ご了承ください。 ご了承くださいの意味とは

「ご了承ください」と英語で表現する上手な言い方

ご了承ください

日本語には、尊敬語・謙譲語・丁寧語など、さまざまな言い回しがあり、立場に応じて使い分けていかなくてはなりません。 しかし、上下の関係に不慣れな若いうちは、そうした言葉遣いが苦手な人もいます。 ここでは、「ご了承いただき~」という言い回しの、意味や使い方についてご紹介していきます。 了承の読み方は? 了承の読み方は「りょうしょう」です。 了承の意味は? 了承の意味は、「相手の申し出や事情などを納得して承知すること」です。 一般的には、目下の人が、目上の人から承諾を得る場合に用いる言葉です。 そのため、自分自身が誰かに承諾の意思を伝える時は「了承しました」とは言いません。 自分が目上の人に対して承諾の意思を伝える場合は「承知いたしました」「承りました」「かしこまりました」などが一般的ですし、それほど丁寧でない言い回しの場合は「分かりました」「了解しました」と言うことなどもあります。 「ご了承いただき~」の意味と使い方は? 「ご了承いただき」、は「目上の人から承諾していただき」という意味です。 「ご了承いただき~」の例文にはどんなものがある? 「ご了承いただきたく存じます」はどんな時に使う? 「ご了承頂きたく存じます」は、お客様や上司、目上の人に向かって了承を得たい場合に使用します。 例えば、受注した商品の納期が発注から一か月必要な場合です。 それをあらかじめ、顧客にも納得してもらわなくてはなりません。 その際、 「ご注文いただきました商品の納期は、ご発注から1ヶ月後となります。 その旨、あらかじめご了承いただきたく存じます」 という使い方をします。 「ご了承いただきありがとうございます」はどんな時に使う? 「ご了承いただきありがとうございます」は、自分が同意していただきたい内容に、お客様や上司、目上の人から同意していただけた場合などに使用します。 例えば、商品の納品までに一か月の納期がかかるということに対して、顧客が同意してくれた時などに、 「納期の件、ご了承いただきありがとうございます」 といった使い方をします。 「ご了承いただき~」の類語・同義語は? 【シチュエーション1】 顧客に納期の延長を願い出て、それが承認された。 先輩「君、このお客様の納期、当初予定していた月末から翌月の5日に変更されているが、これはお客様からご了承を得ているのか」 後輩「はい。 お客さまに事情を説明して、ご了承いただきました。 課長にも報告済みです。 気に掛けていただき、ありがとうございます」 【シチュエーション2】 前日、深夜まで残業していたため、翌日は午後からの出社が認められた。 先輩「どうしたの、遅刻?」 後輩「昨日深夜まで残業だったので、今日は午後からの出勤になりました。 」 先輩「上司の許可は得たの?」 後輩「はい。 部長にご了承いただきました」 目上の人に「ご了承いただき~」と使うのは失礼なの? よくある謙譲語の誤用 シチュエーション1 別の担当者が一度説明したことを改めて説明する時 誤用: 「既に別の担当者から伺っていただいていると思いますが」 「伺う」は謙譲語。 正用: 「既に別の担当者からお聞きいただいていると思いますが」「既に別の担当者からもご説明申し上げたとおり」 シチュエーション2 顧客に資料を見せる時 誤用: 「まずは、こちらの資料を拝見していただきたいのですが」 拝見は謙譲語。 正用: 「まずは、こちらの資料をご覧頂きたいのですが」 社会人1年生2年生と言った新人さんだけでなく、既に20代後半に差し掛かった中堅どころのビジネスパーソンの中にも、こうした言い回しをする人は実在します。 こうした間違いは、社外の人はなかなか正してくれません。 社内で上司や先輩にあたる人が、しっかりと教育してあげる必要があるでしょう。 ビジネスで「ご了承いただき~」を使う際の注意点は? 「了承を得る」ということと、「お伺いを立てる」ということは、似ているようで実際のニュアンスはかなり異なります。 ビジネスで「ご了承いただき~」という言葉を使う際は、ここを混同してしまわないよう、注意することが必要です。 確かに、有給休暇の取得は社員の権利です。 しかし、休暇を取得する時期については、それが事業に影響を与える時期である場合、上司は休暇の日程を変更する権限を持っています。 つまり、休暇が希望の日程で許可されるとは限りません。 にもかかわらず、勝手に自分が指定した日程で休暇の取得を了承していただきたい、というのは、話の進め方としては少し勇み足と言わざるを得ません。 ご了承いただきを使ったほうが良い場合 前章のパターンとは逆に、了承を得ておかなければならない場面で、お伺いを立てる形で話を進めてしまうと、ややこしいことになってしまうケースがあります。 例えば、最低限の納期や価格、契約条件など、契約を結ぶ上で変えることのできない要素は、「この条件で良いでしょうか?」とお伺いをたてる形ではなく、「このような条件になりますので、あらかじめご了承いただきたく、お願い申し上げます」といった表現が適切でしょう。 メールで「ご了承いただき~」を使う際の注意点は? 「ご了承いただき~」という文言をメールで使う場合も、基本的な使い方は変わりません。 ただ、言葉で話す時と文字に起こした時では、文字の方がキツく感じる、というのはよくあることです。 ただ、書いている時にはそれになかなか気づくことができませんので、自分が書いた文章が、相手にきつい印象を与えないか、失礼な点がないかなどをチェックしたい場合は、文章を書き上げた後、少し時間をおいてから再度読み返す、という方法がおすすめです。 尊敬語・謙譲語をスマートい使いこなせるビジネスパーソンはカッコイイ!.

