ハクビシン。 ハクビシン退治に効果的な対策と駆除方法まとめ

ハクビシンってどんな鳴き声…?鳴き方や生態、対策を徹底解説!

ハクビシン

アライグマとタヌキとハクビシンの違い、見分け方は!?比較してみた!! こんにちは。 夜な夜な民家に忍び寄る黒い影…。 なんだアレは、イヌかネコか? ち、違う! このモフモフ感、顔の黒い模様…コイツはきっと 「なんかアライグマとかタヌキとかハクビシンとか、何かそーゆータイプのアレだ!!」 アライグマやタヌキといった動物たちの区別が付かない場合、 ともすればこのようなお粗末な判断に至ってしまうのである。 幼子や園児にヤツらの正体を尋ねられた大人がこの回答をひとたびでもしてしまえば、 「ああ、この大人は信用してはいけないんだな。 」 と、「使えない大人」の烙印を押されるであろう。 その子らから向けられる視線はもはや、飼料に群がる家畜を見るソレである。 そうならないためにも、我々大人は野生への洞察を深めねばならない。 そしてスマートかつ知的な対応で、大人の余裕と貫禄を子供らに見せつけねばならないのだ。 「どうだぁ、大人はエライんだぁ! 媚びろ〜、オレは天才だぁ!!」 と。 今こそ子供たちにその叡智を見せつけてやるのだ!! スポンサードリンク アライグマ、タヌキ、ハクビシンの違いを徹底比較!! さて、彼らの違いが分からないことで、どんな惨劇に繋がるのかをご理解いただけたことと思う。 良識あるあなたのような大人なら、何としてでも避けねばならないと感じただろう。 まずはそれぞれの特徴を見てみよう。 アライグマ 前足でザブザブと食べ物を洗うような仕草が特徴のアライグマ。 アライグマといえば、そう、 ラスカルだ。 あの可愛らしいラスカルを思い浮かべてみればいいのである。 ここでラスカルの姿を鮮明に思い浮かべることができた淑女は、 年齢がバレる危険があることを憂慮せざるを得ない。 外面的な特徴としては、 ・顔の黒い部分が広く、眉間にも黒いスジが入っている。 ・シッポがシマシマ。 ・手足は白っぽい。 ・耳が白いラインで縁取られている。 というのが主。 スポンサードリンク よくよく画像をご覧いただこう。 これらの特徴が見い出せるハズだ。 また足あとも特徴的で、前足後足ともに 5本の指がくっきりと残る。 <出典:> アライグマ科の哺乳類で、よく木に登ったり塀の上を歩いたり、高い場所に出没する。 比較的凶暴で、人間にも感染する可能性のある 狂犬病ウィルスやアライグマ回虫を持っていることも多いので注意が必要。 北アメリカ原産の外来種で、飼育個体が脱走したりして日本に定着。 「動物は自然の中で暮らすのが一番良い…」 と、ラスカルの最終回ではドヤ顔でこんなことをのたまうわけだが、 その結果がコレだよ!! <出典: earthroots. jp> タヌキ <出典:> そしてタヌキだ。 あのような卑猥な置物を公衆の面前に堂々と晒すのはいかがなものか。 セクハラは私が最も忌み嫌う行為の1つなのだ。 記憶力に自信が無くなってきているあなたのためにも、今一度タヌキをご覧いただこう。 間違えた。 セクハラは私が最も忌み嫌う行為の1つなのだ。 <出典: www. sakura. jp> タヌキの外見的特徴は、 ・眼の周りは黒いけど、鼻筋は黒くない。 ・手足が黒い。 (肩のあたりから黒い) ・シッポは普通。 ・耳が黒いラインで縁取られている。 などである。 足あとは手のひら部分と指先だけが残る イヌ・ネコ型跡である。 <出典:> やたらとモッフモフのイメージがあるが、アレは冬場のみ。 夏場は割りとスリムな体型をしている。 確かにアライグマとはよく似ているが、細かいところで異なっているようだ。 英語にしてもタヌキは 「raccoon dog」で、アライグマは 「raccoon」という。 なんとも投げやりなネーミングである。 しかしタヌキはイヌ科の動物で、アライグマとは全く異質の存在。 スポンサードリンク 「アライグマとタヌキが交配して、アライタヌキができるんじゃないの?」 というウワサが1人歩きすることもあるそうだが、近似種ですらない両者が交雑することは無いので安心して欲しい。 ハクビシン そして最後にハクビシン。 コイツに至ってはアライグマとタヌキとはもはや似ても似つかない。 <出典:> ハクビシンの外見的特徴は、 ・鼻筋が白い。 ・シッポが細長い。 ・胴長短足。 ・鼻がピンク色。 である。 アライグマやタヌキよりも、イタチとかフェレットとかの方がイメージに近いかもしれない。 ジャコウネコ科の動物なので、ネコの親戚のようなものだろうか。 こちらも親子連れ立って電線の上を歩いたり、民家の屋根裏へ忍び込んでは粗相を垂れる厄介者である。 見分け方まとめ さあ、これで3者が出揃った。 顔面を比較してみると… アライグマ タヌキ <出典:> ハクビシン <出典:> アライグマとタヌキは似ているが、ハクビシンははっきりと違いが見て取れるハズだ。 よほどの暗闇でない限り、ハクビシンの判別はつくことと思う。 アライグマとタヌキは、よく見れば耳のラインとか目のまわりの黒い模様の範囲で判別できるが、一瞬だったり夜だったりすると見分けがつかない可能性もある。 そこで シッポだ。 アライグマはシマシマで、タヌキは特徴なし。 これを覚えておけば、顔面で判別できなかったとしても見分けることが可能。 さらに念を押すのであれば、タヌキは手足が黒い。 スポンサードリンク もう1度言おう、 「アライグマはシッポがシマシマ、 タヌキは手足が黒い。 」 これを受験生のように暗記帳に書いて電車内でブツブツ唱えていれば、周囲の人間から飼料に群がる家畜を見るような視線を向けられるだろう。 だがそれと引き換えに、無垢な幼子の 「ねぇパパ、あれはタヌキさん?アライグマさん?」 という質問に対し、これみよがしに 「ああ、アレは鼻筋が白いから、タヌキでもアライグマでもない。 ハクビシンだね。 媚びろ〜、オレは天才だぁ!!」 と、優越感にドップリと浸かれるだろう。 アミバごっこもできて一石二鳥だ。 さあ、どちらを選ぶ? あなたが良識ある大人なのであれば、答えは既に決まっているはずだ。 「どっちもやらねぇよw」と…。 はい、以上でした。 アライグマにしろタヌキにしろハクビシンにしろ、その辺で見かけても餌付けしたりしないようにしましょう。 なお、ヤツらの見分けがつくようになったとろこで子供らから尊敬の眼差しを得ることができるかどうかと言われると、 たぶんできねぇな。。

