タカラトミー 売上。 株式会社タカラトミーの業績・将来性・強み・弱み|エン ライトハウス (9699)

7867 (株) タカラトミーの業績の推移

タカラトミー 売上

「トミカ」「リカちゃん人形」「ベイブレード」など、玩具事業の大手、タカラトミー、2020年3月期までの通期本決算の、業績の推移や財務を紹介します。 公開された財務諸表の数字を、5つのグラフと表で分析。 最後に、売上、利益、総資産、保有する現金と有利子負債(借金)、利益剰余金(内部留保)を、同じ縮尺(スケール)で作成したグラフで、会社の決算と規模をわかりやすく視覚的にご確認いただけます。 このサイトが、あなたの株式投資や企業分析、就職転職活動などに役立てば幸いです。 (日本方式での会計基準。 項目によって公開されていない場合もあります) Contents• 会社計画(予想)と決算情報 2021年3月期の会社計画(予想) 金額 売上高(収益) Net sales (Revenues) 非公表 営業利益 Operating income 経常利益 Ordinary income 親会社の所有者に帰属する当期利益 Net income attributable to owners of parent 2020年5月発表の決算短信、業績予想より 企業情報 Company profile• 会社名 株式会社タカラトミー TOMY COMPANY, LTD. 設立年月日 1953(昭和28)年1月17日• 本社所在地 東京都葛飾区立石7-9-10• 代表者 代表取締役会長兼CEO 富山 幹太郎 代表取締役社長兼COO 小島 一洋• 資本金 34億5953万円• 従業員数 連結2665人 単体509人(2019年3月31日現在)• 平均年間給与 837万9,337円(2019年3月31日現在)• 8億円 経常利益 Ordinary income 102億円 親会社の所有者に帰属する当期利益 Net income attributable to owners of parent 45. 07億円 営業利益率 Operating margin ratio 6. 5% 粗利益率(売上総利益率) Gross margin 40. 3% 売上原価率 Cost of sales ratio 59. 5億円 固定資産 Non-current assets 420. 9億円 流動負債 Current liabilities 363. 3億円 固定負債 Non-current liabilities 255億円 純資産 Net assets 674. 1億円 項目 金額 総資産 Total assets 1,292億円 保有する現金 Cash and deposits 470億円 有利子負債 Interest- bearing debt 296. 5億円 利益剰余金(内部留保) Retained earnings 449. 8億円 純資産比率 Capital ratio 52. 2% ROA(総資産利益率) Return on assets 3. 5% ROE(自己資本利益率) Return on equity 6. 7% 流動比率 Current ratio 239. 06億円 投資キャッシュフロー Cash flows from Investing activities -33. 81億円 財務キャッシュフロー Cash flows from financing activities -122. 7億円 フリーキャッシュフロー Free cash flow 56.

次の

7867 (株) タカラトミーの業績の推移

タカラトミー 売上

売上高は、国内およびアジア市場での玩具販売が好調に推移したことに加え、「トランスフォーマー」「ベイブレードバースト」の海外向け輸出が増加したことで増収となった。 営業利益は、売上高の伸長および在庫評価減の減少などにより売上総利益が増加したことに加え、海外ビジネスによる収益性が改善したことにで大幅な増益での着地となった。 なお、最終利益は、アメリカズにおける無形固定資産の減損損失などの特別損失26億円を計上したものの、それをこなして大幅増益を確保した。 <国内市場> 2017年に50周年を迎えた「リカちゃん」や、テレビアニメ「トミカハイパーレスキュー ドライブヘッド」関連商品をはじめとした定番商品が好調に推移した。 また、「スナックワールド」「COZMO」「Printoss(プリントス)」などの話題商品を積極的に投入したことも奏功した。 年末商戦においては、「ベイブレードバースト」や「うまれて!ウーモ」の人気が継続したことに加え、同社初となる女児向け特撮テレビシリーズ「ミラクルちゅーんず!」や風船アートが楽しめる手作りホビー玩具「ウーニーズ」などの新商品が好評を博した。 <海外市場> TOMY Internationalグループにおいては、キャラクター関連玩具やベビー関連商品などの販売が低調に推移したものの、前期に実施した一部商品の値引き販売が減少したことなどから、収益性が改善した。 なお、2019年3月期通期の予想については、売上高1720億円(前期比3. 0%減)、営業利益100億円(同24. 2%減)、経常利益95億円(同23. 5%減)、最終利益60億円(同24. 6%減)の見込み。

