部屋 カビ 除去。 部屋がカビ臭い…原因と5つの対策と4つの家のカビ防止グッズ

カビの臭いをバッチリ消す方法!部屋や服などの消臭方法を徹底解説

部屋 カビ 除去

現代の一般住宅をはじめとする建物は、木造建築のタイプが減ってきています。 しかし、今でも木造建築のお住まいもありますし、中には趣向でログハウスを建てられる方もいらっしゃると思います。 昔ながらの日本家屋でしたら、家屋を支える柱や雨戸に木材が使われてることの方が多いです。 一方、木造建築でなくとも、普通の家庭の家具、椅子・テーブル・箪笥にも木材は使われてますし、床や壁を敢えて木製であつらえることもありますよね。 湿度の高い日本の気候では、 この木材、木製のものに発生するカビに悩まされているのが実情ではないでしょうか? この梅雨の時期... 1ヶ月頑張って耐え抜いた結果、家の家具が酷いことになりました... 😢😢 これ、どうしたらいいのかな... これだけじゃなくて、洋服も靴も帽子もほかの家具も... カビだらけ... カビが発生する原因・温床となる箇所 最近の住宅は、防犯のためにも窓を開け放したままの状態は少なくなっていると思います。 これでは屋内の通気性に問題が生じ、 カビにとっては格好の環境と言えるでしょう。 一番わかりやすいカビの温床は、極わずかな機会でしかメンテナンスをしない、 木製の家具の裏側です。 知らない間に黒ずんでいたとか、白っぽくなっていたら明らかにカビが発生した証拠です。 カビは繁殖するために、空気中に目に見えない胞子を飛散させるので、それを知らぬ間に住人が吸いこめば、 有害物質を体内に取り込んでしまう結果となります。 そこで、 カビを見つけましたら早めに対処するようにしましょう。 木材・木部のカビの取り方&除去方法 発生してしまったカビはどうやって除去すればいいのでしょうか?いくつかの方法をご紹介しましょう。 念の為、使用前には目立たない部分で塗布してみて、木材自体が変色しないかどうか確認をしておきましょう。 ・カビがまだ残留している場合、サンドペーパーで研磨しますが、【削る】ことによって木材の元の状態と見た目が多少変わります。 自分の持ち物である家具や雑貨なら可能ですが、賃貸物件の窓枠だったり、木材の床などには削る作業は控えましょう。 液性としてはアルカリ性です。 前者は弱アルカリ性で後者が酸性です。 木部のカビ取り除去には、 素材が傷まない酸素系のカビ取り剤をおすすめします。 木材・木部のカビの予防&対策 木材・木部のカビ取りを行った後、再度のカビ発生を防ぐためにはどのように対策をすればいいのでしょうか? ここではいくつか 効果的なカビ予防対策をご紹介します。 気分をリフレッシュする効果をふくめ、 カビ予防に窓を開けて、定期的に換気をこころがけましょう。 一箇所の窓だけでなくドアや他の窓も同時に開けると換気の効率が上がります。 木部・木材の部分だけでなく、畳やカーテンなどにもカビが発生する機会を与えてしまいますので、 結露がついたら直ちに拭き取りましょう。 そして、 結露防止フィルターやテープを貼り予防しましょう。 室内の湿度が上がれば、カビ菌の繁殖を増長させてしまいます。 エアコンの除湿機能や、除湿機を活用しましょう。 そして、家具と壁が密接するとカビの温床になってしまうので、 壁から5cmほど離して、家具を配置しましょう。 その際にマスクとゴム手袋、保護用メガネを着用する。 エアコンの除湿機能、除湿機などで湿度のコントロールに気を配る。

