ハイパー リーグ。 【ハイパーリーグ】ラグラージではなくカメックスを採用する理由

【ポケモンGO】トレーナーバトルの鬼がオススメする「ハイパーリーグ用に育てたいパーティ」第3弾

ハイパー リーグ

「タチフサグマ」や「シュバルゴ」が増え相変わらず「はがね」ポケモンも多い環境に対応すべく、「かくとう」タイプの 「ニョロボン」を最初に出すパーティです。 「ニョロボン」がフェアリーやエスパーなど 明らかに出し負けたときは、「レジスチル」は温存したいので「ラグラージ」へ交代します。 このパーティは最初に「くさむすび・クレセリア」が来るとかなり厳しいため、これに対応したい場合は「ラグラージ」を「アローラベトベトン」や「カビゴン」あたりにするのもアリです。 定番型・伝説ポケモンありパーティ ハイパーリーグも環境トップクラスの強さを誇るポケモンは伝説ポケモンが使われています。 それら伝説のポケモンをパーティ構成に組み込んだ、幅広いポケモンに対応できるパーティを紹介します。 ラグラージ・レジスチル・ギラティナアナザー 弱点が少なく攻撃範囲の広い 「ラグラージ」を軸とした構成です。 「ラグラージ」が苦手とする 「ギラティナアナザー」や「フェアリー」系ポケモンを「レジスチル」で対処し、「レジスチル」が苦手とする「ラグラージ」や「リザードン」が後ろから出てきた場合は「ギラティナアナザー」で対処します。 最初の「ラグラージ」が出し負けたときはすぐに交代せず、 できるだけ相手にダメージを与えて倒されるか交代受けを狙う立ち回りがおすすめです。 「ギャラドス」に有効打を持つポケモンがいないため要注意です。 技発動回転率が速いギラティナアナザーの「ドラゴンクロー」、ラグラージの「ハイドロカノン」、レジスチルの「ラスターカノン」あたりでHPを削って対応します。 「ギャラドス」への対応として レジスチルを「メルメタル」に変更する構成もアリですが、パーティ全体の耐久力は少し下がります。 レジスチル・ギラティナアナザー・トゲキッス ハイパーリーグ屈指の耐久力を誇る 「ラプラス」を軸としたパーティです。 ラプラスは 相手の「ギラティナアナザー」に対しては圧倒的に強く、「レジスチル」に対しても「なみのり」である程度ダメージを与え、「フェアリー」系ポケモンにも互角以上のバトルができます。 ラプラスが苦手とする「はがね」系やアーマードミュウツーあたりは 「リザードン」でカバーします。 相手が「ニョロボン」を出してきた場合は対処がかなりキツイです。 「ばくれつパンチ」を上手くリザードンで交代受けするなどして乗り切る必要があります。 できればレジスチルを使いたい ここまで紹介したパーティには 「レジスチル」が多く入っています。 「レジスチル」はパーティに確定で入れておきたいぐらい、 ハイパーリーグでは 頭ひとつ抜けた強さを誇っています。 強化や技開放の「ほしのすなとアメ」は多く必要ですが、代わりとなるポケモンは存在しないほどの強さなため、できれば1体はゲット&強化がおすすめです。 手持ちにない場合はフレンドのポケモン交換でもゲットできますが、 図鑑未登録のポケモン交換には非常に多くの「ほしのすな」が必要です。 「アローラベトベトン」も弱点が「じめん」タイプのみ、強力なあく技「あくのはどう」が広範囲のポケモンに有効なため、交代先としておすすめです。 最初に「ラグラージ」を出し、相手の1体が 苦手とする「ギラティナ」あたりを出しきた場合は、「アローラベトベトン」に交代します。 「ラグラージ」と「アローラベトベトン」の2体が苦手とする「フェアリー」系ポケモンは「リザードン」で対処します。 能力ダウン戦略パーティ GOバトルリーグ(PvP)では能力がダウンするデバフ技と能力がアップするバフ技が存在します。 この デバフ技を戦略的に使用してバトルを有利に進めることを目的としたパーティ例を紹介します。 クレセリア・ラグラージ・グランブル.

次の

【ポケモンGO】ハイパーリーグでおすすめのポケモン!最強はどれ?