次の

タカラトミー[7867]

タカラトミー 売上

1999年3月15日上場 本社所在地 〒124-8511 7-9-10 設立 (28年) ()(創設:(大正13年)2月) 事業内容 玩具事業 代表者 兼 代表取締役兼 資本金 34億5,953万円 発行済株式総数 9629万850株 (2016年9月30日現在) 売上高 連結:1,768億5,300万円 (2019年3月期) 営業利益 連結:144億700万円 (2019年3月期) 純利益 連結:93億200万円 (2019年3月期) 純資産 連結:673億1,500万円 (2019年3月31日現在) 総資産 連結:1,433億6,400万円 (2019年3月31日現在) 従業員数 連結:2,665人 単独:509人 (2019年3月31日現在) 決算期 主要株主 司不動産(株) 8. )は、に本社を置くのメーカー。 (18年)、玩具メーカーであるとの合併によって誕生した。 なお、合併から現在に至るまで、英字商号に前身の一社である「タカラ」の社名が入っておらず、存続社の商号である「 TOMY COMPANY,LTD. 」をそのまま使用している。 初頭、日本の玩具業界は後半から続くの流れを受けて縮小傾向にあり、業界大手のが大手ゲームメーカーのナムコ(後の)と経営統合するなど、業界再編が進んでいた。 この頃、タカラはヒット商品を相応に出してはいたが、ブーム終了の反動で過剰な在庫を抱えることが多発した事や、別途展開していた実車化による事業や家電品事業がそれぞれ失敗したことで経営危機に陥り、廃業倒産の危機にあった。 一方、トミーは後の経営危機(自社ブランドによるヒット商品に恵まれなかった事に起因する停滞など)をや関連商品のヒット、リストラなどの事業縮小で乗り切ってはいたものの、今ひとつ派手さにかける企業イメージの改善と更なる経営基盤の改善を求められていた。 この様な経緯により、共にに本社を持つ両社は水面下で企業提携などを含めた交渉を図り、最終的には合併という形に落ち着いた。 もっともこの合併は決して平坦ではなく、一時は物別れになりそうなところを(当時)のCEOだったが間に入って合併にこぎつけている。 なお、タカラトミーはインデックスの申請前の2013年6月12日に、インデックスが「金融商品取引法違反容疑による証券取引等監視委員会の調査について」を公表したことを受けて、保有していたインデックス株全株を売却し 、インデックスとの関係も、インデックスが保有していたタカラトミー全株式の売却、インデックスが行っていた事業が2013年11月1日にセガ(後の)の子会社であるインデックス(新社、後に〈新社〉とインデックス〈2代目、後の〉へ会社分割)へ譲渡されたことにより、2013年10月までに関係を解消している。 現在は旧トミー・タカラ両社の持っていた資産を活用して開発・発売される新商品や、タカラトミーのグループ会社間でコンテンツや版権ビジネスの相互活用を図る。 しかし、短期間で性急に合併した反動による数々の課題点(日本国外の現地法人社名が「TOMY」であることや、日本国内でもトミー興産やトミーテックに代表されるようにタカラトミーアーツなど一部の例外を除いてブランド統合が進んでいないこと、旧社同士で被る事業の整理や負債解消など)を抱えており、今後はそれらの解消と更なる発展が求められている。 合併後に発売された新製品は新ロゴ(青地に前身2社のロゴを組み合わせたもの)を使用しているが、一部の新製品は旧タカラ、旧トミーのブランドを使用している(など)。 特色 [ ] 日本国外での販売に力を入れている。 これは"Tomiyama"(トミヤーマ)のブランド名で知られた旧トミーの前身企業である富山商事時代からの流れを受けたもの。 トミー時代にはと業務提携して代理店(実質的には子会社のトミーダイレクトが担当)となり、関連商品などを扱ったり、の関連商品をほぼ独占的に扱っていた。 この様な経緯により、合併後の会社名も英語表記では「TOMY COMPANY,LTD. 」となっている。 キャラクターコンテンツ産業については先代のトミー社長・の方針もあり、ほぼ無関心で手を出そうとしなかった。 允就がキャラクターの人気を利用したやり方を否定し、あくまでも玩具の出来あいで勝負という職人気質に近い持論を持っていたからである。 