次の

「了解」「了承」「承知」「承諾」の意味とは?“わかりました”の使い分けは難しい

ご了承ください

店先への張り紙はもちろん、商品同送の案内状やパンフレット、取扱説明書などに使われています。 そのツールを目にする可能性のある、不特定多数の人を対象と考えています。 ベースとなっているのは、来店してくださるお客様や、購入してくださった方々への感謝の気持ちです。 できるだけ迷惑をかけたくないので、将来発生しかねない状況の変化についてもお知らせしておきますから、その際はどうか受け入れてもらいたい、という意向を丁寧に伝えようとしています。 「予めご了承ください」はビジネスメールでも便利な表現です。 ただし、先に説明したとおり「ください」は命令形なので、特にメールの文面では感情が伝わりにくい分、前後の表現も含め、より丁寧な表現への言い換えを心掛けます。 メールの具体的な文例もこのあと挙げてみます。 ビジネスでのメールでも、類似の場面で上の文例をアレンジして使うことは可能です。 ただしメールの場合は、より丁寧な言葉遣いに言い換えしたほうが好ましいです。 またメールの内容次第では「予め」の部分を「何卒」に言い換えることも可能です。 ・「大変ご迷惑をおかけいたしますが、上記の内容につきまして予めご了承くださいますようお願い申し上げます。 」 ・「なお付帯事項につきましては予告無く変更される場合があります。 誠に申し訳ありませんが予めご了承くださいませ。 ご契約者の皆さまには大変ご不便をおかけいたしますが、予めご了承くださいますようお願い申し上げます。 」 ・「商品の発送につきましてはお時間をいただく場合がありますので、予めご了承ください。 」 ・「天候により開催時間を変更する可能性もございます。 予めご了承くださいませ。 」 ・「お客様のご都合によるキャンセルの場合は、返金は承ることができません。 予めご了承ください。 」 上の例文でお気づきでしょうが「ご了承ください」には、こちらの意向を先方に納得してもらうという意味合いもあるため、「誠に申し訳ありません」や「ご迷惑をおかけしております」など、先方に謝罪する言葉と合わせて使用することで、失礼にならないように配慮します。 「わかってほしい」「納得してもらいたい」という意向を、丁寧に表現した「予めご了承ください」が、敬語になるのは事実です。 また先に説明したとおり、文法的にも敬語として成り立ちます。 しかし命令形である以上、社内の重役や特定のお客様への連絡に使ってしまうと、失礼なビジネス文章と受け取られる可能性が少なくない表現です。 ビジネスのいろいろな場面で、目上の人にも今後起こりうるリスクの存在を理解してもらいたいという状況に、多くの人が遭遇します。 そこで「予めご了承ください」を、失礼にならないように「予めご了承くださいますようお願い申し上げます」と言い換えましょう。 「ますように」は「するように」の丁寧語です。 そこに「お願いする」の謙譲語「お願い申し上げる」を加えることで、いっそう丁寧な言い換えになります。

