人 によって 違う 色。 瞳の色は何種類?色が変わる原因は?日本人に多い色はブラウン!

人によって見える世界が違う!4色型色覚を持っているかテストする?

人 によって 違う 色

あなたはこのアディダスのジャージ、何色に見えますか? 正解は白と青 正解(実際の製品の色)を先に書いておくと、アディダスマークが白、その他は青色です。 ところがこの写真、人によってはマークが金で他は緑に見えたり、マークが茶色で他は黒色に見えたりするのです。 ちなみにこのブログ管理人ウエタニは全体が深緑でマークは茶色に見えます。 金・緑派がフォトショップを使って色を比べている写真がこちら。 Photoshop says teal and gold. もともとは小さなグループ内での意見の食い違いから始まった 話題になっているアディダスのジャージ写真は、もともとカリフォルニアに住む高校生がネットに投稿したものです。 仲間内で本当は白と青のこのジャケットが茶色と黒に見えると主張して譲らない人がいたので、じゃあ他の人はどう見えるのだろうということで写真投稿サイトTumblrに投稿しました。 すると同じように茶色と黒に見える人から緑と金に見える人までさまざまな意見が投稿され、写真は瞬く間にネット上で拡散されていきました。 ついにはアメリカの芸能人まで巻き込んだ大論争に発展しています。 すでに日本のネット上でも話題になり始めているこの写真、本当に不思議ですね。 元記事 - ,.

次の

あのドレスが何色に見えるかで、朝型か夜型かわかっちゃう?

人 によって 違う 色

チャートも人によって捉え方が違う 色の捉え方は人によって違うと書きましたが、チャートも人によって捉え方が変わってきます。 スキャルピングトレーダーにとっては売りだったとしてもスイングトレーダーにとっては買いだったりします。 つまり人によってみている時間軸、保有する期間などはバラバラです。 さらには感性、価値観、意識が全く違っているのです。 「」 例えば上昇している場面だとします。 A「流れに乗って買いを仕掛けよう!」• B「一旦上げ一服したから短期的に売りを仕掛けよう!」 全く同じ時にチャートをみていたとしても目線が真逆になることがあり、やはり人によって時間軸や狙っている幅が変わってきますし、感性、意識が全然違います。 上記のAにとっては買いですがBにとっては売りと感じるから売っている可能性がありますので、見え方が違うのかもしれません。 自分色でトレードする 普段使用しているテクニカル指標が売りを示していて自分も売りと思う場面に遭遇したとします。 そんなときは結果的に間違ったとしても素直に売っていくべき場面です。 または自分は買いだと思うのにテクニカル指標が売りを示していたとします。 そんなときは迷いが生じるはずですし、もしテクニカル指標に従い売って逆行した場合には「自分の方が正しかった!」となりギャンブルトレードに繋がる可能性があります。 つまり テクニカル指標やニュースのみに従ったトレードはよくないと言えます。 自分が感じたトレードをしないと間違ったときに納得がいかないわけですから、感情的になったりギャンブルトレードにつながります。 いかにテクニカル指標やニュースと自分はそう見える、感じるからそうする、といったバランスが大切になってくるのではないかと思います。 従うだけのトレードはやめよう 従うのみのトレードではなく、自分が見える感じるトレード、つまり自分色のトレードを見つけることにより、質の高い納得のいくトレードに繋がると言えるのです。 常に最終的な意思決定は自分の意思による決断を下すように習慣付けるようにしよう。 そうしないと最後の決断を何かのテクニカル指標やニュースを自分の都合の良いように捉えて、それを選択の最終的な決断を下すようになるため、それは既に自分色のトレードではなくなるのです。 自分のトレードを意識しよう。

次の

「あなたは何色に見える?」──“ドレスの色”問題が再来 今度は「サンダル」

人 によって 違う 色

海外掲示板Redditに投稿された一枚のタンスの画像が、人によって違う色に見えるというのです。 Credit: 「この色何色にみえる? ピンクと白か、青とグレーか」 Redditユーザーagamiegamerさんが、問いかけとともに上の画像を投稿すると、コメントが50を超える大論争に発展。 Credit: Reddit コメントを見ると、「青緑とグレー」という人もいるものの、多くは「ピンクとグレーに見える」という結果に。 Credit: Reddit 一方、「青とピンク」という人アクロバティックな組み合わせを主張する人もいるようですが…… Credit: Reddit 紫までくると相当な少数派。 とりあえず人によって様々な見え方になることがわかりました。 では、本当のところは何色なのでしょうか? あるユーザーが、この終わらない論争に終止符をうちました。 Credit: Reddit Credit: Reddit 「ホワイトバランス調整してみたら、青とグレーだったわ」 通常、肉眼ではどの「光」も「白」と感じますが、実は光にも、太陽光や蛍光灯の種類などによって、さまざまな色がついています。 ホワイバランスを調整することによって、白いものをより白に近い色に修正することができるのです。 さて、画像編集ソフトを使った結果青とグレーだということがわかったようですが、果たして正解は…… Credit: Reddt この画像を投稿したagamiegamerさんによると、正解は「青とグレー」とのこと。 画像編集ソフトを使ったユーザーは、正解を言い当てていたようです。 お見事。 なぜ人によって違う色が見えるのか ひとりひとりが違う色と認識する理由は、それぞれ脳の情報処理過程が違うことに理由があります。 私たちがものを見るとき、光が「角膜」や「水晶体」を通して、光を感知する組織である網膜に入ります。 そして電気信号に変換された光は、「視神経」を経て脳の視覚野に伝わります。 その時、対象の色判断認識に関わってくるのが「色の恒常性」という問題です。 例えばこの画像では、棒の交差した中心部は左右とも同じ色ですが、脳が補正しているために違う色に見えるのです。 つまり、私たちが対象の色を認識するときは実際の色そのものではなく、周囲の色合いとの比較に基づいて判断しているということになります。 みなさんは何色にみえたでしょうか。

次の