仕事辞めたいけどコロナ。 仕事辞めたいけど言えない パートさんへ【新型コロナウイルス】

アフターコロナなんて無いんだよ!死んだ目で通勤する毎日が始まるんだよ!

仕事辞めたいけどコロナ

コロナウイルスがきっかけで仕事を辞めたいと思った人が半数いる事実 コロナウイルスによって多くの人の仕事に影響が出ています。 そこでまず、言いたいことは、医療従事者の方々、本当にありがとうございます。 大変な思いをして頑張っていらっしゃるかと思いますが、沢山の人を守るため、これからもよろしくお願いいたします。 本当に感謝しております。 話は戻しますが、コロナウイルスの影響で、まったく仕事をすることができない人、仕事の仕方が変わった人、変わらず働いている人、休むことができない人、様々出ているかと思います。 このコロナウイルスの影響で約半数の方が仕事を辞めたいと思ったと言われています。 理由は様々あるかと思いますが、急いで仕事を辞めてしまうことはおすすめしません。 この記事では、コロナウイルスによってどういった不安がでてきたか、それに対して、会社はどうあるべきか、自分がどうするべきかなどを述べていきます。 この記事を読んで、仕事を続けるべきか、今自分はどうするべきかの材料にしていただければ幸いです。 感染のリスクがある中で、恐怖や不安に押しつぶされそうな環境で働いている方も大勢いるようです。 こういったことから、ストレスや肉体的にも相当負担がかかっていると思われます。 身体を壊したらお終いですので、無理なく働いていただきたいのは山々ですが、理想と現実は違うわけで、大変無理されているかと思います。 正直なところ、医療系というのは性質上、辞めてもすぐに再就職しやすい職業です。 しかし、人が辞めていくと、さらに一人にかかる負担が増えるため、いわゆる医療崩壊が起きてしまいます。 病院全体で無理ない体制を築いていただき、これからも日本全体のために尽力いただきたいのが本音です。 給料が出ているうちは在籍していても良いと思いますが、転職を視野に入れた方がいい職種なのかもしれません。 時間が余っているのであれば、転職情報の調査、スキルアップの勉強をしましょう。 世の中の流れにも合わなくなってきている職種であり、倒産のリスクがとても高いです。 転職情報の調査、スキルアップの勉強をしましょう。 職場への不安 スピード感、危機感が無い 続いて職場への不安についてですが、今回のコロナウイルスが広まりはじめたとき、会社のスピード感が明らかになったかと思います。 ニュースだけでなくSNSでも多くの情報を手に入れられる時代ですから、世間はテレワークになっているのに、自分の会社はテレワークできるのにさせてもらえず、満員電車で感染リスクを背負って出社しているなどという不満を多く見ました。 古い会社というのは変化を嫌います。 テレワーク=さぼる人間がでてくるから生産性が落ちるなどと思っている会社や役員は、考えを改めた方がいいと思います。 時代の変化についていけない会社は必ず遅れをとります。 そんな会社と社員に思われないよう、企業も変わらなければいけないと思います。 古い考えによって、感染者が増え、日本全体の経済損失を招くことも考えられますし、優秀な社員ほどそういった会社の動きに敏感ですので、優秀な社員を失う可能性も出てくるかと思います。 テレワークできるのに変わらず出社させられていた、感染者が多い地域にも出張を指示されたなど、会社に不満を持った方々は、辞める準備をした方が良いかと思います。 ただあくまで準備です。 第2波、第3波も来るのではと言われている今ですから、いますぐにの転職は難しいとおもわれますので、準備だけにとどめておきましょう。 給与への不安 コロナによって給料が下がった、ボーナスが無くなったなどの話もちょくちょく聞こえてきました。 その業種がどういう業種かにもよりますが、回復の見込みが見られない業種であれば、転職の準備をしましょう。 コロナで辞めたいと思っても辞めるのは急がずに! 様々な理由から、仕事を辞めたいと思っている方は多くいると思いますが、 辞めるのは急がずにまずは冷静に考えてみて欲しいです。 なぜ急いではいけないかというと、転職が難しい状況下にあるからです。 主な理由は以下の通り。 転職を望んでいる人が多く倍率が高い• 人事の体制が整っていない会社が多い• 見つからなかった場合長期的に収入が無くなる しかし、給料が0になり再開の見込みが立たない方は、迷わず転職活動をしてください。 また、転職の準備をすることは、どんどん進めた方が良いと思いますので、 転職準備は積極的に!.

