ポケモン ゴリランダー。 ゴリランダー/対戦

【ソードシールド】ゴリランダーの育成論!高火力高耐久の器用なアタッカー!【ポケモン剣盾】

ポケモン ゴリランダー

の詳しい対戦考察や育成論は、以下のようなサイトでも取り扱っています。 外部サイトの安全性・正確性・合法性等あらゆる点については、何ら保証しません。 このページは、の対戦での扱い、および育成論を記述するところである。 ゴリランダーの歴史 第八世代 操作手段でありそこそこの火力が出るの存在、を覚えることからで需要が生まれた。 勿論、、、も優秀。 で相手にデバフを掛けることもでき、通常火力の通りにくい相手にはで削ることができ、と多芸ぶりには目を見張るものがある。 解析によって早々ににが設定されていることが判明したが、型もダブルバトルでは悪くない。 というのも、味方のでに場を整えれば疑似的にグラスメイカー型として運用できるためである。 との相性はあまり良くない。 というのも、変化技や効果が主体の攻撃技に恵まれているが、化すると通常技としての効果が消されるためである。 通常技の効果として持つ反動を消したいにしても、主流特性がであることから化する旨味が薄い。 シングルバトルでは発売直後こそ使われていたが、程無くして対策のウエポンが蔓延し、非常に動きづらくなったため発売から3週間ほどで環境から姿を消した。 それでもランクバトルシリーズ2シーズン2シングルバトル最終1位の構築に投入されていた。 その1位構築の個体はとにを厚く振った型であった。 他にも、低くない素早さとドラムアタックを武器にとで粘る型も一定数確認された。 この世代ではが明確な不利対面。 主力技の内の一致ウエポン、、、、が半減以下であるためである(マタドガスがならじしんは抜群だが)。 シーズン7でが解禁されるととのサイクルコンビ「ブルルドヒド」のカプ・ブルルの枠をグラスメイカーゴリランダーに変えた「ゴリラドヒド」が成立。 のカプ・ブルルはによる耐性がそれほど生かされなかったため、むしろくさ単タイプのゴリランダーの方がサイクルを回すのに向いているのではないかという意見もある。 「ゴリラドヒド」にさらに相性補完としてを足した「ゴリラドヒドヒトム」も急速に広まった。 「ゴリラドヒド」はグラスメイカーによるくさ火力増強効果への依存度が低く寧ろそれ以外の効果がメインなので、グラスメイカー弱体化の影響が薄い。 因みにゴリランダーはしかウエポンを覚えない。 言い換えると、どうしてもでのを上昇させたいならという奥の手が存在する、ということになる。 その場合、やなどの消費アイテムと組み合わせるのが吉。 ダウンロードコンテンツ『鎧の孤島』でとしてを獲得。 を持ったゴリランダーのグラスメイカー込みのグラススライダーの火力指数は39721であり、こだわりハチマキいじっぱりのの火力指数39420を超える。 技の内容判明当初から「第六世代環境の再来」と上から高火力で殴ることに対する悪質性を指摘する声があったが、やなど環境にくさを4分の1で受ける手段が豊富に存在するため対策は容易。 がとで粘ればのターン数を枯らせることができる。 対面を想定すると対策されやすく見えるが、パーティ全体が、、で削りを入れながらサイクルを回せば、後は相手が削れたところからゴリランダーのグラススライダーで全抜きを狙える。 一般的な育成論 高いに低くない、そこそこの耐久を持つ。 物理技が優秀なので物理アタッカーとして育てると良いだろう。 メインウエポンは、。 サブウエポンとしては、、、、、がある。 サイクル技としてはが、起点作り技としては、が存在する。 物理技は一通りそろっているが特殊技は最低限レベルで、、、、、程度。 は、が有用。 ダブルバトルなら、も採用圏内。 は火力を活かせるが主流。 持ち物は高い火力をさらに上げることができるがおススメ。 効果の優秀な攻撃技に恵まれるのでも有用。 はとに各252振りでも悪くないが、、と素早さを操作する技に恵まれているため、あえて素早さを削って耐久に回す型もアリ。 技構成は、、、というものが主流。

