解離 性 動脈 瘤。 大動脈解離(解離性大動脈瘤)|心臓血管病を理解しよう|心臓血管外科特設サイト|医療法人徳洲会名古屋徳洲会総合病院

【医師監修】解離性大動脈瘤(大動脈解離)と大動脈瘤は何が違うの?

解離 性 動脈 瘤

椎骨動脈と脳底動脈の位置 解離性がもっとも多く発生する部位である椎骨動脈には、小脳に血液を送る後下小脳動脈という1本の比較的太い血管と延髄を栄養する非常に細い穿通枝が2~5本出ています。 後下小脳動脈の血流が途絶えると小脳がになり、、運動失調や脳腫脹を生じた場合には意識障害を起こす危険があります。 多くの場合、治療の工夫によって後下小脳動脈の血流を残すことが可能ですが、の中央付近からこの動脈が出ている場合は治療が難しくなり、頭蓋外の血管と後下小脳動脈を吻合するバイパス術(血流を通すために代わりの血管を確保すること)を必要とすることがあります。 また、穿通枝が動脈瘤そのものから出ている場合、動脈瘤を閉塞すると血流低下をきたし延髄の外側部分が脳梗塞になります。 この症状はといわれ、感覚障害、運動失調、などを起こすことがあります。 解離性脳動脈瘤によるくも膜下出血はどの施設でも治療可能か 解離性の治療においても、最近は血管内手術を選択することが増えています。 しかし、すべての脳外科施設に、血管内治療の専門医が常駐しているわけではありません。 解離性脳動脈瘤のは再破裂率が高いため、より急性期の治療を必要とします。 救急で搬送された施設で開頭手術か血管内手術のうち、より早く対応できる治療方法を選択すべきでしょう。 椎骨動脈解離性動脈瘤の開頭手術 解離性を動脈ごと閉塞する方法は、近位部のみをクリップで閉塞する近位部クリップと近位部と遠位部の両端を閉塞するトラッピングがあります。 トラッピングの方が破裂予防効果は確実ですが、近位部クリップで動脈瘤部分を盲端にすること(一方の端が閉じていること)でも充分な効果があります。

次の

大動脈解離とは?原因・前兆・症状・治療・手術方法|ニューハート・ワタナベ国際病院

解離 性 動脈 瘤

【 解離性大動脈瘤の症状】 解離性大動脈瘤の症状としては、解離が進行するにしたがって、出血によるショック、血栓や梗塞などの循環器障害が広い範囲で発生します。 解離部分で血小板が活性化するために、体内で血液が凝固することになり、その蓄積した血栓が全身に流れ出し、血管を詰まらせるために機能障害を生じさせます。 回復後も、肺が血栓によって傷ついている場合があり、このような場合にはショックを起こし、死に至る場合があります。 【 解離性大動脈瘤の原因】 解離性大動脈瘤の原因は、現在のところはっきりとは分かっていません。 しかし、先天性疾患であるマルファン症候群である場合には大動脈内膜が弱いので、内膜が裂けやすい状態にあります。 そのため、先天性疾患がこの病気に大きく関係していることが知られています。 また、動脈硬化によって柔軟性が失われた血管に圧力の高い血液が流れ込むことも、この病気に深く関係してます。 【 解離性大動脈瘤の検査と診断】 解離性大動脈瘤の検査方法は、問診でも突然始まる特徴的な症状から診断をすることが可能です。 症状とともにX線検査を行い大動脈の拡張を検査します。 心電図と合わせて造影CT検査やMRI検査が行われ、確定診断ができます。 CT検査では確実に大動脈解離を描出することができます。 心臓超音波検査で心嚢水の有無や大動脈弁の逆流を検査します。 【 解離性大動脈瘤の治療方法】 解離性大動脈瘤の治療法は、薬を利用するものが世間における普通の方法となっています。 プロプラのロールとよばれる内服薬によって血圧を降下させ、頻脈を防ぐのです。 しかし、それだけでは当然ながら完全な治療が難しい場合がありますので、その場合には、大動脈瘤があるところを手術で切り開き、血管を切断してつなぎ合わせるか、またはバイパス手術をすることになります。

