ランド マーク レッスン 9。 マーク・ブリーランド

Mark(マーク) レッスン数:320回

ランド マーク レッスン 9

英語版記事の機械翻訳されたバージョンを• Googleの機械翻訳を翻訳の手がかりにすることは有益ですが、翻訳者は機械翻訳をそのままコピー・アンド・ペーストを行うのではなく、必要に応じて誤りを訂正し正確な翻訳にする必要があります。 信頼性が低いまたは低品質な文章を翻訳しないでください。 もし可能ならば、文章を他言語版記事に示された文献で正しいかどうかを確認してください。 を行うため、に翻訳元となった記事のページ名・版について記述する必要があります。 記述方法については、を参照ください。 に、より詳細な翻訳の手順・指針についての説明があります。 マーク・ブリーランド 左がマーク・ブリーランド 基本情報 本名 マーク・アンソニー・ブリーランド 階級 ウェルター級 身長 188cm リーチ 197. 5cm 国籍 誕生日 1963-05-11 (57歳) 出身地 スタイル プロボクシング戦績 総試合数 39 勝ち 35 KO勝ち 25 敗け 3 引き分け 1 無効試合 0 獲得メダル 男子 金 金 1982 ミュンヘン ウェルター級 マーク・ブリーランド( Mark Breland、 - )は、の元。 元世界王者。 金メダリスト。 ライトウェルター級からの階級に渡って出場したでは6度の優勝(ニューヨーク州で5回 インターシティで1回 ニューヨーク州でのゴールデングローブ5回の優勝は史上初)を飾っている。 1982年にウェルター級で出場した世界選手権も優勝し同じくウェルター級で出場した1984年のロサンゼルスオリンピックでも圧倒的な強さを見せ下馬評通りの優勝を収めた。 最終的なアマチュア戦績は111戦110勝1敗。 1984年にウェルター級でプロデビューを果たしをほぼジャブのみで圧倒、WBAウェルター級世界王座を二度獲得するなど活躍するがや、などの実力者たちに屈し最終的なプロ戦績は39戦35勝 25KO 3敗1分となっている。 卓越したボクシングスキルを持っていながらも顎の弱さや中盤からのスタミナ不足が原因となりプロの舞台ではアマチュア時代のような無敵の強さを見せることができなかった。 引退後は俳優をしていた時期もあったが現在はのトレーナーをしている。 この項目は、関係者に関連した です。

次の

Mark(マーク) レッスン数:651回

ランド マーク レッスン 9

英語版記事の機械翻訳されたバージョンを• Googleの機械翻訳を翻訳の手がかりにすることは有益ですが、翻訳者は機械翻訳をそのままコピー・アンド・ペーストを行うのではなく、必要に応じて誤りを訂正し正確な翻訳にする必要があります。 信頼性が低いまたは低品質な文章を翻訳しないでください。 もし可能ならば、文章を他言語版記事に示された文献で正しいかどうかを確認してください。 を行うため、に翻訳元となった記事のページ名・版について記述する必要があります。 記述方法については、を参照ください。 に、より詳細な翻訳の手順・指針についての説明があります。 マーク・ブリーランド 左がマーク・ブリーランド 基本情報 本名 マーク・アンソニー・ブリーランド 階級 ウェルター級 身長 188cm リーチ 197. 5cm 国籍 誕生日 1963-05-11 (57歳) 出身地 スタイル プロボクシング戦績 総試合数 39 勝ち 35 KO勝ち 25 敗け 3 引き分け 1 無効試合 0 獲得メダル 男子 金 金 1982 ミュンヘン ウェルター級 マーク・ブリーランド( Mark Breland、 - )は、の元。 元世界王者。 金メダリスト。 ライトウェルター級からの階級に渡って出場したでは6度の優勝(ニューヨーク州で5回 インターシティで1回 ニューヨーク州でのゴールデングローブ5回の優勝は史上初)を飾っている。 1982年にウェルター級で出場した世界選手権も優勝し同じくウェルター級で出場した1984年のロサンゼルスオリンピックでも圧倒的な強さを見せ下馬評通りの優勝を収めた。 最終的なアマチュア戦績は111戦110勝1敗。 1984年にウェルター級でプロデビューを果たしをほぼジャブのみで圧倒、WBAウェルター級世界王座を二度獲得するなど活躍するがや、などの実力者たちに屈し最終的なプロ戦績は39戦35勝 25KO 3敗1分となっている。 卓越したボクシングスキルを持っていながらも顎の弱さや中盤からのスタミナ不足が原因となりプロの舞台ではアマチュア時代のような無敵の強さを見せることができなかった。 引退後は俳優をしていた時期もあったが現在はのトレーナーをしている。 この項目は、関係者に関連した です。

次の

2017年(平成29年)9月26日 スポーツランドでアイススケートリンクの製氷作業大詰め 江戸川区ホームページ

ランド マーク レッスン 9

英語版記事の機械翻訳されたバージョンを• Googleの機械翻訳を翻訳の手がかりにすることは有益ですが、翻訳者は機械翻訳をそのままコピー・アンド・ペーストを行うのではなく、必要に応じて誤りを訂正し正確な翻訳にする必要があります。 信頼性が低いまたは低品質な文章を翻訳しないでください。 もし可能ならば、文章を他言語版記事に示された文献で正しいかどうかを確認してください。 を行うため、に翻訳元となった記事のページ名・版について記述する必要があります。 記述方法については、を参照ください。 に、より詳細な翻訳の手順・指針についての説明があります。 マーク・ブリーランド 左がマーク・ブリーランド 基本情報 本名 マーク・アンソニー・ブリーランド 階級 ウェルター級 身長 188cm リーチ 197. 5cm 国籍 誕生日 1963-05-11 (57歳) 出身地 スタイル プロボクシング戦績 総試合数 39 勝ち 35 KO勝ち 25 敗け 3 引き分け 1 無効試合 0 獲得メダル 男子 金 金 1982 ミュンヘン ウェルター級 マーク・ブリーランド( Mark Breland、 - )は、の元。 元世界王者。 金メダリスト。 ライトウェルター級からの階級に渡って出場したでは6度の優勝(ニューヨーク州で5回 インターシティで1回 ニューヨーク州でのゴールデングローブ5回の優勝は史上初)を飾っている。 1982年にウェルター級で出場した世界選手権も優勝し同じくウェルター級で出場した1984年のロサンゼルスオリンピックでも圧倒的な強さを見せ下馬評通りの優勝を収めた。 最終的なアマチュア戦績は111戦110勝1敗。 1984年にウェルター級でプロデビューを果たしをほぼジャブのみで圧倒、WBAウェルター級世界王座を二度獲得するなど活躍するがや、などの実力者たちに屈し最終的なプロ戦績は39戦35勝 25KO 3敗1分となっている。 卓越したボクシングスキルを持っていながらも顎の弱さや中盤からのスタミナ不足が原因となりプロの舞台ではアマチュア時代のような無敵の強さを見せることができなかった。 引退後は俳優をしていた時期もあったが現在はのトレーナーをしている。 この項目は、関係者に関連した です。

次の