日本生命 選考。 総代とその選出

【19卒】日本生命 本選考情報

日本生命 選考

採用選考体験記 総合職• 18卒• 内定 日本生命の18卒採用選考 総合職 について、実際に内々定辞退した方の選考体験記をご紹介。 「若手一般社員との面談なので、ふるい落とすというよりは、「この学生はどういう人物なのか?」を軽く品定めする程度でした。 OBの話を聞く中で、日本生命の本当の姿を理解することができるので、本格的な面接に入る前に聞きたいことはこのOBOG懇談会で聞くべきです。 」との情報が集まっています。 協力いただいた方の情報 卒業年度 18卒 大学所在地 東京都 大学名 一橋大学大学院 文理 文系 学部 経済学研究科 性別 男 TOEIC点数 715点 志望業界・企業 銀行・損保・生保 選考フェーズ 内定 特別選考の有無 インターンには参加しましたが、その恩恵は特に感じませんでした。 グループディスカッションはなかったです。 この記事の目次• 特に、研究の内容は専門的すぎるので、「どういうモチベーションでやっているのか?」ということを分かりやすく明記するようにしました。 また、キャリアビジョンを記入する設問では、自分の強みと大切にしたい想いをバランス良く盛り込むことで、自分ならではのビジョンに仕上げようとしていました。 なぜ大学院進学を選んだのか? GDのテーマ なし 逆質問で聞いたこと ・業務内容に関する詳しい質問 ・「お客さまのため」は普段の社員は本当に考えているのか? どんなことを評価していたか 若手一般社員との面談なので、ふるい落とすというよりは、「この学生はどういう人物なのか?」を軽く品定めする程度でした。 OBの話を聞く中で、日本生命の本当の姿を理解することができるので、本格的な面接に入る前に聞きたいことはこのOBOG懇談会で聞くべきです。 選考の雰囲気 かなりフレンドリーでした。 失礼のないようにしておけば、リラックスした状態で臨んでも問題ないです。 現在の就活状況 逆質問で聞いたこと ・入社1年目の若手社員の仕事内容 ・リテール分野に関する質問 どんなことを評価していたか 1回目のOB訪問会と同様、学生の品定め程度です。 1回目のOB訪問会を終えて更に聞きたいことが出てくれば、ここで質問するべきです。 質問内容を準備することも大切ですが、ここでは「基本的なコミュニケーション」や「質問に対する受け答えの姿勢」などをチェックされていると思うので、態度には気を付けましょう。 選考の雰囲気 かなりフレンドリーでした。 失礼のないようにしておけば、リラックスした状態で臨んでも問題ないです。 なぜ大学院進学を選んだのか? 2. なぜ生命保険? 3. なぜ日本生命? 4. 現在の就活状況 逆質問で聞いたこと ・業務に関する詳しい質問 ・日本生命の社員の雰囲気について ・後輩に対する指導で意識するポイント どんなことを評価していたか 担当社員本人から呼ばれ、店で昼食を食べながらのOB訪問になりました。 面接らしい雰囲気なはく、学生の素の姿を見るために雰囲気も穏やかでした。 自分の考えをはっきりと伝える必要があるので、自分のことを聞かれた時は落ち着いて丁寧に答えるべきです。 昼食を食べながらも、就活生として(ビジネスマンとして)相応しい言動ができるかどうかもチェックされていたと思います。 選考の雰囲気 フレンドリーな雰囲気でした。 こちらの話を熱心に聞いてくれたので、とても話しやすかったです。 