょう。 スマホ本体のロックを解除することは、相手方の権利を侵害するのではないか、という心配、疑問があります。 不倫・浮気の証拠を収集するために、スマホのパスワード・指紋認証などのロックを外す行為が、法律上どのような責任を負う可能性があるのかについて、弁護士が解説します。 民法上の責任 スマホのロックを解除したり、寝ている間に夫または妻の指をこっそり拝借して指紋認証を突破したりする行為は、「プライバシー侵害」として民法上の不法行為となる可能性があります。 民法上の不法行為とは、故意または過失によって権利・利益を侵害し、損害を与えた場合に、損害賠償の請求ができることを定めたものです。 そして、「プライバシー権」もまた、民法上の不法行為によって保護される権利・利益にあたるとされています。 刑法上の責任 更には、インターネットを介して不正なアクセスをすることは、不正アクセス禁止法で禁止されている違法行為となる可能性があります。 不正アクセス禁止法違反は、刑事罰を科させる可能性のある重大な行為です。 「こっそりのぞき見」も証拠に使用することは可能! 裁判におけるルールとして、「違法収集証拠排除の法則」というルールがあり、違法に収集した証拠は、証拠として利用できない場合があります。 しかし、このルールが厳しく適用されるのは、刑事事件の裁判であって、民事事件の裁判、特に、離婚・不貞などが問題となる家事事件の裁判では、あまりに違法性が強く、公平性を損なうような場合でなければ、証拠として使えなくなることはありません。 証拠として利用できる スマホをこっそりのぞき見したり、指紋認証をこっそり突破して入手したLINEのトーク履歴であっても、浮気、不倫の証拠として利用できる可能性が十分あります。 特に、浮気・不倫の問題は、浮気・不倫を行っている当事者はこれを隠そうとするのが普通であって、パスワードをかけたり、指紋認証ロックをかけたりすることで、証拠が収集できなくなってしまうことは、妥当とはいえません。 多少のプライバシー侵害行為があったとしても、浮気、不倫の証拠を獲得できた場合には、積極的にこれを活用して、慰謝料請求をすべきであるといえます。 反訴される可能性は? スマホのパスワードロックを勝手にはずしたり、指紋認証を突破したりすることは、プライバシー侵害にあたる可能性があり、民法にいう「不法行為」として、慰謝料などの損害賠償を請求することが、理論上は可能です。 しかし、浮気・不倫の証拠が実際に発見された場合には、これを証拠として不貞の慰謝料請求を行ったとしても、プライバシー侵害について反訴される可能性は、事実上は低いと考えられます。 というのも、実際に浮気・不倫を行っていたのであれば、パスワードや指紋認証を突破しなければ証拠を入手できず、浮気・不倫の被害者にとって、著しく不公平な結果となってしまうからです。 また、浮気・不倫を行っていたことによる慰謝料と比べると、プライバシー侵害による損害賠償をしても、弁護士費用などを含め、採算が合わないことが予想されます。 告訴・告発される可能性は? こっそりのぞき見したLINEのトーク履歴を、インターネットを介して自分の携帯やPCのメールに送る行為は、不正アクセス禁止法に違反する行為となる可能性があります。 しかし、実際に不倫・浮気の証拠を発見した場合には、民法上の責任と同様、刑法上の責任もまた、事実上問われないことが多いといえるでしょう。 というのも、不正アクセスを受けた夫または妻が、警察に被害届を提出したり、告訴・告発をしたとしても、浮気・不倫をしていたことが事実なのであれば、警察が立件して捜査したり、逮捕したりする可能性は低いからです。 注意すべき不倫・浮気の証拠収集とは? 不倫・浮気の証拠を収集するにあたり、理論上は違法であっても、実際には問題とはならなかったり、不倫・浮気の証拠を確保できればよい、といった側面があるのは否定できません。 とはいえ、「違法となる可能性がある」ということを理解して、慎重に進めることは非常に重要です。 いくら不倫、浮気を行ったのが事実であるとしても何をしてもよいわけではなく、不倫・浮気を行った側の夫もしくは妻が問題視すれば、民法上、刑法上の責任を追及される可能性もあるからです。 特に、不倫、浮気を行った側に、必要以上の過度なダメージ、不利益を与える行為は、違法性が強く、悪質性が高いため、問題となります。 例えば、次のような行為は、不倫・浮気をしていた証拠を収集するのに必要な程度を超え、民法上違法であるとして慰謝料を請求されたり、刑事責任を追及されたりする可能性があります。 こっそりスマホをのぞき見た際に知った不倫・浮気の証拠以外の事実を言いふらす。 こっそりスマホをのぞき見て得た不倫・浮気の証拠となるLINEトークをインターネット上に公開する。 パスワードのロックを外し、そのパスワードを含めて第三者に公開する。 「離婚・不貞」は浅野総合法律事務所にお任せください! 以上のとおり、スマホをこっそりのぞき見て証拠収集したLINEのトーク履歴は、理論上は、民法上の不法行為、刑法上の不正アクセスなど、違法行為となる可能性があります。 しかし、実際には、浮気・不倫の証拠が発見された場合には、民事上・刑事上の責任を追及されたり、不貞の慰謝料請求の証拠として使用することができなくなったりする可能性は低いと考えてよいでしょう。 そもそも、不倫・浮気は、相手方配偶者に隠れてこっそり行われるものですから、夫または妻が不倫を隠そうとする行為が優先されるとすれば、不倫・浮気をされた被害者が慰謝料を請求できず、不利な立場となりかねません。 浮気・不倫をされてしるのではないかとご不安な方は、法的に有効な証拠収集をするためにも、ぜひ一度当事務所に法律相談ください。

次の