次の

ハクビシン被害 気になる病気・感染症〜ハクビシン駆除なら撃退!ファクトリー.com〜

ハクビシン

, Timmins, R. , Chutipong, W. , Choudhury, A. , Mathai, J. , Willcox, D. , Ghimirey, Y. , Chan, B. 2016. Paguma larvata. The IUCN Red List of Threatened Species 2016: e. T41692A45217601. Downloaded on 20 May 2017. Christopher Wozencraft, "," Mammal Species of the World, 3rd ed. , Don E. Reeder ed. , Volume 1, Johns Hopkins University Press, 2005, Page 540. Ohdachi, Y. Ishibashi, M. Iwasa, and T. Saitoh 2009-07. The Wild Mammals of Japan. SHOUKADOH. 出典 電線 :• 日本語. タスクル 暮らしのお悩み解決サイト. 2018年10月3日閲覧。 『外来生物の生態学 進化する脅威とその対策』、2010年3月31日。 国立感染症研究所 2020年1月10日. 2020年2月2日閲覧。 、、哺乳動物学雑誌,1973年 5巻 6号 p. 199-205, :• 「」 、2008年2月15日、 いきもの通信• は、ハクビシンが江戸時代には日本にいたことを示す例として、民話『』に登場する「綱渡り芸をするタヌキ」が、ハクビシンではないかと指摘している(タヌキには綱渡りは不可能なため)。 2010年4月30日 夕刊3版17面.

