韓国 切手 買取。 【切手買取】使用済み切手の種類と買取相場

切手買取なら高額・無料査定の【福ちゃん】へ|買取実績600万点突破

韓国 切手 買取

外国(海外)切手とは? 外国(海外)切手とは名前の通り日本国外で発行された切手です。 ただし、海外の印刷所で印刷され、郵政省や日本郵便が発売したものは除きます。 非常に珍しい切手も数多くあり、専門に収集している方も少なくありません。 日本の切手以上にプレミアがついているものもあり、中にはバラ1枚で100万円を超えるようなものもあります。 日本国内の切手に関しては非常に多くの情報があふれていますが、 海外切手に関しては何が普通切手で何が特殊切手であるのかすら分からない場合もあり、情報を海外に求める必要があるものも珍しくはありません。 そのような障壁を克服してコレクションするのも外国切手の魅力と言えます。 外国切手で最も価値が高いとされる英領ギアナ1・マゼンタについて詳しく知りたい方は「」も参考にしてください。 英領ギアナ1・マゼンタとは? 英領ギアナ1・マゼンタは世界に1枚しか存在しない、世界で最も価値が高い切手として知られています。 英領ギアナ1・マゼンタは2014年6月17日に開催され... 外国(海外)切手を買取してもらう方法は? 先ほど説明した通り、外国切手は日本の切手を収集する場合とはやり方が異なりますが、買取に関しても日本の切手と同じやり方ではできない場合も多くあります。 まず、金券ショップでは買取を断られるので持っていかないようにしましょう。 金券ショップでは現在国内で使用できるものを流通させることで利益を出すビジネスモデルであるため、海外切手は取引対象外となります。 詳しく知りたい方は「」も参考にしてください。 切手をネットオークションやフリマアプリで販売する方法 いらない切手を売りたいと思ったときには、どのような方法があるのでしょうか。 みなさんの中には、普段から洋服や日用品などを、ネット... 外国切手の買取は、切手の買取専門店に依頼することが一番です。 買取専門店は外国切手の知識や取引実績があるところも多いので、そのような買取専門店を探して適正な査定額をつけてもらい売ることが、最も高価買取につながっていきます。 外国(海外)切手の買取相場 外国切手の買取相場は全体的に高く、高額買取が期待できるものも多いです。 具体的には、イギリスのは買取価格が10万円程度、めったに目にすることはないと思いますがは1億円を下りません。 アジアに目を向けると中国のは1枚10万円程度の買取価格が期待できるなど、日本の切手の買取価格とはかけ離れた高額で取引されているのが外国切手の買取相場です。 外国(海外)切手の買取相場一覧 中国切手 項目 内容 初版発行年度 1840年代 額面の通貨 分、元 その他備考 アジアを代表する外国切手です。 文化大革命時代(1965~1975年)に切手自体の収集が禁止されていた背景からその年代の希少価値が非常に高いのが特徴です。 また近年の経済発展からコレクターが増加し、投資目的で切手を購入するケースも増えてきたため買取価格が高騰しています。 代表的なものでは1980年の「赤猿」切手は1枚で10万円以上の買取価格が期待されます。 中国切手についてさらに詳しく知りたい方は、「」を参考にしてください。 中国切手とは? 中国切手とは、中華人民共和国で発行された切手全般のことを指します。 中国では日本以上に膨大な数の切手が発行されていますが、それでもなお高額な金額で取引されるだけの価値... アメリカ切手 項目 内容 初版発行年度 1847年 額面の通貨 セント、ドル その他備考 アメリカは活発な経済活動や広大な国内の連絡手段として切手が多く利用されてきました。 そのため非常にたくさんの種類の切手が発行され、その価値も様々なものがあります。 もちろん希少性の高い切手も多く、航空郵便に使用する目的で発行された切手である航空切手は特に高価買取が期待できます。 例えば、1930年発行のドイツの飛行船を描いたツェッペリン切手は1枚で1万円~2万円前後の買取価格が期待できます。 アメリカ切手についてさらに詳しく知りたい方は、「」を参考にしてください。 アメリカ切手とは? アメリカ切手とは、アメリカで発行された切手全般を指します。 アメリカ切手の中には、日本の切手と同じように普通切手、記念切手、航空切手などの分類があります。 イギリス切手 項目 内容 初版発行年度 1840年 額面の通貨 ペニー、ペンス、シリングなど多数 その他備考 イギリスは世界で初めて郵便切手を発行した国としてコレクターの間では常識となっています。 そういった歴史から数多くの切手が発行されており、高額な買取価格が期待できる古切手も数多く存在します。 例えば、世界最初の郵便切手である黒い1ペニー切手、通称ブラック・ペニーは10万円程度の買取価格が期待でき、エラー切手のブルーモーリシャス切手は幻の切手とされ、発見されれば1億円以上の買取価格が期待できます。 イギリス切手についてさらに詳しく知りたい方は、「」を参考にしてください。 イギリス切手とは? イギリス切手とは、イギリスで発行された切手全般のことを指す言葉です。 イギリス切手は、1840年5月6日に世界で初めての切手であるペニーブラック切手が発行されて以... オーストリア切手 項目 内容 初版発行年度 1850年(発案1836年) 額面の通貨 グロッシェン、シリングなど その他備考 郵便切手の実用化を世界で初めて達成したのはイギリスですが、そのアイデアとなる原案を発明したのはオーストリアです。 そのため古くから切手の技術が磨かれており、現代でも高品質な切手を多数発行しています。 高額な買取が期待できる切手も多く、1950年~1953年にかけて発行された航空切手である「鳥シリーズ」は美品であれば1万円程度の買取価格が期待できます。 