その他補足事項 食事しながらのOB訪問は、私はメモは取りませんでした。 とにかく「会話」に集中して、自分のことを分かってもらうことに専念しました。 なぜ専攻を変えて大学院に進学したのか? 2. 大学院での研究内容 3. 大学院に来てどう感じているか? 4. 将来のキャリアビジョン 逆質問で聞いたこと ・営業経験に関する質問 どんなことを評価していたか これまでのOB訪問会の結果によって、質問内容も大きく変わってくると思います。 私の場合は、自分のこれまでの進路決定に関する質問が多かったと思います。 面接自体の難易度は高くなかったので、次回以降の面接で本格的にチェックしていこうという姿勢だったのかもしれません。 選考の雰囲気 フレンドリーな雰囲気でした。 私の話もよく聞いてくれましたし、私からの質問にも丁寧に答えてくれました。 日本生命でやりたいこと 2. なぜ金融・保険・生命保険を選んだのか 3. 日本生命に対する志望度 逆質問で聞いたこと ・業務に関する詳しい質問 どんなことを評価していたか 以前昼食を共にしたOB社員から呼ばれて、2度目の昼食面談でした。 若手社員も連れてきたので、日本生命に関してもっと知ってほしいという向こうの意図を感じました。 また、次回以降の面接では難易度がさらに上がるため、面接前の最終チェックをしたかったのだと思います。 選考の雰囲気 フレンドリーな雰囲気でしたが、日本生命に対する志望度を聞かれた時は、緊張感が一気に高まりました。 学生時代に頑張ったことについてとその深堀 2. なぜ金融・保険・生命保険を選んだのか 3. 日本生命に対する志望度 4. 就活の現状について 5. 「今後の日本生命とのやり取りを予想してみて」 どんなことを評価していたか 様々なことを聞かれました。 ある意味、初めて私をふるい落としにかかってきた面接でした。 学生時代に頑張ったことについては、多くの質問をされ、「異なる状況ではどうする?」といった問題解決能力の高さも問われました。 また、日本生命に対する志望度の高さがどれくらいなのかを見極めるために、「どうしたら日本生命に来てくれるか言ってみて」など、かなり突っ込んだ話もしないといけませんでした。 選考の雰囲気 終始穏やかな雰囲気でしたが、矢継ぎ早に質問攻めにされるので、常に頭をフル回転させておかないと、テンポの良い面接にはなりません。 その他補足事項 このあたりで日本生命の自分に対する評価の高さが分かると思います。 学生時代に頑張ったことについてとその深堀 2. 自分の強みや弱み 3. なぜ金融・保険・生命保険を選んだのか 4. 日本生命に対する志望理由 5. やりたい業務 どんなことを評価していたか これまで何度もあってきた社員たちからの評価をもとに、人事が質問をしてくるはずです。 これまで自分が答えてきたことと矛盾が生じないようにした方が良いです。 面談というより面接なので、聞かれたことに対して適切な長さや内容で答えなければならないと思います。 選考の雰囲気 緊張感のある雰囲気でしたが、私の目をきちんと見ながら話を聞いてくれました。 その他補足事項 評価が高い学生は、淡々とした面接で終わるのかもしれません。 結果連絡 2日後 社員訪問 形式 社員訪問 会場 東京本社付近 日時 5月下 面接官人数 2名 面接官の役職 若手人事・部長社員 学生人数 1名 時間 2時間 面接全体の流れ 店でコーヒーを飲みながら)部長からの話を聞いたり、私から質問をした理の繰り返し。 