ゴールデン カムイ 232。 ゴールデンカムイ

ゴールデンカムイ231話ネタバレ考察感想あらすじ!遂に子供が産まれる!

ゴールデン カムイ 232

週刊ヤングジャンプの人気漫画 『ゴールデンカムイ』最新話232話のネタバレと感想、展開考察です! フチのコタンへ逃げ込んだ谷垣とインカラマッですが、 月島がすでにコタンまで来ていました。 谷垣を追い詰める月島を止めたのは、馬で追いかけてきた鯉登で…月島の捨ててきた大切なものの大きさに気付く鯉登。 インカラマッの出産が始まり、手伝いに来たオソマの母にこき使われる大人の男3人。 「今週の月島軍曹は、光と影の狭間に」 ぜひ発売中のYJ13号をご覧ください。 ゴールデンカムイ232話への読者の声 『ゴールデンカムイ』最新話232話に向けての感想や考察を集めました! ゴールデンカムイ231話の鯉登少尉には共感しかない そして良い上司になったな? — キョウコ krybbb アイヌの出産シーン、本当に貴重だなぁ… 臼を転がす儀式(?)にしたって、それまで、カミさんが苦しんでいる間に何もできなかった男たちが「とにかく何かしなきゃ!」と必死になって考案した事がよく分かる。 — 安井 真守 漫画だけが人生でござる mamorizm ゴールデンカムイで出産のエピソードあったけど 男衆に子供のお守りさせたりおまじないさせたりしたのって お産には男って役にたたないから邪魔しないように何かさせる という蓄積した知恵なんだろうかなと、ふと思った — ふじげん???? 軍曹見てつらい気持ちになってた私まで救われたよ。 鯉登少尉のいろいろ受け入れて覚悟した上でそれでも前を向くという姿が胸に刺さりまくる。 そしていごちゃんのお顔がここでオープンに。 もう涙出るかと思った。 「俺に…娘がッ」久々にブヒィッと谷垣泣きをします。 久々に谷垣に再会したオソマ、二度見をして一瞬目を輝かせて喜びますが…。 「オソマ!」年の近い男の子に呼ばれると、谷垣には目もくれずそちらへ走り去ってしまいます。 オソマの両親に酒を大量に飲まされ寝ていた第七師団の兵士を、月島がビンタで起こします。 「鶴見中尉殿には黙っておく。 一週間ほど街で頭を冷やし、これまで通り問題なしと報告し続けるように」と鯉登に言われ、頭が上がらない兵士なのでした。 谷垣とインカラマッに娘が産まれました、おめでとうございます! そして、オソマは…久々に会う谷垣より、年の近い男子の方が良いようですね…。 女の子ってそんなものですよね、そのぶん娘ちゃんを可愛がってあげてください、谷垣ドンマイ! ゴールデンカムイ232話ネタバレ:まっすぐな気持ちで 2人になって月島は鯉登に尋ねます。 「誘拐の件の後の鯉登少尉殿のあれは…本心ですか?それともあの場を誤魔化すために?」 月島が言っているのは、少年時代に鯉登が誘拐されたのは鶴見中尉が仕組んだことだと鯉登が知った時、 「鶴見中尉殿にそんなに必要とされていたなんて!」と地面を転げまわったことを指しています。 「好きにとれ。 ただ 私は、鶴見中尉殿が私利私欲のために皆を犠牲にしているくだらない人間だとは、到底思えない。 あのひとの目的はなんだ…?月島は心当たりがないのか?」 月島は、「本当の目的なんて…ないのかもしれません」と言いますが、ふと思い出します。 鶴見中尉が、指の骨を大切に持っているところを…。 「誰の指の骨なんだ?」と鯉登は知らないようですが、月島にもわからないようです。 「同胞のために命を賭して戦うことが軍人の本懐だ!お前の鶴見中尉殿に対する姿勢は健康的ではないぞ?」 上官らしく月島に笑顔で言う鯉登。 「私は鶴見中尉殿に前向きについていく。 月島はその私を信じろ」 少し笑顔になる月島。 鶴見中尉について、鯉登は恨むでもなく、裏切る気もないようです。 月島が見た、鶴見中尉が持っている指の骨は…大切な人のものではないでしょうか? 鶴見中尉にとって、大切な人、大切にしていた人とは…? -------------------------------------------------- ゴールデンカムイ232話ネタバレ:海賊房太郎ッ! 一週間後、谷垣とインカラマッは赤ん坊を連れてコタンを出発します。 「お前たちには逃げられたことにする。 