スウェーデン切手 項目 内容 初版発行年度 1855年 額面の通貨 スキリング、クローナなど その他備考 北欧の国の一つ、スウェーデンの切手は個性的なものが多いのが特徴です。 例えば、日本でもかつて自動販売機用に採用されたロール状の切手であるコイル切手が多数発行されていたり、切手の特徴であるギザギザ(目打ち)が4面にないものも少なくありません。 さらにその目打ちも同じ種類のものやそうでないものがあり、それにより大きく価値が変わるものも多く、 高い鑑定眼を要求する外国切手でもあります。 地方切手と呼ばれるその地方のみでしか使えない切手は価値があり、1862年のスウェーデンの地方切手は、使用済み消印付きで5000円前後の買取価格が期待できます。 さらにエラー切手の価値が非常に高いのも特徴で、 3シリングバンコ(別名: TreskillingYellow(トレスキリング・イエロー))、はオークションで6億8000万円もの落札価格がついたこともあり、発見されれば数億円の買取価格が期待できます。 TreskillingYellow(トレスキリング・イエロー)についてさらに詳しく知りたい方は「」も参考にしてください。 TreskillingYellow(トレスキリングイエロー)とは? TreskillingYellow(トレスキリング・イエロー)は「3シリング・バンコの黄色」と呼ばれている切手で... ドイツ切手 項目 内容 初版発行年度 1849年 額面の通貨 ズウォティ、ペニッヒなど その他備考 ドイツは郵便切手の最初期から発行を開始しており、様々な歴史を生き抜いた切手が数多くあります。 東西ドイツに分裂していた時期もあるため、そうした時代背景を想像させてくれるだけでコレクター心をくすぐる切手も多いと言えます。 ドイツ国家またはドイツ民族全体を擬人化したゲルマニア女神の切手は1万円程度の買取が期待できます。 また、ヒトラーを前面に打ち出したヒトラー切手も存在しており、これは5,000円程度の買取相場となっています。 ロシア切手 項目 内容 初版発行年度 1857年 額面の通貨 カペイカ、ルーブル その他備考 ロシアは帝政、ソビエト連邦、ロシア連邦など国の変遷が著しく、そのたびに郵便制度も変化してきました。 切手の導入もアジア諸国に比べて早かったため多数の切手が存在し、広い国土での貴重な通信手段として大量の切手が発行されました。 また、ソビエト連邦時代は国威発揚を目的とした特殊切手も多く発行されているのも特徴です。 1962年の宇宙切手はシートで1,000円程度の買取価格となります。 他の欧州切手に比べてやや買取相場は低いですが、それでも日本の切手よりも高いものも多く存在しています。 韓国切手 項目 内容 初版発行年度 1884年 額面の通貨 ウォン その他備考 韓国は東アジアでも早くから切手制度を敷き、数多くの切手を発行してきました。 コレクターも活発に収集を行っているため、全体的に買取相場も高めになっています。 1955年に発行された産業復興切手は1枚でも1万円前後の買取価格が期待できます。 香港切手 項目 内容 初版発行年度 1862年 額面の通貨 セント、香港ドル、銭、香港元など多数 その他備考 香港はイギリスとの結びつきも強かったため、アジア諸国に先駆けて切手制度を確立しました。 またイギリス、日本、中国とさまざまな国の影響を受けたため、使用される通貨単位も多数に及びます。 主にイギリス統治前後で2つに分類できる特徴があります。 中国の切手価値が上昇している影響を受けているため、高額な取引がされることも多く、1999年発行のパンダの大型切手シートは1シートで2万円以上の買取価格が期待できます。 台湾切手 項目 内容 初版発行年度 1878年 額面の通貨 銭、元等多数 その他備考 台湾は複雑な歴史を持つ地域で切手の歴史もどこを起点に考えるか多くの意見があります。 そんな台湾の切手ですが通貨単位も時代によって異なり、システムも変わっていきました。 複雑な経緯を持つ台湾切手ですが、様々な高額買取が期待できる切手が存在しています。 1955年に発行された台湾の指導者蒋介石をモチーフにした切手、蒋介石再任切手は美品であれば1シートで1~2万円の買取価格も期待できます。 また台湾独特のシステムであった切手を買った分だけ貯金したことになる切手台紙がかつて存在し、その台紙の買取価格は15万円以上の値がつくこともあります。 また、外国切手以外の買取相場について詳しく知りたい方は、「」を参考にしてください。 切手の買取価格の決まり方 切手の買取価格は、様々な要因によって左右されますが、主に切手の種類によって決まります。 切手の種類は、「普通切手」、「特殊切手」、「記念切手」、「外国... 外国(海外)切手の買取におすすめの専門店 バイセル 外国切手の買取にはバイセルを強くおすすめします。 外国切手に関する情報は日本にはないことも多く、世界中から情報を得てその切手の相場観を把握する必要があります。 また少しの柄や額面の違いから買取価格が大きく変わってくるという特徴を持っています。 先ほど外国切手の買取は専門店に依頼するのがよいとお伝えしましたが、専門店の中にも外国切手の知識や買取実績がない店舗もあります。 一方でバイセルの査定士は外国切手の知識や豊富な買取実績を持っており、非常に専門的な鑑定眼や知識が必要とされる外国切手の買取も正確にしてもらうことができます。 実際にバイセルでは中国切手の赤猿切手を正当な価格である10万円前後で買取した実績があります。 バイセルの査定は無料で実施しているので、手元にある外国切手の価値を知るという意味でも気軽に査定依頼をしてみることをおすすめします。