逆質問で聞いたこと ・業務に関する詳しい質問 ・日本生命に関する様々な質問 どんなことを評価していたか 内々定を辞退した際に、「もう少し考えてくれ」と言われ、意思確認の最終面接で私を担当する予定だった部長クラス社員と会う機会を設けてくれました。 選考というより、私に対して判断材料を与えたいという想いでセッティングしてくれました。 選考の雰囲気 評価が高い場合は、急な辞退申し入れに対して、様々なアプローチで説得してくるのかもしれません。 結果連絡 特になし 内定 内定通知 電話 他社選考辞退の指示 なし 会社を知るための取り組み あった。 上記記載。 現在のステータス 内々定辞退 内定辞退の理由 私の「資金提供によって、やりたいこと・挑戦したいことがある人たちを支えたい」という根幹の考え方で企業を選んだ結果、生保で働くよりも銀行で働く方が自分の想いを実現することができると考えたため。 保険という概念が今後変化していき、金融機関同士の垣根もなくなっていくと予想できるので、業界の変化にも上手く対応できるのは様々な解決策を持っている銀行の方だと判断したため。 企業研究 OB訪問を実施したか いいえ(選考の一環としてのOB訪問会はありました。 選考情報の欄に記載。 ) 参考図書 なし 商社• 総合商社• 専門商社 コンサル• 外資系戦略コンサル• 日系戦略コンサル• 総合・ITコンサル• シンクタンク系コンサル• 金融コンサル 財務・会計• その他コンサル 金融・証券・保険• 外資系投資銀行• 保険 生保・損保• 資産運用 PE・アセマネ・ファンド• 政府系金融• カード・リース・信販• 信金・労金・信組• その他金融 IT・通信業界• インターネット・Webサービス• SIer・システムソリューション• 情報通信 メーカー• 消費財• 自動車• 精密機械• 電子部品• 食品・飲料• 医療機器・医薬品• アパレル• スポーツ• ゲーム• その他メーカー 広告・マスコミ• 広告代理店• テレビ• 新聞・通信社• 出版・印刷• エンターテイメント インフラ• エネルギー• 運輸・物流 陸運・海運・倉庫• 交通 鉄道・航空 不動産• 総合不動産・デベロッパー• 建設 公務員・団体職員• 国家公務員 人材・教育業界• 人材 派遣・紹介• 教育 その他• 小売業界• 美容 … 楽天市場などのECサイトやプロ野球団を経営している楽天の本採用選考の体験記です。 他の就活生による楽天の選考体験記も読む: 協力いただいた方の情報 卒業年度 16年卒 応募職種 ビジネス総… 住友商事の18卒採用選考 総合職 について、実際に内定した方の選考体験記をご紹介。 「意思確認の色が濃い面接で、絶対に住友商事に入るという意思・ロジックが非常に大事だった。 これに加えて小論文も課されるので、住友商事の理念や人、… 豊田自動織機の18卒採用選考 技術系総合職 について、実際に内定した方の選考体験記をご紹介。 「グローバルに事業を展開している企業であり、今後は更に海外展開が増えるので、自分が海外で働きたい意志があることをアピールしたことが良… ファイザーの18卒採用選考 MR職 について、実際に内定した方の選考体験記をご紹介。 「ディスカッションをしている間、とても近い距離で人事の人がワークを見に来ていたので、コミュニケーション能力や積極的にワークに参加しているかを….