ところが近年、玩具業界ではコンテンツ産業やキャラクタービジネスが重要視されるようになり、この分野に遅れをとっていたのでキャラクターに力を入れ始め、フィギュアや抱き枕などを作るようになった。 合併以前には、のキャラクターがビークルに変形するスター・ウォーズ・トランスフォーマーシリーズは国内での正規輸入販売が行えなかった。 これはで製作されたその玩具シリーズは、スター・ウォーズとトランスフォーマーに関する版権を米国では共にハスブロが持っているが国内ではトミーとタカラで分かれていたためである。 合併により国内での版権問題が解消され、同商品は基本的にスター・ウォーズのラインナップとして国内販売されている。 同様にトランスフォーマーシリーズの一部トイはの商品をハズブロが海外ラインナップに組み込んだために国内販売が出来なかったが、開発を行ったトミーが金型を持っていたことが判明したためにトイボックスの協力を得て復刻・初の国内販売が実現した。 前身のトミー時代からおよびの公式スポンサーの一つとして名を連ねている。 これもトミー時代から受け継がれたもの。 ただし2006年(平成18年)からのみ、約2ヶ月間のスポンサー非契約空白時期が存在する。 2015年6月、旧トミー創業家の富山家以外かつ日本国外の出身者としては初めてのが代表取締役社長に就任した。 ゲーム関連事業 [ ] 合併当初はゲーム事業に力を入れる事を公言し、旧・タカラモバイルエンタテインメントを改組してインデックスとの合弁会社・タカラトミーエンタメディア(後の)を設立した。 しかし、エンタメディア社はゲームソフト開発会社ではなくパブリッシャー(発売専門)会社であり、実際の開発は、など、設立以前と同様外部ソフトメーカーに完全に依存している。 合併前は、やE-GAMEやバーンハウスエフェクトなどが主に実制作を担当していた。 タカラトミー本体ではフロンティア事業本部・デジタルエンターテインメント事業部においてを題材にした初のオンライン戦略シミュレーションゲーム『ゾイドオンラインウォーズ』の有料サービスを開始(開発は)。 実際に『ゾイドユニバース』も開設したが、ベータ版ゲームに不具合が多発し、正式版配信開始は当初予定(2006年8月)から大幅にずれて同年となり、正式サービス開始から2ヵ月後に入会金及び月額利用料が無料化した後、最終的に(平成19年)をもってサービスは終了した。 は(マーベラスAQLを経て現在の)と共同開発した『』(より後継機種の『』へ移行)、と共同開発した『』および後継タイトルの『』などのが好調であるが、2012年よりこれらのタイトルを含めたコンピュータゲーム関連事業の大半が子会社のへ移管されている。 ただし、タカラトミー本体にもゲーム開発部門は残されておりには『』をリリースした。 その後に『』、に『』をリリースするなどゲーム事業を本格的に再開させており、発売の用ソフト『』よりコンシューマゲーム市場にも再参入した。 コンピューターゲーム以外では、旧タカラから引き継がれた『』が堅調な人気を維持している。 (13年) - 富山玩具製作所創設。 (2年) - 合資会社富山工場を設立。 (昭和27年) - 富山工場、社名を合資会社三陽玩具製作所に変更。 (昭和28年) - 三陽玩具製作所、株式会社に改組し、三陽工業株式会社に社名変更。 (昭和30年) - 有限会社佐藤ビニール工業所設立。 (昭和34年)3月 - 三陽工業、営業部門を分離独立し、販売子会社富山商事株式会社を設立。 1959年(昭和34年) - 佐藤ビニール工業所、株式会社に改組。 (昭和35年) - 佐藤ビニール工業所、株式会社宝ビニール工業所に社名変更。 (昭和36年)2月 - 宝ビニール工業所、株式会社タカラビニール工業所に社名変更。 (昭和38年)3月 - 三陽工業をトミー工業株式会社に、富山商事を株式会社トミー(旧トミー)に社名変更。 (昭和41年) - タカラビニール工業所、株式会社タカラに社名変更。 (昭和59年)11月 - タカラ、株式店頭公開。 (昭和61年)2月 - タカラ、東証第二部上場。 (元年)3月 - トミー工業、旧トミーを吸収合併し、社名を株式会社トミーに変更。 (平成3年)9月 - タカラ、東証第一部上場。 (平成9年)9月 - トミー、株式店頭公開。 (平成11年)3月 - トミー、東証第二部上場。 (平成12年)3月 - トミー、東証第一部上場。 