ハイジア なくなる。 「さよなら、ハイジア。よろしく、NANOX。」

洋服・衣類・スーツに使えるオススメの除菌消臭スプレー比較【無香料】

ハイジア なくなる

・ハイジア除菌・消臭スプレーの在庫があるドラッグストアやネット通販サイト ・フリマアプリ コロナウイルスの影響と製品の製造が終了していることもあり、 現在、ネット通販サイトとフリマアプリなどでは、店頭販売価格よりも高い値段で販売されています。 しかし、そんな高い値段で売られている物を無理して買う必要は全くありません。 販売元の「LION」から、ハイジアの除菌・消臭スプレーの後継ともいえる商品が発売されているので、続いて紹介していきます。 ハイジアの後継となる商品 製造が終了しているので、今となってはハイジアを入手することは難しいのですが、 2020年3月現在では、 ハイジアの後継ともいえる「NANOX(ナノックス)」という商品が発売されています。 「99%除菌」という表示が、2020年3月時点の日本の現状を考えるとかなり頼もしいですね。 マスクなどは帰宅時に捨ててしまえばコロナ感染のリスクを上げることもできますが、 衣類などは外出の度に捨てるということは出来ないので、現在の日本だと衣類に使える除菌スプレーはかなり重宝します。 リンク ナノックスは全ての衣類や布製品に使用できるわけではないので、使用する前には下記の点に注意して使用するようにしましょう。 ナノックス使用上の注意点 皮革・和装品・毛皮・絹・レーヨン・テンセル などの水に弱い素材、洗濯やドライクリーニングできないものにはご使用いただけません。 (引用元:) さいごに 日用品の製造の終了はCMなどでも告知はしないので、知らないうちに製造が終了なんてことも多々あります。 ハイジアの除菌・消臭スプレーは2019年7月に製造を終了しているので、ドラッグストアやお店をハシゴして探したりしないよう、ご注意ください。 また、2020年3月現在、日本を含む世界中でコロナウイルスが流行していますが、 不安になり、ハイジアやNANOXのように「除菌」などの効果がある製品などを必要以上に買い占めたりすることのないよう、どうか落ち着いた行動をとるようにしてください。 この記事で紹介した商品を生活の役に立てていただけると幸いです。

