牛 豚 ミンチ レシピ。 豚ひき肉のレシピ

ひき肉を使ったおすすめ定番料理10選!我が家の定番レシピはこれにしよう!

牛 豚 ミンチ レシピ

業務スーパーのひき肉(豚ミンチ)…200g• 玉ねぎ…150g 中1個• 大葉(肉だね用)…5枚• 生姜…ひとかけ• 塩…ひとつまみ• 片栗粉…大さじ2• 大葉 飾り用 …4枚• 玉ねぎをみじん切りにして、生姜をすりおろす。 豚ミンチに、塩・生姜を加え、粘りが出るまで混ぜる。 玉ねぎに片栗粉を混ぜる(片栗粉はつなぎの役目)• 8等分(個数はお好みで)にして、フライパンに油をひいて焼く。 片面が焼けてきたら、ひっくり返して蓋をして蒸し焼きにする。 両面をしっかりと焼き上げる。 照りよく絡めたら完成。 業務スーパーのひき肉(合挽肉)…300g• ラム肉…200g• 玉ネギ…2個• ピーマン…4~5個• ニンニク…1片• ショウガ…1片• ローリエ…2~3枚• 固形スープの素…1個• 水煮トマト 粗つぶし …1パック 1パック300g入り• 赤ワイン…100ml• 水 市販ルウ指定水量 …500ml• カレールウ 市販品 …1箱 110g• カレー粉…大さじ1~2• 塩コショウ…少々• クミンシード…小さじ1• サラダ油…大さじ2• バター…10g• タイ米 炊きたて …茶碗4~5杯分• 薬味…お好みで• ラム肉は細かく刻み、ひき肉と合わせる。 玉ネギは粗めのみじん切りにする。 ニンジンは皮をむき、みじん切りにする。 ピーマンは縦半分に切ってヘタと種を取り、みじん切りにする。 ニンニクは縦半分に切って芽を取り、ショウガは皮をむき、それぞれみじん切りにする。 鍋にサラダ油、バター、クミンシードを入れて弱火にかける。 香りが立ってきたら、玉ネギ、ニンジン、ニンニク、ショウガを入れて中火にし、しんなりするまで炒め合わせる。 ピーマンを加えて炒め合わせ、合わせた合びき肉を加え、肉の色が変わるまで炒める。 カレー粉を加えて炒め合わせ、塩コショウをする。 ローリエ、固形スープの素、水煮トマト、赤ワイン、水を加える。 強火にして煮立ったら、軽くクツクツ煮立つ火加減で12~13分煮る。 カレールウを割り入れ、弱火でルウを溶かし、さらに10分時々混ぜながら弱火で煮込む。 器にタイ米、カレーを盛り、お好みの薬味を添える ローストスライスアーモンド、ゆで卵、らっきょう、福神漬け、イカ塩辛など。 業務スーパーのひき肉(豚ミンチ)…200g• にんにく…1片• バジル…7~8枚• 卵…2個• ご飯…2膳分• パプリカはさいの目に切り、にんにくと玉ネギはみじん切りにする。 目玉焼きを焼き、皿にご飯を盛り付けておく。 フライパンに油をひきにんにくを入れ火にかけ、香りがたったら玉ネギを炒め、玉ネギが半透明になってきたところで豚ひき肉を入れ更に炒める。 具材をご飯にかけ、目玉焼きを添える。

次の

ひき肉を使ったおすすめ定番料理10選!我が家の定番レシピはこれにしよう!