次の

コロナがきっかけでパートやめたいけど収入源は困る!!|すきま時間を利用して主婦が在宅ワークで稼ぐブログ

仕事辞めたいけどコロナ

お疲れ様です。 キャリアカウンセラーナカヤマ です。 今回は、コロナ禍で仕事を辞めたい人へ、 辞める前にやっておくべきことをお伝えしたいと思います。 緊急事態宣言が39県で解除されましたね。 まだwithコロナ状態ではありますが、少しずつ社会の状況が変化し始めようとしています。 そうなると、今働いている環境に疑問を持ち、仕事を辞めたいと思う人も出てくるかと思います。 僕の知り合いでも、接客業をやっていて今回のコロナの影響で不安と闘いながら働いていたので疲れたと言っている人がいます。 しかしwithコロナ真っただ中でのこの話は、どちらに転ぶか僕自身もわかりません。 まずはこのブログを最後までご覧頂き、自分自身でどうするか考え、選択して頂ければと思います。 この記事の動画版もご用意してあります。 この記事をご覧頂く前にこちらの動画もぜひご覧ください。 「本当に辞める」のか自問自答する 今現在、「仕事を辞めたい!いや、辞める!」と強く思っている方は、 自分自身に「本当に辞めるか?」と問いかけてください。 一見「何の意味があるんだよ」と思われることでしょう。 しかし、これがけっこう効果あるんです。 なぜなら、 少しでも不安な気持ちがあれば、必ずここで躊躇します。 だれかに言われるわけでもなく、自問自答で不安になるのです。 不安になるには理由があります。 一番の理由はお金ですね。 仕事を辞めれば当然収入は無くなります。 収入が無くなれば生活できません。 辞める段階で収入源が確保できていない人はどんな人でも無条件で不安になります。 仮に数か月耐えることができる貯蓄があったとしてもこの不安は取れません。 人間は、蓄えが目に見えて減っていくだけで不安になるからです。 2ヶ月、3ヶ月と時間が経つにつれ貯蓄が減れば、時間が経つごとに不安が増していくことになります。 収入源はとても大事ですよ。 「先に転職先を決めておきましょう」というのはこれが理由です。 ましてや、コロナの影響で社会全体が厳しくなる見通しです。 転職市場もこれから苦戦を強いられるため、勢いで辞めてしまうのはよほどの覚悟が無ければおすすめできません。 以上の理由により、僕としては「本当に辞めていいの?」という自問自答をすることを強くおすすめします。 自問自答して、自分の本心と向き合いましょう。 辞めた「次の日」から何をするか考える 自問自答した結果辞めると決めたのであれば、次は 「辞めた次の日」に何をするかを決めるようにしてください。 「辞めた次の日くらいぼーっとしていたい」と思う気持ちはわかります。 しかしそこでぼーっとしてしまうと、だらけてしまうからです。 だらけてしまうことを回避するために次の日に何をするかを必ず決めて欲しいです。 個人的には、それは遊びでも構わないと思っています。 ハローワークに行って雇用保険の手続きをする• 転職エージェントに登録する• モーニングルーティンを見直す• 今まで行けなかった旅行に行く• YouTubeを始めてみる このように何をするかをしっかり決めておきましょう。 次の日に何をするか決めることは決断力の維持にも繋がります。 コロナ禍の現状であればなおさらこの決断力が必要になると僕は思っています。 このような社会全体が大変で不安定な状況だと、混乱してしまいどうすればいいか分からず投げやりになってしまう気持ちもわからないわけではありません。 ですが、混乱しているのは誰だって同じです。 その状況で仕事を辞めるのですからしっかりしなければいけません。 だからこそ次の日に何をするか決めておく必要があるのです。 間違っても 「1日中寝る」は選択しないでくださいね。 睡眠は大切ですが、1日中寝ると生活サイクルはおかしくなるし寝てる間は何も生み出さないので時間を無駄にしてしまいます。 また、遊びを選んだ場合は遊びながら次の一手を考えることも大切です。 