ワイモバイル 1年後。 ワイモバイルで機種変更はおすすめしない?2年後も安く使い続ける方法はコレ。

2年目、3年目以降の料金は?ギガはどうなるの?

ワイモバイル 1年後

そして2年目にあたる26ヶ月目以降について、 以前はスマホプランSの場合だと1000円あがって3980円となっていましたが現在はお値段据え置きの2980円で使えるようになっています。 現在はここにスマホプラン割引と同額の1000円が26ヶ月目から永年割り引かれる長期利用割引ができたので2年後も据え置きの料金で使えるという風に仕様が変わりました。 『長期利用割引なんて聞いてない!』という人も安心してOK 長期利用者割引ができる前に契約したかもしれない、そんな割引の話をされた覚えはないという方でも大丈夫。 長期利用者割引は割引ができる前に契約した人にも自動で適用になるので、焦ってショップに駆け込む必要はありません。 じゃあ長期利用者割引ができる前に2年経過していたユーザーは損なのかと言うと、ワイモバイルのサービス開始から2年以内に長期利用者割引ができたのでそんな人は存在しません。 安心してください。 2年後に変わること 『そっか、料金自体は変わらないのか、じゃあ安心だね』と思いたいところですが、 基本使用料は上がらなくてもそれ以外の部分が変わるので結果的に料金が高くなる場合もあります。 人によっては対策が必要になることもあるので説明していきますね。 データ容量2倍CPの終了 まず 2年で終了するキャンペーンの代表格はデータ容量2倍キャンペーンです。 このCPはスマホプランSなら1GBが2GB、Mなら3GBが6GBと使えるデータ通信量が倍になるというキャンペーンですが、これは25ヶ月目で終了します。 終了すると元のデータ通信量に戻るのでSプランは1GB、Mプランは3GB、Lプランは7GBとなるので、人によっては『データ通信量が足りない!』となってしまいますよね。 そんな場合は データ容量2倍オプションというオプションを付ければデータ通信量の2倍は維持されますが、月額500円のオプション料がかかってしまいます。 ちなみにデータ容量2倍キャンペーン期間中にデータ容量2倍オプションを付けても、残念ながらデータ通信量は4倍にはなりませんので。 本体代金の分割払いが終了 スマホの本体代金を分割で払いいている人は契約から25ヶ月目で本体代金の分割払いが終了します。 本体代金を分割払いしていた人は26ヶ月目以降は基本使用料だけになるのでその分安くなりますが、 本体代金を一括で払っている人は25ヶ月目で月々割引という割引が終わるので、その分月額料金が上がります。 ヤング割 学割特典 が終了 ワイモバイルの学割であるヤング割 1000円の割引が14ヶ月目から25ヶ月目まで適用になる割引 も25ヶ月目で終わります。 『子供のスマホだから2980円じゃちょっと高いな』という親御さんは更新月のタイミングでもっと安く使えるサービスを探す必要がありますね。 10分かけ放題は変わらない 10分かけ放題は2年後もかわりません。 安心して今と同じようにたくさん電話しちゃってください。 