次の

【外国切手買取】高く外国切手を売れるおすすめ買取店と買取価格一覧

韓国 切手 買取

全 185商品 1- 27表示• 1,700円 税込• 300円 税込 〜• 150円 税込• 230円 税込• 450円 税込• 3,400円 税込• 470円 税込• 150円 税込• 240円 税込• 1,100円 税込• 180円 税込 〜• 130円 税込• 300円 税込• 150円 税込 〜• 1,150円 税込• 50円 税込• 50円 税込• 50円 税込• 50円 税込• 80円 税込• 50円 税込• 50円 税込• 200円 税込• 90円 税込• 150円 税込• 6,000円 税込• 3,800円 税込 商品カテゴリー• 配送・送料について 郵便局 書留便など 郵便局の書留便、ゆうパックなどでお送りします。 お客様の玄関先まで確実にお届けします。 料金は全国一律600円です。 郵便局 特定記録便など 郵便局の特定記録便などでお送りします。 発送、配送状況の記録が残ります。 お客様の郵便受箱に配送となり、配達時の受け取り捺印、署名は必要ありません。 お届け商品の種類やサイズによっては、配達時に受け取りの捺印が必要なケースがございます。 予めご了承ください。 料金は全国一律300円です。 あらかじめご了承いただいた上でご利用くださいませ。 店頭お受け取り ご注文品の用意が整いましたら、メールでお知らせいたしますので、メール受信後に店舗 横浜東神奈川 にてお受け取りください。 代金引換え 郵便局の代金引き換え便でお届けします。 商品到着時に現金でお支払いください。 代引手数料370円が別途かかります。

