ノーベル ブライト 路上 ライブ。 Novelbright、路上ライブの「歌上手すぎ」動画拡散で人気急上昇 バンドの歩みや秘話明かす

ノーブラ竹中雄大「ノーベルブライト」の魅力にせまる!【Twitterで話題】

ノーベル ブライト 路上 ライブ

路上ライブを中心に活動し、現在ではTwitterのフォロワー30000人以上・インスタグラムのフォロワーは16000人以上と、性別や年齢問わず人気上昇中のインディーズバンド「 ノーベルブライト」をご存知ですか? 音楽ストリーミングサービスのトップチャートにも続々ランクインしており、目が離せない注目のロックバンドです。 9月4日には2作目の全国流通ミニアルバムを発売し、ワンマンライブツアーも決定しているノーベルブライトですが、一体どのようなグループなのでしょうか? 本記事では、「ノーベルブライトのメンバーや人気曲を解説!路上ライブの場所やセトリも」と題し、 ノーベルブライトについての詳細やメンバーのプロフィール・経歴等をまとめていきたいと思います。 ノーベルブライト( Novelbright )とは? ノーベルブライト Novelbright は、2013年に大阪で結成された5人組のロックバンドです。 ボーカルの竹中雄大さんと元メンバーの勇太郎さんを中心にして結成されたバンドで、2016年のメンバーチェンジを経て本格的な活動をスタートさせました。 2018年に初の全国流通ミニアルバム「SKYWALK」をリリースした直後にオリジナルメンバーである勇太郎さんが脱退してしまいましたが、2019年1月には初めての東京ワンマンを成功させました。 ベースの圭吾さんが加入し、2019年から現在のメンバーでの活動を始めています。 そんなノーベルブライトが一気に話題になったきっかけとなったのが、圭吾さんのこちらのツイートです。 男の人があいみょん歌ってるんやけどいい声すぎん? — 圭吾 Novelbright RuNa0104 大阪で行なった路上ライブの際に公開した動画ですが、なんと4万件以上のいいねと6000件以上のリツイートを獲得するほどの反響がありました。 このツイートがきっかけとなり、今まで以上にファンが増え、音楽ストリーミングサービス「Spotify」のバイラルチャートTOP50の中に3曲もランクインするという快挙を達成しました。 2019年9月4日発売の2ndミニアルバム「E. ーアンピリオドー」リリースを記念して、全国5大都市をまわるワンマンライブが開催されることが決定しています。 SIZE• 名前:竹中雄大• パート:ボーカル• 生年月日:1995年11月10日• 出身地:兵庫県姫路市• 影響を受けたアーティスト:ゆず、Paramore• 公式Twitterはから 小さい頃から口笛を吹いていて、なんと世界大会で2度も優勝した経験のある雄大さん。 もともと歌うことが好きだったという雄大さんはシンガーを目指していましたが、元メンバーである勇太郎さんとコピーバンドを結成したことからバンドの楽しさに目覚め、「生きている」と実感したことでバンドを続けているそうです。 中学生の頃からゆずが大好きで、高校進学後はゆずのお二人の母校に行ったり、路上ライブの会場で写真を撮ったりしたこともあるそうで、「日本で一番アーティスト」というほどのファンなのだそうです。 山田海斗(ギター) — 2019年 9月月7日午前5時15分PDT• 名前:山田海斗• パート:ギター• 生年月日:1993年8月9日• 出身地:大阪府大阪市• 中学生の頃にバンドを組むことになり、本当はボーカルに憧れつつもギターを担当するうちにギターが好きになったんだそう。 メンバーの中で最年長ということもあり、しっかりとしたまとめ役でありながらもオフの時にはだれよりもアホになるという海斗さんは、エンターテイナーとしての一面も持っているそうです。 沖総次郎(ギター) — 2019年 4月月7日午前8時58分PDT• 名前:沖総次郎• パート:ギター• 生年月日:1995年3月15日• 出身地:大阪府大阪市• 影響を受けたアーティスト:Steve Vai• 公式Twitterはから 小学生の頃から体が小さいと同級生や先輩からいじめを受けていたため、イヤホンをつけて音楽を聴くことで自分の空間を見つけていたという総次郎さん。 高校入学後、自分がやりたいことをしようと一念発起し、ギターを始めたそうです。 高校卒業後は専門学校へ進学し、バンドを結成しますが解散してしまったタイミングで声がかかり、バンドへの加入が決まったときには運命を感じたそうです。 圭吾(ベース) — 2019年 8月月18日午後11時00分PDT• 名前:ねぎ 根岸• パート:ドラム• 生年月日:1996年1月5日• 出身地:兵庫県三田市• 影響を受けたアーティスト:UVERworld• 公式Twitterはから 「ねぎし」という名前のため、幼い頃から「ねぎ」というあだ名で親しまれてきたというねぎさん。 ちなみに食べ物のネギも大好きで、ネギラーメンをよく食べているそうですよ。 中学生の頃に急にバンドに誘われドラムをはじめ、なんと1ヶ月後にライブを行いました。 ライブを経験したことでバンドの楽しさを知り、もっと上手くなりたいと専門学校に進んで練習を重ねました。 大阪で自分のスキルをさらに高めようと考えていたところに、ボーカルの雄大さんから誘いがきたのが加入のきっかけになったそうです。 2019年には、ドラムメーカーのZildjian、negidrumsの2社とエンドース契約を結びました。 路上ライブの場所やセトリは? 主に大阪、東京を中心に路上ライブをしているノーベルブライトですが、2019年7月〜8月にかけて「路上ライブツアー」を開催していました。 約2ヶ月間、路上ライブでの投げ銭およびCD・ライブチケットの売り上げのみで生活する0円生活を行ったばかりですが、ミニアルバム発売の5大都市ツアー期間中、ワンマンライブの前後で路上ライブを急遽開催することもあるようです。 新しく発売されたミニアルバムの曲を多く演奏しているようなので、新曲をしっかり予習しておきましょう! 【急遽仙台で路上ライブやります!! 場合によってはすぐに終えなければならない可能性と移動する可能性がございます。 ご了承下さい。 終わった後に物販もあるので是非! 詳しい場所は当日アナウンス致します。 【めざましテレビ出演決定!! 現在予定されているワンマンライブの合間にも、インストアライブやアウトストアライブ 公式路上ライブ など数多くのライブが企画されているノーベルブライト。 ぜひライブもチェックしておきたいですね。 それでは今回は以上になります。 最後までお読みいただきありがとうございました。

