お忙しいところ失礼しました。 「お忙しいところ、失礼します」が逆効果になってしまう訳|yokoenglishcoaching|note

「お忙しいところ恐れ入りますが」をビジネスメールで使う際の注意点と適切な用法【例文つき】

お忙しいところ失礼しました

メールでも「ご多用のところ」というフレーズはよく使います。 「ご多用のところ」をメールで使う場合のパターンを以下にご紹介します。 1.依頼など行う前のクッション 例えば、何か取引先に「ご多用のところ恐縮ですが、」のように何か依頼する場合などの前にクッション言葉として使います。 人に何か依頼する場合には、「忙しいところ悪いですが」といった謙虚な姿勢を見せることで、本題に入りやすいということがあります。 そのため、「ご多用のところ」というフレーズもそういったクッション言葉として使うケースが多いです。 2.やってもらったことに対する感謝 「ご多用のところ」という言葉の後に、「ありがとうございます」という感謝の気持ちをいれることで、「ご多用」という言葉が相手に対する配慮や感謝の気持ちをより強く表現する役割をします。 「ご多忙」の意味と使い方 「ご多用のところ」というフレーズの「ご多用」と「ご多忙」は意味や言葉自体が似ています。 どちらも頭に接頭語の「ご」をつけて、目上の人の忙しい状況を表している点も同じですし、意味としても忙しいという同じ意味を持ちます。 ただし、 「ご多忙」という言葉は忌言葉としての側面をもち、縁起の悪さを連想させるため敬遠される言葉です。 「多忙」の「忙」という字には「亡」という死に通じる言葉が入っていることもあり、結婚式などめでたい席においては「ご多忙」は使わない方が良いでしょう。 「ご多忙」と「ご多用」の違い ビジネスシーンにおける「ご多忙」とは仕事が非常に忙しいという意味で、「ご多用」は公私関係なくそれぞれ用事があり忙しいということです。 「ご多用」とは、用事が多いということで、その結果忙しいとなり、「多忙」と同じ意味を持ちます。 意味としては非常に忙しい状況という意味で同じです。 また、ビジネスシーンにおいては「ご多忙」も「ご多用」もどちらもよく使うフレーズです。 特にどちらを使った方が良いということもありませんので、自分で使いやすい方を使うようにしましょう。 ただし、 「ご多忙のところ」よりも、若干あらたまった言い方が「ご多用のところ」という表現になります。 「ご多用のところ」の例文 「ご多用のところ」というフレーズの意味をみてきましたが、「ご多用のところ」はどういった使い方をするのでしょうか。 ここでは、「ご多用のところ」の例文をいくつかご紹介します。 ありがとうございます 「ご多用のところ」というフレーズと合わせてよく使う言葉に「ありがとうございます」があります。 例えば、以下のように使います。 (例文1)「本日はご多用のところ、貴重なお時間をいただきまして誠にありがとうございます」 意味としては、忙しい中わざわざ時間を割いて来ていただきありがとうございますという意味です。 または、何かをしていただいた場合に相手へのお礼という意味でも使われます。 (例文2)「ご多用のところ、大変有益なお話をお聞かせいただきまして、誠にありがとうございました。 」 (例文3)「ご多用のところ、遠方からお越しいただきましてありがとうございます」 恐縮です 「ご多用のところ」というフレーズは、「お時間を」という言葉と一緒によく使われます。 例えば、以下のように使います。 (例文1)「ご多用のところ、お時間を割いていただきまして誠にありがとうございます。 」 (例文2)「ご多用のところ貴重なお時間をいただき、ありがとうございます。 」 「ご多用のところ」というフレーズが、忙しいところをという意味で、接頭語の「ご」がついていることから、相手への尊敬の念も入っています。 そのため、「お時間を」というフレーズと組みで使われます。 とは存じますが 「ご多用のところ」というフレーズは、「とは存じますが」という表現と一緒に使われることが多いです。 例えば、以下のように使います。 (例文1)「ご多用のところとは存じますが、」 (例文2)「ご多用中とは存じますが、」 (例文3)「ご多用の折とは存じますが、」 これは、忙しいとはおもいますがという表現を謙譲表現にしたもので、相手への敬意を払った言い方になります。 万障お繰り合わせの上 「ご多用のところ」というフレーズは「万障お繰り合わせの上」という表現と一緒に使うことがあります。 例えば以下のように使います。 (例文)「ご多用のところ大変恐縮ですが、万障お繰り合わせの上、ぜひご参加ください。 」 「万障お繰り合わせの上」とは、何とか都合をつけて参加してくださいという場合に使うフレーズです。 「ご多用中のところ」は間違った表現 「ご多用のところ」の類語に「お忙しいところ」という表現があります。 「お忙しい」という表現も、相手へお願いをする場合や感謝を述べるときに使います。 お願いや感謝を述べるときの前に、「お忙しいところ」と添えるだけで、相手へへりくだる気持ちを伝えることができるので、相手は良い印象を持ちます。 また、 相手に頼みにくいようなことを言う場合にも、「お忙しいところ」と添えるだけで、相手に失礼にならず伝えることができるというメリットがあります。 「お忙しい」は以下のように使います。 1.「お忙しいところ恐縮ですが、」 2.「お忙しいところ、お手数をおかけして申し訳ありませんでした」 3.「お忙しいところお時間を割いていただき、誠にありがとうございました」 「ご多用」と「お忙しい」の違い 上述しましたように、「お忙しいところ」というフレーズを使った例文は全て「ご多用のところ」と言い換えることができます。 意味は「ご多用」も「お忙しい」も同じだということがいえます。 では何が違うのかということですが、 「お忙しい」は口頭で言うことが多いフレーズであるのに対し、「ご多用」は書面やメールなどで使うことが多いフレーズだという点です。 「ご多用のところ」の意味と使い方をおぼえましょう.