次の

部屋がカビ臭い!臭いのもとから解消する、4つの即効解決法

部屋 カビ 除去

カビの臭いを取りたいときのチェックポイント カビ臭い!と感じたら真っ先にチェックしてほしいポイントは それが洗える物か、洗えない物かです。 カビを取るときは主に漂白剤やアルコール、オキシドールなどの薬品を付けてから水洗いするのが主流のやりかたです。 そのため、水につけることができないものは当然カビの除去方法も違ってきます。 革製品などは薬品につけることで変色や、変形してしまうものもあるのでカビを取り除く方法も変わってきます。 他にも、畳みやフローリング、クロスはほとんどの場合、丸洗いすることはできませんよね?これらの場所にカビが発生してしまった時は除去することはさらに難しくなってきます。 また、カビは汚れと違って表面だけに付くものではなく、根をはって奥の奥まで侵食していくのでどの程度奥まで根をはったのかチェックしてみるとカビ取りのときにらくちんですよ。 カビ臭くなる原因 カビの臭いって腐ったフルーツとかブルーチーズ、絵の具の匂いなど人によって様々ですよね?それもそのはず。 実はカビ自体には匂いがないって知っていましたか? カビは無臭です。 ではどうして私たちはカビ臭いと感じるのでしょうか?私たちがカビ臭いと感じていた臭いの原因は におい菌によるものです。 このにおい菌はカビが大量に集まったときに発生する菌です。 つまり、におい菌によるカビ臭さを感じた時には、とてつもない量のカビが発生していると考えてください。 カビは人間の汗や皮脂、抜けた髪の毛の油などから発生し、そのカビからにおい菌は発生します。 だから人によって感じるカビ臭さが違うんですね。 何度もきれいに洗濯したのにカビ臭さが取れない!なんてことありますよね。 それは服に付いたにおい菌だけを取っているので、大元のカビを取り切れずまたにおい菌が付着してしまっているからです。 カビ臭いと感じたら、においがする物だけでなくなるべく周囲一帯を一緒に掃除するようにしてくださいね。 お部屋全体がカビ臭いと思ったらエアコンをキレイにしてみましょう。 エアコンのフィルターは人間の汗や頭皮を吸い取るのでカビがとても発生しやすい場所になっています。 そんなカビが発生したフィルターを通って出てきた空気のせいでお部屋がカビ臭くなってしまいます。 カビの入った空気を肺に送ってしまうと病気の原因にもなるので注意してください。 エアコンの掃除は大変そうに見えますが、実は意外と簡単にすることができます。 主にカビの発生源となるフィルターは簡単に取り外しが可能で水洗いをすることができます。 中性洗剤を使ってごしごしするだけでOK。 洗い終わった後はしっかりと乾かしてからもとに戻してください。 水分があるとそこからカビが発生しやすくなるので注意です。 その他のゴミ取りなども水洗いすることができますし、そこまで汚れていないのであれば抗菌ウエットティッシュで服だけでも構いません。 年に2回の衣替えシーズンにお掃除するのがベストのタイミングです。 白カビ• 黒カビ 白カビも黒カビもどちらともカビ臭さの原因になっています。 それぞれの特徴と除去の仕方を詳しく見ていきましょう。 服に付いたカビの臭いを取る方法:白カビ 白カビは名前の通り白っぽく、中心がすこし青っぽくなっているカビのことをいいます。 白カビは比較的簡単に除去することができます。 取り方は簡単で服に付いた白カビを払いとるだけ。 軽い白カビなら叩いて払ったり、洋服用のブラシをかけるだけでキレイに取り除くことができます。 少ししつこい白カビでも水で薄めた少量の漂白剤でもみ洗いすることでおとすことができます。 白カビは黒カビよりも原状復帰がしやすいので気づいたら早めの対処でキレイに元通り着れるようになります。 服に付いたカビの臭いを取る方法:黒カビ こちらも名前の通り黒っぽい色のカビです。 黒カビは白カビと違ってとっても頑固なので落とすのはかなりの重労働になってきます。 黒カビが発生しないように日ごろから服のお手入れは必要ですが、発生してしまったものは仕方がありません。 そこにハイターなどの強めの洗濯用洗剤とカビキラーを少量ずつ混ぜてカビの被害にあった服を入れて軽くもみ洗いし、数時間ほど漬け置きします。 一発で黒カビを取り除くことはできませんが、何度か繰り返しもみ洗いし、漬けることで黒カビを取り除くことができます。 ただ、縮みや色落ちなどの 服にダメージがかかってしまうことがあるので注意してくださいね。 長く使っていないとバックにカビが付いてしまうことってありますよね?思い出のバックならなおさらショックです。 特に革のバックは保存状態によっては短期間でカビが発生してしまいます。 今回は革のバックに付いてしまったカビの取り方についてご説明していきます。 革は繊細なので服などの布製品と違って洗剤を付けてごしごしと丸洗いするわけにはいきません。 ですが安心してください。 革に付いたカビは 天日干しをすることで簡単に取ることができちゃいます。 意外なことにカビは日光の光に弱いので、カビの部分を丁寧に湿った布で優しく拭いて天日干しするだけで軽度のカビは除去することができます。 といっても深く根をはってしまったカビは天日干しだけでは完全に除去することはできません。 天日干しでも完全にカビが取れなかった場合は、エタノールなどのアルコールを含ませた布で優しく叩き吹きをすることである程度のカビを取り除くことができます。 エタノールは革の色落ちの原因にもなってしまうので、叩き拭きが終わった後はすぐに綺麗な湿った布で拭き取るようにしましょう。 そしたら後は天日干しあるのみ!この繰り返しで革バックに付いたカビはキレイに取り除くことができますよ。 ちなみに布製のバッグでも同じように天日干しでカビを退治できるので試してみてくださいね。

