右 下 腹部 痛み 張り。 右下腹部の痛み

右下腹部の痛みの原因とは?女性と男性では痛みの原因が違う!

右 下 腹部 痛み 張り

まずは女性特有の病気から見ていきましょう。 下腹部は 腸管などの異常でも痛みを感じやすい部位ですが、女性であれば 婦人科疾患の疑いは外すことができません。 通常、婦人科疾患の診察や検査は 婦人科・産婦人科で行われます。 内科や胃腸科では腸の疾患と間違われることは珍しくありませんし、それくらい両者の鑑別は難しいことがあります。 月経の異常がなかったか、 痛みの経過はどうであったか、自身の症状について把握しておくことが誤診を防ぐ第一歩です。 また、症状が改善されない場合は、 消化器科と 婦人科の両方から病気の鑑別をしていく必要があるでしょう。 右下腹部痛を起こしうる婦人科疾患には以下の病気が挙げられます。 子宮付属器炎• 子宮筋腫• 子宮内膜症• 排卵痛• 卵巣出血• 卵巣嚢腫茎捻転• 卵巣過剰症候群• 子宮外妊娠 など では、一つ一つ見ていきましょう。 子宮付属器炎 まず 卵管についてご説明しましょう。 卵管とは子宮の両端にある細い管である臓器です。 卵管は、卵巣から排出された卵子を子宮や体外に向かって運ぶ場所でもあり、子宮から卵管を通ってきた精子と受精し子宮に運ぶ場所でもあります。 この卵管に炎症が起きたものが 「卵管炎」です。 炎症の主な原因は 細菌感染。 炎症が軽いうちは 無症状で気づかないことも少なくありません。 少しおりものが増えたと感じるくらいがほとんどです。 卵管炎に加えて、卵巣にも炎症が及ぶことがあります。 卵管と卵巣を併せて子宮付属器と言います。 ですので、両者を併せて 子宮付属器炎と呼びます。 (図では左側に炎症が起こっていますが、右側に起こった時に右下腹部痛を起こすことがあります) 炎症が重くなると、 下腹部痛や 性交痛、さらにお腹全体に炎症が広まると 骨盤腹膜炎となり、発熱や 響く様な腹痛が生じます。 卵管炎は卵管の通りが悪くなるため、 不妊症や 子宮外妊娠の原因になることもよくあります。 はっきりした症状がなくても、病気の鑑別は内診や超音波、性感染症検査などで行うことができます。 子宮筋腫 子宮の筋層を構成する平滑筋にできる良性の腫瘍を、子宮筋腫といいます。 婦人科疾患の中で最も起こりやすい疾患で、約95%子宮体部に発生し、60〜70%の確率で多発することが多く、悪性化することは0. 5%以下と稀です。 1) 以下のような様々な症状をきたします。 下腹部痛• 鉄欠乏性貧血• 月経過多• 不正性出血• 月経困難症• 腹部腫瘤• 頻尿 そして、この子宮筋腫がなるために、不妊に悩まされる方も多くいます。 子宮内膜症 子宮内膜様組織が、子宮腔内面以外の場所に生じる疾患を子宮内膜症といいます。 とくに卵巣に生じるチョコレートのう胞、骨盤に生じる骨盤内膜症が有名です。 この子宮内膜症になると、通常月経周期とともに子宮内膜組織が増殖と剥離を繰り返すものが、違う場所で子宮内膜様組織が増殖を繰り返し、 炎症や癒着を引き起こすのです。 症状としては、 月経痛(どんどんひどくなる)・ 性交痛・排便痛・慢性骨盤痛のほか、不妊の原因ともなります。 排卵痛 卵胞(卵巣内にある)が成熟し、排出されることを排卵といいます。 通常、月経後14日目にこの排卵が起こりますが、この排卵した卵子が精子と月に一度のタイミングで結びつくことで、受精し着床すると妊娠成立となるのです。 個人差があり全く何も感じない人もいれば、排卵時に以下のような症状に悩まされる人もいます。 下腹部痛• ごく少量の出血 卵巣出血 卵巣出血は月経のどの時期に起こるかによりますが、最も多いのが、月経中期から後半期に起こる黄体出血です。 黄体出血は卵巣にとどまらず、腹腔内に出血を起こすことがあり、その場合は 出血性ショックに陥ることもあり注意が必要です。 この黄体出血は右側に多いとされており、性行や外傷が原因になることがあります。 卵巣内にとどまる出血の場合は、右側の場合は 右下腹痛となりますが、腹腔内に出血した場合は、 痛みは腹部全体に広がります。 卵巣のう腫茎捻転 卵巣は女性の左右の下腹部に子宮と骨盤との間でじん帯につながるような形で存在しています。 卵巣のう腫ができると子宮とつながっている部分が捻じれることがあります。 それが 卵巣のう腫茎捻転です。 主な症状は 腹痛です。 捻じれによって完全に血液が卵巣へ運ばれなくなると壊死が起きて 激痛となります。 右卵巣のう腫茎捻転で右下腹部の激痛が起きた場合、虫垂炎と間違えやすいので鑑別しなくてはなりません。 卵巣過剰症候群 hCGによって排卵誘発を行った際などに起こるもので、 多数の卵胞が発育・排卵するものを卵巣過剰症候群といいます。 それにより、• 呼吸困難• 腹部膨満感• 血栓症(脳梗塞)• 低Na. 高K血症• 乏尿(急性腎不全) などが起こる可能性があります。 妊娠に至らなかった場合は、症状は自然と改善しますが、妊娠が成立した場合、これらの症状は重症化するのです。 