次の

「お忙しいところ」のビジネスメールでの正しい使い方

お忙しいところ失礼しました

相手にとっては時間や労力を費やすことになるため、依頼する側としては最大限の配慮をしたメールを送るのが社会人としてのマナーと言えます。 その際にセットになるのがさまざまな「お願い」の言葉です。 「恐れ入りますが」「恐縮ですが」は、例えば以下のように使用します。 ・恐れ入りますが、こちらにご記名頂けますでしょうか。 また、以下のように「恐れ入りますが」「恐縮ですが」の前に「お忙しいところ」や「ご多忙中」などを付けると、相手が費やす労力や時間に対する配慮がされた表現になります。 ・お忙しいところ恐れ入りますが、折り返しご連絡を頂けますでしょうか。 なお、「恐れ入りますが」「恐縮ですが」は自分に非がない場合に使用するため、例えば「恐れ入りますが、もうしばらくお待ちください。 」という使用は誤りです。 謝罪の意を表現する場合は「申し訳ありませんが」が適切です。 特に、「お忙しいところとは存じますが、どうぞよろしくお願い申し上げます」は依頼内容を伝えた後で文末を締めるのによく使われる表現です。 お願いする際は「~をしてください」ではなく、少し婉曲的な表現を使うことで丁寧な表現になります。 例えば、相手に検討してもらいたいときは、「検討してください」ではなく、「ご検討いただければ幸いです」「ご一考下されば幸いです」といった表現を使いましょう。

次の

お忙しいところすみませんって英語でなんて言うの?