次の

【ポケモン剣盾】ゴリランダーの育成論と対策【深緑の御三家!万能ゴリラ】

ポケモン ゴリランダー

5倍になる。 3倍になり 第7世代までは1. 5倍 、技『じしん』『じならし』『マグニチュード』の受けるダメージが半減する。 道具『グラスシード』を持ったポケモンは『ぼうぎょ』ランクが1段階上がる。 音系の技。 相手の『みがわり』状態を貫通する。 相手の『こうげき』ランクを1段階下げる。 音系の技。 相手の『みがわり』状態を貫通する。 変化技を使えなくする Lv. 音系の技。 相手の『みがわり』状態を貫通する。 5倍になり、さらに道具を持っていない状態にする。 戦闘終了後、道具は元に戻る。 音系の技。 相手の『みがわり』状態を貫通する。 『ゴースト』タイプには無効だが、それ以外のタイプ相性の影響を受けない。 音系の技。 相手の『みがわり』状態を貫通する。 特性『てつのこぶし』の時、威力が1. 2倍になる。 天気が『ひざしがつよい』の時は1ターンためずに攻撃でき、『あめ』『あられ』『すなあらし』の時は威力が半分になる。 天気が『ひざしがつよい』の時は1ターンためずに攻撃でき、『あめ』『あられ』『すなあらし』の時は威力が半分になる。 音系の技。 相手の『みがわり』状態を貫通する。 音系の技。 相手の『みがわり』状態を貫通する。 連続で使うと失敗しやすくなる。 自分と相手の性別が同じ時や、どちらかが性別不明の場合は失敗する。 『やけど』による『こうげき』の半減の影響を受けない。 自分の命中率、相手の回避率に関係なく必ず命中する。 投げつけた道具はなくなる。 特性『てつのこぶし』の時、威力が1. 2倍になる。 音系の技。 相手の『みがわり』状態を貫通する。 音系の技。 相手の『みがわり』状態を貫通する。 3倍になり 第7世代までは1. 5倍 、技『じしん』『じならし』『マグニチュード』の受けるダメージが半減する。 道具『グラスシード』を持ったポケモンは『ぼうぎょ』ランクが1段階上がる。 野生のポケモンを捕まえる時に便利。 通常攻撃。 相手が技『ちいさくなる』を使用していると必ず命中し、威力が2倍になる。 10kg未満は20、25kg未満は40、50kg未満は60、100kg未満は80、200kg未満は100、それ以上は120。 ダイマックスしている相手には無効。 相手が技『あなをほる』を使っている時でも命中し、ダメージが2倍になる。 分身は状態異常にならない。 ただし、音系の技などはそのまま受ける。 そのターンに『ひんし』状態になる攻撃を受けてもHPが1残る。 連続で使うと失敗しやすくなる。 自分の持っている技のうち1つをランダムで使う。 PPが減少するのはこの技のみ。 音系の技。 相手の『みがわり』状態を貫通する。 変化技を使えなくする レコ. 音系の技。 相手の『みがわり』状態を貫通する。 10kg未満は20、25kg未満は40、50kg未満は60、100kg未満は80、200kg未満は100、それ以上は120。 ダイマックスしている相手には無効。 自分は交代しても効果が引き継ぐ。 『くさ』タイプのポケモンには無効。 天気が『ひざしがつよい』の時は、2段階ずつ上がる。 ただし、出た最初のターンしか成功しない。 特性『てつのこぶし』の時、威力が1. 2倍になる。 ただし、『なまけ』『バトルスイッチ』など一部の固有な特性の場合は失敗する。 また、威力が150になる。 通常のダイマックス技よりも威力が1. 3倍に高くなり、また相手の特性の影響を受けずに攻撃できる。 自分の命中率、相手の回避率に関係なく必ず命中する。 レイドでは相手の不思議なバリアのゲージを2つ減らす。

次の

【ポケモン剣盾】草タイプ御三家「ゴリランダー」が強すぎてダイソウゲン!?種族値と型紹介

ポケモン ゴリランダー

わざ1 わざ2 わざ3,4 育成論と使い方 はたきおとすが強力! 剣盾環境は、前作まで存在していたZクリスタルとメガストーンが無くなり、はたきおとすが 誰にでも刺さるようになった。 覚えられるポケモンも減ったため、はたきおとすを使えるだけで採用理由になる。 道具ありきのポケモンに強い はたきおとすがあるので、道具を使う前提のポケモンの戦略を大きく崩すことができる。 ナットレイのたべのこし、ガラルサニーゴのしんかのきせき、ヨクバリスのきのみなどを落としてしまえばとても戦いやすくなる。 ドラムアタックが便利 ゴリランダーの専用技であるドラムアタックは、威力80命中100という安定した技で、 必ず相手のSを1段階下げる効果も持っている。 上手く使えば後続に繋がる立ち回りが可能だ。 意外と器用な立ち回りが可能 見た目とは裏腹に器用な立ち回りが可能なポケモン。 交代読みでやどりぎのタネを入れた後に、とんぼがえりで有利対面に繋ぐことも可能だ。 タイプ不一致技では落とせない ゴリランダーは種族値のバランスが良く、アタッカーとしては耐久力が高いポケモン。 タイプ不一致のだいもんじなどでは倒しきれないことが多いので、2回殴って倒す意識を持とう。 ポケモン剣盾の攻略関連記事 DLCの攻略情報.

次の