牛 豚 ミンチ レシピ

そのまま炒めても、練ってまとめても、サッとゆでて味付けしてもおいしい。 手軽に買えて、バリエーション豊かに調理できるのが「ひき肉」の魅力です。 みなさんは牛・豚・鶏のひき肉をどのように使い分けていますか?今回はそれぞれの特徴とともに、おいしく作るコツや保存のポイントなどをご紹介します。 店頭に並んでいるひき肉は主に4種類 精肉店やスーパーでは主に「牛ひき肉」「豚ひき肉」「鶏ひき肉」、そして牛と豚を合わせた「合いびき肉」が販売されています。 時々見かける『ミンチ』表記もひき肉と同じ意味です。 これは、肉や野菜を細かく刻む意味の「mince」から生まれた和製英語。 英語圏では牛ひき肉は「beef mince」、豚ひき肉は「pork mince」と呼ばれています。 牛・豚のこま切れやひき肉に関しては部位の表示義務はありませんが、合いびき肉は混ぜた比率の多いものから「牛豚合いびき」「豚牛合いびき」と記載するよう定められています。 鶏ひき肉には副生物を使わず、「もも肉」「むね肉」といった正肉類、またはもも・むね・ささみをとった後に残る骨周りの「こにく」を使うよう決められています。 赤身が鮮やか、旨味が濃い「牛ひき肉」 「牛ひき肉」はもも肉やバラ肉ほか、ネックやすね肉など、さまざまな部位が使われています。 全体的に脂肪より赤身が多く肉質は固め。 その分、牛肉の旨味がしっかりと味わえるのが特徴です。 ハンバーグやミートソース、キーマカレーなど、味が濃いものとよく合います。 ネックやすね肉など、脂肪が少なく赤身が多い部位だけを使った「赤身ひき肉 上ひき肉 」もあり。 こちらはあっさりしていてヘルシーです。 牛ひき肉、または合いびき肉でハンバーグを作る際は、しっかり練って肉同士のタンパク質を結合させましょう。 その際はまず、塩だけを肉に入れて練るのがポイント。 タンパク質が網目状に変化し、焼いたあとも旨味や水分をしっかり保てるようになります。 口当たりなめらか、コクたっぷりの「豚ひき肉」 肩まわりの肉やすね肉を使った「豚ひき肉」。 適度な脂肪があり、肉の旨味とコクが楽しめるため、どんな料理とも相性が良い万能選手です。 牛ひき肉と同様に、豚ひき肉も「赤身ひき肉 上ひき肉 」があります。 餃子やシューマイ、ロールキャベツなど、ジューシーに仕上げたい時には「豚ひき肉」を。 豚そぼろをあっさりと仕上げたい人や、カロリーが気になる人は「赤身ひき肉」を使うのがおすすめです。 もも、むねで違った味わいが楽しめる「鶏ひき肉」 牛・豚のひき肉に比べて色が白く、淡泊に味わえる「鶏ひき肉」。 ジューシーに食べたいなら脂肪分が多い「鶏ももひき肉」、さっぱりと食べるなら「鶏むねひき肉」を選びましょう。 両方購入してブレンドひき肉を作ると、もも肉のコクや旨味と、むね肉のヘルシー感のどちらも楽しめます。 そのほか、軟骨入りのひき肉や、皮なしのひき肉を取り扱っているお店もあります。 そぼろは豚肉・牛肉でも作れますが、鶏むねひき肉で作るのがおすすめ。 脂肪が少ないので冷めても白く固まりにくく、おいしく食べられます。 鶏つくねを作る際、ふわっとやわらかく仕上げたい場合は、脂肪が多めの鶏ももひき肉を選びましょう。 「ひき肉」は肉の中で一番消費期限が早い ひき肉は空気に触れる面が多いため、劣化しやすくなっています。 ブロック肉なら冷蔵庫で4~5日は日持ちしますが、ひき肉は2~3日で傷んでしまいます。 購入後はすぐに調理しましょう。 冷凍する場合でも、ゆでたり炒めたりして火を通し、十分に冷ましてから保存がおすすめです。 「ひき肉」は自分でも作れる!特徴に合わせて選ぼう 牛・豚・鶏、それぞれ魅力があるひき肉。 同じハンバーグでも「ガツンとした肉の旨味を楽しみたい」「口当たりなめらかにしたい」「ヘルシーに仕上げたい」など、作りたいイメージで購入しても良いのではないでしょうか。 また「ゴロゴロと肉感のあるハンバーグを作りたい」といった場合は、スライスやブロック肉であらびき肉を作っても。 チョッパーやミンサーを使用するとより手軽なので、自分好みに近づけていくのも楽しいですね。 文:田窪 綾.

次の

豚ひき肉レシピ15選

牛 豚 ミンチ レシピ

豚ひき肉の定番人気レシピ みんな大好きなハンバーグや餃子など、豚ひき肉を使った定番おかずの人気レシピを厳選! 「特売で豚ひき肉を買ってきたんだけど、何に使おう…?」と迷ったときに、ぜひお試しください。 おろしポン酢でさっぱり!3つの食材で作るハンバーグ 豚ひき肉、レンコン、卵で作るヘルシーなハンバーグ。 レンコンの半分はすりおろし、半分はみじん切りにすることで、ふんわり&サクサクの歯ごたえに。 おろしポン酢でさっぱりいただきます。 こんがりキレイな焼き色の絶品餃子 ボリュームたっぷり、昔ながらの味付けで、飽きのこない美味しさの餃子です。 焦げ目はしっかり付けるのがコツ。 辛さは豆板醤の量で調節できます。 お財布にやさしい食材で!節約おかずレシピ お給料日前、家計にやさしいお助け食材として大活躍してくれる豚ひき肉。 卵をとろりと仕上げるために、材料は調理を始める前に全て用意しておきましょう。 ニラはサッと火を通せばOK。 カレー粉にニンニク、ショウガとの風味がプラスされ、ごはんにバッチリ合いますよ。 トッピングのカイワレ大根がアクセントに。 食べごたえがあるので、男性やお子さんにもおすすめです! おつまみにする場合は鶏がらスープの素を足すとしっかり味に。 野菜をたっぷり食べられる豚ひき肉レシピ うま味たっぷりの豚肉と野菜の相性は最高! 野菜をたくさん食べたいときのレシピを集めました。 お肉の量が少なめでも満足度が高い、ボリュームたっぷりのおかずです! 白菜と春雨がベストマッチ!アジアンテイストの簡単ピリ辛スープ 沸騰したお湯に材料を入れ、3分煮るだけで出来上がるアジア風のスープです。 決め手は豚肉とナンプラーのうま味! ショウガスライス、ラー油でピリ辛に仕上げるので、体が温まりますよ。 合いびき肉で作るよりさっぱりした仕上がりになります。

次の