妖怪 ネクロ。 【シャドバ】妖怪ネクロのカードを1枚ずつ徹底解説!【ローテーション】

【シャドバ】妖怪ネクロのカードを1枚ずつ徹底解説!【ローテーション】

妖怪 ネクロ

妖怪ネクロ(21連勝デッキ、ローテーション) <> うぇすと氏がローテーション21連勝を達成した妖怪ネクロのデッキレシピです。 「」「」「」など妖怪ネクロのキーカードは当然3枚採用で、ユニオンバースト持ちの「」「」も3枚ずつの採用となっています。 このデッキで注目したいのは、 ・「」の3枚採用と「禁絶の腕・ニコラ」の2枚採用。 ・「悪意の憑依」の不採用。 ・「」と「」の1枚採用。 のあたりで、 その他のカードは3枚採用がほぼ標準になりつつあるイメージですね。 「」は ラストワードで1枚ドローできるので、キーカードを引ける確率を高めたり、リソース面で強くなったりする長所があります。 スタッツ1/2という短所は、妖怪ネクロミラーの場合は、「」「」「」など体力1のフォロワーが多いことから、他の対面よりは問題になりづらくなっています。 さらに、 長期戦になった時に、ラストワードの破壊数を10以上にして、「」のリーダー付与能力を活かすことも可能です。 妖怪ネクロはラストワード持ちのフォロワーがそれほど多くないのですが、「」からの「一つ尾狐」がラストワード持ちなので、カード1枚で4つ進めることができ、ギンセツを2回出せばラストワード8つとなるので、「」の条件をほぼ満たすことができるでしょう。 ただし、「」はアクセラレートで使うこともありますし、必ずしも1ゲームで2枚引けるわけでもないので、他のラストワード持ちのフォロワーが多いほど、「」のリーダー付与能力を得られる可能性は高くなります。 「」「」以外だと、「」「」「ドクロ親父()」もラストワード持ちですが、 ラストワードの破壊数を稼ぐには「禁絶の腕・ニコラ」が非常に便利です。 「」から0コストに下げれば気軽に出せますし、「」で疾走付与できるので、 フェイス進化をしながら「禁絶の一撃」を入手すれば、相手リーダーの体力を削るのにも貢献できます。 デメリットとしては、手札が溢れやすくなることで、特に後攻の場合は注意が必要です。 「悪意の憑依」は採用枚数を減らしたデッキレシピが増えており、このデッキでは不採用となっています。 除去スペルなので環境に左右される部分が多々あるのですが、「」で葬送できない2コストカードというのがデメリットの一つですね。 2コストで2点+1点の除去でパワーが足りるのかという問題もあり、「」でコストを下げないと弱いという声もあります。 3ターン目は「」「」の優先度が高いですし、後攻4ターン目の「」や5ターン目の「」など、進化ターンに入るとカード1枚の動きが多いので、 そもそも「悪意の憑依」を打つ機会が少ないような気もしますね。 「悪意の憑依」の不採用で、「」「禁絶の腕・ニコラ」「」「」などの枠を確保していると思うと、悪くない選択肢のように思えます。 「」は 進化後スタッツが7/8なので、進化後の「」を上から取れますし、守護を無視できる4点バーンを飛ばせるので、リーサルまでのプランに幅が生まれたりします。 妖怪ネクロは、「」「」「」「」のように、相手の動きに対するカウンターとして強いカードが多いので、 相手の盤面が弱い場合に「」のようにポン置きしやすいフォロワーがいると動きやすいというのもありますね。 このような利点がありますし、もともとカードパワーは高いので、「」を1枚採用しているデッキはけっこう見かけます。 【アクセラレート 5】一ツ尾狐3体を出す。 【ファンファーレ】一ツ尾狐4体を出す。

次の

【シャドバ】妖怪ネクロで25連勝のデッキレシピ!妖怪ネクロのスタンダードな構築はこんな感じ?!デッキコードあり!