他の連中に出くわさないように南に向かうといい」と声をかける鯉登。 インカラマッは鯉登にお礼を言い、月島に…あのとき、見えたいご草ちゃんの行方を告げようとします。 しかし月島は「いや…いい」と断ります。 鯉登と月島、そしてフチに見送られ、出発する谷垣たち。 「オレは…助けられてばかりだ…」という谷垣を愛おしそうに見つめるインカラマッ。 その頃札幌。 菊田&宇佐美と、キラウシ&門倉が時計台の前でニアミスします。 門倉は網走で死んだと宇佐美は認識しているため、鉢合わせるには至りませんでした。 離れたところで、土方と尾形は街の様子を見ています。 「札幌は事件を追ってる官憲が多い。 鶴見中尉たちが何かを嗅ぎつけてきててもおかしくない。 あんたら、また物売りに変装したらどうだ」と薄く笑って土方に言う尾形。 その頃、杉元一行は…空知川流域のアイヌの集落に居ました。 砂金の話をする変な刺青がある和人の男について尋ねていたら、 歌志内の炭鉱の方で見たという話を聞きます。 海賊房太郎です! 「その和人は、物売りでアメとか売ってたそうだ」 その頃、歌志内の炭鉱の町では…。 愉快な格好をしたアメ売りが、少年に「アメあげるよ!」と言い石炭を渡してからかっていました。 ショックを受ける少年を「アメよりいいものあげるからついておいで!」と…林の中へ誘うアメ売り…。 杉元一行が海賊房太郎の足取りを突き止めました! 海賊房太郎がとてもイケメンそうな描写がありますので、ぜひ本誌でご覧ください! そして…アメ売りについていってしまった少年…危険ですね…。 -------------------------------------------------- ゴールデンカムイ232話ネタバレの感想考察 鶴見中尉が大切にしている「指の骨」は一体誰のものでしょうか? 私たちに明かされている鶴見中尉の過去から考えるなら、写真屋のふりをしてロシアに住んでいた時の妻子のものではないかと思います。 骨の大きさからして大人のもののようなので…お嫁さんのものでしょうか。 しかしそのときも、軍の命令でやっていたことなのでわかりませんね。 鶴見中尉には、まだ明かされていない過去があるのでしょうか? それにしても、鯉登はかっこよくなりました。 昔はただの盲目ツルキチだったのに…今では軍人らしい心構えで、まっすぐに鶴見中尉についていこうと決めているようです。 この鯉登なら、鶴見中尉の前できちんと日本語が喋れそうですね。 -------------------------------------------------- ゴールデンカムイ232話ネタバレまとめ• フチの元にたどり着いたもののすぐに月島に襲撃される• 月島を止めたのは谷垣たちを殺したくない鯉登少尉• インカラマッ無事に出産!母になる フチの元にインカラマッを置いて、自分は追ってくるであろう月島を山の中で迎え撃つために出ていこうとする谷垣。 しかし、すでに月島はフチのコタンに来ており、谷垣はピンチに! そのとき月島を止めたのは、谷垣たちを逃がすために月島を追ってきた鯉登少尉でした。 「あなたも謀反組になるのですか」と月島は鯉登にも銃を向けますが…。 「銃を下ろせ。 上官命令だ」と上官らしさを見せる鯉登。 自分と父が鶴見中尉に利用されるのはいい、だが鶴見中尉が目指した先に納得できる正義がなかったら罪悪感にさいなまれる…だからこそ谷垣とインカラマッを殺してはいけないと主張する鯉登。 月島は揺れますが…。 インカラマッの出産がはじまり、オソマの母が 「あんたたち、後にして!」とテキパキと谷垣・鯉登・月島に指示を出します。 言われるままに動く3人…。 そして、無事出産を終え、赤ん坊の元気な鳴き声が響くのでした。 次回のを楽しみに待ちましょう! 今すぐお得に漫画やアニメ を楽しみたいなら U-NEXTがオススメ!• お得に漫画やアニメを楽しみたい…• 過去の漫画やアニメを一気に見たい…• 仕事や部活、サークル活動などでテレビをタイムリーに見れないので、時間を気にせず好きな番組を見たい… このような悩みを あなたは持っていませんか? かつては私もこのような悩みを持っていて、どうしたら解決できるだろう、どうしたらもっと好きな漫画やアニメを楽しめるだろうと色々思考錯誤していました。

