タンパ リング 球団。 タンパリング

12球団最多の16名が移籍…西武ファンが最も恐れる季節が到来→きっと西武ファンが嫌いなんだと思う。

タンパ リング 球団

カープの丸選手が巨人に移籍しましたが・・・ カープの丸選手が巨人に移籍を表明しましたね。 そこで思ったのですが、個人的には丸選手と巨人はタンパリング済みだったと思うんですよね。 シーズン途中から急に調子落としたじゃないですか。 あの時に丁度丸選手が都内に家を建てたとか借りたとか噂が出てたので、あの時に接触し、今オフの巨人移籍を約束したのではないでしょうかね。 正直、ロッテの参入は想定外だったと思います。 まぁロッテ自身もおそらく身売り問題になりかねない出来事があったのでそれを吹き飛ばすために動いただけで本気で取れるとは思ってなかったと思います。 丸選手としては、去年の契約更改時に2連覇した上でMVP取ったのに査定が厳しかった事と、複数年を提示しなかった事に不満を持ち、今年巨人に移籍する事を決めたのではないかと思います。 まぁカープとしては貧乏だから査定はケチ まぁ正当だというでしょうが で、来季FA権を取得する選手でも単年契約しか提示しないのがルールなんでしょうけど。 しかし正直なところ、どうしてカープは強くなって2連覇して儲かってたのにも関わらず、弱小で貧乏だった頃と同じ査定やルールで提示したのかわかりません。 去年、好条件で複数年契約結んでいたら流出は防げたと思います。 正直、今後もこのような査定やルールでやっていくとなると、菊池や野村、會澤、誠也等の流出が止まらないと思います。 あくまでも個人的な考えですがね。 皆さんはどう思いますか? プロの世界なら当然でしょうね。 別に驚くことでも、悪いことでもないとおもいますよ。 一般企業のヘッドハンティングと同じですよw 古い話ですが金本の流出の時も同じように感じましたね。 金本も当時「カープファンに感謝」などと言う嘘くさい言葉を残しながらさっさと阪神へ移籍しましたよね。 ただ、丸選手は昨年、球団から複数年契約の話が出たとしてもキッパリと断ったでしょう。 プロなのですから当然、高い報酬を保証してくれる球団への移籍は計算済みだったとは思いますよ。 また、子供の頃から巨人ファンであったと言う事実、夢を叶えたい、ユニフォームを着たい。 という気持ちも当然ながら強かったでしょうね。 まして、子供の頃からの憧れの原監督にタイミングよく変わったのですから当然ながらの移籍ですよ。 高橋由伸監督から原監督に戻したのも丸選手を獲得する為だったのかも知れません。 立証するのは難しいかもしれませんが、今回のFA移籍には不審な点がいくつかあります。 広島側もある程度把握してるのではないでしょうか。 提訴するかどうかはわかりませんが、今後のことを考えるなら、するかもしれませんね。 拘りすぎと言うより、会社経営上、査定ルールがブレないのは、適切で健全な判断だと思いますよ。 読売などのメディア系やIT系の企業がオーナーの球団は、広告費として球団運営する傾向が強く、球団経営的な視点は乏しく、赤字は当然のように考えており、そもそもの成り立ちが違うように思います。 私が思うに、丸の場合は複数年提示はしたが、丸が拒否したのではないかと思います。 広島は僻地で都会出身者にとっては長く住みたくはなくチャンスがあれば出身地に戻りたいというのは自然な流れです。 黒田のような選手は稀ですが、広島を好きになって残る選手も出てくるとは思います。 その選手の生い立ちや性格などによるので、これはわかりません。 チームの新陳代謝を考えると、多少の流失は織り込み済みで新たな戦力の育成と台頭を注力するのは、健全な経営につながる大事なポイントだと思います。 今回の丸移籍は球団としても覚悟はしていたが、丸への信頼感からある程度残留の希望は持っていたと思います。 ただ、丸本人にとって広島はあまり魅力的ではなかったと言うことでしょう。 元々巨人ファンだったみたいですし、出身地に戻りたい気持ちも強かったでしょうし、どうしようもないところだと思います。 もう帰ってくることはないと思いますので、残念ですが、諦めるしかありません。 広島の人にとっては、広島を全否定されているので屈辱ですが、しょうがありませんね。 また、今は強いチームですがココ最近の話であって全体的に見ればBクラスの方が多いような球団です。 彼女らが飽きたら収益も多少なりとも落ちるでしょうしそう簡単にチーム方針は変えられないと思います。 質問者さんもおっしゃる通り今後多くのスター選手がFA権を取る予定のカープフロントからしたらここで1度許してしまうと今後の選手もそれを超える金額や年数を要求されたりする可能性が高まるそれを踏まえての決断だったのでしょう。

次の

◆タンパリング ◆野球協約73条(保留を侵す球団)全保留選手が...

