ハンプ バック。 【楽天市場】BASS > ジャークベイト > ハンプバックミノー:ハピネットタックル

Hump Back (ハンプバック) のギターボーカル、林萌々子 (めめこ) のWiki的プロフィール! 年齢や身長、彼氏についても調べてみた!

ハンプ バック

皆さんは、 Hump Back ハンプバック という スリーピースガールズバンドを 知っていますか? 今回はバンドとしての困難を乗り越え、 活動をしている Hump Back の メンバーやおすすめ曲、 そしてギターボーカルを務めている 林萌々子さんのWiki的プロフィールを まとめてご紹介していきます! スポンサーリンク Hump Back とは?バンドとメンバーを紹介! Hump Back ハンプバック は 2009年に大阪で結成した スリーピースのガールズバンドです。 出典:Twitter 2012年にデモ音源として 「say good bye」をリリース。 その後は地方のフェスへの出演、 タワレコ限定シングルのリリースなどを 地道に行い、 結成から約7年後の2016年に 初の全国流通盤ファーストミニアルバム 「夜になったら」をリリースしています Hump Back というバンドのことを 知らないという方も多いと思いますので まずは簡単に Hump Back のメンバーを 紹介させて頂きます。 林萌々子 あだ名:めめこ 出典:Hump Back Official Web Site 担当:ギター・ボーカル スポンサーリンク ぴか 出典:Hump Back Official Web Site 担当:ベース・コーラス 美咲 出典:Hump Back Official Web Site 担当:ドラム・コーラス 高校の軽音楽部で結成された Hump Back。 現在は3人のメンバーで 落ち着いていますが、 結成からこれまでに メンバーの入れ替わりが多くありました 2015年1月には メンバーの脱退がきっかけとなり、 バンドとしての活動ができなくなった Hump Back。 スポンサーリンク そんな中でも ギターボーカルの林萌々子さんは 1人で活動を続けていました。 2015年5月に ベースのぴかさんが加入。 2016年2月には ドラムの美咲さんが加入したことで、 Hump Backはスリーピースバンドとして 活動を再開しています。 バンドとして 紆余曲折を繰り返しながらも 2016年に初の全国流通盤ミニアルバム 「夜になったら」をリリースした Hump Backですが、 いったいどのような音楽を 奏でるバンドなのでしょうか? Hump Back の曲を チェックしてみましょう! この曲は、 ミニアルバム「夜になったら」 に収録されている 「嫌になる」という曲です。 私がなぜ この曲をチョイスしたかと言うと、 単刀直入に タイトルが気になったからです。 スポンサーリンク 「嫌になる」 普段生活していて このように自暴自棄な気持ちに なることってありませんか? 誰しもが感じる気持ちの状態を タイトルにしている部分が 面白いですよね! 肝心の曲についてですが、 シンプルなロックサウンドに 林萌々子さんの可愛らしいボーカルの バランスが絶妙。 全てが嫌になったという歌詞の 世界観を出すためでしょうか。 歌い方は 淡々とした印象を受けるのですが 聴き終わった後は何だかスッキリします 「嫌になる」が収録されている ミニアルバム「夜になったら」は 他の収録曲も タイトルを見るだけで聴いてみたい! と心を惹かれるものばかり。

