囲碁 棋聖 戦 44 期。 囲碁:棋聖戦 第45期棋聖リーグライブ中継

囲碁:棋聖戦 第45期棋聖リーグライブ中継

囲碁 棋聖 戦 44 期

概要 [ ] 棋聖位7連覇中の九段と3年ぶりの登場の九段の対戦。 井山が勝利し8連覇を達成した。 棋聖8期は名誉名人・名誉三冠と並び最多タイ記録。 8連覇は小林光一名誉三冠と並び最多タイ記録。 3 九段 1976 3位• 4 七段 1981 4位• 5 四段 1998 5位• 2 八段 1987 5位• 5 九段 1972 3位• 7 八段 1977 4位• 1 八段• 2 八段• 5 九段• 8 七段• 9 六段• 10 六段• 12 九段• 13 九段• 15 九段• 21 九段•

次の

2020囲碁【棋聖戦】日程・結果速報、河野VS井山【棋譜】

囲碁 棋聖 戦 44 期

対局結果: 黒番、芝野八段の中押し勝ち 第4局目、芝野八段の勝利となり、これで3勝1敗です。 これは芝野八段、名人を取っちゃうかもしれませんね~。 私がいつも載せている 『』によるグラフでは、今回の名人戦第4局目はこのようになるのですが・・・・・・・ Leela Zeroを導入している ZBadukというサイトではこのように評価されています。 つまり5~60手辺りからもうほとんど芝野八段のペースだったという評価だったようです。 最強の囲碁よりも評価としてはこちらの方が正しいのかもしれません。 今後はZBadukを使って行ってみようと思います。 ZBadukは手軽にLeela Zeroの能力を試せるサイトです。 皆さんもぜひご活用ください。 結果は『芝野七段の半目勝ち』です。 芝野七段はこれでタイトル戦に初挑戦です。 やっとここまで来てくれましたね~。 なお、『三大タイトル戦の挑戦権を獲得』ということで、芝野七段は『八段』に昇格することになります。 8月8日(木)にプレーオフが行われることになりました。 これはやはり芝野七段のタイトル戦初挑戦を期待したいところです。 そして、鈴木七段、孫七段、六浦七段の3人がリーグから陥落となりました。 ここ1年ずっと調子が悪かった井山4冠が急に調子を取り戻してきたようにも感じられます。 個人的には井山4冠の可能性が一番高いと思いますが、そろそろ芝野七段に挑戦権を獲得していただきたいという想いもあります。 次回、7月は『井山4冠VS河野九段』と『山下九段VS芝野七段』の頂上決戦です。 孫七段、大金星ですね。 4-1・・・河野 4-2・・・芝野 3-2・・・井山、山下、羽根 この5人に絞られてきました。 河野九段も羽根、井山、山下の3人が待ち構えていますのでそんなに楽ではありません。 これからこの3人は井山4冠と当たることになります。 調子の悪い井山ですが、この状況から巻き返せるかな? 芝野七段は痛い2敗目。 もう負けられません。 現時点では『4戦全勝の河野九段』と『3勝1敗の芝野七段』が有力ですが、まだまだわかりません。 どこかのインタビューで『名人戦、王座戦、天元戦と忙しかったから・・・』と不調の原因を語っていたように思いますが、いまだに不調が続いているところを見るとそれだけではないように思えます。 スランプ状況ではないかなと思えるんですよね~。 現在全勝なのは河野九段のみ。 完全にもつれた闘いとなっています。 誰が挑戦権を獲得するか、まだまだわかりません。 鈴木七段は初の名人戦リーグ入りで勢いがあるとは思いますが初戦を落としています。 井山が負ける相手だとは思えないんですけどね~。 まだまだ不調地獄は続くのか!? 名人リーグ戦はまだ勝てば大丈夫ですが、碁聖のトーナメントは一度でも負けたら終わりです。 今年の井山、『7冠復帰』は難しいかもしれませんね。 2017年3月13日 に投稿された• 2019年10月11日 に投稿された• 2019年10月2日 に投稿された• 2019年4月26日 に投稿された• 2019年12月15日 に投稿された• 2017年5月13日 に投稿された• 2017年2月24日 に投稿された• 2019年11月6日 に投稿された• 2018年10月19日 に投稿された• 2019年12月7日 に投稿された• 2020年4月6日 に投稿された• 2019年9月1日 に投稿された• 2017年8月2日 に投稿された• 2017年4月10日 に投稿された• 2020年1月10日 に投稿された• 2019年12月24日 に投稿された• 2019年2月21日 に投稿された• 2018年12月17日 に投稿された• 2017年8月6日 に投稿された• 2018年11月28日 に投稿された• 2019年2月22日 に投稿された• 2018年11月8日 に投稿された• 2017年12月24日 に投稿された• 2016年5月10日 に投稿された• 2019年1月16日 に投稿された• 2020年6月20日 に投稿された• 2018年4月12日 に投稿された• 2019年12月23日 に投稿された• 2020年1月9日 に投稿された• 2019年5月19日 に投稿された• 2017年11月5日 に投稿された• 2016年7月31日 に投稿された• 2020年1月13日 に投稿された• 2019年1月16日 に投稿された• 2017年7月29日 に投稿された• 2017年12月16日 に投稿された• 2017年6月3日 に投稿された• 2017年2月27日 に投稿された• 2018年12月16日 に投稿された• 2019年9月22日 に投稿された• 2018年12月26日 に投稿された• 2019年12月14日 に投稿された• 2019年4月19日 に投稿された• 2019年5月16日 に投稿された• 2017年10月22日 に投稿された• 2017年7月4日 に投稿された• 2017年11月26日 に投稿された• 2018年9月22日 に投稿された• 2020年6月4日 に投稿された• 2018年10月22日 に投稿された.

次の

囲碁:朝日新聞デジタル

囲碁 棋聖 戦 44 期

概要 [ ] 棋聖位7連覇中の九段と3年ぶりの登場の九段の対戦。 井山が勝利し8連覇を達成した。 棋聖8期は名誉名人・名誉三冠と並び最多タイ記録。 8連覇は小林光一名誉三冠と並び最多タイ記録。 3 九段 1976 3位• 4 七段 1981 4位• 5 四段 1998 5位• 2 八段 1987 5位• 5 九段 1972 3位• 7 八段 1977 4位• 1 八段• 2 八段• 5 九段• 8 七段• 9 六段• 10 六段• 12 九段• 13 九段• 15 九段• 21 九段•

次の