次の

日本生命の選考別対策|ES・Webテスト・面接(企業解説付き)

日本生命 選考

商号 日本生命保険相互会社 (Nippon Life Insurance Company) 発足 明治22年7月4日 代表者 代表取締役社長 筒井 義信 従業員数 70,519人(平成28年3月現在) 本社 大阪市中央区今橋3-5-12 売上高 6,262,000百万円(平成28年3月期) 一人当たり売上高 およそ88百万円(平成28年3月期) 総資産 63,453,800百万円(平成28年3月期) 初任給 総合職 月給205,000円 営業総合職 245,000円 CS総合職 月給200,000円 業務職 月給185,000円 法人職域ファイナンシャルコーディネーター 月給190,000円~200,000円(2015年4月実績) 平均年収 624万円(平成22年度) 「企業」を知る。 志望理由でライバルとの差を付けよう! ここでは、日本生命保険の経営理念や同じ生命保険業界に属する競合会社との比較、最近のニュースなどを通じて、 「数ある生命保険会社の中で、なぜ日本生命保険なのか?」という質問への対策を考えましょう。 日本生命保険について深く知るために、まずは日本生命保険の経営理念を確認しましょう。 そこから日本生命保険が求める人材が見えてくるはずです。 企業が求める人材を知ることで、あなたが何をアピールすべきかが分かります。 日本生命保険の基本経営理念は、以下の通り。 『共存共栄、相互扶助の精神に基づく生命保険事業は、国民の福祉と密接に関連し、また、事業の繁栄は、国民の深い 理解と信頼の上にはじめて可能であることにかんがみ、われわれは、信念・誠実・努力の信条のもとに、国民生活の安定と向上に寄与することを固く決意し、ここに経営の基本理念を定める。 』(日本生命保険 基本経営理念ページより引用) ここからわかるポイントは、生命保険業界のリーディングカンパニーとして、顧客との信頼関係を大切にしながら、常にその先を見つめ、挑戦的な取り組みを続けようとしている姿勢です。 そこで働く人には、 「自らの可能性を信じ、努力し、夢を実現しようとしている人 」「生命保険事業の根幹である相互扶助の精神に共感し、世の中に尽くそうという志を持つ人」「ハートフルな人」を求めています。 ですから、経営理念に共感した上で、みなさんがアピールすべきなのは以下の4点です。 ・日本生命保険を通して、社会に貢献したいこと ・既存の状況に満足することなく、挑戦した経験 ・他者との信頼関係を積み上げていった経験 ・自ら率先して、チームをまとめていった経験 次に、生命保険業界における競合会社と比較してみましょう。 今回は、 第一生命保険と比較してみたいと思います。 両社の間には、どのような違いがあるのでしょうか。 まず、財務状況を比較してみます。 平成28年3月期の第一生命保険の保険料等収入は、5,586,000百万円(前年比2. 8%増)。 一方、日本生命保険は、6,262,000百万円(前年比16. 6%増)となっています。 総資産で見てみると、第一生命は、49,924,922百万円(前年比0. 日本生命は、63,453,800百万円(前年比1. 9%増)といずれも日本生命が現時点では勝っています。 日本生命保険も、インドネシアの生命保険会社セクイスライフへ約430億円を出資することで合意し、アジアの主要都市を網羅するなど積極的な海外戦略を展開していますが、「相互会社」という立場であるが故、「相互扶助」の精神に基づき、「大型の企業買収に使う資金があるなら、契約者に還元すべき」という考えがあり、 第一生命保険のようなダイナミックな経営が難しいとされています。 テロの増加や災害の甚大化など、リスクの増大が感じられる現状で新規契約高が増加傾向にある中、この数年で業界の勢力図が変わると言われています。 実際、日本生命保険は平成28年の伸び率は大きかったものの、第一生命保険の業績は近年、日本生命保険に迫る勢いを見せていますから、今後の日本生命保険の次なる戦略を注視する必要があります。 平成26年度末の日本の生命保険業界の保有契約高は、約857兆円。 この数値は、平成8年度末の1495兆円をピークに減少が続いていましたが、ようやく下げ止まりの傾向を見せています。 これは、高齢社会の到来によって高額な死亡保障へのニーズが低下し、変わって保障金額が少ない医療保険やがん保険へニーズがシフトしてきた事が影響しています。 ですから、保有契約高は減少を続けていても、保有契約件数は平成19年度末以降増加傾向にあり、平成24年度末以降は過去最高を更新し続けているのです そうした状況の中で特に注目したいのは、顧客のニーズにあわせて、通信販売や、来店型ショップ、ライフプランナーなど、販売チャネルが多様化している点であり、より利便性が求められている事が分かります。 また、 企業のグローバル化に伴った海外事業の拡大も見込まれています。 生命保険業界は、時代の変化や顧客のニーズを敏感に受けとめ、常により良い商品開発や利便性を追求していく必要があると言えるでしょう。 ・2015年度卒 新卒就職人気企業ランキング - みん就 みんなの就職活動日記 ・東大生の就職状況 2012年度 大学情報 東大塾 ・会社概要 日本生命保険相互会社 ・日本生命の年収を詳しく解説!652万円でした! 平均年収. jp ・【日本生命保険相互会社 新卒採用】|就活ならリクナビ2015 新卒・既卒の就職活動・採用情報サイト ・日本生命保険相互会社の採用スケジュール、採用人数、給与など|【就活ならリクナビ2015】新卒・既卒の就職活動・採用情報サイト ・業績の概要 日本生命保険相互会社 ・日本生命保険相互会社 - マイナビ2016 ・経営基本理念 日本生命保険相互会社 ・日本生命保険の内定者による選考情報 - みん就 みんなの就職活動日記 ・日本生命保険の内定者による選考情報 - みん就 みんなの就職活動日記 ・日本生命保険の内定者による選考情報 - みん就 みんなの就職活動日記 ・日本生命保険の内定者による選考情報 - みん就 みんなの就職活動日記 ・保険業界の基礎知識? seiho. 26DL..

