パチンコ 返済。 パチンコ依存症で借金地獄に陥った主婦の体験談…人生崩壊前に助かった方法とは?

パチンコ業界、なぜ一部のホールは休業に応じなかったのか?クラスター対策&固定費の実態

パチンコ 返済

パチンコ業界の店舗・遊技人口は減少しつつある 「終わった」「終了した」などと嘆かれるパチンコ業界は本当に終焉を迎えてしまったのでしょうか。 ここでは、パチンコ業界の現状について詳しく解説を行っていきます。 パチンコ・スロット店舗の激減 パチンコ・パチスロ店舗の全国組織である全日遊連の総計データによると、平成20年には約12,000のパチンコ・パチスロ店舗が存在しました。 しかし、平成29年には約9,000店舗となり、 9年で約3,000店舗減少しています。 現在は常に月単位で、新規開店する店舗より 廃業閉店する店舗の方が多い状態です。 個人の小さなお店は少なくなっており、大手のパチンコチェーン店が残っている状態と言えるでしょう。 この激減している店舗数を見れば、パチンコ業界に将来性はないように思えます。 続いて、パチンコ・スロットの遊技人口の推移を見ていきましょう。 パチンコ・スロット遊戯人口の激少 を参考に、パチンコ・スロットの遊技人口を年代別に並べてみました。 年 遊技人口 2008年(平成20年) 1,580万人 2010年(平成22年) 1,670万人 2011年(平成23年) 1,260万人 2013年(平成25年) 970万人 2017年(平成29年) 900万人 一時期は増える年代もありましたが、 パチンコ・スロットの遊技人口はなだらかな減少傾向にあります。 かつて、このような娯楽産業は3,000万人の遊技人口がいると言われておりました。 まだ2019年の正式なデータは出ていませんが、これからもパチンコ・スロットの遊技人口は減少の一途をたどると考えて間違いないでしょう。 パチンコ業界が衰退してしまった3つの原因 なぜここまでパチンコ業界が衰退してしまったのか、その闇となる次の3つの原因を解説します。 イベント・キャンペーンの規制強化• 出玉の規制強化• 「 設定が甘い」「 大当たりが出やすい」といった宣伝や告知は、一切禁止されているということです。 いままで規制を行っていなかった地方自治体も、2019年になって規制を強化しているところも増えております。 パチンコ業界は今後も行政により、イベントやキャンペーンへの規制が厳しくなっていくでしょう。 主な規制は「 4時間当たりの出玉率の追加」や「 大当たり時の出玉数の減少」といった項目です。 パチンコ店は、この規制にあったパチンコ台に入れ替えを行うため、 古い基準のパチンコ台を全て撤去する必要があります。 入れ替え期間は2021年頃までと言われていますが、現状新基準に則ったパチンコ台の導入はそれほど進んではいないようです。 ただでさえ遊技人口が減っている中、新しい台を購入するのはお店にとっては負担にしかなりません。 この出玉規制強化も、パチンコ業界衰退の原因の1つとなっているでしょう。 最近のアプリは多種多様なゲームが取り揃えられており、しかも無料で遊ぶことができるものも多いです。 そのため、昔のようにわざわざお店に出向いてまで、パチンコを遊ぼうと考える人が少なくなってきています。 娯楽の多様化により、 パチンコで遊ぶ人の割合が少なくなってきていることも衰退を促す原因になっているでしょう。 パチンコ業界の今後への動向を分析 パチンコ業界の今後の動向について分析していきます。 余暇産業第一位であるパチンコ産業はこのまま黙って潰れるとは考えにくいでしょう。 2019年の現状を踏まえて、パチンコ業界の将来性を考えます。 余暇産業第1位「20兆円市場」はパチンコ業界の将来に向けてすでに対策案をこうじている 遊技人口は減少しておりますが、パチンコ業界は余暇産業第1位であり市場規模は約20兆円あります。 そのため、すぐに潰れるとは考えにくいです。 また大手メーカーであれば、すでに そういった傾向は分析できているはずなので、パチンコ業界の将来に向けてすでに対策案をこうじているでしょう。 昨今の日本産業は海外進出を行うことも多数あります。 日本で利用者が減っているからといって、パチンコ業界の将来を諦めるのはまだ早いです。 技術力を活かして海外で勝負する 特にパチンコ台の製造メーカーであれば、その技術力を活かして海外で勝負するのも有効な手段となるでしょう。 技術力が高ければ、その技術を 他の分野にも応用できるケースは多いものです。 ただし、海外進出を行うためにも下準備が必要となります。 その地域のニーズにあった製品を提供するため、事前調査は欠かせないでしょう。 視野を広げれば、他にも将来を見据えた様々な対策ができるはずです。 パチンコ業界の2020年問題 実は規制には 経過措置と呼ばれる期間があります。 「時間をあげるので、この期間中に古い台から規制にあった新しい台に入れ替えてください」というもの。 2018年に発表された規制にも経過措置がとられており、 経過措置の期限が切れるのは2020年から2021年にかけてのこと。 つまり、この経過措置の期限が切れる時に、どれだけのパチンコ店が対応できているのかというのがパチンコ業界の本当の正念場と言えるでしょう。 オリンピックが開催される2020年を乗り切れるのかといった点が、パチンコ業界にとって重要な節目になるはずです。 今後確実に衰退するパチンコ業界で儲けることはできない 今後、パチンコ業界にとって良い話が出てくることは少ないでしょう。 衰退していくとなれば、利益の確保も難しくなります。 そうなると、パチンコで遊ぶ方への配当も絞られていくことになるはずです。 そのため、パチンコで楽しみながら勝つのは将来的に難しい話になります。 もしギャンブルを楽しみたいのであれば、 パチンコより高い還元率を持つギャンブルで遊ぶのが賢い選択肢になるのは間違いありません。 最近では、還元率が高いギャンブルとして オンラインカジノの人気が高まってきています。 このまま負けるとわかっていてパチンコ業界に食いついていくのか、楽しみながらギャンブルをやるのか、選択するのはあなた次第です。

