私は善だと思わぬが。 映画『裸の十九歳』から学んだこと

姿勢が悪い人は「美しい人」とは思われない。あなたは歩き方のココを見直して|OTONA SALONE[オトナサローネ]

私は善だと思わぬが

上部と下部の少し出っ張っている部分以外に壁と同じクロスを貼れないか相談されてみては? 戸袋部分の材質と戸が収まった際の隙間の具合によっては「無理です」となるやもしれませんが、聞くのはタダですから。 室内物干しが付いていますが、それでも24時間換気で脱衣室の換気扇を回していれば湿気ムンムンとはならないでしょう。 そもそもそれで剥がれるようなら脱衣室全体のクロスが剥がれかねません。 上記の案も含めて率直に「この部分の色を何とかしたい」とプロに相談されることです。 あと、写真左側の壁の下部にコンセントがありますが、ここに何か置かれる予定はあるのでしょうか? あるのであれば、それを設置した後どれくらい真っ白い部分が見えるかもありますね。 見える面積によっては慣れれば気にならないかもしれません。 数週間もすれば「風景」になることが多いですから。 なお、個人的にはコンセントがある壁もアイボリーではなく真っ白なようですからこのままでも特段大きな違和感はありません。 アクセントとして色を変えているという感じで。 ちなみに当方は5年前に自宅の建て替えをしましたが、風呂場の壁は1面だけ色が異なるタイプにしています。 また、寝室のベッドヘッド側の壁も他の3面とは異なるクロスにしています。 なのでアクセントしてある部分の色合いを変えるとうのはアリだと思います。 それを「統一感が無くてイヤ」という場合は仕方ないですが。 参考まで。

次の

「あいのり」桃 スピード再婚への心配の声に「『どうせすぐ別れる』とか思わず、あたたかく見守って」― スポニチ Sponichi Annex 芸能

私は善だと思わぬが

会話が好きな男性には「もっと話してほしい」という気持ちを相槌に込めるといいかもしれません。 「かっこよかった」 「会社のプレゼンテーションがうまくいかなくて、落ち込んでいたときのこと。 同じように、彼の言動を「かっこいい」と褒めれば、距離が急接近するかもしれませんね。 「すごく素敵だけど…」 「いつも僕の話を聞く上で、肯定的なフレーズをくれる女性がいます。 相手の意見も楽しめている彼女には、大人の余裕を感じますね」(Kさん・41歳男性) 相手の意見を否定せずに尊重することは、なかなかできることではありません。 相手の思いを汲み取りつつ、自分の意思を盛り込めば、さらに会話が盛り上がること間違いなしです。 「すごいね!」 「僕はアガリ症で、僕の発言中に場が静まっていると緊張してしまいます。 相手が自信なさげに話しているときほど、相手を褒めるように心がけると「会話が盛り上がっている」と、相手も心を開く気になりそうです。 キュンキュンしちゃいますね」(Kさん・25歳男性) この女性が話す「それで?」という言葉には、「もっと聞きたい」という気持ちが表れていますよね。 日本人はリアクションをあまりとらないと言われていますが、本当に関心があることは、積極的にそれを口に出したり、表情に出したりすると、彼に喜ばれるでしょう。 「なるほど」 「人の話をちゃんと聞いている女性は、好感が持てます。 おうむ返しをしつつ、その話題についての感想や自分の疑問をぶつけてくれると、話が弾みますよね。 相手から聞いた話を適度に盛り込みつつ、自分らしい返答をすれば「楽しい」と思ってもらえるのかもしれないですね。 以上、「男が喜ぶ相槌」を紹介しました。

次の

息子たちの「見えないお友達」。その存在の正体に思わず涙!(ファンファン福岡)

私は善だと思わぬが

私の二人の息子たちは、一時期、まるで「大人には見えないお友達」がいるかのようにして遊んでいることがよくありました。 突然、誰もいないところに向かって、おいでおいでをしてみたり。 遊んでいる途中で、バイバーイ、と手を振ったり。 ふざけてやっているという感じではなく、一連の遊びの流れの中で自然に…といった感じの振る舞い方です。 以前、小さな子どもを持つ友人からも、これと似たような話しを聞いたことがありました。 「うちの子、どうも目に見えないお友達がいるみたい」「もしかしたら、幽霊とかが見えているのかも…」 小さな子どもたちは私たちとは異なり、余計な先入観は持たず、感じたものをそのまま受け止めているのかもしれません。 だから、大人には見えない、「子どもだけに見えるなにか」があっても、おかしくはないかな…と思ったりします。 「見えないお友達」と遊んでいる息子たちを見ると、怖がったりする様子は全くなく、むしろ楽しそうにしています。 万が一、幽霊だったとしても、きっと悪いものではないのだろうと思います。 なので、私も「見えないお友達」のことはさほど気にせず、そのままにしていました。 おそらくは、息子たちの空想遊びの一つなのでしょう。 大きくなっていくにつれて、そういったものも見られなくなっていくはずだと思っていました。 しかし、ある日のこと。 洗濯物をたたんでいる私のところへ次男がトコトコと近づいてきました。 そして、私の袖をひっぱると、「ほら見て、ワンワン」。 促されて次男の指す方を見てみたのですが、ただ、カーテンが揺れているだけ。 「ワンワン?」半信半疑で次男に聞いてみると、次男は私の顔を見て、「ワンワン、お母さんが好き」と。

次の