遊び呆けているだけだとマイナスにしかならないので結果後で焦りますからね。 何をするにしても、今後の自分にプラスになることを選ぶようにこころがけてください。 自分がどのように稼ぐのかを考える 次に、自分がどのように稼ぐのかを考えてください。 お金がなければ生活できないですよね? 稼ぐことを考えるのは生きるためには必ず必要です。 とはいえ、いくらくらい稼ぐのかは知っておいた方がいいです。 まずは自分が生活するうえで最低限どのくらいお金が必要か具体的に算出しておきましょう。 その金額を毎月どうやって稼ぐのか考えるようにすれば、具体的かつ無理のないプランを立てることができるようになります。 稼ぐ方法は正直なんでも構いません。 転職してもいいですし、独立起業でもフリーランスでネットビジネスをしても、稼げるのであれば問題ありません。 夫婦の場合、どちらかの収入で家庭がまわせるのであれば、専業主婦(もしくは専業主夫)になるのも一つの選択肢ですね。 ただし、個人的に 親に養ってもらうのだけはおすすめできません。 何事も無ければいずれ親の面倒を見ることになるので、養ってもらう癖がつくと歳をとってから大変な目に遭います。 人それぞれ事情はあると思いますが、基本的には日常生活に無理のない金額を稼げるように備えておきましょう。 実際に行動に移す 全ての考えがまとまり、覚悟が決まったら行動しましょう。 もし、最初の自問自答で辞められないと思うのであれば、まだ苦しい思いをしないといけないのかと病んでしまう人がいます。 その場合は会社に相談しましょう。 職場の環境を変えられないか、部署異動できないかなど、とにかく気分が下がらないような対策を試みてください。 一時は辞めるとまで考えたのですから、何かしら思うことはあるでしょう。 ただ「辞めない」と思うのではなく、自分がよりよい環境で働くために行動してみてください。 それでもダメな時は、その時に考えましょう。 在職中に時間をかけて転職活動をおこない、転職が決まったら辞めるという選択肢もあります。 そして、 辞めるのであれば誰に何を言われても自分の我を通すことを忘れないでください。 仕事を辞めること自体、実はかなりの労力がかかります。 よほどの問題が無ければ、まわりの仲間が引き留めようとするからです。 これ自体は悪いことではありません。 結局それを見越して辞めると決めたのは自分ですから、我を通す思いが無ければ人の意見を聞いて弱気になり、結局辞めることはできないでしょう。 辞めると覚悟したならどんな状況でも自分をしっかり保ってください。 人の意見で変えてしまうとろくなことにはなりません。 どちらを選択するにせよ、覚悟を決めて自信を持って行動するようこころがけましょう。 まとめ 今回は、辞める前にやっておくべきことをお伝えしました。 いかがだったでしょうか?今回の話をまとめると以下のとおりになります。 辞める前にやっておくべきこと• 「本当に辞めていいの?」という自問自答をする• 「辞めた次の日」に何をするかを決める• 日常生活に無理のない金額を稼げる稼ぎ方を考えておく• 覚悟を決めて自信を持って行動する ただでさえ、 仕事を辞めるという決断は生半可な気持ちでやってしまうと大変な目にあいます。 それだけ労力のかかることなんです。 その労力を考えて「辞めたいけど辞めない」と考える人もいます。 その選択は決して悪いことではありません。 ただ、コロナ禍の現状で自分自身の働き方を見つめ直される方も多いのが現状です。 在宅ワーク、休業、過酷な労働など、全ての人に影響が出ていると感じています。 それで病んでしまい働けなくなることが、僕は一番怖いです。 だったら、仕事を辞めるという選択肢もひとつなのかもしれません。 でも、辞める前に今回の話を参考にしてみてください。 可能な限り気持ちを落ち着かせてからやるように心がけで欲しいです。 自分自身が幸せに生きるための前準備です。 心が揺れている方は、ぜひお試しください。 もしそれでも辞められない場合は・・・ こちらをご覧ください。 仕事を辞める最終手段がここに書いてあります。