妖怪 ネクロ

妖怪ネクロ(17連勝デッキ、ローテーション) <> Cj氏がローテーション17連勝を達成した妖怪ネクロのデッキレシピです。 妖怪ネクロは、アルティメットコロシアムで追加された「」「」「」「」「」などの 妖怪系の新カードを主軸にしたデッキタイプです。 その他の新カードとして「」「」「」も採用されています。 このデッキは ナテラの大樹が入っていない純妖怪ネクロですね。 「」が採用されており、最短7ターン目で「」を出すことも可能です。 「」もキーカードになっており、リーダー付与能力で「」「」「」などを疾走させることができます。 「」のネクロマンス8、「」のネクロマンス8、「」のネクロマンス16など、 ネクロマンスを大量に消費するデッキです。 そのため、2コストフォロワー枠の「」や3コスト除去スペルの「」など、ネクロマンスを稼ぎやすいカードが採用されていますね。 「」「」はどちらも3枚採用で、 やはりユニオンバースト持ちのフォロワーは強いのでしょう。 【アクセラレート 5】一ツ尾狐3体を出す。 【ファンファーレ】一ツ尾狐4体を出す。 選択したフォロワーの体力が(ダメージを与える前に)4以下なら、さらに、相手のリーダーと相手のフォロワーすべてに2ダメージ。 【進化時】ドクロ親父1体を出す。 【進化時】このバトル中、自分のリーダーは「自分のターンごとに1回、自分が「元の攻撃力か元の体力が1のフォロワー」をプレイしたとき、それは疾走を持つ」を持つ。 リーダーはこの能力を重複して持たない。 【ユニオンバースト 10】「プリンにしてやるの」1枚を手札に加える。 プリンにしてやるの(ネクロマンサー、関連カード) プリンにしてやるの(ネクロマンサー) ゴールド スペル 2コスト 相手のフォロワー1体は、能力すべてを失う。 妖怪ネクロの連勝デッキのツイッター 妖怪ネクロ最高17連勝だった つよいとおもいます — *Cj* 0913cj デッキはこれ — *Cj* 0913cj.

次の

【シャドバ】妖怪ネクロで17連勝のデッキレシピ!妖怪ネクロでもユニオンバースト持ちのフォロワーはフル採用するべき?!デッキコードあり!

妖怪 ネクロ

「妖怪ネクロ」のデッキリスト デッキリスト 生成エーテル 53,000 画像引用: 自然とのハイブリッド型もあるようですが、今回は純粋な「妖怪ネクロ」となっています。 メインの勝ち筋は「酒呑童子」の進化時効果でスタッツに1を持つフォロワーを疾走できる状態にして、その疾走打点で相手のライフを削りきります。 サブプランとしてネクロマンスを貯めて「禁絶の腕・ニコラ」からの「禁絶の一撃」もあります。 「妖怪ネクロ」の立ち回り それでは、実際に「妖怪ネクロ」デッキを対戦で使用する際の立ち回り方を、「マリガン」、「序盤」、「中盤」そして、「終盤」の4つのポイントにわけて、解説させて頂きます。 マリガン マリガンでは、 「酒呑童子」や「永遠の花嫁・セレス」など中盤で進化して強力なカードをキープします。 また、上記へのカードへアクセスが可能な 「火車」もキープ候補です。 序盤 序盤は盤面負けしないようにフォロワーを展開していきます。 3ターン目はキーカードにアクセスしつつフォロワーを展開できる「火車」が一番強いで有る事が多いと思います。 先4が一番暇なターンになるので、「ボーンバッファロー」などがある場合は2コストで使うのかエンハンスを考えるのかなどの注意が必要です。 中盤 進化権が解禁になる中盤は、いち早く「酒呑童子」に進化を切る事が大切になってきます。 手札に居ない場合は、盤面の有利を保ちつつドローカードでデッキを掘り進め「酒呑童子」を探しましょう。 また、「永遠の花嫁・セレス」からの 「永遠の誓い」で「大妖狐・ギンセツ」や「屍竜・ファフニール」などの高コストフォロワーのコスト軽減を意識する事が大切です。 終盤 終盤は「酒呑童子」にさえ進化が切れていれば大抵のフォロワーが疾走するのでエンハンスやネクロマンスそしてユニオンバーストなどを駆使して、スタッツが上がったフォロワーで一気に畳み掛けます。 どうしても「酒呑童子」にアクセスできない場合は「禁絶の一撃」プランも考える必要があるので 「禁絶の腕・ニコラ」を育ててネクロマンスを無駄使いしない意識も大切です。 まとめ 今回は、 現環境で最強候補の一角である「妖怪ネクロ」のデッキリストとその立ち回りにつてまとめさせて頂きました。 まだ、始まったばかりで環境が固まっていませんが、 そこまでtierを落とすデッキに思えないので、エーテルを消費して作っても損しいと思います。 一応、自己責任でw それでは、この辺りで終わらせていただきます。 最後まで、読んでくださりありがとうございました。 これからも、よろしくお願いします。 com 管理人:かっつん.

次の