次の

須田帆布

ハンプ バック

冒頭でもお伝えした通り 結成したのは2009年で 高校時代大阪の軽音楽部にて 結成され当時は 同じくスリーピースガールズバンドで 大人気となっているバンド チャットモンチーの コピーをしていたんだそうな。 かなりの若手バンドではありますが 早い時期から活動していた ということがわかりますね! ただ最初から在籍している オリジナルメンバーは現在では ギターボーカルの 林萌々子さんのみとなっています。 林さんはソロアルバムも リリースしていますし Hump Backのファンの方は そちらも是非チェック してみて下さいね! そんなHump Backですが 2012年には18歳未満の アマチュアミュージシャンが 出場できるイベント 「閃光ライオット」に出場し 第3次審査の大阪大会にまで 進出しています。 実力も勿論現在はどんどんと 人気も伸ばしてきている バンドですし 今後は大型フェスに呼ばれる機会も 間違いなく増えていくと 個人的には予想しています。 名前:林萌々子(はやし ももこ)• 担当:ギターボーカル• 生年月日:1994年2月14日(24歳) 林萌々子さんは 唯一のオリジナルメンバーであり 楽曲の作詞作曲も行っています。 メンバーが自分だけになっても 音楽を諦めなかった強い気持ちは 間違いなく本物でしょう。 また当初はチャットモンチーの コピーバンドをしていたという 事からもわかるように チャットモンチーに強く 影響を受けているんだそうな。 また先程もお伝えしたように ソロアルバムのリリースも している事もあり今後は ソロとしての活動も少しずつ 増えていくかもしれませんね。 名前:ぴか• 担当:ベースコーラス• 生年月日:1995年3月16日(23歳) ぴかさんは2015年の5月に Hump Backに 加入しました。 音楽面では閃光ライオットでの グランプリ獲得や メジャーデビュー後数々の アニメのタイアップ等で 大人気となったバンド Galileo Galileiに 強く影響を受けたんだそうな。 ちなみにTwitterの プロフィール欄には ゲーム実況をよく見てます。 と 書いてあることので ゲームも好きだったり するのかもしれませんね(笑)。 その他、酒癖が悪いなんて言う 気になる一面も 持ち合わせているそうな…(笑)。 名前:美咲(みさき)• 本名:近藤美咲(こんどう みさき)• 担当:ドラムコーラス• 生年月日:1月9日 美咲さんは2016年の2月に Hump Backに 加入しました。 メンバーの中で唯一年齢を 公表していないようです。 こちらについては随時調査を していきたいと思います。 音楽面では ELLEGARDENに強く 影響を受けたんだそうな。 ただELLEGARDENを 知ったのは活動休止後だった という事でライブを見たことは まだないそうなんです。 ですがELLEGARDENは 今年2018年5月に 再活動を宣言した事で 大きく話題となりました。 という事で美咲さんもついに ELLEGARDENの ライブを見ることが 出来るのかもしれませんね! Hump Backの人気の曲TOP3を発表! そんなHump Backの 人気の曲について調べてみました。 SNS等で調べて個人的に感じた 印象にはなってしまいますが ご容赦下さい。 1位 月まで 出典:youtube 先月リリースしたばかりの シングル「拝啓、少年よ」です。 こちらも疾走感のある ナンバーとなっていますが これまでのHump Backと 比べてかなりポップな印象を 個人的には受けました。 Hump Backの新しい一面や これからの方向性が見えてきた 一曲でもあると思いますし Hump Backが 気になっている方は是非 抑えておいてほしい一曲です。 まとめ Hump Backは 今ご紹介した 「拝啓、少年よ」を リリースしたばかりという事もあり 今後更に話題になるバンドでは ないでしょうか? 大型フェスに呼ばれる機会も 間違いなく増えるバンドでしょうし 気になっている方は今のうちに チェックしてみて下さいね! 今回はHump Backについて 調べてみました。 ありがとうございました!.