次の

【切手買取】使用済み切手の種類と買取相場

韓国 切手 買取

安重根といえば日本では伊藤博文を殺害した暗殺犯ですが、韓国では独立運動の英雄として尊敬され、その功績を称えて韓国では、切手が発行されています。 韓国は、当時日本の植民地支配を受けていたので、祖国を日本の支配から解放するための運動をしていた安は英雄として、その功績を称えられていました。 サクランボ小型シート韓国切手 … 買取価格 300円 1974年に発行された、サクランボが図案の韓国切手です。 小型シートに2枚入っています。 このサクランボ小型シートは1974年に発行されました。 この切手のデザインはサクランボ小型シートと呼ばれるだけあって、サクランボが切手に大きく描かれ、1シートでの販売の場合は1シートに2枚切手があります。 額面は10ウォン切手となっております。 1974年に発行された切手ですが、この年は韓国にとっても日本にとっても重大事件の起こった年となります。 8月15日に、当時の韓国の大統領夫人が、光復節の行事中に射殺されるという痛ましい事件がありました。 犯人は在日朝鮮人でありながら、日本国内で銃器を手に入れ、パスポートの偽造を日本で行ったことから、韓国国内での反日感情が高まり、国交断絶寸前まで進んでしまいました。 このことは両国関係の悪化を招いた事件となりました。 第10回新聞の日 韓国切手 … 買取価格 50円 第10回新聞の日の記念切手で、1966年4月7日に発行されました。 田型の4枚セットなら買取価格は少し上昇します。 かなり前に発行された上に、韓国の切手であるため、あまり日本国内で出回る事はなく、希少な切手です。 復興切手 … 買取価格 100円前後 1954年から1958年の間に韓国では復興切手が発行されました。 額面は15,20,50ウォンの3種類があり、各年度ともにデザインはほぼ同じで、両手が描かれています。 色は、赤いものや青いもの、紫など様々な種類のものが存在します。 韓国で朝鮮戦争後に発行された切手は、産業の復興を願うものとして発行されました。 韓国切手を買取に出すならバイセルがおすすめ 韓国切手を高値で売りたいと考えている方は、バイセルに連絡してみることをおすすめします。 バイセルには、「出張買取・宅配買取・お持込み買取」の3つの買取方法がありますが、その中でも、一番便利な方法は、やはり「宅配買取」です。 まずは、買取相談専用フリーダイヤルまで電話してください。 そうすれば、発送方法から買取代金お振込までの流れを詳しく説明してくれます。 予約をした後に、送られてくる「宅配査定書類一式」に必要事項を記入して、査定してもらいたい切手、本人確認書類のコピーを同封して返送するだけです。 その後、専門担当者が切手を査定・鑑定してくれます。 提示された査定結果に満足出来たら、即日口座へ買取代金を振り込みしてもらえます。 買い取ってもらいたい切手が大量でも買取店舗に運ぶ必要がありませんし、少量でも問題ありません。 その上、送料や査定料も無料なんです。 もちろん、全国対応です。 専門家による確かな査定で、価値があると判断されたものには、しっかりと高値をつけてくれます。 なお、査定額に納得できなかった場合は、送った切手を速やかに返送してくれます。 また、「査定してもらっても買取価格がつかないなら、もういらない」という場合には、処分してもらうことも可能です。 手間がかからず、高値で買い取ってくれる。 いらなくなった切手を高値で売る時も、処分する時も、やっぱり「バイセル」が一番。 さあ、今すぐ「バイセル」へ電話してみましょう!.

次の