2000年(平成12年)7月 - タカラ、コナミ(現・)と資本提携。 (平成17年) - コナミ保有のタカラ株式全株がインデックスに売却され、タカラがインデックス傘下になる。 2005年(平成17年) - トミーとタカラが合併することで合意。 タカラトミー時代• (平成18年)• - トミーがタカラを合併し、株式会社タカラトミーが発足。 - ベビー用品販売大手の(大阪市中央区)と資本・業務提携することで合意、赤ちゃん本舗が発行する優先株50万株を取得し傘下にすると発表。 (平成19年)• - 米国大手プライベート・エクイティ投資会社の(TPG)と資本・業務面で戦略提携することに合意したと発表した。 TPGはタカラトミーの株式や新株予約権付き社債を取得し第2位株主になる予定で、タカラトミーは海外展開を行う。 - 赤ちゃん本舗との資本提携の合意内容を見直すと発表。 その後、赤ちゃん本舗は()の傘下に入った。 (平成20年)• - 主要株主であるの第三者割り当て増資を引き受け、6. 株式を相互に持ち合うこととなった。 - (後のタカラトミーアーツ)の完全子会社化を目的としたを実施すると発表。 その後、TOBは成立し、同年7月にユージンはタカラトミーの完全子会社となった。 - 臨時株主総会で、連結子会社であるユージン、ハートランド、すばる堂、ユーメイトの4社を2009年(平成21年)1月1日をもって合併することを発表。 (存続会社はユージン)• (平成21年) - ユージン、ハートランド、すばる堂、ユーメイトの4社が合併。 同年より社名をタカラトミーアーツへ変更。 (平成22年) - 、ユニオントイマーケティングの2社が合併。 (存続会社はユーエース)• (平成23年) - 米国・に本社を置く玩具メーカー・を買収、完全子会社化。 (平成24年) - 国内営業業務をタカラトミーマーケティングへ移管。 (平成25年)• - タカラトミーマーケティング、タカラトミーロジスティクスの2社が合併。 (存続会社はタカラトミーマーケティング)。 - インデックスが「金融商品取引法違反容疑による証券取引等監視委員会の調査について」を公表したことを受け、保有していたインデックス株全株を売却(後にインデックスもタカラトミーの全株式を売却)。 - 孫会社のトイズユニオンの全株式をへ譲渡。 (平成26年)• - 子会社のの株式をに譲渡すると発表。 - 当社の連結子会社である株式会社タカラトミービジネスサービス、株式会社タカラトミーエンジニアリング、トミー興産株式会社の国内機能子会社3社は、株式会社タカラトミービジネスサービスを存続会社として合併され、株式会社となった。 (平成27年) - が第2代社長に就任。 (平成30年) - 小島一洋が第3代社長に就任。 商品展開の一環として作られたマンガ・アニメ作品は除外) 男児向け [ ]• 2018年6月から新シリーズ『』を展開中。 とのコラボレート企画商品であるが展開中)• 2016年から新シリーズを展開中)• 現在は発売の『チョロQzero』が展開中)• 現在はとして再展開中)• (から移行)• 女児向け [ ]• (との共同原作) ゲーム [ ]• ポピラ• (現在はハズブロジャパンが販売)• NARUTO -ナルト- 激闘忍者大戦! ウォーターゲーム コンピュータゲーム [ ] 合併前の旧タカラ・旧トミー発売のタイトルも含む。 I"s Pure(2006年、PLAYSTATION 2)• NINTENDO DS• (2007年、NINTENDO DS)• (1997年、PLAYSTATION)• (1998年、PLAYSTATION)• (2008年、NINTENDO DS)• (2000年、PLAYSTATION)• 家庭教師ヒットマンREBORN! DS フレイムランブル 開炎 リング争奪戦! (2007年、NINTENDO DS)• 家庭教師ヒットマンREBORN! DS オレがボス! 