次の

Novelbrightのメンバーが気になる!プロフィールを徹底調査!│days

ノーベル ブライト 路上 ライブ

今年彗星のごとく現れ音楽シーンを賑わせている、5人組ロックバンドを知っていますか? 彼らの名前は「Novelbright」(ノーベルブライト)。 (写真:前列左からVo. 竹中雄大 Ba. 圭吾 / 後列左からDr. ねぎ Gt. 山田海斗 Gt. 沖聡次郎) 人気を爆発させたきっかけは、SNSによる動画拡散でした。 今年7月に開催した『崖っぷちどチクショー路上ライブ TOUR』と題した全国5都市の路上ライブツアー中、ファンによって投稿された動画が「歌上手すぎ」と瞬く間に拡散。 その歌声と音楽がネット上に広がっていきました。 雄大の心を震わせる圧倒的な歌声と、一度聴いたら忘れられない確かなメロディワーク、細部まで練りこまれた楽曲アレンジが反響を呼び、音楽ストリーミングサービス「Spotify」の国内バイラルチャートでは「Walking with you」が8週1位を記録したほか、各配信チャートでもランクインするなど、今最も人気急上昇中バンドといっても過言ではありません。 まさに、令和ならではのサクセス・ストーリーを手にしたバンドなのです。 そんなNovelbrightが、2019年11月29日(金)、SHIBUYA109の「キレイモスタジオ produce by TGC」でスペシャルライブを実施。 抽選で選ばれた幸運な25組50名を前に、ヒット曲「Walking with You」をはじめ、「拝啓、親愛なる君へ」、「また明日」など全5曲を披露し会場を熱くさせました。 girlswalkerは、ライブ後の彼らを直撃!Vo. 雄大さん、Dr. ねぎさんのお二人にお話を伺い、事前に募集したファンからの質問にも答えてもらいました。 路上ライブは今年になって始めて……最初の数ヶ月はお客さんも数える程しかいなかったんですけど、TikTokやTwitterに色んな人が動画をあげてくださって、それが拡散したおかげで、本当にこの2~3ヶ月で人生が変わったなって。 僕たちを知ってくれる人が短期間ですごく増えたっていうことを最近になって少しずつ実感しますし、まだまだ未熟なバンドなんですけど、より『頑張ろう』って気持ちになりました」 ねぎ「僕らも個人でSNSはやっていて動画をあげてはいたんですけど、今回感じたのは僕らの力だけじゃない、人の力。 雄大「始まりはふとしたことで、3月にやった路上ライブ初日に、ベースの圭吾が僕が歌っているところを撮ってTwitterにあげたんです。 それが『いい声すぎん?』みたいな通りがかりの第三者が言っている風のものだったんですけど、そのツイートが結構伸びたことがきっかけで。 そこから数ヶ月間、戦略的に同じようにやってみたらまた増えていって……。 雄大「ありがたいことに今もフォロワーが増えています。 雄大さんを中心に2003年に結成されたNovelbright。 どういうきっかけでバンドを始めたんですか? 雄大「もともと歌うことが好きで、高校生のときにコピーバンドをやっていました。 それが本当に楽しくて。 僕は昔から口笛が得意で世界大会にも出場したりしていて、その時にもらう歓声がすごく心地良いと思っていたんですけど、コピーバンドで受けたリアクションは口笛でもらっていたときよりももっと熱いものを感じて、仕事にしたいと思うようになりました。 コピーバンドが終わったときにNovelbirightを作ったんですけど、単純に『ちやほやされたいから』ですね(笑)」 ねぎ「僕もコピーバンドが入口です。 友達がコピーバンドをやっていて、ドラムが抜けてしまったタイミングで誘われて。 