次の

ハクビシン被害 気になる病気・感染症〜ハクビシン駆除なら撃退!ファクトリー.com〜

ハクビシン

ハクビシン被害 気になる病気・感染症 ハクビシンの住宅被害や、農作物の被害が多数報告されています。 屋根裏に住み着かれるのはもちろん歓迎しませんが、一番心配なのはどのような被害があるのか、ということですね。 夜の騒音、足音、天井のシミ、糞によって腐敗した天井の落下など多数ありますが、 人間やペットに及ぼす健康被害って?気になる病気や感染症などについて紹介します。 新型肝炎「SARS」とハクビシンの関係 2003年に世界中を騒がせた新型肝炎「SARS」。 当時はこのウイルスの発生源としてハクビシンが疑われていましたね。 その時初めてハクビシンの存在を知った方も多いはず。 結果として「SARS」の感染源はハクビシンではないということでしたが、ハクビシンは多くの雑菌、ウイルスを媒介する動物であることは事実です。 ハクビシンは菌に対する免疫が強く、ハクビシンが元気に走り回っていても人間やペットの感染症の元となる菌を繁殖し、ばらまいていることも十分あり得るのです。 毛が抜け落ちて、皮膚が固くしわしわになった見るに堪えない動物の姿です。 もはやハクビシンなのか、タヌキなのか、はたまた違う動物なのかわかりません。 その姿こそが、ヒゼンダニの寄生による皮膚病を発症している「疥癬(かいせん)症」です。 よく聞かれるのはタヌキの疥癬症ですが、ハクビシン、イノシシ、キツネなどもかかるそうです。 毛がほぼ抜け落ち、皮膚は表皮が肥厚し,ゾウ皮様化します。 疥癬症は人や犬にも感染します。 人に感染した際はハクビシンほどひどい症状にはならないようですが、そうはい言っても恐ろしいですよね。 特に体の抵抗力が弱いお子様などは被害を受けるリスクが高まります。 ハクビシンの糞尿からの感染症や、ノミ・ダニ被害 ハクビシンが住み着いたのがわかったら、危惧しなければならないのが糞尿です。 ハクビシンは屋根裏に巣をつくると、その近くの決まった場所に排泄します。 やがて腐敗しはじめた糞尿から雑菌がどんどん繁殖し感染症をもたらす危険が増えます。 雑菌ですからありとあらゆる感染症の要因になるのです。 また、外からダニ・ノミを体に付けて家の中に入るため、不衛生な環境になってしまいます。 ダニ・ノミに刺された時の痒さは耐え難いものです。 完治するのも時間がかかります。 大事なペットの餌もハクビシンが狙っています。 外飼いしているペットはハクビシンと接触する機会もあるので注意が必要ですね。 ペットをダニ・ノミや、感染症から守りましょう。 大事なことは、ハクビシンが近寄りづらい環境づくり ・果樹になった果物、畑の農作物の残骸など、エサになり得るものを外に放置しない。 ・ハクビシンの侵入口になりそうな穴などがある場合はふさいでおく。 など、日ごろから気を付けてちょっとやっておけば大きな被害にならずに済むこともあります。 近所にハクビシンの被害が出たときはさらに要注意!!あなたの家も狙われているかもしれません。 撃退!ハクビシンは、色・臭いでハクビシンを追い払う商品ですが、事前に屋根裏に投げ込んでおけば、巣作り防止にもなります。 是非お試しください。 関連記事.

次の