村上 近本。 近本光司と村上宗隆の新人王争いを谷繁 デーブ 松本が語る 2019.9.19

近本出塁で甦れ、四球でも何でも出て走ってかき回せ(日刊スポーツ)

村上 近本

近本 136試合 率. 274 562-154 本9 点41 盗34 村上 138試合 率. 230 495-114 本35 点95 盗4 近本は盗塁リーグトップ、村上は本塁打3位 打点2位 稲村 ヤクルトが阪神に勝利。 阪神の近本選手がセ・リーグ新人最多安打記録を更新しましたね。 大久保 そうなんです。 これね、 61年ぶりに長嶋さんの記録を更新。 まあ試合数は違うんですけどね。 稲村 そうですね。 大久保 松本さん、セ・リーグの新人王争いですけど、ヤクルトの村上と一騎討ちだと思うんですよ。 松本 そうですね。 大久保 松本さんはどうなると思いますか? 松本 まあ近本の方がタイトルを獲りそうですよね。 大久保 盗塁王が見えてますね。 松本 はい。 まあいい勝負になるんじゃないかなと思います。 接戦になるんじゃないですかね。 大久保 なるほど。 谷繁さんはどうですか? 谷繁 これは割れると思います。 記者投票ですから、関東と関西でちょっとあるんじゃないですか 笑 大久保 あるでしょう。 しかもね、投票権を持った人がスタジオにいるんですよ。 稲村 えっ?どなたですか? 大久保 師岡さんです。 大久保 今のところね。 師岡 はい。 大久保 俺が思うのは、村上と近本はどっちも記者に対する態度がいい奴なんです。 稲村 ほー 笑 谷繁 まあ村上が 100打点にいったら、ちょっと村上の方がインパクトあるんじゃないかっていう。 大久保 ありますよね。 師岡さんはまさかフジサンケイグループだから村上って言ったんじゃないでしょうね? 師岡 いやいや、私は野球に関わる身として平等な目で。 大久保 お願いしますよ。 以上です。

次の

村上宗隆(ヤクルト)新人王は納得できますか? 近本光司(阪神...

村上 近本

ともにチームに大貢献、熾烈な争いに パ・リーグで目立つのがプロ2年目以降の選手たちの活躍だ。 ソフトバンクで今季10勝に到達した2年目サブマリン・高橋礼、セットアッパーで定着した15年ドラ1右腕・高橋純平、先発ローテーションに定着した楽天の4年目右腕・石橋良太、ロッテの5年目右腕・岩下大輝と投手の台頭が目立つ。 新人は今季50試合以上登板しているソフトバンク・甲斐野央、新人初の交流戦首位打者に輝いたオリックス・中川圭太が有力候補になる。 セ・リーグは阪神・近本光司、ヤクルト・村上宗隆、DeNA・上茶谷大河、広島・床田寛樹が結果を残していたが、ここにきて明暗が分かれている。 3年目左腕の広島・床田は今月11日に登録抹消。 上茶谷は球団新人記録の6連勝と白星を伸ばしたが、今月に入って2試合連続大量失点でKO。 防御率も4点台まで悪化した。 一方で、夏場に入り、さらに輝きを増しているのが近本、村上だ。 近本はリードオフマンとして阪神打線を牽引。 17日の巨人戦(東京ドーム)では二盗、三盗を決めて25盗塁として、リーグトップの中日・大島洋平に2差と盗塁王を狙える位置につけている。 2年目の和製大砲・村上も負けていない。 今季28本塁打と覚醒し、リーグトップの83打点をマーク。 入団時は同世代の日本ハム・清宮幸太郎が注目されていたが、一気に抜き去った。 近本、村上のチームへの貢献度は計り知れない。 新人王も熾烈な争いになるとみられるが、近本有利を予想する声が多い。 あるスポーツ紙デスクは「新人王は記者投票です。 そうなると、阪神は担当記者の数が多いため必然的に近本が有利になる。 17年の新人王で物議を醸した記者投票が顕著です」と分析する。 17年は阪神の大山悠輔が打率・237、7本塁打で49票を集め、新人で2ケタ勝利を挙げたDeNA・濱口遥大が27票と下回り、「どう考えてもおかしい」とプロ野球ファンから不満の声が漏れた。 近本はルーキー、村上はプロ2年目ということも配慮しなければいけない。 どちらが新人王に選ばれるか。 リーグ優勝の可能性は厳しい両球団だが、最後まで目が離せない戦いが続きそうだ。

次の

近本光司と村上宗隆の新人王争いを谷繁 デーブ 松本が語る 2019.9.19

村上 近本

ともにチームに大貢献、熾烈な争いに パ・リーグで目立つのがプロ2年目以降の選手たちの活躍だ。 ソフトバンクで今季10勝に到達した2年目サブマリン・高橋礼、セットアッパーで定着した15年ドラ1右腕・高橋純平、先発ローテーションに定着した楽天の4年目右腕・石橋良太、ロッテの5年目右腕・岩下大輝と投手の台頭が目立つ。 新人は今季50試合以上登板しているソフトバンク・甲斐野央、新人初の交流戦首位打者に輝いたオリックス・中川圭太が有力候補になる。 セ・リーグは阪神・近本光司、ヤクルト・村上宗隆、DeNA・上茶谷大河、広島・床田寛樹が結果を残していたが、ここにきて明暗が分かれている。 3年目左腕の広島・床田は今月11日に登録抹消。 上茶谷は球団新人記録の6連勝と白星を伸ばしたが、今月に入って2試合連続大量失点でKO。 防御率も4点台まで悪化した。 一方で、夏場に入り、さらに輝きを増しているのが近本、村上だ。 近本はリードオフマンとして阪神打線を牽引。 17日の巨人戦(東京ドーム)では二盗、三盗を決めて25盗塁として、リーグトップの中日・大島洋平に2差と盗塁王を狙える位置につけている。 2年目の和製大砲・村上も負けていない。 今季28本塁打と覚醒し、リーグトップの83打点をマーク。 入団時は同世代の日本ハム・清宮幸太郎が注目されていたが、一気に抜き去った。 近本、村上のチームへの貢献度は計り知れない。 新人王も熾烈な争いになるとみられるが、近本有利を予想する声が多い。 あるスポーツ紙デスクは「新人王は記者投票です。 そうなると、阪神は担当記者の数が多いため必然的に近本が有利になる。 17年の新人王で物議を醸した記者投票が顕著です」と分析する。 17年は阪神の大山悠輔が打率・237、7本塁打で49票を集め、新人で2ケタ勝利を挙げたDeNA・濱口遥大が27票と下回り、「どう考えてもおかしい」とプロ野球ファンから不満の声が漏れた。 近本はルーキー、村上はプロ2年目ということも配慮しなければいけない。 どちらが新人王に選ばれるか。 リーグ優勝の可能性は厳しい両球団だが、最後まで目が離せない戦いが続きそうだ。

次の