三井 住友 visa プリペイド カード。 三井住友カードで貯めたポイントで残高をチャージできる!三井住友VISAプリペイドを使ってみた

ご利用上の注意|三井住友VISAプリペイド|クレジットカードの三井住友VISAカード

三井 住友 visa プリペイド カード

申込方法 ウェブサイト 申込条件 満6歳以上(小学生以上)の方• 携帯電話番号およびメールアドレスが必要です。 「iD」は株式会社NTTドコモの商標です。 Apple、Apple PayはApple Inc. の商標です。 Google Pay は Google LLCの商標です。 ご利用特典 ご利用金額の0. 25%(翌月10日、残高に加算) チャージ方法 インターネットバンキング、クレジットカード、セブン銀行ATM、ローソン店頭 カード残高上限額 30万円• 1日のチャージ上限は30万円、月間のチャージ上限は100万円です。 年会費 無料 手数料 発行手数料・発送手数料 無料 チャージ手数料 方法により異なる.

次の

三井住友VISAプリペイド|クレジットカードの三井住友VISAカード

三井 住友 visa プリペイド カード

三井住友VISAプリペイド基本情報 発行元 三井住友 ブランド VISA カード発行手数料 発行手数料 200円(税込) 発送手数料 440円(税込) 年会費 無料 年齢 18歳以上 審査 なし 還元率 2,000円(税込)利用で1ポイント付与 カード残高上限額 5万円 チャージ手数料(税別) 1回あたり 無料:VJA・オムニカード協会加盟各社発行のVisaカード、Mastercardでのお支払い 200円(税込):その他のVisaカード、Mastercardでのお支払い 200円(税込)::インターネットバンキング こうやってみると手数料等も結構かかりますし、お得感はない感じがしますね。 これっていう特徴もないようですが、三井住友というブランド力やセキュリティ面の信頼感は高いかもしれませんね。 ではメリットデメリットを見ていきましょう。 三井住友VISAプリペイドのデメリット チャージ方法がクレジットカードとインターネットバンキングのみ 初回に手数料 発行手数料200円(税込)、発送手数料440円(税込) がかかる まず発行手数料200円(税込)、発送手数料440円(税込)がかかります。 チャージ手数料も三井住友のクレジットカードなどVJA・オムニカード協会加盟各社発行のVisaカード、Mastercardでのお支払いならいいのですがその他のクレジットカードやインターネットバンキングも200円(税込)かかるのでなかなかチャージしにくいですね。 三井住友VISAプリペイドのメリット 最大5枚同時保有可能 一人最大5枚まで保有可能になっています。 カード残高上限額が5万円ということもあると思います。 安心して利用しやすい カード残高上限額が5万円というとかなり低いのですが、一人最大5枚まで保有可能ということで安全面などを考えてということなのかなと思います。 1枚紛失してもそれほど残高も入りませんし、それほどリスクはないですね。 三井住友VISAブランド 三井住友VISAが発行しているというところでブランドイメージでしょうか。 あとはセキュリティ面での安心感もありますね。 ブランド認知度、安心度などは高い 三井住友のSMBCデビットも候補に 三井住友VISAプリペイドはスペック的にはお得感はほとんどありませんね。 それだったら三井住友のSMBCデビットも候補に入れてもいいのかなと思います。 三井住友VISAプリペイド SMBCデビット 発行元 三井住友 三井住友 ブランド VISA VISA カード発行手数料 発行手数料 200円(税込) 発送手数料 440円(税込) 無料 年会費 無料 無料 年齢 18歳以上 15歳以上 審査 なし なし 還元率 2,000円(税込)利用で1ポイント付与 還元率0. 発行手数料も無料ですし、年齢も15歳以上と作りやすいです。 あとSMBCデビットの方がキャンペーンも積極的にやっていたりするのでお得になったりするかもしれませんよ! 僕はキャンペーンに乗っかりました!.