次の

トップハイジアの口コミや評判は本当?実際に使って検証レビュー

ハイジア なくなる

新型コロナウイルスに有効な消毒液 厚生労働省のページには として、次の内容の記載があります。 手などの皮膚の消毒を行う場合には、消毒用アルコール(70%)• 物の表面の消毒には次亜塩素酸ナトリウム(0. 1%) さらに「」の中に、次の記載があります。 4月2日追記• ウイルス付着の可能性がある場所(ドアの取っ手など)の消毒は、次亜塩素酸ナトリウム 0. 05% 、またはアルコール• トイレや洗面所の消毒は、家庭用洗剤で洗浄後、次亜塩素酸ナトリウム 0. 1% コロナウイルスの消毒には、アルコールや次亜塩素酸ナトリウムが有効であることが分かっています。 手の消毒にはアルコール、これは皆さんご存じだと思いますので、このページでは「物」の消毒に有効な次亜塩素酸ナトリウムについてご紹介します。 物の消毒には、次亜塩素酸ナトリウム 物の表面の消毒には、次亜塩素酸ナトリウム0. 1%が有効とのことです。 手の消毒には使えません。 (皮膚が溶けてしまいます) 次亜塩素酸ナトリウムが入った商品をご紹介します。 兼一薬品工業「ジアショット」 次亜塩素酸ナトリウム0. 1%の記載がある物を探して、該当する商品を購入してみました。 「医療施設用」との記載があります。 特徴は、• 次亜塩素酸ナトリウム 0. 汚染された環境表面に希釈することなく、そのまま使用することができる• 泡状でスプレーされるので、液の飛散が少ない とのことです。 製品のラベルには「細菌れウイルスの除去・血液・吐物の汚れに」とのことで、「汚れたトイレの手すりや便座、床などの環境表面に」との記載があります。 ワンプッシュで、この様な感じの泡が出ました。 使い方は、• 約10cm離して対象物に直接スプレーするか、布などにスプレーして拭く• 必ずしっかり拭き取るか、流水で洗い流す とのことです。 実際に使ってみての感想ですが、やはりよく拭き取らないと物によっては対象物を痛めそうな感じです。 確実な除菌効果を求める方は、この商品が選択肢の1つになると思います。 大洋製薬「安定型 次亜塩素酸ナトリウム」 もう一つ購入した商品がこちら。 この商品を選んだポイントは、• 「金属腐食の心配が少なく安心してご使用いただけます」という記載がある• スプレーした後「しっかり拭き取る」および「水洗い」の記載が無い という点です。 には、様々な菌やウイルスに対して不活性化までの時間が掲載されています。 ワンプッシュでこの様な感じでスプレーされます。 使用後に拭き取りの必要が無さそうだったので購入したのですが、この商品は次亜塩素酸ナトリウム100ppmの記載がありました。 100ppm を調べたところ、次亜塩素酸ナトリウム0. 01%に相当する濃度で薄い物でした。 それ故に、金属腐食の心配が少なく、使用後の拭き取りと水洗いの記載が無かったのだと思います。 新型コロナウィルス対策としては濃度が薄いので、完璧を求める方にはオススメはしません。 しかし、スプレー後の拭き取り作業が不要というメリットがあり、拭き掃除を兼ねて消毒する程度の用途にはとても向いていると思います。 「食器洗い後のまな板、包丁、スポンジへ」という記載もあるので、普段使いにも良いと思います。 我が家で、スイッチ、ドアノブ、テレビ等のリモコン、冷蔵庫、手すり、椅子の背もたれなど、コロナウィルスが付着しているかどうか分からないなー、という程度の場所の拭き掃除に使ってみましたが、とても便利でしたので、商品リンクを張っておきます。 を見ると、水・次亜塩素酸ナトリウム・水酸化ナトリウムと書かれていますが、 濃度の記載が無いので花王の消費者相談室に聞いてみました。 濃度については非公表ということで教えて頂くことは出来ませんでした。 花王ページに以前掲載されていた「希釈の目安」が削除され 2020年3月12日時点 ていましたが、新たにコロナウイルス対策としてされておりました。 それに基づいた希釈の割合をご紹介します。 次亜塩素酸ナトリウム 0. 5ml(キャップ半分) 500ml 25ml(キャップ1杯) 1000ml 50ml(キャップ2杯) トイレや洗面所など、確実に消毒をしたい場所に使用する濃度になります。 次亜塩素酸ナトリウム 0. 5ml(ペットボトルのキャップ半分) 200ml 5ml(ペットボトルのキャップ1杯) 500ml 12. 5ml(キャップ半分) 1000ml 25ml(キャップ1杯) ドアノブ等ウイルスが付着している可能性のある場所の拭き掃除に使用する濃度です。 使用後は水拭きが必要です。 希釈した液は、次亜塩素酸ナトリウムが分解されやすくなるので、その都度作るようにとのことです。 参考として、ノロウィルス対策で、 ドアノブや手すり等を拭く濃度は、0. 次亜塩素酸ナトリウム 0. 5ml(キャップ半分) 2500ml 25ml(キャップ1杯) 5000ml 50ml(キャップ2杯) 次亜塩素酸ナトリウム0. メーカーの希釈についてのページには「1000ppm 以上、500ppm 以上、200ppm 以上」と「 以上」が書かれていますので、上記の割合だと濃いめに作られてしまうのかもしれません。 多少濃い分には、しっかり消毒出来そうですが、濃すぎると消毒する対象物を痛めてしまう可能性もあります。 少し余分に薄めるにしても、どの程度まで薄めて良いのか、よく分かりませんね。 もう少し信頼出来る濃度を求める方は、次にご紹介する「病院用ハイター」で希釈する方が良いかもしれません。 病院用ハイター 病院用ハイターには、「次亜塩素酸ナトリウム6%」の記載があります。 「病院用ハイター」は通販で入手できます。 作りたい量 新型コロナウィルス対策 ノロウイルス対策 (0. 02%) 確実な消毒 (0. 5ml 原液 1ml 500ml 原液 10ml 原液 5ml 原液 2ml 1000ml 原液 20ml 原液 10ml 原液 4ml 番外編:WBSで紹介のウイルス除去法 3月9日放送の経済情報番組「WBS(ワールドビジネスサテライト):テレビ東京」で、消毒薬が手に入りにくいなかで、アルコール消毒薬の代わりに、スチームクリーナーを使って除菌する方法を紹介していましたので、ご紹介します。 「新型コロナウイルスでは効果は未確認」とカッコ書きで画面に書いてありましたが、これまでのウイルスでは確認しているようですので、おそらく同様に効果はあるのでしょう。 新型コロナウイルス騒ぎが沈静化した後も、お掃除用品として普段使いができるので、なかなか良いかもしれませんね! こんな方法もありますよ!というご紹介でした。 参考情報:次亜塩素酸水 「次亜塩素酸ナトリウム」と似た名称の消毒液に「次亜塩素酸水」があります。 厚生労働省からも、「 」という物が出されていて、歯科医の先生ので「新型コロナウイルスに対する殺菌消毒に有効な可能性が高い」と指摘されています。 そんな次亜塩素酸水ですが、次亜塩素酸水は「 有機物と接触すると、素早く反応して水に戻る」性質があり、それ故に 吐瀉物や排泄物などに直接スプレーなどで振りかけても、全てのウイルスを殺菌することができない (|)とのことです。 有機物に接触すると素早く水に戻るという特性により、使用時には直接対象物に吹きかける必要があるようです。 ティッシュ等に吹きかけてから対象物を消毒しようとしても、ティッシュ自体が有機物のためにティッシュに吹きかけた瞬間に水になってしまい、単に水拭きしているのと同じことになってしまいます。 この様に、すぐに水に戻る性質があるために安全とされており、アルコール消毒の代わりとして、手の消毒にも使えるということのようで、するなどニュースになっておりました。 手の消毒用などで、アルコールが入手できない時には、次亜塩素酸水がオススメです。

