終息 と 収束 どっち。 コトバ解説:「終息」と「収束」の違い

「収束」と「終息」の違いと使い分けとは?宣言するのはどっち?

終息 と 収束 どっち

新型コロナウイルス。 つい1か月ほど前は、恐ろしいと思いながらも、まだ日本では対岸の火事といった雰囲気だったものが、今や誰もがいつかかってもおかしくないという思いで自己防衛に努めている状況です。 事態はいつになったら収束するのでしょうか。 あれ? ちょっと待ってください。 ここで言う「しゅうそく」って「収束」でいいのでしょうか。 それとも「終息」だったでしょうか。 わからなくなったので、調べてみることにしました。 収束の意味は分裂・混乱していたものが、まとまって収まりがつくこと。 また、収まりをつけること。 いつもの状態に戻る。 鎮静化する。 落ち着きを取り戻す。 事態が収拾する。 下火になる。 例文 事態の収束を図る。 争議が収束する。 ということは、収束より終息のほうがより完全な終わり、完結する意味があるということになります。 終息は終わるという文字と息という文字でできている言葉ですが、「終」にはもちろん終わり、ものごとの最後、完結という意味があります。 「息」には空気を吸ったり吐いたりすることの他、活動が止んだり静まったりという意味を持っています。 よって終息は「終わる」「止まる」という完結の意味を持つ漢字を合わせ、強調している言葉であり、物事が完全に終わることを意味しています。 例文 長く続いた戦争がようやく終息した。 今回のように疫病が蔓延してしまい、その後抑え込みに成功した場合に政府やWHOなどが出す宣言は「収束」ではなく「終息宣言」です。 通常は完全に勝利していないとこの宣言は出ません。 ただ、今回の新型コロナウイルスの場合は、感染しても症状が出ない人も確認されているので、なかなか判断が難しいのかもしれませんが、ここはぜひ、収束ではなく終息宣言が出ることを祈ります。 少しでも早く事態が収束されることを願って止みません。 出典 weblio辞書 goo辞書.

次の

終息 収束 どっち

終息 と 収束 どっち

【 収束】 しゅうそく おさまりをつけること。 おさまりがつくこと。 「事態の収束をはかる」 「 終息」とは 完全に終わるという意味。 終結することをいいます。 「 収束」とは事態や状況などが 一定の状態に落ち着くこと。 感染の状況などを伝えるときに多く使われます。 病気自体が「収束した」という言い方はあまりしないそうです。 つまり感染症などを完全制圧した場合は「 終息」、状況がかなり落ち着いてきた場合には「 収束」ということになります。 「終息」か「収束」か? 以上のことから考えると「感染が早くシュウソクしてほしい」の場合は、 収束・ 終息のどちらもありえるということですね。 ケースに応じて文脈から読み取り、自分で判断する必要がありそうです。 「しゅうそく宣言」はどっち? 「しゅうそく宣言はいつになるのでしょう。 」もよく聞きますよね。 この場合はどっちでしょうか。 感染症の場合は「 終息宣言」を使います。

次の

コロナを終息、収束どっちの漢字が正しいですか?

終息 と 収束 どっち

朝生ワイド「す・またん」の用語担当者から、こんな質問のメールが届きました。 「このところのコロナ報道で『収束』か『終息』か、迷います。 他メディアを見ても両方あるようで、話している方は、どちらを意識しているのか。。。 (意識してない気もする) ケースバイケースで判断するしかないと思いますが。 いかがお考えでしょうか。 疫病は『終息』、事態は『収束』ですから、コロナは『終息』、騒ぎは『収束』なのですが、話し言葉の場合、どちらを指しているのかわからない場合がある、ということです。 」 これに関しては、こういう返事をメールしました。 「これは難しいですが、文脈で両方あります。 現時点については『コロナウイルスの流行の「収束」』に努め、最終的には、五輪までに『終息』することを希望すると、そういうことだと思います。 つまりピークを越えて、その『流行のベクトルがマイナス』に向かい始めたら『収束』。 『流行の停止』が『終息』だと思います。 」 という感じで私は区別しています。 いずれにせよ、このコロナウイルスが、早く「収束」して「終息」してくれることを、強く願います。 (2020、3、10) 2020年3月10日 18:46.

次の