丹沢 の 森 動物 病院。 丹沢の森どうぶつ病院の情報・口コミ(クチコミ)・評判 1ページ目

秦野市で動物病院を探すなら!おすすめ【5選】

丹沢 の 森 動物 病院

病院情報についての注意事項• 掲載している病院情報は、株式会社ウェルネス医療情報センターが独自に収集したものです。 正確な情報に努めておりますが、内容を完全に保証するものではありません。 実際に検索された医療機関で受診を希望される場合は、必ず医療機関に確認していただくことをお勧めします。 当サービスによって生じた損害について、株式会社QLife及び株式会社ウェルネス医療情報センターではその賠償の責任を一切負わないものとします。 情報の誤りを発見された方はからご連絡をいただければ幸いです。 口コミ(クチコミ)についての注意事項• 価値観は人それぞれですし、状況が常に同じとは限りませんし、医学的根拠に基づかない情報も多く含まれます。 実際に検索された医療機関で受診を希望される場合は、念のため事前に確認を行ってください。 また口コミ(クチコミ)内容は法人としてのQLifeの見解・意向を示すものではありません。 「口コミ(クチコミ)」は、あくまで参考材料のひとつとお考えください。 利用規約はをご覧ください。 口コミ(クチコミ)は実際に受診した患者さん(またはその代理の方)の投稿のみ受け付けており、口コミ(クチコミ)の対象となる施設関係者やいわゆる「やらせ業者」による投稿は違法行為にあたる可能性があるため、固く禁じています。 もし、その事実をご存じの方は、まで情報をお寄せください。