ハイパー リーグ

ギラティナ アナザー ,レジスチル,ラグラージ ギラティナ アナザー レジスチル ラグラージ ゴースト ドラゴン はがね みず じめん SCP:2804 SCP:2843 SCP:2514 総評 ギラティナと レジスチルは SCPが高く相性補完が良い(ギラティナが弱いフェアリー・氷タイプにレジスチルが強く、レジスチルが弱い格闘・炎タイプにギラティナが強い)。 ただしその二体だとハガネール・レジスチルといった 鋼タイプへのケアが甘いので ラグラージで補っている。 オプション ギラティナ・レジスチル・ラグラージといった 環境のトップメタを対策したい場合はギラティナまたはラグラージを ギャラドスにする選択肢もある。 レジスチル,メガニウム,ギラティナ アナザー レジスチル メガニウム ギラティナ アナザー はがね くさ ゴースト ドラゴン SCP:2843 SCP:2527 SCP:2804 総評 SCPが高く技範囲が優秀な レジスチルを中心に組んだパーティ。 二体目にはレジスチルが弱い ラグラージ・ニョロボンなどへのケアとして メガニウムを採用。 メガニウムが弱いトゲキッス・フシギバナにレジスチルが強いのでこの二体は相性が良い。 ただし、この二体では 炎・格闘タイプへのケアが甘いため三体目にSCPが高くタイプが優秀な ギラティナを採用した。 オプション 相手の フリーザー・リザードンを意識する場合はギラティナのかげうちを げんしのちからにする選択肢もある。 クレセリア,レジスチル,ラグラージ クレセリア レジスチル ラグラージ エスパー はがね みず じめん SCP:3027 SCP:2843 SCP:2514 総評 SCPが高く技範囲が優秀な クレセリアを中心に組んだパーティ。 二体目にはクレセリアが弱い レジスチル・ベトベトン アローラ へのケアとして ラグラージを採用。 三体目にはここまで一貫している相手の ギラティナとフェアリー・草タイプへのケアとして レジスチルを採用した。 オプション クレセリアの技構成は環境上位のギラティナとラグラージの両方に弱点をつける構成となっているが、 フシギバナやリザードンを意識する場合はくさむすびを みらいよちにする選択肢もある。 トゲキッス,カビゴン,ラグラージ トゲキッス カビゴン ラグラージ フェアリー ひこう ノーマル みず じめん SCP:2482 SCP:2736 SCP:2514 総評 ハイパー環境のトップメタである ギラティナに強い トゲキッスを中心に組んだパーティ。 二体目には トゲキッスとの相性補完が良い ラグラージを採用(トゲキッスが弱い鋼・岩・電気タイプにラグラージが強く、ラグラージが弱い草タイプにトゲキッスが強い)。 三体目には トゲキッスと合わせてギラティナの通常技の一貫を切りつつ高いSCPでパーティ全体の耐久力をケアできる カビゴンを採用した(ギラティナのりゅうのいぶきはトゲキッス、シャドークローはカビゴンが有利に戦える)。 オプション フシギバナに強くしたい場合はカビゴンを ベトベトン アローラ にする選択肢もある。 ハガネール,フシギバナ,ニョロボン ハガネール フシギバナ ニョロボン はがね じめん くさ どく みず かくとう SCP:2725 SCP:2519 SCP:2575 総評 ハイパー環境のトップメタである ギラティナに対して圧倒的に強い ハガネールを中心に組んだパーティ。 二体目には ハガネールと相性補完の良い フシギバナを採用(ハガネールが弱い水・地面・格闘タイプにフシギバナが強く、フシギバナが弱いエスパータイプやギラティナにハガネールが強い)。 この二体だと ベトベトン アローラ ・ラプラスなどへのケアが甘いため三体目には ニョロボンを採用した。 またニョロボンが弱いエスパータイプにハガネール、フェアリータイプにフシギバナがそれぞれ強いのでこの二体との相性補完も良い形となっている。 ピクシー,リザードン,ニョロボン ピクシー リザードン ニョロボン フェアリー ほのお ひこう みず かくとう SCP:2470 SCP:2383 SCP:2575 総評 ハイパー環境でトップメタの ギラティナに強い ピクシーを中心に組んだパーティ。 二体目にはピクシーが弱い レジスチル・フシギバナに強く出られる リザードンを採用。 リザードンが苦手なギラティナにピクシーが強いのでこの二体の相性補完は良い。 三体目にはリザードンが隙を見せる 水タイプへのケアとして水ミラーで強い ニョロボンを採用した。 ニョロボンは鋼タイプにも強いのでピクシーとも相性が良い。 オプション ニョロボンが弱い クレセリアなどのエスパータイプをケアしたい場合はリザードンを バクフーンにする選択肢もある。

