楽天 ペイ と は。 【楽天】初めてサービスを使うごとに1,000ポイントGET!| スタートボーナスチャンス

‎「楽天ペイ

楽天 ペイ と は

スマホ決済「楽天Pay(楽天ペイ)」の支払い方法は? 楽天ペイの支払い方法は、他の電子マネーと異なり、事前のチャージや銀行から入金する必要ない 「後払い方式」です。 楽天ペイにクレジットカードの情報を登録することで、 楽天ペイで支払った金額をクレジットカードの請求額に合算します。 そのため、楽天ペイと紐づけるカードの設定が必要となりますが、設定方法については追って説明します。 楽天ペイで利用できる支払い方法には以下の種類があります。 QRコード・バーコードをお店に読み取ってもらう• お店のQRコード・バーコードを自分で読み取る• 金額を自分で入力するセルフペイ 楽天ペイはクレジットカードのように暗証番号の入力やサインなどが必要なく、 スムーズな支払いが可能となる点が魅力です。 スマホ決済でポイントをためよう!楽天Pay(楽天ペイ)の使い方【動画】 楽天Pay(楽天ペイ)で利用できるクレジットカードとは 楽天ペイの利用には、クレジットカードを登録する必要があるとお話ししましたが、どの種類のカードであれば利用可能なのでしょうか。 楽天ペイのアプリに登録できるクレジットカードは、 ・すべての楽天カード ・国内で発行されたVIsa、Mastercardブランドのカード であれば問題なく登録できます。 反対に、楽天カード以外が発行したJCBカード、American EXpress、Diners Club、Discover、海外で発行されたカードは基本的に使えませんので予め確認しておきましょう。 ポイントの2重取りができる 楽天ペイを使って決済すると 楽天ペイ利用分と クレジットカード利用分のポイントが2重取りできるので大変お得です。 通常のクレジットカード利用ポイントに加えて、 楽天ペイは200円につき1ポイント貯まります。 例えば楽天ペイに楽天カードを紐づけて、200円の買い物をした場合は、• 楽天ペイで1ポイント• 楽天カードで2ポイント 獲得でき、合計200円で3ポイントが加算される仕組みです。 楽天カード以外のおすすめカード 楽天カード以外にも、楽天ペイ利用時にお得にポイントを貯められるカードがあるので、紹介します。 オリコカード・ザ・ポイント オリコカード・ザ・ポイントは、その名の通りポイント獲得に特化したカードです。 年会費無料で、常に ポイント還元率が1%以上なのが魅力です。 ポイントがとても貯めやすく、以下の点がオリコカード・ザ・ポイントの特徴でもあります。 入会後6ヶ月は還元率2%• オリコモール経由で0. 5%ものポイントが獲得可能です。 楽天Pay(楽天ペイ)ではデビットカードの登録も可能! 楽天ペイでは、クレジットカードだけでなく デビットカードの登録も可能です。 しかし海外で発行されたカードなど、一部登録できないカードもあるため注意してください。 ポイントを併用して利用できる 楽天ペイでは、 楽天スーパーポイントを支払いに充てることもできます。 また、楽天スーパーポイントとデビットカードを併用して支払うことも可能なため、例えば設定で使用するポイントを500円分にしておけば、足りない分の金額のみをデビットカードで支払うことができます。 JCBデビットカードは利用できない 楽天ペイにデビットカードの登録が可能ですが、国際ブランドには注意が必要です。 国内のVisa、Mastercardであれば基本的に利用可能ですが、 JCBのデビットカード は登録できません。 JCBのカードについては、楽天JCBカード(クレジットカード)は登録できますが、楽天JCBデビットは使用できないため覚えておきましょう。 クレジットカード・デビットカードの設定方法は? それでは、実際に楽天ペイを使うためにカードの設定方法を確認しておきましょう。 順番に流れを説明します。 楽天ペイアプリを起動し、左上のメニューボタンを開く• 設定から「お支払い元の設定」をタップ• 「+新しいカードを登録」を選択• 「クレジットカード情報確認・変更」を選択• 「新規カード情報の追加」をタップ• 入力フォームに、クレジットカード番号や有効期限などの情報を入力 以上の手順で簡単に設定できます。 楽天カード以外にもリクルートカードやオリコカード・ザ・ポイントなどポイント還元率が高いものを登録しておくと良いでしょう。 普段の買い物でクレジットカードを利用する場面があれば楽天ペイで支払い、 ポイントの2重取りが狙えるためおすすめの決済方法でもあります。 楽天ペイで効率よくポイントを貯めてみてはいかがでしょうか?.