また、卵巣がねじれてしまう場合もあり、そうなると 急激な腹痛が起こります。 子宮外妊娠 上の図のように、本来子宮で妊娠するはずが、子宮以外の場所で妊娠してしまうことを 子宮外妊娠と言います。 子宮外妊娠も通常の妊娠と同じような症状がありますが、子宮外では赤ちゃんを育て続けることができません。 そのため胎嚢が大きくなるにつれ、下腹部の痛みが生じることがあります。 (図では左側に子宮外妊娠が起こっていますが、右側に起こった時に右下腹部痛を起こすことがあります) さらに、卵管妊娠が破裂に至ると、大量出血を起こしてしまう危険があります。 検査薬などで妊娠と判定できたとしても、産婦人科で 正常な妊娠であるかしっかりと確認することが大切ですね。 スポンサーリンク では、一つ一つ見て行きましょう。 急性虫垂炎 まず 右の下腹部の痛みと言えば一番に疑うのは 急性虫垂炎(きゅうせいちゅうすいえん)、いわゆる盲腸(もうちょう)です。 虫垂炎とは盲腸にある虫垂というくぼみに便が詰まるなどして閉塞し、細菌感染で炎症が起きた状態です。 よくある疾患でありながら診断が難しいのが厄介なところです。 初めは 上腹部痛や吐き気・嘔吐、 食欲不振などが症状として現れることがあり、急性胃腸炎と間違われやすいのです。 しかし、虫垂炎であれば数時間から半日程度で痛みは 右下腹部に移動し、お腹をかばうような前傾姿勢になったり、右足でジャンプした際に右下腹部に響くようになります。 このように痛みの部位が移動することがあるのが虫垂炎の特徴と言えます。 (ただし、最初から右下腹部痛の場合もあります。 ) 虫垂炎を起こし血流が悪くなった虫垂はやがて 壊死して破れる 穿孔(せんこう)を引き起こしてしまいます。 そのとき、膿が流れ痛みが和らぐことがありますが、その膿が原因で 腹膜炎を起こすとさらに深刻な状況になります。 右下腹部が痛みだして立っていられないようなときは、虫垂炎を疑ってすみやかに 診察を受けることをおすすめします。 スポンサーリンク 上行結腸憩室炎 大腸憩室、これは大腸の内腔が外側へ袋状に飛び出してしまったものを指します。 あまり聞きなれない名称ですが、大腸検査をすると多くの人に見つかる所見です。 憩室に便が詰まるなどして 炎症を起こすとその部分に 強い痛みを感じます。 腸は右下腹部の 上行結腸から始まり、上腹部、左下腹部へとお腹をぐるりとまわるようにして肛門へとつながっていきます。 そのため、右下腹部の上行結腸の憩室に炎症が起きると 強い右下腹部の痛みが現れるわけです。 虫垂炎と似た症状で鑑別が難しく、憩室炎もまた悪化すると腸が破れる 穿孔が起こり、 腹膜炎になる可能性があります。 尿路結石 腎臓でできた結晶である 「結石」、それが尿管、膀胱などで詰まった状態を 尿路結石といいます。 右の尿路で結石がつまると右部分に 違和感や 痛みが生じます。 結石は尿とともに排泄される場合がありますが、それができず尿が停滞してしまうと腎臓が腫れた状態になり 激痛となります。 炎症性腸疾患 炎症性腸疾患とは、大腸・小腸などの消化器官で炎症が起こり、 慢性的なびらんや 潰瘍が見られる疾患です。 潰瘍性大腸炎や クローン病のことを言います。 潰瘍性大腸炎は大腸で起こり口腔方向へ連続したびらんや潰瘍が見られます。 クローン病は口腔から肛門までの消化器で起こりうるもので連続性は見られず、びらんや潰瘍が正常な臓器の中にとびとびに見られるものです。 びらんや潰瘍が起こると、 痛みや 下痢、 吐き気などの症状がでてきます。 腸間膜リンパ節炎 腸間膜リンパ節炎は、回盲部にある腸間膜リンパ節が ウイルスなどによる炎症で 腫大したものです。 虫垂炎と似た症状で病変もよく似ています。 一般的に虫垂炎より自覚症状が弱いということが言えるでしょう。 痛みの始まりの箇所や痛む場所に若干違いはあるものの、その病変を的確に問診で伝えるというのも難しくそうなると鑑別はさらに困難となります。 経過が良くない場合は虫垂炎を疑って再度 診察を受けましょう。 参考文献: 病気がみえるvol. 9 婦人科・乳腺外科 第3版P15・120〜122・132〜135・254 1)132 最後に 女性の右の下腹部が痛いときに考えられる 病気をお伝えしました。 女性の場合、• 女性特有の病気• 女性特有ではない病気 に大きくわけることがポイントでした。 というのは、受診する科が異なるためです。 前者は婦人科、後者は消化器内科(胃腸科、もしくは消化器外科)が受けるべき科となります。 とはいえ、右下腹部痛だけで、婦人科疾患なのか、婦人科疾患以外なのかを鑑別することは困難です。 子宮筋腫・子宮内膜症があることがわかっているなどの既往などがあれば婦人科系の可能性は高くなりますが、結局調べてみると虫垂炎だったということもしばしばあります。 ですので、結局二度手間になる可能性はありますが、まずは、お近くの 婦人科もしくは、消化器内科を受診してみましょう。 参考になれば幸いです。

