おきまぐ。 ギルド「悠久の風 昭和」

魔王「これは・・・・CUBE?」勇者「なんだそれは?」 : あやめ速報

おきまぐ

99011 Mime-Version: 1. apc. org From: higa akiko Subject: [keystone 1038] Re: 「周辺事態法に反対します」 Sender: owner-keystone jca. apc. org X-Sequence: keystone 1038 Precedence: bulk Reply-To: keystone jca. apc. org 比嘉です。 「周辺事態法に反対します」に賛同してくれる方から いくつかメールがきました。 ありがとうございます。 ロゴは急いでつくりましょう。 「おきまぐ」というのはわたしも購読してますが、これのことかな。 29 Vol. お友達にもご紹介ください。 うまく利用すれば、いわゆる運動してない人へのお知らせとして有効だと思います。 それから、今日、思いやり予算の抗議集会にいってきました。 判決はいまのところ3月29日の予定で、当日には、裁判所を取り囲む 「黄色いふろしき」行動を計画するそうです。 詳しいことはまたあした。 東京での裁判の原告の方もいらしてて、簡単に結審させない取り組みなど もふくめて、関西と協力していこうということでした。 それから、裁判官3人のフルネームが判明しました。 裁判官 水上敏 藤田昌宏 斎藤充洋 です。 apc. 1998年 、、、、、、、、、• 1999年 、、、、、、、、、、、 [].