次の

「ご了承」の意味と使い方!「ご容赦、ご理解」との違い、類語、英語表現も紹介

ご了承ください

「ご了承ください」の意味 「ご了承ください」は、「了承」に「ご」を付けて丁寧な表現にした「ご了承」に、「くれ」の尊敬語にあたる「ください」を付けた言葉です。 まず「了承」には、物事の事情をくんで納得する、という意味があります。 相手の人が望んでいることや行ったことを許す、理解して認めることなどを指して使われる言葉です。 「ご」を付けて「ご了承」にすると、相手に向ける言葉になるため、この場合の、納得して欲しい物事を抱えているのは自分自身、または自分側をイメージするとわかりやすいでしょう。 これに続く言葉「ください」は、相手に何かを請求したいときに使う言葉です。 分類としては命令形の言葉ですが、尊敬の意味合いが含まれているため、丁寧な表現をしたいときに使えます。 まとめると「ご了承ください」には、~について納得してほしい、~を理解してほしい、などの意味があります。 相談して同意を求めるというよりは、相手に投げかける言い切り表現の印象が強い言葉です。 シンプルではありますが丁寧な表現のため、目上の人に対して使っても言葉としては問題ありません。 ですが、丁寧な表現のレベルとしては、あまり高くないのも事実。 使っても問題はないものの、言われた人によってはあまり良い感じを抱かない場合もあるでしょう。 目上の人に対して使う場合には、より丁寧な言い換え表現を利用して伝えるのがおすすめです。 「お願い致します」や「幸いです」などの用語を付け加えるのも良いでしょう。 「ご了承のほどよろしくお願い致します。 」 「ご了承いただければ幸いです。 」 ビジネスメールなどでは、下記で紹介する例文もあわせて参考にしてみてください。 「ご了承ください」の正しい使い方|ビジネスメール例文 「ご了承ください」は、改まった会話やビジネスシーンの会話の中で使われるほか、メールや手紙などでもよく目にする用語です。 ビジネスシーン以外では、買い物をしたお店からの連絡事項などで見かけるときがあるかもしれませんね。 ビジネスシーンでは、自分が取引先や上司などに何かお願いをしたいときなどに役立つ表現です。 この機会にしっかりと正しい使い方をマスターしておきましょう。 失礼を避けるには、返事も相手によって言い方の調整が必要なため、立場が同等以下の相手には「了承しました」、目上の相手には「承知しました」を使いましょう。 「~は選べませんので、予めご了承ください。 」 「~とさせていただきます。 予めご了承ください。 」 「ご容赦ください」や「ご理解ください」との違い 「ご容赦ください」の「容赦」には、許す、大目に見る、という意味があります。 「ご了承ください」が理解や納得を求める言葉であるのに対して、「ご容赦ください」は、許してください、大目に見てください、と伝えたいときに使う言葉。 または、手加減してください、という意味合いを伝えることもできます。 これから進める仕事などについて、起こる可能性のある過失を予測してクッション表現のように使えるのがポイント。 仕事上の過失が自分側にあった場合や、気が利かない自分の言動などを相手に許してほしいときに使える言葉ですが、使う際には注意も必要。 注意 謝罪の必要があるときに、先に許してください、と伝えるのは望ましくありません。 まずは「申し訳ございません」などのきちんとした謝罪を述べましょう。 「ご理解ください」の「理解」には、物事の道理などを正しくわかる、という意味のほか、他人の気持ちを察する、という意味もあります。 「ご理解ください」には、相手に対象となる物事について事実をわかってほしい、というだけでなく、こちらの立場や気持ちを察してください、という意味合いも含まれているのが特徴。 「ご了承ください」と比べると、物事をただ理解してくださいというだけでなく、こちらの事情も含めて理解してください、というニュアンスを含められます。 また、そのことに対しての許しを求める表現も含むなど、一言でさまざまな表情のある言葉です。

次の