更新月にすべきこと まずはあなたの契約だと2年目以降の料金がどうなるのか、適用が終了になるキャンぺーンがあるのかを確認しましょう。 そしてワイモバイルの今の機種をそのまま使い続けるなら、 データ通信量の2倍が終わっても問題なく使えるか 使えるデータ通信量が半分になるので! の確認も必要です。 加えて データ容量2倍キャンペーンが適用になっている方は、データ通信量がプラン上限に達した場合に任意の回数を自動買い足しする設定の快適モードに気を付けてください。 もしデータ通信量2倍が終わっているのに快適モードのまま使い続ければ、500MBを1回追加するたびに500円かかってしまいますからね。 他社に乗り換えるなら更新月 またワイモバイルで機種変更を考えているのであれば更新月は関係なくどのタイミングで機種変更しても違約金はかかりませんが、 他社に乗り換えるとなれば更新月でないと違約金がかかってしまいますので逃さないようにしましょう。 例え他社に積極的に乗り換える意志がなかったとしても次の更新月はまた2年後なので、情報収集するくらいはしてもいいと思いますよ。 ワイモバイル更新月は契約してから25ヶ月目と26ヶ月目の2ヶ月間です。 そのままの機種で使い続ける ワイモバイルの快適なネット速度やかけ放題のサービスが気に入っているなら今のまま使い続けるのもいいと思います。 データ通信量2倍CPが終わるので、必要であればデータ容量2倍オプションを付けてくださいね。 またスマホの機種変更は特に更新月にこだわる必要はありません。 『今のスマホまだ使えそうなのよ』ということであれば機種変更は更新月でなくても違約金はかかりませんので、使えるところまで使ってから機種変更することもできます。 ワイモバイルで機種変更する 正直なところ、ワイモバイルで機種変更しても料金が高くなってしまうのであまりおすすめではありません。 同じ機種で同じデータ通信量で1年目に至っては1500円も毎月料金が高くなるんですよ! どこの携帯会社も既存顧客への還元は後ろ向きだといいますが、ワイモバイルにももう少し既存顧客を大切にして欲しいですよね。 『なんとかワイモバイルでお得に機種変更したい!』ということであれば、ワイモバイルオンラインストア限定のアウトレットスマホを契約するという方法があります。 2018年5月の段階では下記3機種がアウトレット特価となっており、スマホの本体代金を割安で契約することができます。 Android One S1 が本体一括7560円 税込• Android One S2 が本体一括7560円 税込• ソフトバンクへの乗り換えで激安に 実は ワイモバイルユーザーはソフトバンクスマホへの乗り換えが優遇されているのをご存知でしょうか。 現在ソフトバンクでは ワイモバイルユーザーに対してソフトバンクへの番号移行プログラムというキャンペーンをやっていて、条件を満たせば下記の特典を受けてソフトバンクに乗り換えることが可能です。 新型 iPhone の登場で iPhone8 が非常にお求めやすくなってますので、興味のある方はコチラの記事をご覧ください。 2年後の料金は変わらない• ただし終了するキャンペーンがある• 更新月には自分の契約を見直そう•

