エモ い 画像 加工。 インスタっぽい!エモい写真加工の手順 (面倒くさがりな人向き)|トミナガハルキ / デザイン事務所AMIX|note

【Photoshop】背景をエモいドラマ調に加工する方法

エモ い 画像 加工

本家のインスタグラマーさんは、色々なアプリ VSCOとか.. をバリバリと使いこなして素敵な加工を行なっていましたが、 いかんせん面倒くさい。 そこで僕は「どういう写真のイメージをゴールとしているのか?」と答えを聞き、それをインスタの加工のみで再現するようにしたので、それをご紹介したいと思います。 毎回基本的には同じ加工です。 こんな感じに仕上がります。 目指すイメージはつぶやきにもある通り、 1. 余白 です。 の余白については加工ではどうにもならないので、撮影時は引き目で何枚か撮る事をオススメします。 枠内に白を意識して取り入れると良さげ。 今回はiPhoneで撮影したこちらの写真の加工ステップを順番に紹介したいと思います。 被写体ど真ん中ではなく、余白を意識して撮影しました。 確かにこの方が場所の空気が感じられてエモい気がします。 STEP1 : 必ず行う流れ まず「Clarendon」のフィルターをクリック。 大体でいいです。 次に「明るさ」を上げます。 結構明るめかな?と思うくらいに上げます。 後の「暖かさ」の調整が分かりやすくなります。 結構グイーッと下げます。 今回は目一杯下げました。 この段階でそれっぽくなるので、あとは整える感じです。 STEP2 : 好みで微調整 「影」を調整します。 そうすると黒い部分にも青色が乗ってくるので、エモいです。 この段階で、なんだかぼんやりするなーと感じたら、「彩度」「ストラクチャー」や「コントラスト」をほんの少し弄りましょう。 この辺は好みです。 完成! 基本的には、毎回このステップで写真を加工しています。 結構イメージ変わりませんか? Original article :.

次の

Photoshopで簡単!画像をおしゃれな水彩画風に加工する方法

エモ い 画像 加工

加工に使うオススメのブラシ このテクニックには、水彩風のブラシが必要なので、持っていない方はこちらの 2つをダウンロードしてください。 水彩画風の大きめのブラシ 水しぶきのようなブラシ 元の画像を水彩画風に加工する 加工までの準備 まず初めに元になる写真をPhotoshop上で開いて、サイズを決めます。 次に「新しいレイヤーを作成」を開きます。 ここで、レイヤーの背景は白にしてください。 スマートオブジェクトに変換すると、レイヤーの画像の右下に小さなマークがつくので確認してください。 次に、 フィルタギャラリーで画像を加工していきます。 次に、フィルタの「レイヤー効果」を調節していきます。 選択レイヤーの下に「スマートフィルター」、「フィルタギャラリー」の文字が加わり、その右に隅にマークがあるので、そこをダブルクリックします。 すると、「描画モード」を設定する画面が出るので、「通常」を「スクリーン」に変更します。 ここまでできれば、あとは同じ要領で加工を加えていきます。 次に、 スケッチの下書き風の加工を加えます。 すると画像の輪郭が検出されます。 選択レイヤーの中に「輪郭検出」の文字が追加されるので、先ほどと同じようにその右端にあるマークをダブルクリックして、「描画モード」を変更します。 今度は、「描画モード」を「通常」から「乗算」に変更します。 ここまでの作業で加工は完了です。 ブラシツールでよりリアルに 画像は水彩画風になったので、次はブラシツールとレイヤーマスクを使って、よりリアルにしていきます。 レイヤーマスクを作成 画像のレイヤーを選択した状態で、右下のアイコンから「新規レイヤーマスクを作成」します。 画面の方は真っ白になりますが、それで大丈夫です。 ブラシツールの設定 最初にダウロードした「水彩画風の大きめのブラシ」のBrush2を選択し、(筆のようなタッチであれば、他のものでも可)、「ブラシサイズ」を「120-180」に設定します。 次に画面中央右にある「ブラシ設定」を選択し、「ブラシ設定」パネルの左側のパネルを選択し、「シェイプ」と「散布」にチェックを入れます。 画像の大きさによるので、下のグラフを見ながら適度にブラシがばらつくように調整する。 ブラシを使って画像を浮かび上がらせる ブラシの設定ができたら、レンヤーマスクを選択し、ブラシツールの色を白に設定。 画面をブラシで浮かび上がらせていきます。 画面中央部やメインの部分はブラシを重ねて濃くします。 ポイントは画面の端っこは塗りすぎないこと。 ブラシの跡が残るように塗ります。 水しぶき風ブラシで水しぶきのようなエフェクトをつける 塗り終わったら、右下のアイコンから、画像のレイヤーの下に「新規レイヤーの作成」をします。 新規レイヤーを選択した状態で、「水しぶきのようなブラシ」の「 1」のブラシを選択します。 「ブラシサイズ」を「300」くらいに調整し、「カラーパネル」を選択します。 「カラーピッカー」が表示されるので、画面中の空や背景の色をクリックします。 色を選んだら、ブラシで塗ります。 水しぶきのブラシは、画面の端に2箇所ほど使います。 ブラシはワンクリックで十分です。 水しぶきの色が濃いと不自然なので、レイヤーのやや右上にある「不透明度」を「60%」くらいにします。 Camera Rawフィルターで温かみのある仕上げに 水しぶきをつけ終わったら、画像の微調整を行います。 あとは、お好みの色になるまで調整するだけです。 ポイントは、「色温度」を若干暖色系よりにして 温かみをだすこと。 また「ハイライト」を下げて、「シャドウ」をあげると、霞んだような画になります。 色の調整などを済ませたら、隣のアイコンを選択し、「レベル」を調節します。 水彩調の薄めかつ、色がしっかり見えるように調整しましょう。 調整が終わったら出来上がり。 水彩風の加工の完成です。 こんな感じの仕上がりです。 その他の作品紹介 同じ方法で作った作品がこちら。 バラナシinインド 水彩画風加工で、風景も淡く美しく。 ジャイサルメールin インド CDジャケットのような一枚。 サメット島inタイ 夕日の暖かさが水彩だといい感じです。 シェムリアップinカンボジア 人物像でもおしゃれになりますね。 まとめ いかがでしたか? Photoshopで簡単に作れる水彩画風加工のテクニックを紹介しました。 慣れてしまえば、10分もかからずできるようになるので、試してみてください。 この記事が参考になったら、シェアお願いします!.