次の

パチスロで借金返済を夢見た私の体験談

パチンコ 返済

平日は仕事ギリッギリまで寝てるのに、休みの日は10時開店に備えてシャキッと目が覚める。 これがパチンカスの特徴。 笑 感覚としては、遠足の日に異様な早起きをしちゃうのと一緒かな。 前置きが長くなったけど、「パチンコに行きたい衝動を抑える具体的な方法」。 結論からいうと、そんなもんはない。 期待してこのページを開いてくれた人、ごめん。 笑 でもそれが真実。 昨日も話したけど()、 「ぁあ、パチンコに行きたい!スロットが打ちたい!」 ってなったらもうそれを抑えることは99. 99999%不可能。 なので、それをふまえた上で試してみてほしいことがある。 これは、わたしが実際に成功した方法のひとつ。 例えばギンギンのパチンカスに 「運動は精神力が鍛えられる、瞑想できるからやれ」 っつったところでやらないっしょ? だから、初級編として「引きこもり作戦」がリアルでなおかつ効き目があるってこと。 具体的には、ただただ家にいてもどーせパチンコの動画とか文章に触れちゃうから携帯はなるべく扱わないでほしい。 おすすめは とかあたりで映画見ながらUber Eatsとか出前館使って一歩も外を出ず家で過ごす。 なかなかのクズ具合だけど、これに尽きる。 ちなみにこの話は、死ぬほどパチンコに行きたい人用に作ってる。 パチンコに行きたくなったら他のことをできる人用ではない。 このページは真のパチンカス用に作られております もう、行かなきゃ気が狂いそうで、でも行ったところで本当はそうしている惨めな自分が嫌で嫌で涙流しながらうってるような人に向けて書いてる。 多分、そんな人はほぼ毎日行ってると思う。 仕事帰りの1,2時間とかでも、毎日パチンコに触れてる。 だから、もう頭ん中はそのことしか考えられない状態になってる。 そんな脳みそをこの引きこもり作戦で、少しでもパチンコから遠ざけようって話。 パチスロ依存を克服するには、その原因から身を遠ざける必要がある。 今日からやるかやらないかはあなた次第。 あなたが依存症と借金で人生の大事な時間を奪われて、ボロボロにならないことを祈っています。 すでにボロボロの人より。