次の

「新型コロナ」怖くて仕事辞めました 通勤や業務中に感染したくない: J

仕事辞めたいけどコロナ

こんにちは。 meguです。 新型コロナウイルスが流行したことで 日常生活が以前とは変わってしまいましたね。 夏でもマスクして手洗いと消毒を徹底し、 ソーシャルディスタンスを気にして人と関わって、 感染対策を意識した生活になりました。 生活だけではなく、 社会もコロナで変わりました。 感染を防ぐためにリモートワークに変わったり、 会社によってはコロナの影響で倒産したり。 パートやバイトの方は シフトカットや解雇という状況になった方も見えます。 大変な影響ですよね? しかも、 コロナの影響で この先元の生活に戻れるのかと言ったら、 難しいと言われてます。 見通しが不明なだけ今後どうなるのか 日本の将来に 不安を感じておられるのではないでしょうか? 子育てママにとっては、 子供の通っている学校が休校になり 自宅に残してパートに行くのは心配だったり、 職場先でコロナに感染したら 子供の面倒はどうしたらいいのか 不安ということありますよね。 コロナがきっかけでパートやバイトを辞めたいと 思った人もいるんじゃないかなって思います。 そうは思っても、 収入が減るのは困ると思います。 そこで、 柔軟に対応できる働き方を考えてみました。 ・コロナの影響で子供の幼稚園や学校が休校になり、 子供が自宅にいるのでパートを休んで自宅にいたい。 でも、 そう 簡単には休めないから もうパートを辞めるしかない状況。 ・コロナに感染する可能性が高い職場で 感染する心配があって仕事を辞めたい。 ・コロナが 流行する前から職場に不満があり、 今回のコロナの影響で余計に職場の環境が悪化。 もう辞めたい。 などという理由がありました。 学校や職場の状況が変わってしまったこと 更には、 感染に対する恐怖や不安もあり 今までのような生活ができないことから パートを辞めたいという気持ちになったり、 緊急事態がきっかけで、 元々パートを辞めたいと思っていたのが より一層思うようになった方もいます。 生活や社会の影響だけでなく、 働き方も今までとは同じように行かなくなったことで 変化が訪れている状況ですね。 しかも、 まだコロナが収束していないので 今のような生活が続くと思います。 ちまたでは 、withコロナ とも言われていますよね。 ということは、 今回の緊急事態宣言がきっかけで 変わっていったものが このまま行くと自然と日常に溶け込んでいき 当たり前になるのかもしれませんね。 となると、 余計に今のパートを辞めてしまいたい! 働く環境を変えたい! って思うのではないでしょうか? しかし、 求人もコロナの影響で減っています。 パートを辞めて求職活動をしようと思っても うまくいかない可能性もあります。 パートやめたいけど収入源は困る!!利用できる制度は? コロナがきっかけで パートを辞めて環境を変えたいと思っても、 収入が減るのは困ると思います。 そこで、 パートを辞める前に利用したい制度が あります。 ・特別有給休暇(小学校休業等対応助成金対策) ・有給休暇の取得 上記の2つの制度を利用して しばらくの間休暇を取るのもいいのではないでしょうか? 直ぐに辞めてしまうと 収入がなくなりますし、 求職件数も減っているので 就職先も見つからないかもしれません。 ですから、 少しの期間かもしれませんが 一度ふたつの制度を利用して仕事をお休みする間に ゆっくり考えてみるのはどうでしょうか? それでも、 パートを辞めるという答えになったら、 雇用保険に加入されているのなら 失業手当をもらって当面の間の生活費を確保してください。 