タンクレストイレ 停電。 タンクレストイレで後悔!?メリット・デメリットとリフォーム費用|リフォーム会社紹介サイト「ホームプロ」

タンクレストイレのメリット・デメリット|トイレ選びのポイントがわかる!

タンクレストイレ 停電

スポンサーリンク まずはわが家のトイレ希望条件 最初にわが家のトイレ希望をお伝えしておくと、• 掃除がしやすい形状(フチなし)• ウォシュレットはなしでOK• 停電・断水時もトイレを流せる• 手洗い不要(すぐ横の洗面所で洗う)• 叶うならタンクなしのすっきりした見た目 こんな感じ。 さほどこだわりがなく、「タンクレスのウォシュレットなし」があればそれがいいかなと最初は思っていました。 わが家がタンク式に決めた理由 修理費用が安く済みそう タンクレストイレは基本的にリモコンで操作します。 普段は便利でありますが、もし壊れた場合はやっかいだったんです。 リモコンが壊れたときの対応• リモコンを修理• リモコン部品の製造が終わっていたら便座本体ごと取り換える 部品はタイミングによって10年で製造が終わるものもあるそうなんです。 となると、最短10年でまた新しいトイレ代を支払う…なんてことも。 リモコンのためだけに本体丸ごと替えるのはイヤだ となったわけです。 ちなみに、これはTOTOに聞いたものなので、ほかのメーカーはもしかしたら違うかもしれません。 確認してみてくださいね。 「ピュアレスト」はウォシュレットなしができた タンク式のピュアレストは、ウォシュレットなしの普通便座が選べたのです。 わが家はウォシュレットは使う予定がないし、光熱費も下がってうれしい! ちなみに、ウォシュレットなしで 暖房便座機能はあるってものもありました。 停電時も災害時も使える TOTOはタンク式でもタンクレス式でも、 停電時に水を流せるそうです。 断水時の対応• タンク式…バケツに水を入れて流す• タンクレス…バケツに水を入れて流す 水が止まってしまうときは、どちらも浴室などに水を貯めておく必要があるようです。 タンク式・レス、どっちを選んでも使えるならいいね わが家は台風で停電する地域なので、ここが一番気になっていました。 どちらも使えるのであれば、どれを選んでも問題なし! じゃピュアレストでいいね ピュアレストにしよう タンクレス風「タンク式トイレ」もあります ちなみにわが家がピュアレストに決める前、揺れたのが GG。 ぱっと見、タンクレスだ! スッキリしているし、値段もタンクレスよりも若干安くなります。 これもいい。 でも結局、ウォシュレットなしができなかったので、ピュアレストに決めました。 ピュアレストで20万円の節約に! 最終的にタンクレストイレからタンク式(ピュアレスト)にしたことで、20万円ほど安くなることがわかりました。

次の

タンクレストイレが停電で使えないときの対処法

タンクレストイレ 停電

断水時、停電時にタンクレストイレも使用できる 見た目のかっこ良さとコンパクト設計、お手入れのしやすさ等 いろいろなメリットのあるタンクレストイレです。 ですが弱点は価格の高さと断水時、停電時に流せない事です。 と、思って新築の際に、従来型のタンクありトイレを選択しました。 後から調べてみると、 断水時、停電時にもタンクレストイレも問題なく使えます。 そりゃそうですよね。 一流メーカーの人がそんな当たり前の事を考えていない訳はない。 どのようにするかというと、 用を足した後、バケツで水を勢いよく便器に流すだけです。 そうですよね、タンクありトイレだって同じ原理です。 むしろ説明をみると、タンクにお風呂の水などを入れると故障するので、 風呂水を使用してはいけないとも書いてあります。 髪の毛などが弁に詰まると故障するからのようです。 そうなると値段と、後タンクに設置する洗剤くらいですが、 私は使いません。 トイレ選びには、災害の事を考えず、 お値段を考慮しながらお好きな物、適切な物を選べば良いだけでした。 衛生陶器を販売する断水時・停電時のトイレの流し方の.