次の

パチンコ業界の衰退!今後の動向や将来性、2020年問題を徹底調査

パチンコ 返済

「 生活苦から趣味であるパチンコに熱中してしまい、それが原因で200万円の借金をしてしまった」という方からのご相談でした。 この方はもともとの生活が生活費以外は3万円しかないという生活でした。 そんな生活を続けていたことによるストレスによりパチンコにのめり込んでしまい、パチンコで負ければ負けるほど借金をするようになりました。 最後には200万円の借金をしてしまいますが、債務整理のおかげで比較的返済金額が落ち着くようになりました。 なんとか3万円で生活していくうちに、 ストレスが溜まって金銭感覚が麻痺し、もともと好きだったパチンコで小金を稼ぐようになったのが転落のキッカケです。 パチンコで負けが込むようになると、生活費が足りなくなり、逃げるように実家へ帰るようになりました。 しかし、パチンコはやめられず、1円パチンコで我慢してたものを4円パチンコにチェンジし、ますますお金が足りなくなりました。 気づけば、ストレス解消とパチンコのせいで、3年足らずで200万の借金をすることになったのです。 カード会社のキャッシングを利用していくうちに、気づけば多重債務に 最初は、持っていたクレジットカードの三井住友VISAカードからお金を借りました。 生活費が足りないから一万円だけ、と思っていましたが、あまりに簡単に借りられることに驚き、段々と大きな額を借りるように。 しまいにはパチンコにいくために3万借り、負けてまた借り…を繰り返していました。 限度額がいっぱいになると、別のカードを使うようになり、気づけば私は 4社で多重債務をしていたのです。 債務整理の相談は驚くほど気安いものだった 生活が立ち行かなくなり、 弁護士さんに債務整理をお願いすることにしました。 「ギャンブルが原因なんて言ったら怒られる」とビクビクしていましたが、実際話してみると、受付の女性も弁護士さんも大変丁寧で、怖がっていた自分がバカみたいでした。 弁護士さんの指示どおりに任意整理の手続きをしていくと、あっという間に手続き完了。 毎月の10万の返済も一時的にストップし、結果として 毎月3万円の支払いになりました。 返済が苦しいと思ったらすぐ債務整理したほうがいい 今回の件を通じて感じたことは、借金で悩んだら、 自分であれこれしようとは思わないことです。 借金をしている段階で、自分には支払い能力がなく、どうしようもない人間というのを痛切に感じ、そして 専門家に任せるようにしましょう。 借金をすると、普通に生きているぶんには全く関わりのない用語が出てきて、ひどく混乱します。 ブラックリスト入り、債務整理、訴訟……刑事ドラマでしか聞かないような言葉ばかりが登場し、まるで暗闇のなかを歩いているような心細さを覚えます。 そんななかで、弁護士さんは全ての疑問に答えてくれます。 弁護士さんの信用を裏切るような行為さえしなければ、債務者にとってまるでヒーローのように大きな味方になってくれるのです。 借金に悩んでいる人は、キャッシングリボやおまとめローンといった言葉につられず、まず 弁護士さんのお世話になることを強くオススメします。 自分で悩まず専門家を頼り、債務整理しよう 今回のお客様は弁護士に債務整理の相談をしにいくことにハードルを感じていました。 しかし債務整理をしたおかげで返済額が多く減りました。 借金が増えていくだけでなく、聞いたことない言葉がたくさん出てくると、どんどん不安になって行くと思います。 その不安を解消するためにも、ぜひ一度ご相談ください、電話でもメールでも24時間受け付けておりますので、お客様がご相談しやすい方でご連絡ください。

次の