次の

楽天ペイのメリット、デメリット。現金・カードも持ち歩き不要なアプリ決済

楽天 ペイ と は

スマホ決済「楽天Pay(楽天ペイ)」の支払い方法は? 楽天ペイの支払い方法は、他の電子マネーと異なり、事前のチャージや銀行から入金する必要ない 「後払い方式」です。 楽天ペイにクレジットカードの情報を登録することで、 楽天ペイで支払った金額をクレジットカードの請求額に合算します。 そのため、楽天ペイと紐づけるカードの設定が必要となりますが、設定方法については追って説明します。 楽天ペイで利用できる支払い方法には以下の種類があります。 QRコード・バーコードをお店に読み取ってもらう• お店のQRコード・バーコードを自分で読み取る• 金額を自分で入力するセルフペイ 楽天ペイはクレジットカードのように暗証番号の入力やサインなどが必要なく、 スムーズな支払いが可能となる点が魅力です。 スマホ決済でポイントをためよう!楽天Pay(楽天ペイ)の使い方【動画】 楽天Pay(楽天ペイ)で利用できるクレジットカードとは 楽天ペイの利用には、クレジットカードを登録する必要があるとお話ししましたが、どの種類のカードであれば利用可能なのでしょうか。 楽天ペイのアプリに登録できるクレジットカードは、 ・すべての楽天カード ・国内で発行されたVIsa、Mastercardブランドのカード であれば問題なく登録できます。 反対に、楽天カード以外が発行したJCBカード、American EXpress、Diners Club、Discover、海外で発行されたカードは基本的に使えませんので予め確認しておきましょう。 ポイントの2重取りができる 楽天ペイを使って決済すると 楽天ペイ利用分と クレジットカード利用分のポイントが2重取りできるので大変お得です。 通常のクレジットカード利用ポイントに加えて、 楽天ペイは200円につき1ポイント貯まります。 例えば楽天ペイに楽天カードを紐づけて、200円の買い物をした場合は、• 楽天ペイで1ポイント• 楽天カードで2ポイント 獲得でき、合計200円で3ポイントが加算される仕組みです。 楽天カード以外のおすすめカード 楽天カード以外にも、楽天ペイ利用時にお得にポイントを貯められるカードがあるので、紹介します。 オリコカード・ザ・ポイント オリコカード・ザ・ポイントは、その名の通りポイント獲得に特化したカードです。 年会費無料で、常に ポイント還元率が1%以上なのが魅力です。 ポイントがとても貯めやすく、以下の点がオリコカード・ザ・ポイントの特徴でもあります。 入会後6ヶ月は還元率2%• オリコモール経由で0. 5%ものポイントが獲得可能です。 楽天Pay(楽天ペイ)ではデビットカードの登録も可能! 楽天ペイでは、クレジットカードだけでなく デビットカードの登録も可能です。 しかし海外で発行されたカードなど、一部登録できないカードもあるため注意してください。 ポイントを併用して利用できる 楽天ペイでは、 楽天スーパーポイントを支払いに充てることもできます。 また、楽天スーパーポイントとデビットカードを併用して支払うことも可能なため、例えば設定で使用するポイントを500円分にしておけば、足りない分の金額のみをデビットカードで支払うことができます。 JCBデビットカードは利用できない 楽天ペイにデビットカードの登録が可能ですが、国際ブランドには注意が必要です。 国内のVisa、Mastercardであれば基本的に利用可能ですが、 JCBのデビットカード は登録できません。 JCBのカードについては、楽天JCBカード(クレジットカード)は登録できますが、楽天JCBデビットは使用できないため覚えておきましょう。 クレジットカード・デビットカードの設定方法は? それでは、実際に楽天ペイを使うためにカードの設定方法を確認しておきましょう。 順番に流れを説明します。 楽天ペイアプリを起動し、左上のメニューボタンを開く• 設定から「お支払い元の設定」をタップ• 「+新しいカードを登録」を選択• 「クレジットカード情報確認・変更」を選択• 「新規カード情報の追加」をタップ• 入力フォームに、クレジットカード番号や有効期限などの情報を入力 以上の手順で簡単に設定できます。 楽天カード以外にもリクルートカードやオリコカード・ザ・ポイントなどポイント還元率が高いものを登録しておくと良いでしょう。 普段の買い物でクレジットカードを利用する場面があれば楽天ペイで支払い、 ポイントの2重取りが狙えるためおすすめの決済方法でもあります。 楽天ペイで効率よくポイントを貯めてみてはいかがでしょうか?.