お忙しいところ失礼しました

電話で相手が不在なので、メールで要件を伝えたい! 相手に電話をしたけれども、つながらない場合がありますね。 電話だとお互いのタイミングが合致しなければならないため、スムーズに連絡が取り合えないことも・・。 そんな場合に便利なのが メール。 ただし、「電話が繋がらなかったから、メールしました。 」という内容をメールで上手く伝えるのは、意外と難しいもの。 「折角電話したのにいなかった。 だから仕方なくメールした。 メールで伝えることも可能な内容である• メールを送ることで、次回の電話の際にスムーズに話ができる• 大まかな内容だけ先にメールをしておこう このように、電話とメールを上手に併用するとよいですね! 「不在だったので、メールを送りました」という内容を上手に伝えるには、どのような文言を使うのがいいのでしょうか? 社内の方へ送る場合と 社外へ送る場合について、それぞれご紹介していきます! まずは、社内の方へ送る例文から見ていきましょう。 山田です。 先程お電話をさせていただきましたが、お忙しいようですので、取り急ぎメールにて失礼いたします。 商品の仕様の箇所について、記載すべきか否か判断に迷っているため、ご相談させていただきたいと思います。 本件につきまして、改めてお電話させていただきます。 よろしくお願いいたします。 山田 一郎 改めて電話をする場合、もしくはメールで用件を全て伝える場合があると思います。 いずれの場合も、 どんな用件なのかを伝えることが大切。 相手が理解しやすいように、要点を端的に述べるようにしましょう! 件名:打ち合わせ日程の件(株式会社ビジマナねっと 山田) 〇〇株式会社 営業部 〇〇 〇〇 様 平素より大変お世話になっております。 株式会社ビジマナねっとの山田でございます。 打ち合わせの件で、先程お電話をさせていただきましたが、ご不在でしたのでメールにて失礼いたします。 次回の日程の件ですが、来月の半ば頃はいかがでしょうか。 ご都合のよろしい日時について、2〜3の候補日を挙げていただければ幸いです。 お手数をお掛けしますが、よろしくお願い申し上げます。 jp 一度電話をしたけれどもつながらず、メールで連絡した旨を伝えましょう。 そして、• お忙しいようですので• ご不在でしたので のように 相手の状況を考慮した文言を入れてくださいね! 続いては、こんなフレーズを入れるとNGという内容も頭に入れておきましょう。 あなたがマナー違反にならないよう、 NGフレーズも把握してくださいね。 次の見出しでお伝えしていきます。 スポンサーリンク こんなフレーズはNG! どんなフレーズが入ると、マナーとしてよくないのでしょうか? 具体的には、次のようなフレーズ。 それが・・・• 電話に出なかったので• つながらなかったので これらのフレーズを入れてみたのが下記の文章です。 先程お電話(ご連絡)をさせていただきましたが、電話に出なかったので(電話がつながらなかったので)、メールにて失礼いたします。 いかがですか? 先程の例文と、かなり印象が違うのがわかりますね・・。 上記のような言い回しは、「電話に出なかった」 相手に非があるような印象を与えます。 これだと相手に失礼になるので、気を付けましょう。 確かに出なかったのは事実ですが、 相手に気遣いをするのがマナー。 前章で使った「お忙しいようですので」「ご不在でしたので」という文言で、文章を作成してくださいね。 ここまでメールの例文とNGフレーズについて見てきました。 それが・・・• メールでの連絡になったことを伝える• 相手に非がある伝え方はNG• 電話で事前に伝言を残すこと それぞれについて、詳しく見ていきましょう! メールでの連絡になったことを伝える メールよりも電話で直接用件を伝えた方が、誤解が生じにくいです。 お互いにコミュニケーションが取れるので。 以上のことを踏まえた上で、 メールで連絡しましたという旨を入れましょう。 「先程お電話しましたが、お忙しいようですので(ご不在でしたので)、メールにて失礼いたします。 」 などの文言ですね。 相手に非がある伝え方はNG 前章でもお伝えしたように、「電話に出なかった」「つながらなかった」といった、いかにも相手に非があるような文言はNG。 相手が電話に出られなかった状況であったことを考慮しましょう。 あなたも、電話に出られない状況であることがありますよね。 相手のことを気遣いできるのが、デキる社会人のマナーですよ! 電話で事前に伝言を残すこと 個人の携帯電話に連絡した場合は、 留守番電話に「メールで連絡する」旨のメッセージを残しておきましょう。 また、会社に電話した場合は、 電話の受け手の方に対して「メールでご連絡する旨をお伝えください」と伝言を残します。 どうして伝言を残しておくべきなのでしょうか? それは、 メールを読む前に折り返しの電話がかかってくることを防ぐため。 「電話に出なかったので」「つながらなかったので」など、相手に非があるような文言で記載するのは、やめましょう。 あなたが忙しい中時間を作って電話をしたとしても、相手も似たような状況かもしれません。 個人の携帯電話の場合は留守番電話に、会社の場合は電話を受けてくれた人に伝言をしておきましょう。 本業と副業の 二刀流スタイルを確立しています。 二刀流スタイルを確立することで、• 金銭的なゆとり• 精神的なゆとり を手に入れることができました! 例えば、 ・毎日4桁円のランチを余裕で食べられる ・会社の人との付き合いの飲み会をキッパリ断れる ・大切な人に多くのお金を使える などです。 現在の社会情勢を考えると、いきなり独立・起業はリスクが大きいです… リスクを極力抑えてメリットを最大限享受するためにも、まずは会社員をしながら副業をすべきと強く感じています。 現役会社員である強みを活かし、会社員目線で悩み解消やスキル構築のお手伝いをしていきますね!.

次の