次の

ハンプバック(Hump Back)のメンバーの年齢や人気曲を調査!【高校時代結成バンド】

ハンプ バック

メンバー [ ] 現メンバー [ ]• &: 林萌々子( 1994-02-14 (26歳) - ) 唯一のオリジナルメンバー。 全楽曲の作詞・曲を行う。 最も強く影響を受けたのは。 バンド活動と並行してソロ活動も行っている。 &: ぴか( 1995-03-16 (25歳) - ) 最も強く影響を受けたのは。 &Chorus: 美咲( - ) 最も強く影響を受けたのは。 ただし、知ったのはELLEGARDENの活動休止後だったため、ライブを観た事はない。 元メンバー [ ]• Bass&Chorus: めぐ(結成~9月)• Bass: せつこ(5月~2015年4月、サポートメンバーとして在籍)• Drums: ゆっきー(結成~2013年4月)• Drums: 373(2013年5月~1月)• Drums&Chorus: カンナ(2015年5月~10月) 略歴 [ ]• 当時はのコピーバンドをしていた。 日 - 「 2012」に出場。 第3次審査・大阪大会まで進出した。 08月 01日 - 1stデモシングル『 say good bye』発売。 04月?? 日 - Dr. ゆっきー脱退。 05月?? 日 - Dr. 373加入。 12月22日 - 2ndデモシングル『 アオイヒトミ』発売。 12月?? めぐ脱退。 活動を一時休止する。 05月?? 日 - Ba. せつこをサポートメンバーとして加え活動を再開。 01月?? 日 - Dr. 373脱退。 林のソロプロジェクトとなる。 04月 01日 - 初の全国流通盤『 帰り道』を限定で発売。 05月?? カンナ加入。 バンド活動を再開する。 07月22日 - 3rdデモシングル『 十七歳』を発売。。 08月20日 - 林のソロ弾き語り音源『 朝焼け待つ夜明け』発売。 10月?? カンナ脱退。 美咲加入。 現行体制となる。 08月?? 日 - インディーズレーベル「WELL BUCKET RECORDS」に所属。 12月 07日 - 1stミニアルバム『 夜になったら』発売、インディーズデビュー。 それに伴い、翌年1月7日から全国6ヶ所を巡るリリースツアーを敢行。 11月22日 - 2ndミニアルバム『 hanamuke』、林のソロ音源『 「消しゴム貸して。 」』を同時発売。 それに伴い、翌年1月13日から全国30ヶ所を巡るリリースツアーを敢行。 06月20日 - 1stシングル『 』を発売。 メジャーレーベルであるからのリリースとなった。 それに伴い、7月5日から全国15ヶ所を巡るリリースツアーを敢行。 12月 05日 - 2ndシングル『 』を発売。 それに伴い、翌年2月8日から初の公演を含む全15ヶ所のリリースツアーを敢行。 07月17日 - 1stフルアルバム『 』発売。 Vap内に自主レーベル「林音楽教室」を設立し、そこからのリリースとなった。 ディスコグラフィ [ ] 自主制作盤 [ ] 発売日 タイトル 規格 収録曲 備考 1 say good bye CD• 今夜、抜け出そう• ナンニモナレナイ• あほんだら• 戻りたいわけじゃない• 思春期• おやすみ 参加作品 [ ] 発売日 タイトル 規格品番 参加楽曲 発売元 1 V. 」 MUSIC ON TV「M-ON Recommend」 日本テレビ系「02」2018年6月度エンディングテーマ お笑いコンビ出囃子 生きていく 2018年12月度 悲しみのそばに 2018年12月度 クジラ 2018年12月公開映画「真っ赤な星」主題歌 恋をしよう 関西テレビテレビドラマ「」主題歌 LILLY NTV系「」2019年7月度エンディングテーマ 毎日放送「」テーマソング 「」CMソング ライブ [ ] 主催イベント・ツアー [ ] 日程 タイトル 公演スケジュール 備考 - 「夜になったら」リリースツアー 1月13日 梅田 1月16日 水戸 LIGHT HOUSE 1月17日 仙台 LIVE STUDIO RIPPLE 1月19日 郡山 CLUB 9 1月20日 名古屋 APOLLO BASE 1月26日 渋谷 1月30日 千葉 LOOK 2月 02日 静岡 UMBER 2月28日 心斎橋 Live House BRONZE 3月 06日 高崎 Club FLEEZ 3月 07日 新潟 Golden Pigs BLACK STAGE 3月 09日 仙台 Live House enn 2nd 3月10日 盛岡 Club Change 3月11日 八戸 LIVE HOUSE FOR ME 3月13日 苫小牧 ELLCUBE 3月14日 札幌 COLONY 3月20日 福岡 Live House Queblick 3月21日 長崎 Studio DO! 3月23日 大分 Club SPOT 3月24日 北九州 FUSE 3月25日 広島 BACK BEAT 4月 01日 横浜 F. D 4月 02日 松本 LIVEHOUSE ALECX 4月 03日 上越 EARTH 4月 05日 京都 MUSE 4月13日 高松 DIME 4月14日 高知 X-pt. 4月15日 岡山 CRAZYMAMA 2nd Room 4月19日 神戸 MUSIC ZOO KOBE 太陽と虎 4月21日 豊島 Club PHASE 初日・最終公演はワンマン それ以外はゲストバンドを迎えての開催 - 「拝啓、少年よ」リリースツアー• " Release Party!! 