次の

三井住友カードで貯めたポイントで残高をチャージできる!三井住友VISAプリペイドを使ってみた

三井 住友 visa プリペイド カード

三井住友VISAバーチャルカードの特徴 三井住友VISAバーチャルカードの主な特徴は、以下のとおりです。 三井住友カードはMasterも発行できることが多いですが、バーチャルカードのブランドはVISAのみです。 また、ネットでの比較的少額決済用のカードなので、旅行保険は海外、国内ともに付帯サービスには含まれていません。 年会費の割引(無料化) 三井住友VISAカードの「マイ・ペイすリボ」は、リボ払いとなる設定額を利用限度額と同じまで引き上げることによって、実質リボ払いではなく一括払いと同じ使い方が可能です(リボ払い手数料もかかりません)。 そのため、三井住友VISAバーチャルカードを自分1人で使うときは、マイ・ペイすリボに登録して設定額を最大まで上げることによって、1回でもカードを利用すれば翌年の年会費をゼロに抑えることができます。 実物のカードが送られてくるものの、利用はあくまでネットのみ 三井住友VISAバーチャルカードは、ネット上で確認するのみに留まるエポスカードのバーチャルカードとは異なり、 実物のカードが郵送で(一応)送られてきます。 とはいえ、バーチャルカードはあくまでインターネットでの利用が前提であり、実物のカードにはICチップどころか磁気ストライプさえ付いていません。 送付されたカードはカード番号や有効期限を確認するためのみに利用することになります。 カード自体を店頭で取り出して利用することは無いので、カードのデザイン云々は触れる必要がないかもしれませんが……カード券面は情報の掲載が主であって、デザインはVirtual Cardの名称にドロップシャドウのかかった一昔前の雰囲気です。 不正利用の補償 三井住友VISAバーチャルカードには「第三者に不正利用された場合、ご利用枠の範囲内で悪用された額を補償」する不正利用補償が付帯します。 インターネットであまり馴染みのないネットショップから商品を購入する場合、不正利用の補償があるのは、利用限度額が10万円と低めに設定されていることと相まってこのカードの主なウリになっています。 「万が一、不正利用されても補償される。 また限度額が低いので多額の不正利用をすることは不可能。 かつネットのみでしか使えないため店頭で商品を購入することも不可能」。 機能にかなり縛りがかかっているからこそ、気楽に使えるカードです。 ショッピング補償 三井住友VISAバーチャルカードは、 バーチャルなカードかつ年会費も極少額であるにもかかわらず、ショッピング補償がちゃんと付いてます。 この辺は。 バーチャルでもさすが「三井住友」ブランドといったところですね。 年間100万円まで、自己負担は1件あたり3,000円となるものの、ネットショップ等で購入した商品がすぐに破損してしまったとか、盗難に遭ったときに(条件はありますが)損害を補填してもらえます。 ポイント還元率 三井住友VISAバーチャルカードにも、三井住友VISAカード(クラシック)と同様のポイント制度があります。 還元率は0. とはいえ、前述のとおりバーチャルカードの利用限度額は10万円しかないため、バーチャルカードの決済額を最大まで上げたとしても、月5万円程度にしかなりません。 そのため、バーチャルカードのボーナスポイントはほとんど意識することはないです。 三井住友VISAバーチャルカードが向いている人 以上が三井住友VISAバーチャルカードの主な特徴になります。 前述のとおり、バーチャルカードは利用限度額が少額に制限されている点が安心材料として機能するカードですが、その長所がそのまま「普段使い」のネット用カードとしては利便性・機動性に欠ける短所にも繋がります。 ネットでのクレジット払いを全てこのカードの利用限度額で賄えるならよいのですが、そうではない場合には「この買い物にはバーチャルカード」「こっちの買い物は普通のクレジットカード」と使い分けていくことになります。 そうすると、 バーチャルカードではなく一般的なクレジットカードで決済したサービスからカード情報が流出・不正利用されることもあり得るわけで(大手の会社だから安心というわけではないのが、ネット通販等でのクレジットカード使い分けの難しいところ)、このカードを発行する意味は薄れてしまいます。 (三井住友VISAバーチャルカードではなくとも、一般的なクレジットカードには大抵、不正利用の補償が含まれているため、その点での違いは実はあまりないのかなと) メインで利用するクレジットカードが他にある場合、ネットでもそのカードを使うほうがポイント還元率や年間利用額に関連した特典などで有利なことも多いですから、そうなるとバーチャルカードの出番はより少なくなってしまいます。 結局のところ、「これからインターネットで初めてネットショッピングをする」という人や「たまにネットから買い物をする」程度に利用する人が、 安心してネットから購入するための一枚という位置づけに収まるのかな。 長所がもろに短所と表裏の関係にあるカードなので、利用限度額の範囲内で十分賄えるかどうかが発行するかしないかの分水嶺です。

次の