次の

魔王「これは・・・・CUBE?」勇者「なんだそれは?」 : あやめ速報

おきまぐ

商人「とりあえず、それぞれのここに来る前の記憶からここのことを推理してみてはどうでしょう?」 勇者「よし、俺に任せろ。 じゃあ魔王からな」 魔王「いいだろう。 私は魔王城で側近の説教を食らってふて寝しておった。 うとうとして気づいたらここにいたのだ」 勇者「俺は普通に夜寝て起きたらここにいた・・・」 戦士「俺も普通に寝てたぞ。 酒場でたらふく飲んで普通にな」 盗賊「それ酔いつぶれただけじゃねーすか。 俺は家に帰る途中に急に眠気が・・・それからは・・・記憶にねーっす」 魔法使い「わしは朝飯を食べてないのに、息子の嫁が食べたはずとか言いがかりをつけおってな。 怒って家を飛び出してから記憶がないのぅ」 商人「ボケ・・・いや、なんでもありません。 私も商談の最中に寝てしまったようです。 何かを盛られたとは思えないのですが・・・」 勇者「みんな寝てたってわけか」 商人「眠らされてここに入れられたとも考えられますね」 盗賊「ああ・・・靴が輪切りに・・・もう使えないっす・・・」 商人「ところでさっき言ったCUBEとは何のことです?」 勇者「そうだ!やっぱてめぇの仕業なんだろう!」 魔王「違う!古い文献で読んだことがあるのだ。 CUBEというダンジョンのことを」 勇者「ダンジョン?」 魔王「ダンジョンと呼んでいいのかどうかわからんが・・・。 立方体のみで造られたダンジョンだ。 各部屋に恐ろしい罠が仕掛けられていることもあるという」 盗賊「パネェっすね。 なんかお宝でもあるんすか」 魔王「いや、何もないらしい」 商人「何もないのに、いったい誰が何の目的でそんなものを・・・」 魔王「それは分からん・・・。 攻略することのみが目的なのか、出口があるのかどうかさえ・・・」 勇者「てめぇ何で最初からいわねぇンだよ!」 魔王「確信がなかったのだ。 だがあれだけの殺人罠があるということは可能性が高いであろう」 勇者「で、どうすれば出られるんだよ」 魔王「分からん」 勇者「分からんって無責任な事いってんじゃねーぞ!」グイッ 魔王「私のダンジョンではないからな」 商人「そうですよ、勇者。 とにかくこの先は進めそうにありません。 回り道をしていきましょう」 勇者「くそっ。 お前の疑いが晴れたわけじゃねーからな!」バッ 魔王「勝手にするがいい。 かかってくるなら蹴散らしてくれる」 商人「まぁまぁ」 盗賊「罠は俺が見切るっすよ。 あと一個靴があるっす」 商人「あと、部屋に印をしていきましょう。 安全な部屋には大きく丸を書いて」 勇者「なんのために?」 商人「迷った時来た道が分かるでしょう。 それに安全な部屋だと分かります」 魔王「ふむ、人間のわりになかなかやるな」 商人「いえ、商売に必要な知識ですよ」 勇者「よし、進もう」 商人「さっきの右の部屋が 1297 2492 80 120 そしてその前のこの部屋が 1297 2491 80 120っということは・・・最初の数字が横、次が縦の座標・・・そして、上に登って・・・っと」 盗賊「次はここでいいんすか?」 商人「お願いします」 盗賊「ザヒョウ 1297 2491 79 120デス」 商人「やっぱり3つ目は上下の座標ですね」 勇者「なるほど、これなら出口が見つかるかも」 魔王「盗賊がいなかったらまずかったかもしれんな」 盗賊「照れるっすよ。 あと79個登れば何か見えてくるかもしれません」 勇者「よし、登るぞ・・・」 魔王「zzzzz。 勇者・・・・勇者ぶちころす・・・むにゃむにゃ・・・・」 勇者「zzzzz。 魔王・・・ぜってぇゆるさねぇ・・・むにゃむにゃ・・・・」 ガシャン 魔王「ぐあっ!」 盗賊「いってー!あぁん?あんたらは・・・」 魔王「こ・・・腰があああああ。 同じどころばっかに落ちおって・・・」 勇者「んむぅ・・・なんだ?ん!?盗賊!!生きていたのか!?」 盗賊「はぁ?あ、ああ。 まぁな。 魔王と勇者と商人か。 ちっ、まぁよろしくな」 商人「なんです騒々しい・・・え!?盗賊!?」 盗賊「はぁ?何か文句あっか?」 商人「いや、盗賊には違いないんですが・・・随分汚れてますね」 盗賊「ああ、まぁ色々ひでーめにもあったからな」 商人「その赤黒い染みは?」 盗賊「なんでもいいだろ。 うっせーなー」 僧侶「んぅ・・・」 僧侶「ん!?」 盗賊「おっと、声出すなよ?声を出したらこのナイフでやっちまうからな」ピタピタ 僧侶「!?」 盗賊「なぁに、殺しやしねーよ。 ちょっと一緒にお楽しみしましょうってだけだから」 僧侶「んー!」 盗賊「あいつらよっぽど疲れてんだな。 ぐっすり眠っちまってよ」 盗賊「さっ、立って隣の部屋いこうぜ」グイッ 僧侶「んー!んー!」 ガシャン 盗賊「さあ、入れ!」 僧侶「な・・・なんでこんな・・・」 盗賊「貯まっちまうっていってんだろ。 こんな頭のおかしくなるダンジョンにずっといりゃーよぉ」 僧侶「そんな・・・」 盗賊「さっ、かわいがってやっから服脱ぎな。 へへっ久しぶりの女だぜ」 盗賊「時間軸がずれてんだよ。 このダンジョンは。 たぶんお前らからすれば俺も未来の盗賊だ」 勇者「だが盗賊は死んだぞ?」 盗賊「だからずれてるっつってんだろ。 お前らの盗賊が死んだからと言ってなんで俺の時間軸の盗賊が死んでると言えるんだ?」 勇者「なっ・・・」 魔王「CUBE2か・・・」 盗賊「ここに来るまで随分修羅場くぐったんだ。 性格なんて変わって当たり前だろ!さあ、話したんだから離せよ」 勇者「だが、商人を殺した」 盗賊「悪かったって!もうしねーよ」 勇者「信用できるか!」 盗賊「俺を殺したらここを抜け出せないぞ!」 勇者「くっ・・・」 魔王「勇者。 残念ながらその通りだ。 だが、妙なそぶりを見せれば殺す」 盗賊「もうやんねーって!」 勇者「仕方ない・・・。 僧侶、大丈夫だった?」 賢者「来ないで!いやあああああああああ!」ザザザッ 盗賊「あー嫌われてヤンの!ははははは!」 賢者「何なに!?ここどこよおおおおおおおおおおお!」 勇者「ちょっと・・・」 賢者「いやああああああ!あなた誰?あああああああ私だれ・・・なんでこんな・・・あああああああああ」ガクブル 賢者「頭が・・・・ウウウウウうううううううあああああああああああ」ガクブル 勇者「その格好は・・・賢者じゃないのか?」 賢者「賢者?ううっ・・・そうだったような・・・・ああああああああああ」 勇者「落ち着け。 俺達もここがどこか分からないんだ。 出口を探している」 賢者「出口・・・出口出口出口!ここから出してええええええええええ!いやあああああ!」 盗賊「おいおい、大丈夫かよ、このねーちゃん。 さすがの俺でも引くぞ」 勇者「大丈夫、大丈夫だから・・・落ち着け」 賢者「ふっー!ふっー!」 賢者「魔王だの、勇者だの、平和だの。 支配だの在り来たりすぎて飽きちゃいました」 勇者「飽きた?」 賢者「ええ、この世界にね。 でも世界の果てにこんな面白い道具が転がってるじゃないですか!」 賢者「これは使うしかないと思いましたね。 これほどのものを使わずに放置しておくなど私の知識欲が許しません!」 魔王「それで我々を放り込んだと!?」 賢者「ええ、なかなか見ものでしたよ。 あ、これ中の様子が外から見えるんですよ。 いろんな人たちが疑心暗鬼になって必死に出口を探す。 最高のショーでした」 賢者「しかも中で時間軸がずれて、複数の人間が入り混じってそれはもう見ごたえがありますよ」 勇者「賢者あああああああああ!」 魔王「貴様あああああああああああ!」 賢者「外に出たいですか?ふふっ、じゃあ盗賊を中に引きずりこんで出てくればいいんですよ」 盗賊「なっ・・・」 賢者「まぁそんなことをすれば盗賊は両手を失うでしょうけどね」 盗賊「や、やめろ!やめてくれえええええええええ!」ジタバタ.