次の

ゴールデンカムイ

ゴールデン カムイ 232

刺青の暗号はもう解けない? 海賊ボータロサンの登場で、杉元は今にもとびかかりそう。 白石も杉元が殺したくてウズウズしてる気配を感じつつ海賊と会話をしています。 杉元一行は、アイヌが最初に金塊を隠した場所を探すほうに舵を切りましたが、この考えは海賊も同じだったようです。 賄賂を贈って聞き出した分、杉元たちより情報は得ているのかもしれません。 その海賊が言うには、 入れ墨の暗号はもう解けないという噂があるのだと。 どこの噂?白石も杉元もびっくり。 今や偽の刺青人皮が出回っているので当初よりも暗号解読は困難になっていますが、それと関係しているのでしょうか。 それとも残りの刺青人皮のどれかはもう完全に見つからなくなったとかそういう話? あの顔面入れ墨男も「金塊は絶対見つからない」的なことを言ってましたね。 あの顔と口ぶりからすると、体もすごい入れ墨なんでしょう。 同じ網走監獄にいた白石でも当然顔を知らない囚人もいたでしょうが、あれほど目立つ入れ墨が顔面にいくつもある男を知らないはずがない。 だとしたら、顔面の入れ墨は脱走してから入れたものだと考えられます。 胴体の刺青人皮も、もはや原型をとどめていないほど上塗りされていたとしたら……。 もうウイルクが残した暗号1枚は使えない状態なのかもしれない。 24枚すべてが無事って都合がよすぎるので、まあいくつかは欠けてしまうくらいがリアリティありますよね。 ひとりふたりくらい、金塊争奪戦とは関係ないところでもう死んでいて、火葬されてたっておかしくないですし。 こんな話をしているところにどこかの軍の船が通りかかり、話は一時ストップ。 郵便配達人 さて、前回ちらっと登場した郵便配達のおじさん。 ひと暴れしてくれそうな雰囲気でしたよね。 そのとおり、ひと暴れふた暴れ、もっと暴れてくれました。 当時は郵便物保護銃規則というものがあって、郵便配達員には拳銃の携帯が許されていました。 明治初期にはすでにそういう規則ができていて、これは戦後の昭和24年まで続きます。 理由は強盗が多かったため。 現金書留がそれだけ多かった時代ということでしょうか。 現代でも現金書留って自分のあずかり知らないところで現ナマが手から手へ渡るなんて怖くてちょっと利用できませんが……。 ボータロサンの手下たちがうまく乗客をおどし、軍の船が通りすぎる間は何事もなかったかのようににこやかに手を振って応えていたのですが、地獄の郵便配達人がやっちゃうんですね、余計なことを。 「ここがテメエらの三途の川だ!!」とかなんとか言いながら銃をぶっぱなし、海賊の手下がひとりやられます。 銃声が響いたことであちらの船も異変を察知し、またひと騒動。 でも実は、手下を撃ち抜いたのは同時に撃っていた頭巾ちゃんでした、というオチ……。 そりゃ、いくら携帯が許されているからって、発砲することなんてそうそうないでしょう。 現代の警察官だって携帯は許されていても、いつどこでもすぐに発砲できるわけではありません。 郵便配達人歴35年、初めての発砲にドキドキのおじさんでした。 その後も興奮のためか何発も撃ちますが、おそらく命中したものはヴァシリが撃った弾でしょうね(笑)クサい台詞を吐きながらゴロンゴロンして発砲し続けるおじさん、弾はちょうど6発で尽きます。 弾は最初に装填されていたものしか持っていなかったんでしょう。 (ていうかそもそも「銃を持ってるから郵便配達員を襲うなよ」という脅しのための携帯なんでしょうね) 弾がきれたらそこでよしときゃいいものを、興奮した少年が銃を手渡し。 前回杉元が乱闘中に落としたやつです。 海賊よりも誰よりもこいつが一番あぶない。 しまいには外に転がっている杉元の背嚢まで狙います。 すべてはアシリパさんのため 海賊が乱暴に舵を切って船は揺れ、ロープでつながっていたヴァシリの小舟は完全に離れてしまいました。 どうなるんだろう。 言葉が通じなくたって馬があるし、陸路でどこまでも追いかけてきそうですが、ヴァシリは杉元たちの行先知ってるのかな?離れ離れになったことをまだ誰も気づいてなくて、頭巾ちゃんかわいそう。 ここで房太郎がパーティに加わるんだとしたら、もう個性が飽和状態だし、ちょうどいいっちゃちょうどいいかもしれませんね。 ヴァシリは静かだからいつも探さないと見つけられないくらいの存在だったけど。 まず房太郎がこんなキャラだとは思わなかった。 大口開けて馬鹿笑いするタイプだとは…… 笑 軍の船を振り切った房太郎は、続いてやっかいな郵便配達おじさんをやっつけにかかります。 錨が先についたロープを振り回して船室の窓を割りまくる房太郎。 杉元激怒です。 なんでって、アシリパさんが危ないからですね。 ここはまったく揺らぎません。 マフラーゆらゆらさせてブチ切れる杉元を房太郎は錨でぶっ叩きますが、怒りスイッチが入った杉元にそんなのきくはずないじゃないですか。 房太郎の腹に一発。 なんたって、アシリパさんが危ないのだ。

次の

【ゴールデンカムイ】232話ネタバレ!鶴見中尉の本当の目的とは?指の骨が関係してる?