タンパ リング 球団

オリックス岡田彰布監督(52)が20日、星野仙一氏(63)と新監督就任の交渉を控える楽天をけん制した。 今季国内移籍が可能なフリーエージェント(FA)権を取得した後藤に対し、楽天が宣言時に備えて獲得調査をしていることに「ホンマやったらタンパリングや」と反応。 3番セカンドの主将の流出ピンチに加え、ドラフトでは早大・大石達也投手(福岡大大濠)の指名でも競合必至。 誕生間近と見られる「星野楽天」にメラメラと対抗心を燃やした。 フェニックス・リーグ視察で宮崎滞在中の岡田監督が約1100キロ離れた仙台をにらんだ。 後藤に強い関心を示す楽天の動きが気に入らない。 「何で後藤の名前ばっかり 紙面に 出るんよ。 ホンマやったらタンパリング 事前交渉 や、って怒らなアカン。 新聞紙上で交渉してるのと一緒よ。 今はウチんとこの選手やで」。 新聞報道で明らかになったが、球界の情報通とあってすでに情報は耳に入っていた。 「まだ(FA権の行使を)宣言するかも分からんし、その時期とちゃうのになあ」と敏感に反応した。 19日、SD職にあった阪神を星野氏は正式に退団した。 ともに人気球団阪神の監督を務め、岡田監督にとってはバトンを受け取った球界の先輩だ。 意識しないはずがない。 退団会見も携帯電話のサイトでチェック。 知将と闘将の対決となれば、双方からどんな発言が飛び出るのかも含め、世間の注目度は高まる。 パ・リーグ全体への影響についても「そら盛り上がるんちゃう」と、その存在感の大きさを認めた。 ただ勝負事である以上、チーム編成、戦力を大きく左右するような後藤の流出は避ける必要がある。 新監督を迎えるため補強にも積極的な楽天の動きに、クギを刺さずにはいられなかった。 おまけに今ドラフトでも対決がありそうだ。 オリックスは競合覚悟で早大・大石を1位指名する方針だが、そのライバル球団の1つが、楽天。 岡田監督は「そら引くよ」と自らくじ引きに出馬する構えで楽天も交渉がまとまれば「星野監督」がくじを引く可能性があり、いきなり激突が見られるかもしれない。 そのドラフト戦略について、この日は「あんまり 指名が 集まるようなら 他の候補で 一本釣りもあるよ」と発言。 ニンマリしながら「情報に絶対はないからな」と続け他球団に向けてしっかりと煙幕を張った。 もちろん一連の発言の根底にはオリックスだけでなく、球界を盛り上げたいという思いがある。 岡田オリックスVS星野楽天。 5位、6位に沈んだ両球団が来季、パの目玉対決になるかもしれない。 【押谷謙爾】 [2010年10月21日11時18分 紙面から]ソーシャルブックマーク• photo• 野球 白熱エース対決!ヤクルト-巨人/ライブ速報中 []• プロ野球 [6月26日 20:40]• プロ野球戦評 [6月26日 20:33]• プロ野球戦評 [6月26日 20:32]• プロ野球 [6月26日 20:31]• プロ野球 [6月26日 20:27]• プロ野球戦評 [6月26日 20:27]• プロ野球 [6月26日 20:25]• プロ野球 [6月26日 20:17]• プロ野球 [6月26日 20:17]• プロ野球戦評 [6月26日 19:59]• プロ野球 白熱エース対決!ヤクルト-巨人/ライブ速報中 []• プロ野球 [6月26日 20:36]• プロ野球戦評 [6月26日 20:33]• プロ野球戦評 [6月26日 20:32]• プロ野球 [6月26日 20:31]• プロ野球 [6月26日 20:27]• プロ野球戦評 [6月26日 20:27]• プロ野球 [6月26日 20:25]• プロ野球 [6月26日 20:17]• プロ野球 [6月26日 20:17]• プロ野球戦評 [6月26日 19:59]• 高校野球 智弁和歌山と市和歌山が2回戦激突も 抽選会開催 []• 高校野球夏の地方大会 [6月26日 19:56]• 高校野球夏の地方大会 [6月26日 18:49]• 高校野球夏の地方大会 [6月26日 18:17]• 高校野球夏の地方大会 [6月26日 17:28]• 高校野球夏の地方大会 [6月26日 17:01]• 高校野球 [6月26日 14:30]• 高校野球夏の地方大会 [6月26日 10:54]• 高校野球 [6月25日 23:31]• 高校野球 [6月25日 20:49]• 高校野球夏の地方大会 [6月25日 18:47]• 大学・社会人 JR東日本東北の山田周平、粘りの投球で4回無失点 []• アマ野球 [6月25日 15:58]• アマ野球 [6月24日 16:27]• アマ野球 [6月24日 16:26]• アマ野球 [6月23日 23:14]• アマ野球 [6月23日 18:51]• アマ野球 [6月23日 6:00]• アマ野球 [6月20日 19:19]• アマ野球 [6月19日 17:59]• アマ野球 [6月18日 15:49]• アマ野球 [6月15日 18:41]•

次の

カープの丸選手が巨人に移籍しましたが・・・カープの丸選手...

タンパ リング 球団

最大の注目だった二刀流・大谷翔平投手(22)=日本ハム=はこの日代打で出場し、天井に張り巡らされた布の隙間に入り込み落ちてこない仰天弾(東京ドーム特別ルールで二塁打)を放った。 そんな中、あの名門球団の大谷に対する行為が大きな波紋を広げていることがわかった。 「こんなことを許していたらルールも秩序もあったもんじゃない!」。 こう怒りをあらわにするのは、ナ・リーグ球団のスカウト。 それは10日のメキシコとの第1戦の試合前に起こった。 大谷が練習中、大リーグ・ドジャースの主砲でメキシコ代表に帯同しているエイドリアン・ゴンザレス内野手(34)に呼ばれ、3人のメキシコチーム関係者とともに記念写真を撮り歓談。 お土産にドジャースのロゴ入りのドラムバッグを手渡された。 ゴンザレスは「オレにバッティングを教えてくれと頼んだ」などとジョーク混じりの会話を明かしていた。 メキシコ代表関係者のIDを身に付けていたが、実際はドジャースのスカウトだったというのだ。 大リーグのスカウトは今回の強化試合ではタンパリング(事前交渉)防止のため、スタンドからの視察のみが許され、グラウンドへの立ち入りが禁止されていた。 にも関わらず、「ゴンザレスとの面会のため」としてアクセスパスを申請していた。

次の