次の

日本生命の選考別対策|ES・Webテスト・面接(企業解説付き)

日本生命 選考

日本生命(業務職)のES(エントリーシート)内容、企業研究のやり方、セミナー情報、インターン・リクルーター情報、筆記試験・webテスト、志望動機、面接内容などを記載しています。 それを広げることはやりがいのある仕事だと考えた。 数ある保険会社でも、やはり長年築いてきた信頼・ブランド力は他社には敵わないと考え、また相互会社にこだわる思いにも共感出来た。 また会った社員が皆尊敬できる人で、一緒に働きたいと感じた。 生命保険業界をとりまく環境は今後一層厳しくなることが予想されるが、それでも将来に向けた布石を打ち、お客様目線での事業を進めている点に、社会的意義・働く魅力を感じた。 また、実際に困難な状態にある人を経済的にサポートでき、人が前を向くまでの過程に立ち会っていける業界であると感じた。 また、人事制度が非常に柔軟で、女性にとって働きやすい環境だと感じた。 ・サークル活動について ・卒業研究について ・他社の選考状況 ・日本生命で働く上で不安に思っていること、など 面接はほぼ毎回雑談のような感じでした。 私は3回とも同じ方でしたが、時期や地域によって異なると思います。 また、他社の選考状況を毎回必ずきかれたので、かなり気にされている様子でした。 以下に面接の内容と流れを記載しますので参考にして頂ければと思います。 長所と短所2つずつ。 毎回毎回掘り下げられるので、きちんとそのときなぜこの行動をとったのか伝えることが大事。 頑張ったエピソードも3つくらい用意しておいた方が安心です。 以下に面接の内容と流れを記載しますので参考にして頂ければと思います。 毎回他社選考などの事務的な確認はされました。 2次~最終までの面接官の方はとても優しく、笑顔で接してくださいましたが、1次の面接官の方は、事務的な確認の時までずっと無表情で、その後は笑顔だったので、そういう面接だったのではないかと思います。 ・「他社の選考をすべて辞退し、かならず日本生命に入社する」という条件で内定をいただきました。 とにかく動いて、自己分析もしっかりしてください。 行動していればどこかで結果が出ます。 私が就活を始めた時、受かる自信なんて全くありませんでした。 だからこそ毎日外に出て、とにかく動き、金融以外の業界の説明会にもたくさん参加していました。 他の業界の話を聞くことは自己分析にもなります。 結果が出ないときは、自分を客観的に見てやり方が間違っていないかもう一度考えることも大切です。 就職活動は縁なので、自分にあっている会社はとんとん拍子に選考が進みます。 実際、私も他の会社はたくさん落ちましたが、日本生命は併願していた職種も最終面接まで進ませていただきました。 めんどくさがらずに多くの会社を見ておくことが、早く就職活動を終わらせることへの近道です。 全ての会社に落ちてからまた新しく受ける会社を探すのでは遅いです。 行きたくない会社は受けても結局落ちてしまうだけですが、合同説明会の段階から、受けたいと思える会社をたくさん見つけておくと良いと思います。 説明会&筆記試験から約2週間で内々定でした。 という風に志望動機を話していました。 座談会で先輩社員のこんな言葉が心に残ったなどの自分にしか話せないことを伝えるのも大事です。 入社後したいことについては毎回の面接で聞かれたので、こういう自分の強みを生かしてこんなことがしたいと話すといいと思います。 面接は緊張すると思いますが、リラックスしてありのままの自分をぶつけてみてください。 アドリブで意味の分からない言葉になってしまっても、落ち着いて熱意を伝えれば伝わります! つらいこともあると思いますが、必ず運命の企業に出会えると信じて最後まで頑張ってください! 【内定直結型の個人面談】 ここの面談を1度受けておくと、通常の選考ルートより短縮された選考をうけることができます。 昨年ここの個人面談をうけた就活生の大手企業内定率は80. 4%です。 最短1週間で内定です。

次の