ゴールデン カムイ 232

週刊ヤングジャンプの人気漫画 『ゴールデンカムイ』最新話232話のネタバレと感想、展開考察です! フチのコタンへ逃げ込んだ谷垣とインカラマッですが、 月島がすでにコタンまで来ていました。 谷垣を追い詰める月島を止めたのは、馬で追いかけてきた鯉登で…月島の捨ててきた大切なものの大きさに気付く鯉登。 インカラマッの出産が始まり、手伝いに来たオソマの母にこき使われる大人の男3人。 「今週の月島軍曹は、光と影の狭間に」 ぜひ発売中のYJ13号をご覧ください。 ゴールデンカムイ232話への読者の声 『ゴールデンカムイ』最新話232話に向けての感想や考察を集めました! ゴールデンカムイ231話の鯉登少尉には共感しかない そして良い上司になったな? — キョウコ krybbb アイヌの出産シーン、本当に貴重だなぁ… 臼を転がす儀式(?)にしたって、それまで、カミさんが苦しんでいる間に何もできなかった男たちが「とにかく何かしなきゃ!」と必死になって考案した事がよく分かる。 — 安井 真守 漫画だけが人生でござる mamorizm ゴールデンカムイで出産のエピソードあったけど 男衆に子供のお守りさせたりおまじないさせたりしたのって お産には男って役にたたないから邪魔しないように何かさせる という蓄積した知恵なんだろうかなと、ふと思った — ふじげん???? 軍曹見てつらい気持ちになってた私まで救われたよ。 鯉登少尉のいろいろ受け入れて覚悟した上でそれでも前を向くという姿が胸に刺さりまくる。 そしていごちゃんのお顔がここでオープンに。 もう涙出るかと思った。 「俺に…娘がッ」久々にブヒィッと谷垣泣きをします。 久々に谷垣に再会したオソマ、二度見をして一瞬目を輝かせて喜びますが…。 「オソマ!」年の近い男の子に呼ばれると、谷垣には目もくれずそちらへ走り去ってしまいます。 オソマの両親に酒を大量に飲まされ寝ていた第七師団の兵士を、月島がビンタで起こします。 「鶴見中尉殿には黙っておく。 一週間ほど街で頭を冷やし、これまで通り問題なしと報告し続けるように」と鯉登に言われ、頭が上がらない兵士なのでした。 谷垣とインカラマッに娘が産まれました、おめでとうございます! そして、オソマは…久々に会う谷垣より、年の近い男子の方が良いようですね…。 女の子ってそんなものですよね、そのぶん娘ちゃんを可愛がってあげてください、谷垣ドンマイ! ゴールデンカムイ232話ネタバレ:まっすぐな気持ちで 2人になって月島は鯉登に尋ねます。 「誘拐の件の後の鯉登少尉殿のあれは…本心ですか?それともあの場を誤魔化すために?」 月島が言っているのは、少年時代に鯉登が誘拐されたのは鶴見中尉が仕組んだことだと鯉登が知った時、 「鶴見中尉殿にそんなに必要とされていたなんて!」と地面を転げまわったことを指しています。 「好きにとれ。 ただ 私は、鶴見中尉殿が私利私欲のために皆を犠牲にしているくだらない人間だとは、到底思えない。 あのひとの目的はなんだ…?月島は心当たりがないのか?」 月島は、「本当の目的なんて…ないのかもしれません」と言いますが、ふと思い出します。 鶴見中尉が、指の骨を大切に持っているところを…。 「誰の指の骨なんだ?」と鯉登は知らないようですが、月島にもわからないようです。 「同胞のために命を賭して戦うことが軍人の本懐だ!お前の鶴見中尉殿に対する姿勢は健康的ではないぞ?」 上官らしく月島に笑顔で言う鯉登。 「私は鶴見中尉殿に前向きについていく。 月島はその私を信じろ」 少し笑顔になる月島。 鶴見中尉について、鯉登は恨むでもなく、裏切る気もないようです。 月島が見た、鶴見中尉が持っている指の骨は…大切な人のものではないでしょうか? 鶴見中尉にとって、大切な人、大切にしていた人とは…? -------------------------------------------------- ゴールデンカムイ232話ネタバレ:海賊房太郎ッ! 一週間後、谷垣とインカラマッは赤ん坊を連れてコタンを出発します。 「お前たちには逃げられたことにする。 他の連中に出くわさないように南に向かうといい」と声をかける鯉登。 