最強ファミリー大戦(2009年、NINTENDO DS)• 家庭教師ヒットマンREBORN! DS 死ぬ気MAX! ボンゴレカーニバル!! (2007年、NINTENDO DS)• (1998年、PLAYSTATION)• (2000年、GAMEBOY COLOR)• (2000年、PLAYSTATION)• (2000年、PLAYSTATION)• (1998年、PLAYSTATION)• (2008年、NINTENDO DS)• (2002年、PLAYSTATION)• (1995年、PLAYSTATION)• (2009年、Wii)• (1986年、Family Computer)• (2007年、Wii)• (1998年、GAMEBOY)• (2010年、Arcade game• (2008年、Wii)• (1999年、PLAYSTATION)• (1999年、PLAYSTATION) 海外ローカライズ• (1995年、SUPER FAMICOM)• (1996年、SEGA SATURN)• (1997年、PLAYSTATION)• (1997年、PLAYSTATION)• (1999年、PLAYSTATION)• (2002年、GAMEBOY ADVANCE)• (2002年、PLAYSTATION)• (2009年、PlayStation Portable) カードゲーム [ ]• OHaNAs [ ] 2015年、と共同でコミュニケーショントイ・オムニボット「」を開発した。 ドコモのの技術を応用し円滑な会話が可能となっている。 ライセンス許諾商品 [ ]• パチップ• ハッピースウィーツクッキング• ザ・パズルミュージアム 提供番組 [ ] この節のが望まれています。 シリーズ() - 1997年の放送開始当初(トミー時代)から。 (テレビ東京)• (テレビ東京)• (フジテレビ)• (フジテレビ、関東ローカル)• (テレビ東京)• (テレビ東京)• (テレビ東京)• (テレビ東京)• () 主なグループ企業 [ ] 主な連結子会社 [ ]• 株式会社ペニイ• 株式会社• 株式会社• - 旧連結子会社。 - 資本関係は存在しない。 リトルファクトリー - にあるの運営会社。 過去の子会社 [ ]• 株式会社 - 2007年、が筆頭株主となり子会社でなくなる。 株式会社すばる堂 - 2009年1月1日付でユージン(タカラトミーアーツ)と合併、解散。 株式会社ハートランド - 2009年1月1日付でユージン(タカラトミーアーツ)と合併、解散。 株式会社ユーメイト - 2009年1月1日付でユージン(タカラトミーアーツ)と合併、解散。 株式会社タカラトミーロジスティクス - 2013年3月31日付でタカラトミーマーケティングと合併、解散。 株式会社タカラトミー販売 - 2013年6月4日付で解散。 子会社のトイズユニオンも同年7月16日付でへ全株式を譲渡。 株式会社タカラトミーエンジニアリング - 2014年11月1日付でタカラトミービジネスサービス(タカラトミーアイビス)と合併、解散。 トミー興産株式会社 - 2014年11月1日付でタカラトミービジネスサービス(タカラトミーアイビス)と合併、解散。 和興株式会社 - 2015年4月1日付でタカラトミーアーツと合併、解散。 株式会社 - 2015年12月に全株式を売却。 不祥事・事件 [ ]• (19年)、合併直後に「くまのプーさん わたあめポット」(旧トミー製品)に安全面で問題が発生、自主回収が行われている。 旧タカラ時代に「レンジでチン ハローキティホット2フレンド」という製品の回収を行っていた。 (には新たに事故が起こったことから、同年の新聞朝刊末尾で、製品の回収を改めて呼びかけている)• (28年)、「 」シリーズの新感覚スポーツトイ「 」の「ブルー」、「ピンク」、「パープル」の商品において本体のシャフト部分から色落ちすることが判明し、発売が延期された。 関連項目 [ ] が多すぎます。 関連の深い項目だけに絞ってください。 必要ならばとして独立させることも検討してください。 - 倒産したの後を引き継いだ。 (アニメ第2作)• - 後に関連商品の販売権がバンダイに引き継がれた。 など多数 関係性のある(あった)企業• (旧・野村トーイ) - 同社の解散に伴い、業務提携で同事業を引き継いだ。 - 旧タカラが商品化していた一部作品の販売権が移動している。 (旧法人) - 2014年7月31日に開始、2016年8月3日に破産手続結了に伴い法人格消滅。 (オフィシャルスポンサー) - 以下の両アトラクションともパーク開園当初からのスポンサーであった(開園当時はトミーとして契約)がに一度撤退。 後に「タカラトミー」としてに復帰。 () 脚注 [ ] [].

次の