次の

なぜかび臭い??しつこいカビ臭を消す3つの方法

部屋 カビ 除去

もくじ• 部屋のがカビ臭い!どうしたらいいの? 部屋がカビ臭い原因は? 部屋が『カビ臭い』場合、次のような原因が考えられます。 ・たばこや食事のにおい ・人やペットの皮脂や汗が酸化したにおい ・コンクリートや土、木のにおい ・生乾きの洗濯物のにおい ですが、一番可能性が高いのはやはり・・・ 『カビのにおい』です。 部屋の中でカビが繁殖していないか確認しましょう。 カビはどこに生えてる?部屋の中をさがそう! 実際にカビが生えている場所を知っていれば「においの原因はカビだ!」とすぐわかるのですが、 カビは普段目につかないところほど生えやすい傾向にあります。 裏だったり、奥だったり、間だったり・・・。 あるいは最近引っ越した部屋の場合、壁紙はきれいだけれどその 内部にカビが繁殖しているというパターンもあります。 次の場所をチェックしてみましょう。 どうしよう!引っ越し先の賃貸マンションがカビ臭い 賃貸マンションや中古で購入した一軒家。 引っ越してきたばかりなのに部屋がカビ臭い・・・。 でも、入居前にクリーニングやリフォームはしているし、部屋にカビは見当たらない。 あなたはこんな状況で困っていませんか?この場合は、『あなたが入居する前からカビが生えていた!』というパターンが考えられます。 カビが見当たらないのにカビ臭さが充満している場合、 壁紙の裏側や シンク下の底の裏側などのカビの繁殖を疑ってください。 カビが深部にまで生えていたにもかかわらず、リフォームで壁紙だけ新しくしておおった、シンク下の床にまでカビが生えていたけれど収納スペースの底面だけを新しくしたなど、ずさんな処理がされているかもしれません。 この場合は、躊躇せずに早いタイミングで 「部屋がカビ臭いので対応してほしい。 」と管理会社や大家さんに依頼しましょう。 入居して時間が経過してしまうと「部屋の管理がよくない」と言い逃れされてしまうかもしれません。 壁があやしい場合は、壁紙を端から少しめくってみましょう。 (接着剤で自分で貼りなおせる範囲で)写真におさめ、内側にカビが生えているという現状をアピールします。 スムーズに対応してもらえそうにないときは、 引っ越しを検討してください。 引っ越したばかりなのに大変ですが、カビは健康被害をもたらします。 手間もお金もかかりますが、健康には変えられません。 次に入居する物件を選ぶときは、カビの臭いや隅の方にカビの片鱗がないか、しっかり確認しましょう。 カビ臭いを解消!5つの即効対策 カビを見つけることができたら、 取り除き、殺菌、漂白をします。 1.カビを取り除く カビが生えている場所を見つけたら、まずは生えているものの素材を確認します。 それによって使える除菌剤の種類が異なります。 カビが生えている素材と使用できる洗剤 壁紙(ビニールクロス):住居用の中性洗剤+消毒用エタノール(or逆性石鹸)+(必要な場合のみ塩素系漂白剤) はじめに、水分をはじく素材かどうかを確認しましょう。 はじかない素材の場合は、カビ取り洗剤の中で使用できるものがあります。 エタノールは「無水エタノール」ではなく、「消毒用エタノール」を使いましょう。 木材:エタノール+(必要な場合のみ酸素系漂白剤) 塩素系漂白剤は木材を傷めてしまうことになるので、厳禁です。 おすすめなのは、 乾燥したら人体に対して無害になるタイプの洗剤。 水をはじかないタイプの壁にも使うことができます。 詳しい掃除方法やおすすめの洗剤についてはこちらをご覧ください。 カビを取り除く手順 2.エアコンの内部クリーニングをする エアコンから送り出される風が、かび臭い!と感じたことはありませんか?それは、エアコン内部のファンやフィン、ドレンパンなどにカビが生えていることが原因です。 