仕事をひとつに絞っていると、 その一つの仕事がダメになった場合、 簡単に生活の危機となります。 ですから、複数の仕事をしたり、 収入先を増やすなどのリスク分散をして、 ライフワークバランスを見直す よいきっかけになるかもしれませんね。 今のパートを辞めてもっと自由に仕事がしたい! 今後も続であろうコロナの影響で 解雇されたり、 子供を自宅に残して不満を抱えながら働いて、 給料が減ったり、なくなったりと、 仕事や収入が不安定になると とてもストレスになります。 コロナの影響を受けずに 子供が突然の休校になっても自宅で一緒に居てあげられて 自由に仕事ができたらいいなって思いませんか? そこで考えてみたんですが、 リモートワークができて 収入も自分が自由に稼げるのがいいですよね? そうなると、 パソコンでできる仕事がいいのではないでしょうか? クラウドワークスというサイトに デザインから文章作成まで 様々なパソコンでのお仕事が紹介されてます。 収入も案件によって報酬が様々なので 自分の特技を生かして 希望する金額の収入を得ることも可能です。 次にお勧めなのが、 ブログの広告収入です。 私も現在副業で行っています。 ブログを作成して日中の空き時間にブログを更新してます。 広告は勝手にブログに投稿されているので いまでは1日1時間半ほどの作業で稼げてます。 場所もネット環境さえあればできますし、 収入も時給みたいに決まってないので 自分が稼ぎたい金額を稼ぐことができます。 時間にも場所にも収入にも自由な働き方が 強いのではないかと感じています。 また、収入先も複数増やすことで ひとつの仕事を失っても 家計がそこまで揺らぐことはありません。 この機会に働き方を見直してみてはいかがでしょうか。 コロナがきっかけでパートやめたいけど収入源は困るのまとめ コロナがきっかけで パートをやめたいと思っている方は 多いのではないでしょうか? しかし、 パートを辞めてしまうと その分収入が減るので思いとどまっているという方もいますよね。 不満を抱えて仕事をするのは 辛ところもあります。 そこで、 有給やコロナによってつくられた特別有給休暇を利用して 一時的に休暇をとるのもいいと思いますし、 雇用保険に加入されている場合は、 失業手当をもらってパートを辞めるのもいいと思います。 それでも、 再就職先がないと困りますよね? 今は、求人も少なくなっていると言われてます。 そのため、再就職先がみつからないことも。 そこで、 パソコン1台とネット環境があればできる仕事を してみてはどうでしょうか? ネット環境があればできるので、 自宅でも、お気に入りのカフェでもできますし 働く時間も自分の都合のよい時間にできるので、 自由度がかなり広がります。 クラウドワークスというサイトには 様々な種類のお仕事を紹介しています。 できる仕事を探したり、 自分の特技を生かして働くことも可能です。 わたしはは、ブログの広告で収入を得ています。 こちらも、働く時間と場所が自由なので 私は副業として取り組んでいます。 お陰で収入も時短んパートと合わせると 正社員並みになりましたし、 収入先が複数ああるので パートをクビになっても 家計にそれほどまで大きな影響を与えずにすみます。 もし私が実践している副業に興味がありましたら、 メルマガ登録をしてくださった方限定で パートしながら子育てや家事に追われる日々でも、 月に5万円以上を稼ぎ続ける方法を詰め込んだ ネットビジネスのノウハウをプレゼントしてます。 プレゼントコンテンツをみると ネットビジネスを実践できる内容になっているので 是非とも活用してみてください^^ またメルマガを通して 私が実践してきて 効果的だった方法などを お伝えしてます。

次の