次の

【口コミも掲載】秦野市のおすすめ動物病院5選!各種教室の開催も

丹沢 の 森 動物 病院

渋沢どうぶつ愛護病院について ペットのトリミングにも対応!診療以外のサポートもしてくれる動物病院 「渋沢どうぶつ愛護病院」は、小田急小田原線「渋沢駅」から徒歩3分の距離にあります。 4台分の駐車場も備わっているため、電車や車など飼い主さんの都合に合わせたアクセス方法で訪れやすくなっています。 また、土曜日・日曜日・祝日も診療がおこなわれており、平日は受診が難しい飼い主さんでも通いやすいです。 病気やケガに関する診療はもちろんのこと、ペットのトリミングもおこなっており、皮膚疾患のあるペットにも、皮膚の状態に合わせた薬用シャンプー剤を使って対応してくれます。 渋沢どうぶつ愛護病院のこだわりポイント さまざまな原因による症状に対応!神経系疾患の処置に注力 神経系疾患の診療に力を入れている動物病院です。 「渋沢どうぶつ愛護病院」では年齢をもとに原因を探り、どの部位でどのような現象が起こっているのかを飼い主さんに伝えています。 またペットの状態によっては、より詳しく調べられるように、ほかの医療機関を案内してくれます。 外科的な処置をおこなう際に麻酔を使用する場合は、その動物の年齢や体重などに合わせて麻酔薬の種類や容量を変えています。 麻酔をかける前後は、特に緊張感をもって慎重な対応がおこなわれます。 渋沢どうぶつ愛護病院の口コミの評判 丁寧な問診でした 狂犬病の予防注射でお世話になりました。 予約で診察をお願いしていたので、待ち時間はほどんどなく診てもらえました。 待合室はさほど広くないです。 予防注射前に体重や体温を測ったのですが、計測前に問診を丁寧してくれ、既往歴や現在の皮膚の状態や耳の中を見てくれました。 以前は他の病院で予防注射をしてもらっていましたが、体温は測ったことがなかったので、自分のわんこの平熱がどれくらいなのか初めて知りました。 診察に入ってから、お会計までで20分程度でした。 予定後、予約を承りましたとメールがあるので安心です。 オプション レントゲン、超音波、尿検査 を追加したため、午前中に預け、夕方にお迎えでした。 レントゲン、超音波の画像を見ながら、丁寧に説明して頂きました。 午前中は少々混んでおり、午後の方が空いていました。 待合室は狭いですが、外にベンチがあり、外で待つことも可能です。 また来年、健康診断の際は利用させて頂こうと思います。 土曜日・日曜日・祝日も診療がおこなわれており、平日は多忙な飼い主さんでも利用できるように配慮されています。 また夜間でも外科的な処置に対応をしており、さらに重度の症例については、深夜の時間帯でも看護しています。 ぼくとわたしの動物病院のこだわりポイント 飼い主さんの理解に配慮!デメリットについてもていねいに説明 地域に住む飼い主さんとペットに気兼ねなく通ってもらえるように、地域のホームドクターを目指している動物病院です。 診療をおこなう際には、ペットの体にできるだけ負担がかからないよう心掛けています。 飼い主さんが診療方針や内容を理解できるよう、ていねいな説明に努めており、処置方法については複数の提示が受けられます。 それぞれのメリットだけでなくデメリットについても隠さず伝えてもらえるのが特徴です。 住所:神奈川県 秦野市 東田原90-5• 予約受付電話: 丹沢の森どうぶつ病院について ペットのストレスが少ない院内設計!犬と猫・小動物で待合室などを分離 「丹沢の森どうぶつ病院」は、小田急小田原線「秦野駅」からバスで10分の距離にあり、神奈川中央交通「くず葉台団地入口」停留所を降りてすぐの場所にあります。 また15台分の駐車場も用意されているため、車でのアクセスもしやすくなっています。 土曜日・日曜日も診療しており、平日以外で動物病院を利用したいという飼い主さんにも対応しています。 診療を受けるペットのストレスをできる限り軽減できるように、犬と猫・小動物で入り口や待合室・診療室を分けています。 丹沢の森どうぶつ病院のこだわりポイント 設備や院長先生の経験を活かした対応!外科処置に注力している 外科全般の処置について力を入れている動物病院です。 特に院長先生は、詳しい処置がおこなえる動物病院で勤務し、さまざまな症例を取り扱ってきた経験がある方です。 処置で必要となる麻酔については、人間の小児科でも導入されている医療装置が導入され、より細かく麻酔状況を把握できるように役立てられています。 このほかにも、「丹沢の森どうぶつ病院」は、体にかかる負担やリスクを減らせるよう、さまざまな医療機器を導入しています。 住所:神奈川県 秦野市 今泉1304-3• 予約受付電話: みかん動物病院について 多様な診療方法を用意!東洋医学による処置もおこなっている動物病院 「みかん動物病院」は、小田急小田原線「秦野駅」からバスで12分の距離にあります。 また20台分の駐車場も備えられており、車で通いたいという方も訪れやすくなっています。 診療時間は、木曜日を除いた9:00~19:00で、土曜日・日曜日・祝日の夜も受診できるように配慮されています。 診療では西洋医学に加え、東洋医学を学んだ獣医師による漢方薬の処方などもおこなわれています。 みかん動物病院のこだわりポイント 病気の診療以外のサポート!各種教室や飼い主さんの心のケアも実施 犬と飼い主さんがより良い関係を築くため、さまざまな教室が開催されている動物病院です。 生後2ヶ月から5ヶ月という仔犬の時期には、全5回の「パピー教室」が開かれています。 また、実践的に歯みがき方法を学ぶことができるよう、「歯みがき教室」では実際に犬の口に手を入れるなどの指導が受けられます。 また、大切なペットが辛い状況になってしまった際には、飼い主さんの「心のケア」もおこなっています。 みかん動物病院の口コミの評判 心遣いのある動物病院 先生やスタッフの対応がとても良い。 親身に話を聞いてくれるし、診断結果もきちんと伝えてくれる。 料金も他の動物病院と変わらないし、病院内も綺麗。 これからもずっと利用したい病院です。 そして先生に体を綺麗に整えてもらい、涙で見送っていただきました。 開業から30年、地域の飼い主さま、動物に寄り添いながら獣医療に貢献してきた動物病院です。 2代目、3代目のワンちゃんネコちゃんを連れてくる飼い主さまも多いそうです。 林動物病院のこだわりポイント 地域に根ざす!アットホームな動物病院 日々の病気予防から治療方針まで、丁寧に説明するよう心がけている動物病院です。 動物たちがどういった状態なのか、どんな治療が必要なのかを丁寧にお話してくれる動物病院です。 不明点や質問なども遠慮なく聞ける環境が整っています。