次の

タンクレストイレで後悔!?メリット・デメリットとリフォーム費用|リフォーム会社紹介サイト「ホームプロ」

タンクレストイレ 停電

タンクレストイレとは タンクレストイレとはその名の通り、水を溜めておくタンクがないトイレです。 タンク型のトイレでは水道の水を一時的にタンクに貯水し、タンク内の水で便器を洗浄しますが、タンクレストイレは水道から直結で水を流す仕組みになっています。 タンクレストイレは便器と便座が一体型になっており、ウォッシュレットが標準装備となっているのも特徴です。 タンクレストイレのメリット・デメリット タンクレストイレは、タンク型のトイレとは違った特性があります。 タンクレストイレへのリフォームを考えるなら、まずはその特性を良く知ることが大切です。 タンクレストイレのメリットとデメリットについてみてみましょう。 メリット まずは、メリットです。 掃除が簡単でお手入れが楽 タンクレストイレは、便器と便座が一体型となっているので、コンパクトで凹凸が少ないのが魅力です。 掃除する部分の表面積が小さく滑らかであれば、掃除やお手入れが楽になるでしょう。 トイレの空間が広くなる トイレがコンパクトなことのもう一つの利点は、トイレが広く使えること。 タンク型トイレと比べて、高さ30cm、奥行き10cmほど空間が広く使えます。 見た目がオシャレ タンクレストイレは見た目がオシャレなデザインの商品が多いので、狭いトイレ空間でもスタイリッシュに演出することができるでしょう。 節水ができる 実用面でのメリットは、節水効果があることです。 従来品のタンク型トイレでは1回ごとに約13リットルの水を使いますが、タンクレストイレでは、製品によって差はあるものの、おおむね3リットル~4リットル台の水で流せます。 連続で水を流せる タンク型では一度水を流すとタンクに水が溜まるまで待つ必要がありますが、水道管から直結しているタンクレストイレならば、連続して水を流せます。 デメリット 次にデメリットを見ていきましょう。 手洗い場が別に必要 タンク付きトイレにはタンク上部に手洗いがついているタイプもありますが、タンクレストイレには手洗いがありません。 トイレ内に手洗いを設置したいときは、別に手洗い場を作ることになります。 空間を広く使いたいと思ってコンパクトなタンクレストイレを選んでも、手洗い場を設置したら逆に狭くなってしまう可能性があります。 停電時には使いにくい タンクレストイレは水道から水を出したり遮断したりする電磁弁を電気で動かしているため、停電になると水が流れなくなってしまいます。 普段は使わない手動レバーを引いて水を流す、バケツで水を流し込むなど、普段とは違った使い方をしなければなりません。 水圧によっては設置ができない タンクレストイレは水道管から直接水を引くため、一定以上の水圧が必要になります。 どれくらいの水圧が必要かは製品によって違いますが、水圧の低い場所に設置を考えている場合は注意しましょう。 価格が高い タンクレストイレはタンク付きトイレに比べ、価格が高い傾向にあります。 同スペックの製品で比べると、本体価格で1~10万円ほどの差があります。 ウォシュレット部分の交換ができない ウォッシュレットが故障した場合、タンク付きトイレの場合はウォッシュレットだけを交換することができます。 一方タンクレストイレはウォシュレットが一体型のため、ウォシュレット部分だけの交換は難しいです。 便器部分を含めた全体を交換する必要があります。 タンクレストイレのリフォーム費用相場と日数 タンクレストイレのリフォームにはどのくらいの費用がかかるのでしょうか。 また、設置工事にはどれくらいの期間を要するのでしょうか。 タンクレストイレのリフォーム費用相場 タンクレストイレのリフォームにかかる費用の相場は、交換する機種や工事の内容によっても違いますが、50万円ほどです。 トイレ本体の価格は、10万円台~30万円台。 加えて工事費として、出張費・古いトイレの撤去費・取付工事費・廃棄処分費などが加算されます。 これまで電気を使わないタイプのトイレを使用していた場合は、コンセント設置の電気工事が必要となることもあります。 タンクレストイレのリフォーム日数 タンクレストイレのリフォームにかかる日数は1~3日程度です。 これはトイレの交換自体にかかる日数です。 トイレのリフォームの流れとしては、まず設置箇所を確認する現地調査を行い、希望機種が設置可能かどうか、どのような工事が必要かなどを確認します。 そして、現地調査の結果に基づき、お見積もり・契約となり、その後工事が行われます。 タンクレストイレのリフォーム事例 ここからは実際のタンクレストイレのリフォーム事例を見ていきます。 トイレだけを交換した事例、壁紙や床材も交換し一気にスタイリッシュになった事例などさまざまな事例から、トイレのリフォームをイメージできるでしょう。 1:LIXILのタンクレストイレにリフォーム 存在感のある大きなタンクは年季が入り手洗いにサビも浮いていました。 これをLIXILのタンクレストイレにリフォーム。 タンクがなくなり、とてもコンパクトになりました。 事例の詳細: 2:タンク部分に収納スペースを作り空間を有効活用 タンクがなくなったことで生まれた新たなスペースに、手洗い場付きの収納棚を設置しました。 床や壁の内装もリフォームしすっきりとした印象のトイレになりました。 事例の詳細: 3:節水型のTOTOネオレストにリフォーム 従来型のタンク付きトイレから、節水型のタンクレストイレTOTOネオレストにリフォームした事例です。 汚れに強い製品でこれまでよりも掃除が楽になるでしょう。 事例の詳細: 4:Panasonicのアラウーノでスタイリッシュな空間に タンク付きトイレが設置されたシンプルな造りの空間でしたが、Panasonicのアラウーノと交換するとともに、壁紙と照明もチェンジ。 トイレがスタイリッシュな空間に生まれ変わりました。 事例の詳細: 5:便フタの色を変えて都会的なタンクレストイレに 大きな洗浄音と水垢が気になって、リフォームを決断。 もともとオシャレな空間でしたが、これまでの白い弁フタを色付きの弁フタの製品に変えたことで、より都会的になりました。 事例の詳細: 6:自動で泡が出る新型アラウーノで常に清潔なトイレに タンクレストイレで空間をすっきりさせ、トイレ背面の壁を調湿素材エコカラットに変えました。 新型アラウーノは泡で洗浄するタイプなので、お手入れも楽になります。 事例の詳細: 7:水流の強いLIXILのプレアスLSにリフォーム これまでもタンクレストイレを使っていましたが水流が弱く、タンク付きトイレへのリフォームも検討しました。 けれど、タンクレスでも水流が強いLIXILのプレアスLSを選択したことで、すっきりとした空間を維持することができました。 事例の詳細: タンクレストイレの相談はプロに! タンクレストイレにはスタイリッシュな見た目で、お掃除しやすく、節水にもなる高機能な製品がたくさんあります。 一方で、水道の水圧など設置するには製品ごとに定められた条件をクリアしなければなりませんし、停電時は使い勝手が悪くなるなどのデメリットもあります。 タンクレストイレへのリフォームは普通のトイレに比べ高額になりますから、後悔しないためにも製品の特長を良く知り納得できるものを選びたいところです。 タンクレストイレへのリフォームを考えたら、まずは、知識と経験のあるプロに相談してみましょう。 きっと満足のいくトイレのリフォーム案が見つかるはずです。

次の