次の

ギルド「悠久の風 昭和」

おきまぐ

いつもご愛顧いただいておりますですが今年は少雨の影響で収穫が遅くなり、そのため製造も例年に比べ遅くなりましたが漸く販売再開の運びとなりました。 お客様にはご迷惑をお掛けしまして大変申し訳ございませんでした。 皆様のご注文心よりお待ちしております。 この度、弊社商品を令和1年10月1日以降、順次、改定させていただくことになりました。 不本意ではございますが、各種原材料の再三の値上げ等、製造コストが増大し、その都度、諸経費の削減等により、価格の維持に努力してまいりましたが、弊社単独での努力では抗しがたい状況になっております。 皆様には今後とも変わらぬご愛顧を賜りますよう何卒お願い申し上げます。 いつもご愛顧いただいておりますですが今年の製造量がごくわずかとなっていた影響でオンラインショップでの販売は休止となります。 大変ご迷惑をお掛けします。 次回製造は11月ごろとなりますので販売再開までお待ちくだされば幸甚に存じ上げます。 いつもご愛顧いただいておりますですがりんごの出来栄えが例年に比べて小さく今年は生産量がごくわずかとなっていた影響でオンラインショップでの販売は休止となります。 大変ご迷惑をお掛けします。 次回製造は11月ごろとなりますので販売再開までお待ちくだされば幸甚に存じ上げます。 いつもご愛顧頂いております、ですが、チョコレートを使用している商品の為、夏季期間は販売を休止させていただきます。 お客様にはご不便をお掛けし大変心苦しく感じておりますが、何卒ご容赦頂きますようお願い申し上げます。 この度、弊社一部商品を平成30年12月1日以降、順次、改定させていただくことになりました。 不本意ではございますが、各種原材料の再三の値上げ等、製造コストが増大し、その都度、諸経費の削減等により、価格の維持に努力してまいりましたが、弊社単独での努力では抗しがたい状況になっております。 皆様には今後とも変わらぬご愛顧を賜りますよう何卒お願い申し上げます。 この度、「株式会社翁屋」は関連会社で「洋菓子部門」の「株式会社赤い林檎」と合併致しました。 当ショップでも以前より「赤い林檎」の製品を掲載しておりますが、引き続き、「赤い林檎」の製品をお引き立て下さいますようお願い申しあげます。 この度、弊社商品を平成29年4月1日以降、順次、改定させていただくことになりました。 不本意ではございますが、各種原材料の再三の値上げ等、製造コストが増大し、その都度、諸経費の削減等により、価格の維持に努力してまいりましたが、弊社単独での努力では抗しがたい状況になっております。 皆様には今後とも変わらぬご愛顧を賜りますよう何卒お願い申し上げます。 この度、弊社が利用している運送会社の送料改定に伴い、平成29年11月1日ご注文分より送料の改定をさせて頂きます。 お客様にはご負担をお掛けし大変心苦しく感じておりますが、何卒ご容赦頂きますようお願い申し上げます。 ご贈答品やお使い物に、青森・おきな屋のをお使い下さい。 ご贈答用の包装・熨斗などは無料で承ります。

次の