次の

神奈川県 秦野市 の 動物 病院 の情報 評判 口コミ が見つかる

丹沢 の 森 動物 病院

秦野市にある「丹沢の森どうぶつ病院」は、「動物と飼い主が笑顔でいられるための医療」をめざして院長の小澤信一先生が2008年に開業した。 入り口に木製のベンチが置かれ、ウッディな印象の外観で看板も控えめ、一見するとカフェのような雰囲気だ。 「誰でも来やすい場所にしたかったので、よくある病院のような建物ではなく、暖かく明るい感じの外観にしました」とのことで、オレンジをベースにした受付をはじめ、院内も暖かい雰囲気だ。 小澤院長は「獣医になった際に、臨床で生かせるはず」と獣医病理学教室に在籍。 大学卒業後は、病理診断業務と平行して先端医療を行う動物病院に勤務し、研鑽を積んだ。 幼い頃から動物を飼うのが好きだったという小澤院長に、動物医療にかける思いを聞いた。 当院の診療対象は、犬、猫、ウサギ、ハムスターなど小動物ですが、やはり犬や猫が多く、犬が6割、猫が3割といったところです。 小鳥などの診察は、できる範囲で診せてもらいますが専門ではありませんので専門の治療が必要な場合は専門病院での受診をおすすめします。 反対に、整形外科や腫瘍疾患などのちょっとやっかいな手術は、近隣の先生方から紹介を受けて診察することもあります。 町医者ですからなんでも診ますが、やはり得意、不得意はありますので、近隣の獣医師同士が協力できる体制は非常に大切です。 「動物と飼い主が笑顔でいられるための医療」をめざしています。 病院という場所である以上、飼い主さんもペットも、本来は好んで行きたい場所ではないでしょう。 ですから、不安を抱えてきたとしても、安心して、笑顔で帰っていただける存在でありたいと思っています。 飼い主さんが動物病院で不安や不満を感じる多くのケースは、よくわからないまま治療を受けているからだと思います。 この子がどういう病気なのか、今もらっている薬が何なのか、治療が本当にあっているのか、本当によくなっているのか、そんな思いを持ちながらも、獣医に聞くことができなくて、不安や不満につながるわけです。 ですから、常にできる訳ではないのですが、飼い主さんに納得いただけるまでわかりやすく説明すること、その上で、飼い主さんと患者さんにとっていちばん良い方法を一緒に考えるようにしています。 現在の状況や治療法などをできるだけわかりやすく説明して、納得いただいてから、どういう治療をするか選んでいただくようにしています。 病気の中には、残念ながらいくら検査をしても病名が確定できないものもあります。 その場合は、考えられる病名をいくつか挙げたうえで、それらの病気についての治療法などをお伝えし、よく相談して、選んでいただくようにしています。 治療法に関しても、例えば入院した方が良い病気の子がいたとして、その子の性格では入院によるストレスの方が治療効果よりも大きくなってします場合があります。 その場合は、治療の質が落ちたとしても、通院治療にした方がその子にとってはベストな選択になります。 ですから、問診や診察中の様子をみながら、その子の状況と飼い主さんの意思をくみ取っていくつかの選択肢を提示し、そのメリット、デメリットをきちんと説明したうえで、相談しながら治療を進めるようにしています。

次の