ドラムはやったことなかったんですけどね。 そこから、触ったこともないような楽器も触るようになって、それが楽しくて。 友達しか来なかった初めてのライブもとにかく歓声が嬉しくて、続けたいなって思いました。 もっと勉強したくて音楽の専門学校に入学して、オリジナルのバンドを組みました。 そのバンドと対バン(共演)という形で出会ったのがNovelbrightだったんです。 他のメンバーも全員もともとは対バン相手ですね。 当時、同じ年のバンドが全然いなかったんですけど、雄大くんから『同い年らしいやん』って声を掛けてくれたのがきっかけで仲良くなったよね」 雄大「うん。 ねぎ「本当にそうですね。 僕の中でメンバーは、メンバーでもあり親友なので、よく相談とかもしますね」 雄大「そうだね。 雄大「はい。 上京して、まだ2~3日しか経っていないので、田舎者の僕たちが大都会・東京に出てきて、『勝負するんだ』っていうすごくホットな状態で、そういう自分の今ある気持ちとか、一緒に来た仲間のこととか……。 なんか俺、『ONE PIECE』みたいになってる?(笑)そんな感じです」 ねぎ「新世界入る的な(笑)」 雄大「新しい場所での不安とかもあるけど、しっかり飛び込んでいこうぜっていう、今のリアルな自分たちの様子を書き留めていたいなと思って。 今、ほかにも結構色んな曲を作っています。 僕、歌詞は全部の曲が出来上がったあとに、最後に書くんです。 それで、今その一曲目の歌詞を書いていて大変ですけど、『頑張れ俺!』って鼓舞しながら書いています」 SPECIAL QUESTION ~ファンからの「13の質問」に答えます!~ 今回、事前にgirlswalkerのInstagramアカウントでNovebirightの皆さんに質問を募集しました!その中から編集部がピックアップした13の質問に答えてもらいました。 マジレスしたらしたら長くなるので……一言で言うと、イメージが大事です!自分がそうやって(上手に)歌っている姿をイメージするんです。 僕が目指しているヴォーカリストのビジョンは、セリーヌ・ディオンみたいな『圧倒的な歌姫』なんですけど、歌うときは常に『俺は歌姫だ』ってイメージしながら歌ってますね」 【2.ライブ前のルーティンは?】 ねぎ「僕はいつも、究極に緊張しているので、大好きなアイスコーヒーを飲んで気持ちを落ち着かせます。 あとは、自分がやってきたことは自信になるので、練習(ウォーミングアップ)をずっとしています」 雄大「僕は、毎回ゼリー飲料を飲んでます。 エネルギー補給は絶対!」 【3.Novelbrightで一番楽しかった思い出は?】 雄大・ねぎ「スポッチャですね(笑)」 雄大「本当はいついつのライブとか言った方が良いのかもしれないですけど、僕ららしくないので(笑) 1年近く前かな、みんなでレコーディングの打ち上げで飲みに行ったあと、学生みたいなノリだけど深夜に『スポッチャ』に行ったんですよ。 その時にやったフットサルが、バンド始めてから一番笑った(笑)。 笑いすぎて腹痛かった(笑)。 ねぎくんが、キーパーをしていたんですよ」 ねぎ「(爆笑)。 雄大くん&圭吾くんチームと、僕と海斗くんと聡ちゃんチームでね」 雄大「そう。 僕と圭吾はサッカー経験者なので、攻めまくるわけですよ。 それでシュートしまくるんですけど、キーパーのねぎくんが、サッカー全然やったことないのにめちゃくちゃ上手くて(笑)。 ボール止めまくるんです(笑)。 僕もいつまでも努力し続ける人になりたいなって思います」 雄大「僕は音楽を始めたきっかけが、ゆずさん。 