5月26日 - -F-vol. 10"360" 6月4日 - Be Happy!! vol. 3 6月6日 - THE NINTH APOLLO pre『F. Dの周年を祝う』 6月19日 - First Intention vol. 2 7月15日 - かたつむりは投げつけないツアー 7月30日 - NEVERSTAND "Move on Release Tour" 8月13日 - AMEMURA RING CIRCUIT 2016 9月4日 - "シオン"release tour 9月16日 - BANDO NIGHT vol. 52 9月17日 - Eggs presents TOKYO CALLING 2016 10月3日 - Re view「LINK」Release Tour 2016-2017 10月29日 - Left 君と紡ぐ世界ツアー 11月10日・12月2日 - Paint it, BLUE tour 12月9日 - RAD ROCK RIOT"WINTER SPECIAL" 12月13日 - the tiny pre. 「平日興行行脚」Cloque. XII 4月23日 - THE NINTH APOLLO presents "Too Nice Attack" 5月3日 - GOLD RUSH2017 5月23日・25日 - NEVERSTAND AM 06:58 RELEASE TOUR 2017 5月24日 - WELL BUCKETS RECORDS NIGHT 5月26日 - 1stフルアルバム『青年の主張』リリースツアー 5月30日・6月21日・28日 - 「Keep on going. D pre "NVSW"vol. 2 6月7日 - 歌心 vol. 14 6月11日 - pre. 「KOKOROIKI~ふたりを綴ればアンコールツアー~ 7月1日 - 見放題2017 7月2日 - Odd Number Festival 17 summer 7月12日 - presents stay with me release party 7月16日 - LOOKLIKE "FILM" tour 2017 7月18日 - 2man tour 「DADAPLUS vol. 2」 7月19日・9月8日 - Cloque. 「この蒼い日々を」 Tour 7月22日 - MIKROCK'17 7月23日・25日・26日 - "Eclipse" Release TOUR 8月17日 - サンクリ夏休み特別企画 「RockSteady'17 -HIRABI NO HATCH-」 8月19日 - 2017 8月23日 - "GEMME" TOUR 2017 8月24日 - SOUND SHOCK 2017 9月2日 - 『ON THE GROUND TOUR2017』~おーいこっちだよ! 夏を賭けて翔けて駆けぬけろ! ~ 9月9日 - THE NINTH APPOLO pre. 「毎晩前夜、毎日当日」 9月13日 - THE NINTH APOLLO pre "1993" 9月17日 - TOKYO CALLING 2017 9月19日 - NEVERSTAND "AM06:58" Release TOUR 9月23日 - SOUND GARDEN 2017 10月1日 - 2017 10月5日 - 葛飾スクランブル2017 10月7日 - MINAMI WHEEL 2017 10月9日・10日 - pre. 「また逢える日までツアー」 10月14日 - yonige "girls like girls tour" 10月16日 - HERO COMPLEX pre. 『俺たちのイベント! ACB CALLING 2017 12月29日 - スタンディングスティックス キモチ2017• 1月31日・2月8日 - 「俺達が呼んでいるツアー」 2月3日 - でらロックフェスティバル 2018 2月10日・11日・3月4日 - LUCCI「リリースツアー『ターコイズブルー』TOUR2018」 2月12日 - presents 武者修行 3月18日 - SANUKI ROCK COLOSSEUM~BUSTA CUP 9th round~ 3月29日 - THE NINTH APOLLO pre "平日興行行脚" 4月18日 - THE NINTH APOLLO pre. "WORLD WIDE projectの10周年を祝う2マン! 新井誕生祭 6月1日 - LOVE MUSIC FESTIVAL 2018 6月9日 - 「THREE ARROWS」リリースツアー 6月16日 - Amelie 鐘フェス 2018~君が為に越谷で鳴らす~ 6月23日 - 2018 6月24日 - Cloque. 復活東名阪ツアー 6月28日 - THE NINTH APOLLO presents 「Queblickの5周年を5日間で祝う」 6月30日 - Odd Number Festival 18 summer 7月15日 - JAPAN'S NEXT 渋谷JACK 2018 SUMMER 7月16日 - 20周年 ~スペシャルマッチ~ 7月22日 - の徳島こなそんそんフェス2018 ~みな、おいでなしてよ!