次の

2年目、3年目以降の料金は?ギガはどうなるの?

ワイモバイル 1年後

携帯の契約ってすごくややこしく見えますが、実際ややこしいです。 2年契約に分割縛り、この2つがある時点でややこしいですよね。 実際、接客を行っていてすごく多いのが、「2年契約の違約金がかかるからソフトバンクを辞められない」、「分割が残っているから機種変更できない」という思い込みです。 現役時代はそこに対して、「違約金がかかっても辞める」、「分割が残っているけど機種を変える」という提案をし、感謝されることが多かったです。 縛りから発想が自由になるだけで、契約の幅は一気に広がります。 今回は、機種変更に対する考え方をシェアしていきます。 スポンサーリンク ソフトバンクからワイモバイルに変えた理由 先月、私が持っているiPhone 7Plusをワイモバイルに変えました。 iPhone Xに慣れてしまうと、やはりホームボタン操作が煩わしいと感じるようになりますし、Plusは大きさが気になるようになりました。 iPhone Xを触らなければ気にならなかったと思いますが、現在iPhone 7Plusはケースも外して使っています。 iPhone 7Plusは残債あと1年も残っていますが、丁度更新月なので、違約金はかかりません。 しかし、ワイモバイルに変えても残債が残るので、あまりこのタイミングで変える人はいません。 今回のケースはあまり人には勧めないけれど、「ショップ店員として本当は勧めたい機種変更の方法」についての話です。 ワイモバイルにしても維持費が変わらないけど意味がある まずは元々のiPhone 7Plusの月額料金を公開します。 スマ放題ライト:1,836円• Web使用料:324円• 20GBプラン:6,480円• 分割支払金:4,725円• 月月割:-2,805円• おうち割:-1,080円• 月額料金:10,146円 ソフトバンクでは、私は毎月1万円位払っています。 下取りがないiPhone 7Plusの値段としては妥当な線だと思います。 丁度このiPhone 7Plusが更新月なので、ワイモバイルにMNP(番号移行)した場合の料金がこちらです。 スマホプランL:5,378円• enjoyパック:540円• おうち割:-1080円• 月額料金:4,838円 機種はiPhone 7Plusをそのまま使います。 なるほどソフトバンクからワイモバイルにSIMを変えるだけで、半額位でiPhone 7Plusが使えそうです。 ちなみに、私はenjoyパックで月額540円払っていますが、これに加入しているとYahoo! ショッピングで使えるクーポンが500円分もらえる上に、Yahoo! ショッピングのTポイントが10倍になるので、私は残しています。 そして、一見半額で使えそうですが、ソフトバンク側ではiPhone 7Plusの残債が残ります。 iPhone 7Plus分割支払金 残債 :4,725円 残債を加えた月額料金は9,593円です。 もちろん残債が払い終えれば、申し分なく半額でワイモバイルに変更できます。 「それなら後1年待てばいい」、「今ワイモバイルに変えるメリットがない」と思いますか? 本当の狙いは1年後のiPhone購入 実はこれ、1年後にソフトバンクに戻ってくる前提でのMNPなんです。 ソフトバンクに戻ってくる前提なら、わざわざワイモバイルに変えなくてもいいのかもしれませんよね? そこで、3つのパターンを比較してみます。 そのままソフトバンクで使い続けて1年後に機種変更するパターン• 1年後に端末を自分で購入してワイモバイルにMNPしたパターン• 一旦ワイモバイルに変えてからソフトバンクに戻ってくるパターン 今回のケースです もちろん、ソフトバンクの料金プランは1年後も同じとは限りませんが、このままいった場合での試算となります。 さらにその後の機種変更後も、月額料金は大きくは変わらないと思います。 iPhone 7Plusの分割が終わり、新機種の分割が始まるだけです。 つまりソフトバンクを使い続けた場合、月額料金に大きな差は発生しません。 