学生の頃ファンクラブも入って追っかけもしてて、ゆずの音楽を聴いてアコギを触りだしたっていう感じ。 ラジオも聴くんですけど、すごく和気あいあいとしてますよね。 バンドとフォークデュオでやっている音楽はちょっと違いますが、アーティストとして憧れています。 ヴォーカリストとしては、セリーヌ・ディオンとかホイットニー・ヒューストンみたいな圧倒的な歌姫にずっと憧れています。 日本人だとONE OK ROCKのTakaさんです!」 【5.Novelbrightの曲で思い出の曲は?】 雄大「『スタートライン』という曲です。 今のメンバーになる前、一度活動を休止したことがあって。 Novelbrightは解散して、音楽は違う形でやろうかなってくらい悩んだんですが、『やっぱり頑張ろう』って思って。 ねぎくんが新たに加入してくれて活動再開したときに作った曲で、すごく思い入れがある曲です」 ねぎ「僕は、『Morning Light』っていう曲です。 まだドラムも全然上手じゃなくて、レコーディングでしょぼんとしていたら、雄大くんが『頑張っていこうぜ。 この曲は、ねぎくんみたいなやつのために書いた歌詞やから』って言ってくれて。 『憧れは憧れのままで終わらせないで』っていうメッセージが込められた歌なんですけど、聴くと『頑張ろう』って思える。 ちなみに、PVの公開日も僕の誕生日でした!」 【6.落ち込んだときに気持ちを切り替える方法は?】 雄大「音楽を爆音で聴きます。 好きなアーティストのライブに行って、元気をもらいます。 すごく前向きな気持ちになれるので、本当に音楽に支えられてるなって感じがします」 ねぎ「落ち込んだときは、誰かに話を聞いてもらうっていうのが一番だと思っています。 僕はメンバーに話を聞いてもらって、勝手に落ち着いています(笑)」 【7.最近、ハマっていることは?】 雄大「ずっとハマってるんですけど、格闘技」 ねぎ「ランニング」 【8.もしNovelbrightじゃなかったら今何をしてると思う?】 ねぎ「僕は、真面目に勉強して大学に入って、就職していると思います」 雄大「僕は『歌を歌いたい』以外の夢を抱いたことがないなぁ……あ、でももし選択肢に音楽がなかったらとしたら、お笑い芸人になってましたね。 お笑いを観るのがめちゃめちゃ好きなので」 【9.ファンはどんな存在?】 雄大「第二の家族ですね」 ねぎ「そうですね。 昔から僕たちを知っている人も、最近知ってくれた人も関係なく、僕らが大きくなっていく過程を見ながら一緒に大きくなってくれたらなって思います」 【10.一番モテるメンバーは?】 雄大「圧倒的に圭吾じゃない? 年上女性にはねぎくんがモテます!」 ねぎ「僕は、若い人よりも40~50代のお母さん世代に好かれますね」 雄大「僕の実家のご近所さん達もみんな、ねぎくん大好きです(笑)」 【11.身長はいくつ?】 雄大「193cmです!!! そこは貫いてこ!!(笑)」 雄大くん本当は身長193cmもないんじゃないの???本当はもっと小さいんじゃないの???と思われていることがあるみたいなので僕が高身長だという証拠画像ここに置いておきますね。 0あります」 ねぎ「嘘やん! 雄大くんは、めちゃめちゃ視力悪いです。 僕は目が良くて、コンタクトもつけたことがないです」 雄大「コンタクトつけてなかったら0. 1もないです……」 【13.なんでキュウリが好きなの?】 雄大「好きだから! 家で食べるキュウリよりも、居酒屋で食べる『やみつきキュウリ』とか、ごま油を使った系のキュウリが好き。 あとはキュウリの胡麻和え、味噌を付ける野菜スティックみたいなのも」 ねぎ「梅きゅうと酢の物キュウリは好きじゃないんだよね(笑)」 雄大「はい。 net.