次の

大動脈解離とは?原因・前兆・症状・治療・手術方法|ニューハート・ワタナベ国際病院

解離 性 動脈 瘤

とは、体の中でもっとも大きな血管である大動脈が 瘤 こぶ 状に拡大する病気です。 無症状で進行することが多く、解離(裂けること)や破裂によって初めてみつかる患者さんは多くいらっしゃいます。 今回は、川崎幸病院 川崎大動脈センター・大動脈外科部長兼大動脈センター センター長である 大島晋 おおしますすむ 先生に、大動脈瘤についてお話を伺います。 大動脈瘤とは? とは、大動脈の一部が 瘤 状に膨らむ病気です。 主に腹部にできる「」、胸部にできる「」、胸部から腹部にまたがってできる「胸腹部大動脈瘤」があります。 主な原因は動脈硬化 大動脈瘤は、血管の老化現象であるが原因となり発症するケースが多いといわれています。 そのため、年齢を重ねれば誰でも大動脈瘤を発症する可能性があるといえます。 その中でも特に、動脈硬化を促進する原因となる「、、、高コレステロール血症」などがある方は大動脈瘤発症の危険性が高くなります。 70歳代が発症のピーク 大動脈瘤は男性で70歳代、女性で80歳代が発症のピーク年齢ですが、50歳代から徐々に増え始めます。 大動脈瘤は急に大きくなるわけではなく、時間をかけて少しずつ大きくなっていきます。 そのため、中年期から動脈硬化には注意が必要です。 大動脈瘤の危険性とは? 突然に解離・破裂する危険性がある は、あるとき突然に解離・破裂する危険性があります。 大動脈瘤が解離・破裂すると、背中にそれまで感じたことのないような痛みが走るといわれています。 体の中では、大出血によって循環不全や臓器の虚血(血流障害)が起こります。 心臓の虚血は、脳の虚血は、腎臓の虚血は、腸管の虚血は腸管壊死など致死的な合併症を引き起こし、命を落とす危険性が極めて高くなります。 大動脈瘤解離・破裂が起きた場合には、緊急手術以外の治療手段はありません。 大動脈瘤解離・破裂が起こるまで無症状のことがほとんど 大動脈瘤は解離や破裂が起きない限り、無症状で経過することがほとんどです。 これが大動脈瘤の恐ろしいところといえるでしょう。 しかし一部の患者さんで、大動脈瘤破裂や解離が起こる前に、以下のような症状が出ることがあります。 させい (声がかすれること)• (食べたり飲んだりする機能が正常にはたらかなくなる状態)• お腹の拍動• 胸背部痛 など 大動脈瘤が診断されるのはどのような場合? ほかの病気の検査で偶然発見されることがほとんど 先ほどお話ししたように、があるだけでは症状が現れることはほとんどありません。 そのため、ほかの病気の精査のために、(検査)や単純CT検査を行ったときに偶然発見されるケースが多く、逆にいえば、ほかの病気に対する検査をしなければ発見されることはほとんどありません。 また、健康診断などで行われている胸部レントゲン検査では、大動脈瘤があっても発見されなかったり、見逃されてしまったりすることも多くあります。 大動脈瘤の治療法は? 「人工血管置換術」と「ステントグラフト内挿術」がある と診断され、解離・破裂の危険性が高いと考えられる場合には手術治療を行います。 手術には大きく分けて以下の2つの方法があります。 人工血管置換術…お腹や胸を切開してを切除したあと、その部分を人工血管に置き換える治療法• ステントグラフト内挿術…カテーテル(医療用の細い管)を使ってステントグラフトを血管内に留置することで瘤の中に血液が流入することを防ぎ、破裂を予防する治療法 人工血管置換術に関する詳細は記事2を、ステントグラフト内挿術に関する詳細は記事4をご覧ください。 年齢による手術の適応制限はある? 一般的に、80歳以上の高齢者やの方、併存疾患(やなど)を抱えた方は「ハイリスク症例」と呼ばれます。 これは、手術による合併症が起きるリスクが高かったり、術後管理が難しかったりするためです。 そのため病院によっては、手術ができないと断られてしまう患者さんもいらっしゃいます。 しかし、当センターではハイリスク症例といわれているような患者さんも積極的に受け入れており、中には90歳以上の方で手術を受けて、今も元気に生活されている方もいらっしゃいます。 当センターでは、年齢や併存疾患だけで手術の適応を決めることはありません。 たとえ90歳であっても、ご自身の身の回りのことがきちんとできて元気に日常生活を送っているような方であれば手術は可能です。 逆にいえば、年齢が若くても手術を行うことが難しい患者さんもいらっしゃいます。 患者さんと実際にお会いして身体機能をしっかりと把握することで、できるだけ多くの方に手術を提供するようにしています。 大動脈瘤の治療を受ける病院はどう選ぶ? 患者さんはご自身が手術を受ける病院を選ぶ権利を持っている一方、よりよい治療が受けられる病院を選ぶことは容易ではありません。 テレビや新聞・雑誌などのメディア、あるいはインターネット上の医療サイトや個人サイトでは不正確な情報も多く、それらの情報だけで適切な病院を選ぶことは困難です。 そこで病院を選ぶ際には、以下の3点を参考にしていただきたいと思います。 治療実績の多い病院を選ぶ• 実際に手術経験が豊富な医師が外来を担当している病院を選ぶ• 診断・治療方針を明確にしたうえで、十分な説明を行う病院を選ぶ 以上を参考にして、手術を受ける病院を十分に検討し、よりよい治療を受けていただきたいと思います。 電話番号:(専属コーディネーターが対応いたします) お問い合わせの際はメディカルノートの記事を見た、とお伝えいただくとスムーズです。

次の