次の

【ポケモンGO】まろが選ぶハイパーリーグ3体パーティ(まろパ)

ハイパー リーグ

「タチフサグマ」や「シュバルゴ」が増え相変わらず「はがね」ポケモンも多い環境に対応すべく、「かくとう」タイプの 「ニョロボン」を最初に出すパーティです。 「ニョロボン」がフェアリーやエスパーなど 明らかに出し負けたときは、「レジスチル」は温存したいので「ラグラージ」へ交代します。 このパーティは最初に「くさむすび・クレセリア」が来るとかなり厳しいため、これに対応したい場合は「ラグラージ」を「アローラベトベトン」や「カビゴン」あたりにするのもアリです。 定番型・伝説ポケモンありパーティ ハイパーリーグも環境トップクラスの強さを誇るポケモンは伝説ポケモンが使われています。 それら伝説のポケモンをパーティ構成に組み込んだ、幅広いポケモンに対応できるパーティを紹介します。 ラグラージ・レジスチル・ギラティナアナザー 弱点が少なく攻撃範囲の広い 「ラグラージ」を軸とした構成です。 「ラグラージ」が苦手とする 「ギラティナアナザー」や「フェアリー」系ポケモンを「レジスチル」で対処し、「レジスチル」が苦手とする「ラグラージ」や「リザードン」が後ろから出てきた場合は「ギラティナアナザー」で対処します。 最初の「ラグラージ」が出し負けたときはすぐに交代せず、 できるだけ相手にダメージを与えて倒されるか交代受けを狙う立ち回りがおすすめです。 「ギャラドス」に有効打を持つポケモンがいないため要注意です。 技発動回転率が速いギラティナアナザーの「ドラゴンクロー」、ラグラージの「ハイドロカノン」、レジスチルの「ラスターカノン」あたりでHPを削って対応します。 「ギャラドス」への対応として レジスチルを「メルメタル」に変更する構成もアリですが、パーティ全体の耐久力は少し下がります。 レジスチル・ギラティナアナザー・トゲキッス ハイパーリーグ屈指の耐久力を誇る 「ラプラス」を軸としたパーティです。 ラプラスは 相手の「ギラティナアナザー」に対しては圧倒的に強く、「レジスチル」に対しても「なみのり」である程度ダメージを与え、「フェアリー」系ポケモンにも互角以上のバトルができます。 ラプラスが苦手とする「はがね」系やアーマードミュウツーあたりは 「リザードン」でカバーします。 相手が「ニョロボン」を出してきた場合は対処がかなりキツイです。 「ばくれつパンチ」を上手くリザードンで交代受けするなどして乗り切る必要があります。 できればレジスチルを使いたい ここまで紹介したパーティには 「レジスチル」が多く入っています。 「レジスチル」はパーティに確定で入れておきたいぐらい、 ハイパーリーグでは 頭ひとつ抜けた強さを誇っています。 強化や技開放の「ほしのすなとアメ」は多く必要ですが、代わりとなるポケモンは存在しないほどの強さなため、できれば1体はゲット&強化がおすすめです。 手持ちにない場合はフレンドのポケモン交換でもゲットできますが、 図鑑未登録のポケモン交換には非常に多くの「ほしのすな」が必要です。 「アローラベトベトン」も弱点が「じめん」タイプのみ、強力なあく技「あくのはどう」が広範囲のポケモンに有効なため、交代先としておすすめです。 最初に「ラグラージ」を出し、相手の1体が 苦手とする「ギラティナ」あたりを出しきた場合は、「アローラベトベトン」に交代します。 「ラグラージ」と「アローラベトベトン」の2体が苦手とする「フェアリー」系ポケモンは「リザードン」で対処します。 能力ダウン戦略パーティ GOバトルリーグ(PvP)では能力がダウンするデバフ技と能力がアップするバフ技が存在します。 この デバフ技を戦略的に使用してバトルを有利に進めることを目的としたパーティ例を紹介します。 クレセリア・ラグラージ・グランブル.

次の