次の

ハイジア(洗濯洗剤)の生産販売終了はなぜか 代わりになに使う?

ハイジア なくなる

最高気温は32. 6度の札幌! 9月も折り返しに近くなってきたというのに2日連続真夏日とは、残暑にしてもちょっと頑張りすぎじゃないでしょうかね。 せっかくの暑さなので連日洗濯する物を探していて、なんでもかんでも洗濯をしています。 残念ながらちょっと湿度が高めでカラッと乾くという感じではないのですけど、ジリジリしたお日様はなんとなく洗濯物を殺菌してくれるような気がするのです。 お天気の日の外干しは最高! お洗濯といえば最近残念なことがありました。 洗濯洗剤ハイジアが廃盤に ここしばらく我が家で愛用していた洗濯洗剤のハイジア。 これまではAmazonの定期おトク便で2ヶ月に1度詰め替え用を購入していました。 7月の時は購入できたのですが、今回9月の定期おトク便ではずっと在庫がない状態になっていて、どうしたのかと不思議に思っていたらなんとこの ハイジアが7月末で製造終了になっていたのです。 ええーーーーーーーっ。 な、なんと…。 もともとは同じライオンのケアベールという敏感肌用のちょっとお高めの洗剤を使っていたのですが、こちらも2017年に製造終了になっています。 こちらの記事で当時のことを書いていますね。 香り控えめの洗濯洗剤と柔軟剤が欲しい 香りのキツいタイプの洗濯洗剤と柔軟剤が苦手で、いろいろ試して落ち着いたのが洗剤はハイジアで柔軟剤はさらさという組み合わせだったのに。 ハイジアはティーツリーオイル配合でミントの香りで乾いてしまうと気にならない香りだったのと、いかにも洗剤の香り的なフローラル系じゃないところがお気に入りでした。 ちなみに現在使っている柔軟剤のさらさも現在市販されている柔軟剤の中ではかなり香りが抑えられています。 ほのかに香る感じの洗濯洗剤と柔軟剤があればいいなと思っているのですが、今のところのベストコンビだったハイジアとさらさの組み合わせが崩れるとなると、今後どうしようかなと思ってしまいます。 もうサラヤのアラウかシャボン玉スノールのような液体の洗濯せっけんしかないかしら…。 とりあえず業務用を買いました 9月には洗剤が届くからと思っていたので買い置きは一切なくなっていて、容器に入っているハイジアも半分になってしまっていたので急いでツルハなどのドラックストアやホームセンターに探しに行ってみたのですが、もうどこにもハイジアはありませんでした。 ああ、またしばらく洗濯洗剤ジプシーになるのかしら、ともう一度Amazonでハイジアを探してみたらまだ業務用は販売されていたのです。 ということで早速ポチり。 消費税の増税で洗剤を買いだめする人も増えてきたと聞きましたが、こんな形で買いだめすることになるとは。 とりあえずこれでしばらくは次の洗濯洗剤のことは考えなくても良さそうですけど、この洗剤がなくなるまでにもう少しハーブっぽくて香りを抑えた洗剤が発売されてくれないかなと願っています。 おわりに 冬になると外干しはお預けになってしまい、次の年の春までは室内干しが続く北海道。 寒くなると室内干しは暖房の乾燥対策として使えるのですけど、やっぱりお日様に干したものとは違うのですよね。 ただ9月の外干しは急に雨が降って来たりと天候が変わることも多いので注意が必要ですけど、お日様の下に干せるうちにと無駄にお洗濯しちゃいます。 明日もお天気のようなのでまたお洗濯できるものを探そうっと。 それでは!! sapic.

次の