このタイミングでワイモバイルに変えるなら、半額でワイモバイルにできます。 しかし、新作iPhoneを購入するとなると、別途に機種代金がかかります。 新型iPhoneが10万円程度するならば、2年分割換算で毎月4,000円程度の支払いが発生します。 2年を超えて同じ機種を使い続けるなら、2年経った時点でワイモバイルに変えるのもありですね。 しかし、分割が終わる1年後には、料金は半額程度になります。 そのまま半額で使い続けてもいいのですが、2年も経てば新しいiPhoneとのスペック差が気になってきます。 ワイモバイルにMNPしていなければ「通常の機種変更」となりますが、ワイモバイルに変えているので、扱いは機種変更ではなく、「ソフトバンクへのMNP」となります。 私がワイモバイルにMNPする理由は、新しいiPhoneをMNP価格で購入するためです。 ワイモバイルからMNPするとこんなにお得 サブブランドであるワイモバイルからであっても、MNP扱いとなるので、様々な特典を受けられます。 例えば、現在ワイモバイルを1年以上契約している人がソフトバンクにMNPすると、こんな特典があります。 ワイモバイルからソフトバンクへの番号移行プログラム 例えば、iPhone 8の256GBを契約する場合、機種変更とワイモバイルからのMNPではこれだけ違いが出ます。 【機種変更の場合】• スマ放題ライト:1,836円• Web使用料:324円• 20GBプラン:6,480円• 分割支払金:4,690円• 月月割:-2,810円• おうち割:-1,080円• 月額料金:9,440円 【ワイモバイルからのMNPの場合】• スマ放題ライト:1,836円• Web使用料:324円• 20GBプラン:6,480円• 分割支払金:4,690円• 月月割:-3,210円• おうち割:-1,080円• 通信量割引:-1080円• 月額料金:7,960円 同じ料金プランでも毎月の料金が1,500円位変わってきます。 機種変更よりもMNPの方が月月割は大きく、さらにワイモバイルからのMNPなら2年間1,080円の割引もつきます。 また、ワイモバイルからのMNPなら予約番号発行手数料、ワイモバイル契約解除料、ソフトバンク新規手数料、全てかかりません。 特に契約解除料がかからないので、1年経過すれば好きなタイミングでソフトバンクにMNPできます。 ここまででもワイモバイルに変えておくとお得になりますが、特典はまだあります。 本当に欲しいのはキャッシュバック iPhone 7Plusを2年使ってからワイモバイルに変えるという方法もあり、これもいい考えだと思います。 ただ、この方法だと、2年前のスマホを継続して使うのが前提となるので、処理速度や写真などの機能に不安が残ります。 「2年毎に最新iPhoneに変えるけれど月額料金はお得」という状況を作るのに、「ソフトバンクの半額でiPhoneを」というのは諦めました。 しかし、この方法だと2年毎にもらえそうなのが「キャッシュバック」です。 ネット上ではあまり見かけなくなりましたが、今までもMNPキャッシュバックは普通にあります。 つまり、今ワイモバイルにしておけば、1年後にソフトバンクから手厚いキャッシュバックが入る可能性が高いのです。 総務省からのキャッシュバック是正の指摘も要因ですが、そもそも毎年6月はキャッシュバックが少ない傾向にあります。 格安SIMへの顧客流出を防ぐために、サブブランドのワイモバイルで巻き取っているのが、今のソフトバンクの状況です。 しかし、その後、ワイモバイルからソフトバンクに戻したいはずです。 現在、行なっているワイモバイルからソフトバンクへのMNPキャンペーンも、昔から当たり前のように続いているキャンペーンです。 少なくとも「解除料免除」「月額1,080円の割引」「キャッシュバック」位は継続されると思います。 また、もし1年後にキャッシュバックが薄ければ、もうちょっと様子を見てもいいのです。 更新月が関係ないので、お得な時にMNPができます。 ソフトバンクの分割が残ってもお得なのがいいというのであれば、ぜひ参考にしてみてください。 urasoftbank.