~ 8月4日・5日 - "DREAMS NEVER END" TOUR 2018 8月9日 - スペースシャワー列伝第137巻~息吹の宴~ 8月11日 - 2018 8月16日 - サウンドクリエーター特別興行「サンクリ夏休み! 2018」 8月18日 - 2018 8月21日 - ハルカミライ presents 赤く青く燃えてツアー 8月26日 - SAVE THE BIRTHDAY 2018 9月15日 - Talking Rock! FES. 2018 9月22日 - FM FUKUI BEAT PHOENIX 2018 9月23日 - 企画「スタンディングスティックス」 9月25日・27日 - 花男企画"LIVE HOUSE LOVE" 9月29日 - 長田大行進曲2018 10月7日 - THE NINTH APOLLO pre "毎晩前夜、毎日当日" 10月10日・11日 - SPARK!! SOUND!! SHOW!! 「火花音楽匯演RELEASE TOUR」 10月13日 - コールスローpre. 初心にかえる36歳シリーズ 11月10日 - presents 「アメ村天国2018」 11月12日 - 「CROSS COUNTER」release tour 11月13日 - pre. "ことばにならない" 11月21日 - THE NINTH APOLLO presents "MUSIC FARMの30周年を祝う" 11月22日 - 「小梅祭」 11月29日 - COCO-ROBINSON ライフライダーツアー2018 12月7日 - NEVERSTAND pre. 1月13日 - from HERE Vol. 4 1月15日 - F. D YOKOHAMA presents THE SUN ALSO RISES vol. 69 1月16日 - Limit MHz! vol. 65 ~パピコ生誕二十五祭~ 1月19日・20日 - KOTORI「DREAM MATCH 2019」 1月22日 - 【試練の虎 2019~タイトラ5DAYS突然監禁ライブ~】 1月25日 - presents Reach New Field Tour 2018-2019 1月31日 - BRONZE 5周年祭 "日常と歌" 2月3日 - POT「SPARK TOUR 2018-2019」 2月9日 - STANCE PUNKS「青盤赤盤 TOUR 2019」 2月17日 - SPARK!! SOUND!! SHOW!! presents"NU BLACK" 2月21日〜3月9日 - スペースシャワー列伝 JAPAN TOUR 2019 3月30日 - "Lightship" Release TOUR '18-'19 FINAL SERIES!!! 4 6月14日 - 5-6th anniversary『LIVE - RATION 2019』~奮い立たせてなんぼでしょ~ 6月22日 - FREEDOM NAGOYA 2019 6月23日 - OTOSATA ROCK FESTIVAL 2019 6月30日 - 2019 ~倍返しです! 喰らいな祭~ 7月3日 - SLEEPWALK TOUR 2019 7月7日 - TOUR2019 "明転" 7月13日 - Odd Number Festival 19 summer 7月20日 - 「ワンダーワンダーツアー」 7月21日 - MURO FESTIVAL2019 7月25日 - THE NINTH APOLLO pre. "UMBERの8周年を祝う" 7月28日 - THE NINTH APOLLO presents "ハロー ミドルグラウンド" 8月2日 - コールスローTOUR 2019 「僕らはみんな生きている」 8月4日 - ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2019 8月12日 - Doors 03 8月25日 - 2019 8月31日 - SPACE SHOWER 2019 9月7日 - 2019 9月28日 -. 「ティッシュタイム66」 9月29日 - PIA MUSIC COMPLEX 2019 10月8日 - 「Made In Asia Tour」 10月26日 - ボロフェスタ2019 10月27日 - MIKROCK'19 11月9日 - 愛はズボーンpresents 「アメ村天国2019」 11月11日 - SPARK!! SOUND!! SHOW!! 10月13日 - MINAMI WHEEL 2013• 5月1日 - THE NINTH APOLLO presents『100円で体感するライブハウス』 5月4日 - GOLD RUSH2015 5月5日 - THE NINTH APOLLO presents『Who'll be the NEXT』~GWサーキット編~ 5月31日 - Gold Youth vol. 10 SP -GOLD YOUTH FEST-• 12月10日 - 昨日見た世界と夜のつづき• 6月13日 - knave 15th 徳永由希pre. 「逆襲の天才」• 1月11日 - FM802弾き語り部"新春"発表会 1月25日 - ウタニココロ 3月3日 - 「もう意味のない歌はない」第1部 3月28日 - sarlight vol. out of this world 】 "hope tour 2018"~イチレンタクショウ~• ~O-Crest 15th Anniversary~ 脚注・出典 [ ].

次の