次の

画像加工編集サイト

エモ い 画像 加工

フェード用のレイヤーを追加する 今回使用した写真はこちらからダウンロード可能です。 加工したい写真を開きます。 少し色あせた感じにするためフェード用のレイヤーを作成します。 Instagramのフィルター編集にある「フェード」と同じで写真のコントラストを弱め、フィルムカメラで撮影したような色あせた雰囲気に仕上げられます。 メニューから レイヤー>新規塗りつぶしレイヤー>べた塗り を選択。 グレーで塗りつぶします。 LabカラーのL:「50」a:「0」b:「0」に設定し、「OK」ボタンを押します。 レイヤーパネルから不透明度:を「10%」に下げます。 (不透明度は写真に合わせて調整します。 5%〜20%くらいがおすすめ。 ) 明るさ・コントラストの調整レイヤーでも同じような加工が可能です。 色相・彩度の調整レイヤーで色味を追加する メニューの レイヤー>新規調整レイヤー>色相・彩度 を選択。 「色相の統一」にチェックを入れて、色相・彩度の値を調整します。 ここでは色相:「50」彩度:「25」に設定。 レイヤーパネルから不透明度:を「30%」に下げます。 (不透明度は写真に合わせて調整します。 10%〜30%くらいがおすすめ。 ) 色相・彩度の調整レイヤーの値を変更すれば、後からでも簡単に青みがかった写真にできます。 トーンカーブの調整レイヤーでコントラストを調整する メニューから レイヤー>新規調整レイヤー>トーンカーブ を選択。 トーンカーブのカーブは、上に曲げれば画像が明るく、下に曲げれば画像が暗くなります。 グラフの左側が写真の暗い部分、右側が写真の明るい部分に対応しています。 クリックでコントロールポイント追加、ドラッグでコントロールポイントの移動、「delete」キーでコントロールポイントを削除できます。 写真の暗い部分を少し明るく、明るい部分を暗く調整するためコントロールポイントを2つ追加しました。 トーンカーブを使えば、狙った部分の明るさを個別に明るくしたり、暗くしたりできます。 明るさ・コントラストやレベル補正で出来ることがトーンカーブ1つでできるので、トーンカーブの使い方はマスターしておきましょう。 ノイズフィルターでフィルム特有のザラつき感を追加する メニューから レイヤー>新規塗りつぶしレイヤー>べた塗り を選択。 フェード用と同じグレーで塗りつぶします。 メニューから フィルター>ノイズ>ノイズを加える を選択。 メッセージが表示されたら「ラスタライズ」ボタンを押します。 ノイズを加えるウィンドウが表示されるので「グレースケールノイズ」にチェックを入れて、量:「20」%に変更し「OK」ボタンを押します。 レイヤーパネルから描画モードを「ソフトライト」に変更。 不透明度:「40%」に下げます。 ザラザラした質感を追加できます。 光漏れのエフェクトを追加する フィルム写真に赤い光が写っているのを見たことがありますか?フィルムカメラの場合、カメラの隙間などから光が入ると感光して赤い光が映り込むことがあります。 その赤い光をPhotoshop上で追加していきます。 メニューから レイヤー>新規調整レイヤー>トーンカーブ を選択。 先ほどと同じ要領で、全体を明るく調整します。 RGBと表示されているところを「レッド」に変更します。 同じようにカーブを上に引っ張り、明るくします。 レイヤーマスクを使ってマスクします。 レイヤーパネルで光漏れエフェクト用のトーンカーブの右側にある四角い部分をクリック。 ブラシツールを使ってエフェクトをかけたくない部分を黒で塗りつぶしていきます。 ここでは、わかりやすいようにレイヤーマスクだけを表示しています。 (「Alt(Option)」を押しながらレイヤーマスクをクリックすると、レイヤーマスクだけ表示されます。 ) レイヤーマスクを使って光漏れを表現できました。 完成です。 まとめ 通常の写真もちょっと加工をしただけで、雰囲気が出ます。 最近では写真カメラアプリなどで簡単に加工できるものが増えていますが、Photoshopで加工すれば自分で細かく調整ができるのでおすすめです。 Photoshopのアクションなどに登録すれば、複数の写真を一気に加工することも可能です。

次の