次の

竹中雄大の年齢身長と出身地!高校大学は姫路だった?

ノーベル ブライト 路上 ライブ

ディナ・アッシャースミス デビュー曲 トイストーリー1 トイストーリー2 トイストーリー4 トイストーリー3 トリック ドラマ ネタバレ 4話 ではさっそく、気になるメンバーの詳しいプロフィールを見ていきましょう! 竹中雄大 ボーカル のプロフィール• 名前:竹中雄大• 担当:ボーカル• 生年月日:1995年11月10日• 出身:姫路市• 特技:口笛• 影響を受けたアーティスト:ゆず・Paramore パラモア• Twitter:• インスタ: Novelbrightの一番の魅力は、ボーカルである雄大の歌声といっても過言ではありません! 彼の歌声は一度聞けば誰もがハマってしまうほどの歌唱力と、なぜか引き込まれてしまう世界観があります。 また、特技の口笛では世界大会1位になるほどの実力で、口笛奏者としての肩書きもあるんです。 2013年4月 アメリカで開催された口笛の世界大会で、ティーン男子の部で優勝しました。 モンティ作曲 「チャルダッシュ」 RTで広めてほしいです。 名前:山田海斗• 担当:ギター• 生年月日:1993年8月9日• 出身:大阪市• Twitter:• インスタ: Novelbrightでギターを担当する海斗ですが、実は曲の原型を作っています。 そんな彼の魅力は、ズバ抜けたファッションセンス! 服が大好き過ぎて、服だけのインスタ別垢が存在しています 笑 沖総次郎 ギター のプロフィール• 名前:沖総次郎 通称:総ちゃん• 担当:ギター• 生年月日:1995年3月15日• 出身:大阪市• 影響を受けたアーティスト:Steve Vai スティーヴ ヴァイ• Twitter:• インスタ: Novelbrightでギターを担当する彼は、海斗と同じく曲の原型を作っています。 本人も「音楽とゲームとアニメに人生の大半を使ってます」と言うくらい音楽&ゲーム&アニメ好きのようです 笑 ねぎ ドラム のプロフィール• 名前:ねぎ 根岸という苗字から• 担当:ドラム• 生年月日:1996年1月5日• 出身:兵庫県三田市• 影響を受けたアーティスト:UVERworld ウーバーワールド• エンドース契約:Zildjian・NegiDrums• Twitter:• インスタ: 彼はドラムメーカーである『Zildjian シンバルとドラムスティックのメーカー 』『NegiDrums ドラムメーカー 』とエンドース契約しているので、よくNegiDrumsのドラムを使っています。 名前:圭吾• 担当:ベース• 生年月日:1996年1月4日• 出身:岐阜県• 影響を受けたアーティスト:UVERworld ウーバーワールド• Twitter:• インスタ: 実は圭吾はもともとドラマーだったのですが、ボーカルの雄大とドラムのねぎにNovelbrightのベーシストとして抜擢されました。 そんな彼には実は、 アパレルブランド『CHRONOIZM クロノイズム 』の代表という裏の顔があるんです! しかも、デザインやモデルまでこなすという実力の持ち主! 見た目のかわいさからは想像できない、圭吾のアーティストとしてのカリスマ性にはこれからも目が離せません! ここまでNovelbrightのメンバー5人のプロフィールを紹介しました。 よくあるバンドって、個性的な人、つまり目立つ人が1人くらいはいるものですが、Novelbrightのメンバー5人にはそれぞれ個性の色があって、それぞれが『個』として目立っている感じがあります。 その5人の個性の色がひとつの曲となったとき、虹色となって誰もが心を掴まれるのかもしれませんね。 では次に、Novelbrightのこれまでの歩み、経歴を見てみましょう。 Novelbright ノーベルブライト の経歴 ここからは、Novelbrightの結成から現在までの道のり、経歴を見てみましょう。 Novelbrightが結成されたのは 2013年の大阪。 当時、高校生だったボーカルの雄大を含むオリジナルメンバーで『ONE OK ROCK』のコピーバンドをはじめたのがきっかけだったそうです。 そして、約4年後となる 2017年1月にギターの海斗、同じくギターの総次郎、そしてドラムのねぎが加入します。 2017年夏に開催された『RO JACK for ROCK IN JAPAN FESTIVAL 2017』では残念ながら優勝は逃しましたが、入賞しました。 2018年10月には、Novelbright初の全国流通盤となるミニアルバム『SKYWALK』をリリース。 さらに ベースの圭吾が2019年1月に加入し、現在のNovelbrightの完成となりました。 2019年9月4日には、ファン待望の2nd Album「EN. 」アンピリオドがリリースされ、全国ツアーもスタートしましたが、あっという間にSOLD OUTになってしまいました! 彼らの人気は現在もうすでにメジャーデビュー級といっても過言ではありません。

次の