次の

「楽天ペイ(アプリ決済)」、全国の松屋フーズで利用可能に

楽天 ペイ と は

楽天株式会社(本社:東京都世田谷区、代表取締役会長兼社長:三木谷 浩史、以下「楽天」)、グループ会社の楽天ペイメント株式会社(本社:東京都世田谷区、代表取締役社長:中村 晃一、以下「楽天ペイメント」)およびKDDI株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:髙橋 誠、以下「KDDI」)は、2019年6月26日より、楽天ペイメントが運営する「楽天ペイ(アプリ決済)」の対象加盟店において、KDDIが運営するスマホ決済サービス「au PAY」が利用できるようになること(以下「本取り組み」)をお知らせします。 本取り組みにより、「楽天ペイ(アプリ決済)」および「au PAY」のお客様は、使えるお店の目印として指定ステッカーが提示された対象店舗において、共通のQRコード(以下「共通QR」)(注1)を読み込むことで、決済が可能となります(注2)。 対象の「楽天ペイ(アプリ決済)」加盟店は、事前に特別な操作などが不要で、簡単に「au PAY」を導入することができます。 楽天グループとKDDIは、2018年11月に、決済、物流、通信分野における事業協争の推進に合意しています(注3)。 本取り組みは、この合意に基づき、「楽天ペイ(アプリ決済)」の決済プラットフォームや加盟店網の一部をKDDIに提供するとともに、各種決済インフラの相互利用を促進し、「キャッシュレス社会の実現」とお客様の利便性向上を進めることを目的としています。 また、今後、合同キャンペーンなどの実施も検討していきます。 楽天、楽天ペイメント、KDDIの3社は今後も、「楽天ペイ(アプリ決済)」および「au PAY」が利用できる場所を拡大し、ユーザーに、よりお得で利便性の高い決済体験を提供すべく、サービスの向上を図っていきます。 (参考) 【楽天ペイメントについて】 楽天ペイメント株式会社は、楽天グループにおいて決済・マーケティング分野を中心としたサービスを展開する企業として2019年4月に設立されました。 現在、「楽天ペイ(実店舗決済)」、「楽天ペイ(アプリ決済)」、「楽天ポイントカード」、「楽天Edy」、「楽天チェック」といったサービスを運営しています。 お客様には親しみやすく便利で安全な決済サービスを、加盟店様には業種・業態に合わせた幅広い決済サービスと、データを活用したマーケティングブログラムを通じたビジネス支援を提供しています。 【「楽天ペイ(アプリ決済)」について】 「楽天ペイ(アプリ決済)」は、クレジットカードを登録して、スマホアプリで簡単に支払いができるサービスです。 利用者は、対象店舗でお買い物の際、店舗のタブレット端末に表示されるQRコードや印刷されたQRコード(プリント型)をスマホアプリで読み取る、または、スマホアプリにQRコード・バーコードを表示させて店舗側に読み取ってもらうことで、お支払いが可能となります。 本サービスをご利用いただくことで、「楽天スーパーポイント」を貯めたり、支払いに使ったりすることもできます。 【「au PAY」について】 「au PAY」は、お手持ちの「au WALLET アプリ」から簡単な操作でご利用いただけ、アプリ上に表示されるバーコードやQRコードを店舗のPOSレジや各種端末で読み取る、または店舗が提示したQRコードをアプリで読み込むことで、お買い物・お支払いにご利用いただけるスマホ決済サービスです。 使える場所は2019年5月下旬以降「スギ薬局」「ビッグエコー」が追加となり、順調に拡大しています。 「au PAY」が利用可能な加盟店は、「au WALLET アプリ」の「au PAY」の使えるお店からの検索、または「au PAY」サービスサイトから検索いただけます。 また、現在ご利用金額の合計最大26. 5%の「au WALLET ポイント」をお客様に還元しています。 (注1)「楽天ペイ」加盟店アプリから表示、印刷できる、「QRコード(ワンタイム型)」と「QRコード(プリント型)」が対象となります。 POSや小型決済端末(Sunmiなど)は対象外です。 また指定の特約に同意いただく必要があります。 なお、一部契約形態はこの限りではありません。 詳細は、「楽天ペイ」ホームページ上で後日ご確認いただけます。 (注2)すべての「楽天ペイ(アプリ決済)」加盟店で「au PAY」が利用可能となるものではありません。 (注3)詳細は、こちらのページをご確認ください: KDDIと楽天、決済、物流、通信分野における事業協争を推進.

次の