抗生 物質 アジー。 インフルエンザなのに、抗生物質が処方される理由

アジー(ジスロマック)は淋病・クラミジアに効果ある?副作用と飲み合わせは?

抗生 物質 アジー

本記事ではインド製の抗生物質であるアジーについてまとめていきます。 アジーは、淋病やクラミジアの治療に使用されることの多い抗生剤であるジスロマックのジェネリック医薬品です。 インド製ということもあり、国内ではいまだ認可されていません。 海外通販サイトから個人輸入することで、Amazonや楽天で商品を買うようにアジーを手にすることができます。 ジスロマックのように クリニックに出向いて医師の診察を受け、処方せんをもらう手間を省くことができます。 ジェネリックなので価格も半額程度に抑えられます。 「手間とコストを抑えてジスロマックを手にしたい」 このような思いを抱いている方におすすめなのがアジーです。 アジーとは? アジーはインドの製薬会社であるシプラ社が開発・販売する抗生物質です。 ジスロマックという先発薬のジェネリック医薬品となります。 ジスロマックは大手製薬会社であるファイザー社によるマクロライド系抗生物質です。 歯周病や膀胱炎、喉の炎症などさまざま感染症の治療に用いられる医薬品です。 なかでもジスロマックは、 淋病やクラミジアに効果がある抗生物質として知られています。 言うまでもなくクラミジアは日本で最もメジャーな性感染症(STD)です。 日本国内だけで100万人以上の人がクラミジアに感染しているとされています。 パートナーとのセックスが感染経路である場合がほとんどです。 クラミジアは症状の自覚が難しく若年層の女性を中心に広まっています。 決して珍しいものではないということですね。 一方、 淋病は男性に多い性感染症です。 患者数としてはクラミジアの半分ぐらいの規模のようです。 20代の若い男性層を中心に淋病は広まっています。 最近では特定のパートナー以外ともセックスをする若者が増えており、それにともない淋病に感染する人も多くなっているとのことです。 クラミジア同様、淋病も決して他人事とは言えない性感染症となっています。 このような日本国内で猛威を振るっているクラミジアと淋病という2つの性感染症に効果を発揮するのがジスロマックであり、そのジェネリック医薬品のアジーです。 クラミジアか淋病のいずれかの性感染症に悩んでいる方は、ぜひとアジーの服用を考えてみて下さいね。 アジーの効果 ジスロマックのジェネリック医薬品である アジーに含まれる有効成分は、もちろんジスロマックと同じアジスロマイシン水和物となります。 この有効成分が抗生物質として体内で作用します。 アジスロマイシンは、体内で細菌のたんぱく質を合成する器官に結合します。 その結果、細菌は細胞分裂することが出来なくなり、増殖することも出来なくなってしまいます。 クラミジアはクラミジア・トラコマティスという細菌に感染することによって、淋病は淋菌という細菌に感染することによって発症する性感染症です。 そのため、治療法としては、このそれぞれの原因となる細菌の増殖を抑えることが第一になります。 ここで役に立つのが、ジスロマックやアジーの有効成分である抗生物質のアジスロマイシン水和物となるわけです。 クラミジア・トラコマティスや淋菌の繁殖を防ぎ、死滅させる効果があります。 アジーの特徴 アジーの特徴は、何と言っても、その入手の手軽さにあります。 アジーの先発薬のジスロマックは医療用医薬品であり、医師に処方せんを書いてもらうことなしには入手できないものです。 そのため、ジスロマックを手にするためには、クリニックに出向き、医師の診察を受け、処方せんを受けとり、薬局で処方してもらうという手間をかける必要があります。 仕事や家事に忙しい人からしたらなかなかに面倒ですよね。 一方、アジーの入手方法としては、海外通販サイトを利用しての個人輸入になります。 そのため、 Amazonや楽天で買い物をするかのようにアジーを手にすることができます。 また、ジェネリック医薬品であるために 価格も先発薬のジスロマックの半額程度となっています。 「手間とお金を省いてジスロマックと同じ効果を手にしたい」 このような思いを抱いている方におすすめなのがアジーとなります。