インカラマッは鯉登にお礼を言い、月島に…あのとき、見えたいご草ちゃんの行方を告げようとします。 しかし月島は「いや…いい」と断ります。 鯉登と月島、そしてフチに見送られ、出発する谷垣たち。 「オレは…助けられてばかりだ…」という谷垣を愛おしそうに見つめるインカラマッ。 その頃札幌。 菊田&宇佐美と、キラウシ&門倉が時計台の前でニアミスします。 門倉は網走で死んだと宇佐美は認識しているため、鉢合わせるには至りませんでした。 離れたところで、土方と尾形は街の様子を見ています。 「札幌は事件を追ってる官憲が多い。 鶴見中尉たちが何かを嗅ぎつけてきててもおかしくない。 あんたら、また物売りに変装したらどうだ」と薄く笑って土方に言う尾形。 その頃、杉元一行は…空知川流域のアイヌの集落に居ました。 砂金の話をする変な刺青がある和人の男について尋ねていたら、 歌志内の炭鉱の方で見たという話を聞きます。 海賊房太郎です! 「その和人は、物売りでアメとか売ってたそうだ」 その頃、歌志内の炭鉱の町では…。 愉快な格好をしたアメ売りが、少年に「アメあげるよ!」と言い石炭を渡してからかっていました。 ショックを受ける少年を「アメよりいいものあげるからついておいで!」と…林の中へ誘うアメ売り…。 杉元一行が海賊房太郎の足取りを突き止めました! 海賊房太郎がとてもイケメンそうな描写がありますので、ぜひ本誌でご覧ください! そして…アメ売りについていってしまった少年…危険ですね…。 -------------------------------------------------- ゴールデンカムイ232話ネタバレの感想考察 鶴見中尉が大切にしている「指の骨」は一体誰のものでしょうか? 私たちに明かされている鶴見中尉の過去から考えるなら、写真屋のふりをしてロシアに住んでいた時の妻子のものではないかと思います。 骨の大きさからして大人のもののようなので…お嫁さんのものでしょうか。 しかしそのときも、軍の命令でやっていたことなのでわかりませんね。 鶴見中尉には、まだ明かされていない過去があるのでしょうか? それにしても、鯉登はかっこよくなりました。 昔はただの盲目ツルキチだったのに…今では軍人らしい心構えで、まっすぐに鶴見中尉についていこうと決めているようです。 この鯉登なら、鶴見中尉の前できちんと日本語が喋れそうですね。 -------------------------------------------------- ゴールデンカムイ232話ネタバレまとめ• フチの元にたどり着いたもののすぐに月島に襲撃される• 月島を止めたのは谷垣たちを殺したくない鯉登少尉• インカラマッ無事に出産!母になる フチの元にインカラマッを置いて、自分は追ってくるであろう月島を山の中で迎え撃つために出ていこうとする谷垣。 しかし、すでに月島はフチのコタンに来ており、谷垣はピンチに! そのとき月島を止めたのは、谷垣たちを逃がすために月島を追ってきた鯉登少尉でした。 「あなたも謀反組になるのですか」と月島は鯉登にも銃を向けますが…。 「銃を下ろせ。 上官命令だ」と上官らしさを見せる鯉登。 自分と父が鶴見中尉に利用されるのはいい、だが鶴見中尉が目指した先に納得できる正義がなかったら罪悪感にさいなまれる…だからこそ谷垣とインカラマッを殺してはいけないと主張する鯉登。 月島は揺れますが…。 インカラマッの出産がはじまり、オソマの母が 「あんたたち、後にして!」とテキパキと谷垣・鯉登・月島に指示を出します。 言われるままに動く3人…。 そして、無事出産を終え、赤ん坊の元気な鳴き声が響くのでした。 次回のを楽しみに待ちましょう! 今すぐお得に漫画やアニメ を楽しみたいなら U-NEXTがオススメ!• お得に漫画やアニメを楽しみたい…• 過去の漫画やアニメを一気に見たい…• 仕事や部活、サークル活動などでテレビをタイムリーに見れないので、時間を気にせず好きな番組を見たい… このような悩みを あなたは持っていませんか? かつては私もこのような悩みを持っていて、どうしたら解決できるだろう、どうしたらもっと好きな漫画やアニメを楽しめるだろうと色々思考錯誤していました。

次の