次の

ショップ店員なら誰でも知ってる。私がソフトバンクからワイモバイルに乗りかえた理由。

ワイモバイル 1年後

通話は多めなので、10分かけ放題が良い• 家族割引やおうち割が継続して適用できる• iPhone 6sも安く用意できた ワイモバイルほどデータ通信が安定していて、かつ10分かけ放題を使える事業者は他にありませんでした。 2019年10月1日から、UQモバイルに10分かけ放題が登場しました。 変に3大キャリアやUQモバイルに乗り換えると高くつきます。 家族割引とおうち割り でんきセット A が適用できているので、使い方を考えるとワイモバイルが一番お得です。 ソフトバンクのiPhone 6sも格安で譲ってもらえたので、そのままワイモバイルの契約を継続しました。 2年経過した時におすすめの方法は3つ 我が家では上記のように対応しましたが、2年経過した時にどうするか、候補は3つ挙がりました。 UQモバイルへ乗り換える• ソフトバンクへ乗り換える• 契約継続または機種変更 それぞれの方法にどんなメリット・デメリットがあるかを検討したので、それぞれの検討結果も紹介していきます。 UQモバイルへ乗り換える 正規代理店ならキャッシュバックも付いてくる 私もUQモバイルへ乗り換えることにしたのですが、UQモバイルへの乗り換えが一番メリットは大きいと思います。 なにより、同じようなプランで、かつほぼ同じ料金で使うことができる点がいいです。 端末購入をしつつ、安い月額料金でスマホを使い続けるのであれば、おすすめの乗り換え方法です。 UQモバイルのメリット・デメリットを考えてみましたが、メリットは5つ、デメリットは3つありました。 UQモバイル5つのメリット UQモバイルへ乗り換える5つのメリットは以下の通りです。 ワイモバイルとほぼ同じ料金で使える• かけ放題・通話定額が用意されている• データ通信速度も速い• 家族割引が用意されている• キャッシュバックキャンペーンもある UQモバイルはワイモバイルに対抗したプランを用意しているだけあって、ワイモバイルとほぼ同じ料金で利用できます。 データ通信速度も速いので、他の格安SIMに乗り換えするより良いと思います。 ちなみに家族割引もありますし、正規代理店を利用すればキャッシュバックも貰えます。 ワイモバイルで満足している方であれば、UQモバイルは同じくらい満足して使える格安SIMだと思います。 UQモバイル3つのデメリット UQモバイルへ乗り換える3つのデメリットは以下の通りです。 各種手数料が無料・月額料金の割引特典を受けられる• キャッシュバック付きで乗り換えできる• 同じエリアで同じ電波を使える• Yahooプレミアム会員が無料 ワイモバイルからソフトバンクへの乗り換えは優遇されていて、他キャリアへ乗り換えるよりもお得になりやすいです。 ワイモバイルを1年以上使っていれば、いつでも各種手数料が無料、かつ月額1,000円割引 24ヶ月 の特典を受けられます。 代理店などを利用すれば、キャッシュバック付きで乗り換えることも可能です。 同じエリアで同じ電波をそのまま利用できるので、ワイモバイルと同じように通話・データ通信も使えます。 またYahooプレミアム無料の特典が付いてくるので、PayPayユーザーには嬉しいです。 3大キャリアへお得に乗り換えたいのであれば、ソフトバンクへ乗り換えるのがおすすめです。 月額料金は高くなる やはり3大キャリアだけあって、ソフトバンクへ乗り換えた方が料金は高くなります。 ただしワイモバイルから乗り換えた場合は各種手数料が無料になりますし、月額料金1,000円の割引を貰えます。 さらにキャッシュバックを貰って乗り換えることもできます。 ドコモ・auへ乗り換えるより、ソフトバンクに乗り換えた方が良いと思います。 契約継続または機種変更 新しいスマホを自分で用意できた場合などは、契約継続または機種変更をしてワイモバイルを使い続けるのもアリだと思います。 実際に私の妻は、そのままワイモバイルをスマホプランSで契約し続けています。 割引サービスや料金プランに十分満足しているのであれば、そのまま継続するのもアリです。 契約継続または機種変更する場合、メリットは2つ・デメリットは1つありました。 契約継続または機種変更2つのメリット 契約継続または機種変更する2つのメリットは以下の通りです。 同じプラン、特典を利用し続けることができる• 端末を新規購入しなければ料金は安いまま 簡単に言ってしまえば、現状維持できるということになります。 スマホプランSであれば、10分かけ放題付きで月額3,000円程度なので3大キャリアに比べると十分安いです。 家族割引やインターネット割引などもあるので、割引を適用していればさらに安い金額で維持できます。 SIMフリースマホも、2万円くらいで十分に高い性能の機種を購入できるので、そのような機種を自分で買ってもいいです。 ワイモバイルに満足しているのであれば、そのまま使い続けるのは悪くない選択だと思います。 変に他社へ乗り換えて、不満を感じるというのはリスクなので。 契約継続または機種変更1つのデメリット 契約継続または機種変更する1つのデメリットは以下の通りです。 端末購入をする場合、乗り換えよりも割高になることが多い 他社へ乗り換える大きなメリットは「端末を新規購入しても、安い月額料金利用できる」という点です。 やはりワイモバイルを継続利用すると、どうしても端末の新規購入は高くなってしまいます。 新しい機種が欲しい場合は、SIMフリースマホである程度高い性能を持った機種を安く購入するのがおすすめです。 まとめ ワイモバイルを契約して2年経過した時には、ある程度スマホも古くなってくるので乗り換えを検討するチャンスです。 ワイモバイルでは家族割引やその他の割引も用意されているので、そのまま使いづづけるのもアリです。 Yahooプレミアム会員無料の特典は魅力的なので、それ目当てでワイモバイルを契約し続けている人も意外に多いです。 スマホを買い換えるなら、私のように他社へ乗り換えするのも良いと思います。 契約更新月は2ヶ月あるので、できればその間にどうするか検討しておきましょう。 ぜひ本ページを、その参考にしていただければと思います。

次の