次の

下腹部痛|家庭の医学|時事メディカル

右 下 腹部 痛み 張り

下腹部が痛い、突然チクチクと痛む、左下腹部が痛い、右下腹部が痛い、下腹部を押すと痛みが強くなる、ズンと重い感じの鈍痛がある、このような症状でお困りの方は居ませんか? 下腹部の痛みは男性女性問わず、急に起こるものです。 下腹部痛とひとくちに言っても、左側や右側の場所によっても、チクチクと鋭い痛みやズキズキと重い鈍痛といった痛み方によっても、その 原因や痛みを起こしている病気は様々です。 あなたが感じている下腹部痛は、何が原因で起こっているのでしょうか? 当サイトはそんな「 下腹部痛」について、左に痛みがある場合、右に痛みがある場合、痛み方の違い、男性と女性での違い、原因や原因となる病気などをご紹介しています。 突然の下腹部痛でお困りの方やお悩みの方に、当サイトの情報が少しでもお役に立てられれば幸いです。 sponsored link 下腹部痛は突然起こることもあれば、じわじわと時間をかけて痛みが増してくる場合もあります。 また下腹部には消化器や泌尿器、生殖器が混在していて、痛みがどの器官の病気によるものかを特定するにはしっかりと検査をする必要もあります。 また、下腹部が痛い時に最も多いお悩みが「何科へいけばいいの?」というものです。 痛み方や他の症状と併せると、何の病気の可能性が高いかをあらかじめ知る事ができ、それを参考に何科で受診すればいいのかも分かるでしょう。 以下に下腹部痛の原因と病気について、また痛み方や他の症状と合わせた時に考えられる原因について説明していきます。 腸閉塞や腸捻転、尿路結石、膀胱炎、腹膜炎について、それぞれ詳しく説明していきます。 腸炎、食中毒、潰瘍性大腸炎、過敏性腸症候群、大腸憩室症、大腸がんについて、それぞれ詳しく説明していきます。 最も有名なのが虫垂炎(盲腸)です。 ここでは虫垂炎(盲腸)について詳しく説明していきます。 女性特有の下腹部の痛みとなると、まず考えられるのが子宮や卵巣などの生殖器に関係する病気です。 特に毎月の生理月経のトラブルが習慣付いている場合は、日常生活に支障が出るほどの辛さで悩まれている方も少なくないでしょう。 ここでは女性の下腹部の痛みの原因について。 生理痛・月経トラブル、妊娠の時期による下腹部痛、子宮付属器炎、子宮筋腫、子宮内膜症、子宮頸がん、卵巣がん、更年期障害などの女性特有の病気について、それぞれ詳しく説明していきます。 下腹部の痛みと聞くと女性の方が多いイメージがありますが、女性の場合は子宮に関する情報が多い為に話題になりやすいのであって、男性でも当然起こります。 男性特有の下腹部の痛みとなると、前立腺の病気が考えられます。 前立腺炎、前立腺肥大症、前立腺がんについて、それぞれ詳しく説明していきます。 子供が腹痛を訴えてくる場合にも大人と原因は変わりません。 ただし子供に多い原因として、便秘や下痢、急性胃腸炎、腸重積などが挙げられます。 ここでは子供の下腹部の痛みの原因として多い、便秘・下痢、急性胃腸炎、腸重積などの病気についてそれぞれ詳しく説明していきます。