次の

アジスロマイシン(ジスロマック)の効果、副作用、その他の特徴│抗生物質、細菌感染症治療薬

抗生 物質 アジー

インフルエンザウイルスが増殖するスピードはとても早く、1つのウイルスが、16時間後に1万個、24時間後には約100万個になると言われているため、インフルエンザ発症後は、できるだけ早い段階でお薬を服用することが大切です。 主に、病院で処方されるインフルエンザのお薬は、「タミフル」「リレンザ」「イナビル」 の3つがあります。 これらのお薬は、「インフルエンザウイルス」が増殖するために必要な「ノイラミニダーゼ」という酵素の働きを阻害します。 それにより、インフルエンザウイルスが感染した細胞内から外に出られずに、感染が拡大するのを防ぐことができます。 このように作用するお薬のことを「ノイラミニダーゼ阻害薬」と言います。 インフルエンザには、おもにA型、B型、C型の3つの型があるのですが、ノイラミニダーゼ阻害薬はA型、B型に対して有効です。 また、インフルエンザの治療だけでなく、必要に応じて予防に用いられることもあります。 ウイルスに効果がないのに、抗生物質が処方されることがある理由として「合併症の予防・治療」を挙げる医師もいます。 インフルエンザに感染すると、体力や免疫力が低下するため、他の細菌に感染しやすい状態になります。 半数以上の方が、細菌による感染症を合併しているといわれています。 例えば、黄緑色の鼻水や、痰が絡む咳などの症状がある場合は、他の細菌の感染症を併発している可能性もあります。 特に、幼いお子さんやご高齢の方、他の病気等で体力が弱っている方が、インフルエンザに感染し、気管支炎や肺炎などの合併症を起こしてしまった場合、それが重症化し、命に関わる場合もあります。 そのようなリスクを考えた場合、抗生物質を服用し、合併症の予防・治療を行うことが重要であるという意見も一部あるのです。 しかし、現時点ではインフルエンザと判明している患者さんに対して抗生物質を処方することは推奨されませんし、インフルエンザ感染時には医学的には 不要なお薬です。

次の

アジー100mg|抗生物質通販|送料無料

抗生 物質 アジー

インフルエンザウイルスが増殖するスピードはとても早く、1つのウイルスが、16時間後に1万個、24時間後には約100万個になると言われているため、インフルエンザ発症後は、できるだけ早い段階でお薬を服用することが大切です。 主に、病院で処方されるインフルエンザのお薬は、「タミフル」「リレンザ」「イナビル」 の3つがあります。 これらのお薬は、「インフルエンザウイルス」が増殖するために必要な「ノイラミニダーゼ」という酵素の働きを阻害します。 それにより、インフルエンザウイルスが感染した細胞内から外に出られずに、感染が拡大するのを防ぐことができます。 このように作用するお薬のことを「ノイラミニダーゼ阻害薬」と言います。 インフルエンザには、おもにA型、B型、C型の3つの型があるのですが、ノイラミニダーゼ阻害薬はA型、B型に対して有効です。 また、インフルエンザの治療だけでなく、必要に応じて予防に用いられることもあります。 ウイルスに効果がないのに、抗生物質が処方されることがある理由として「合併症の予防・治療」を挙げる医師もいます。 インフルエンザに感染すると、体力や免疫力が低下するため、他の細菌に感染しやすい状態になります。 半数以上の方が、細菌による感染症を合併しているといわれています。 例えば、黄緑色の鼻水や、痰が絡む咳などの症状がある場合は、他の細菌の感染症を併発している可能性もあります。 特に、幼いお子さんやご高齢の方、他の病気等で体力が弱っている方が、インフルエンザに感染し、気管支炎や肺炎などの合併症を起こしてしまった場合、それが重症化し、命に関わる場合もあります。 そのようなリスクを考えた場合、抗生物質を服用し、合併症の予防・治療を行うことが重要であるという意見も一部あるのです。 しかし、現時点ではインフルエンザと判明している患者さんに対して抗生物質を処方することは推奨されませんし、インフルエンザ感染時には医学的には 不要なお薬です。

次の