ですがエアコン内部のカビの発生は決してめずらしいことではなく、 ひと夏使ったエアコンにはカビが生えている場合がほとんど。 エアコンは温度差で結露が発生する上、密閉空間なのでカビが生えやすい構造なのです。 エアコンの内部のカビをチェックする方法はこちら。 そのほかフィルターの掃除をこまめに行うと、内部に汚れが蓄積しにくく、カビの発生を抑制することができます。 手の届かないところや広い範囲にもしっかり成分が浸透します。 ・ 口に入れても安心で環境にもやさしい成分です。 キッチンや厨房にも使用することができます。 ・黒カビ、青カビ、夏型過敏性肺炎の原因であるトリコスポロンなど220種以上のカビ、大腸菌など140種以上の細菌、インフルエンザ、ノロウイルスなど5種以上のウイルスにも効果があります。 ・エアコンを運転した状態で使用すると、 エアコン内部にも効果があります。 使用後はオレンジや酢のような酸味のある香りがするので、苦手に感じる人もいるようです。 徐々に薄れてはいくようです。 効果は6ヶ月間。 バイオ(コジット) バイオとは微生物のこと。 微生物の働きを利用して、カビの発生を抑制する商品です。 自然の力を用いた方法なので、こちらも安心ですね。 部屋に置くタイプもありますが、換気が少ない場所の方が効果を発揮します。 カビの対策といえば、一にも二にも換気!ですがこまめに換気すると、お部屋に置くタイプのものは効果が感じにくくなるかもしれませんね。 ということでシンク下や押入れ、下駄箱など 換気が難しい場所で使うタイプのものがおすすめです。 エアコンタイプもありますよ。 わが家では数年前からお風呂タイプが活躍しています!カビも生えにくくなったし、お風呂が清々しい空気になりました。 (換気の頻度や清潔さなどの使用状況で大きく効果が異なるので、商品説明をよくご確認ください。 インフルエンザが流行する冬や花粉のシーズンにも大活躍しそうですね。 口コミでも「スプレーしたら部屋の空気が澄んだ」「トイレやお風呂の水垢、壁紙の汚れがするするとれた」「他の商品よりも格段に効果がある」「ぬいぐるみにスプレーしてもキシキシしない!」などの感想がよせられていました。 カビを予防する4つの方法 できてしまったカビを取り除くのは大変です。 それに対して、カビの予防は手軽にできますので習慣にしましょう。 また、ほこりがたまるとカビの栄養源になってしまいます。 これらのことから、カビを予防するためには 『湿度を下げる』『ほこりを取り除く』という2点が大切なポイントになります。 1.部屋の換気 部屋をこまめに換気し、風通しよくしておきましょう。 2.結露はこまめに拭く 結露をそのままにしておくと、窓のパッキンやサッシ付近の畳、カーテンにカビが生えます。 気温が高い時期に生えやすいカビですが、冬に生える場合は結露が原因ということが多々あります。 面倒ですが、こまめに拭くことを習慣にしましょう。 3.洗濯物の部屋干しには工夫を 部屋干しをすると湿度が上がってしまうので、洗濯物の部屋干しをしないのがベストです。 ですが、浴室乾燥機や洗濯機の乾燥機能がない場合、部屋干しをまったくしないわけにはいかないですよね。 広げて干す場合は、室内用の物干し竿がおすすめです。 色も白やシルバーがあります。 壁に固定するので穴をあけずに設置できます。 4.たんすやクローゼットの扉は空けておく たんすやクローゼット、靴箱は閉ざされた空間で、カビの温床になりがち。 来客時以外は扉をあける、詰め込みすぎない、すのこを活用するなどして、空気の通り道をつくるようにしましょう。 まとめ カビは臭いだけの問題ではなく、健康に関わる問題です。 部屋がかび臭く感じる場合は、そのままにせずにしっかりと対策をとりましょう。

次の