次の

右下腹部の痛み

右 下 腹部 痛み 張り

内臓系の病気が原因の場合 下腹部や腰の近くには多くの内臓が位置しており、その内臓で炎症などが起きていることが原因で下腹部および腰に痛みが生じていることが考えられます。 下腹部や腰に痛みを及ぼす内臓系の病気はさまざまなものがあげられますが、ここでは代表的な病気を特徴的な症状とともにお伝えしていきます。 急性虫垂炎(盲腸) 大腸と小腸の境目あたりに盲腸があります。 急性虫垂炎とは、盲腸の中にある虫垂という小さな臓器で炎症が起こることです。 原因は未だ明確にはなっていませんが、細菌やウイルスの侵入あるいは精神的ストレスが主な原因であると考えられています。 一般的に急性虫垂炎になると初期症状として、おへその付近で腹痛が起こり時間の経過とともに 右下腹部へと痛みが移動していきます。 このときに腰にも痛みが生じることがあるのです。 急性虫垂炎は早期発見が非常に大切なので、このような症状を感じたら医療機関で受診するようにしましょう。 参考: 消化性潰瘍 消化性潰瘍とは、ピロリ菌の感染などが原因で胃や十二指腸の粘膜が深く損傷してしまう病気です。 これにより、下腹部の痛みや腰痛が引き起こされます。 他にも、吐き気、嘔吐、吐血、タール便などの症状を伴うケースが多いです。 膀胱炎 膀胱炎とは、大腸菌や腸球菌などの細菌が膀胱内に侵入し炎症を起こしてしまう病気です。 代表的な症状は下腹部の痛みと腰痛の他に、残尿感、頻尿、血尿、白濁尿などがあげられます。 一般的に若い女性で発症する確率が高くなっているので、女性の方は注意しなければなりません。 腹部大動脈瘤 大動脈とは、全身に血液を送り出す最大の動脈のことです。 この大動脈の直径が腹部で1. 5倍以上に拡張した状態のことを腹部大動脈瘤と言います。 腹部大動脈は女性よりも男性で発症する確率が高くなっています。 腹部大動脈瘤は症状の出にくい病気であるとされていて、下腹部痛や腰痛などの自覚症状が現れるときには症状がかなり進行してしまっていることが考えられます。 特に、高血圧、高齢、喫煙などが主なリスク因子としてあげあられ動脈硬化が大きく関係していると考えられています。 腰痛が原因の場合 下腹部の痛みと腰痛が同時に現れる場合でも、根本的な原因は腰にあるケースも多いです。 つまり、腰の痛みが下腹部まで広がっていることがあるのです。 ここでは腰痛が原因のケースについてお伝えしていきます。 体の歪み 猫背になっていたり、体の重心が左右どちらかに傾いているなどして体が歪んでいると慢性的な腰痛の原因になり、下腹部のあたりにも痛みが生じることがあります。 このような体の歪みは、以下のような癖で起きていることほとんどです。 足を組んで座る• いつも同じ側の肩にカバンをかける• 片方の足に重心をかけて立つ• 足を組んで立つ このような普段の生活習慣の積み重ねで徐々に体が歪み、腰痛の原因となってしまうのです。 筋肉痛 重い荷物を運んだり、運動をしたことで腰周りで筋肉痛が起きていることも考えられます。 このような腰に負荷をかける運動をしていなくても、長時間悪い姿勢をしていることでも腰周りに筋肉痛が生じることもあるので注意しなければなりません。 腰の筋肉痛についてはこちらの記事で詳しくお伝えしていますのでぜひご覧ください。 参考: 腰椎椎間板ヘルニア 重い荷物を持ち上げたり、激しいスポーツなどで腰への負担が大きくなると腰椎椎間板ヘルニアを発症し、腰痛および下腹部の痛みが生じることがあります。 20〜40代の活動性の高い方で発症確率が高くなっています。

次の