電通 ステマ。 「100日後に死ぬワニ」が電通のステマと言われる理由は?ワニくん過労死と言われてしまう!

電通グループ、「アナと雪の女王2」のステマ騒ぎで緘口令でも敷かれる騒ぎに?

電通 ステマ

引用元:Twitter 2019年12月12日からTwitter上で連載が始まり、2020年3月20日に感動的な最終回を迎えた『100日後に死ぬワニ』。 作者のきくちゆうきさんは、作品への思いを次のように語ります。 『いつか死ぬ』生きているということはいつか死ぬということ。 自分の『終わり』や周りの人の『終わり』それを意識すると、行動や生き方がより良い方向にいくのではないか。 ワニを通してそれらを考えるきっかけにでもなればいいなと思っています。 fukuishimbun. しかし、なぜこんな『100日後に死ぬワニ』が「電通案件」「ステマ」と言われてしまうのでしょうか。 電通案件、ステマとは そもそも「電通案件」とは何を表す言葉なのか調べてみました。 引用元:ベイシカ 公式サイト 株式会社ベイシカHPから 取引企業を見てみると、「(株)電通東日本」の文字が。 これだけ話題になった「100日後に死ぬワニ」ですから、電通はかなり前から目をつけ、動いていたのでしょうか。 グッズ販売• 書籍化• 映画化 という商業展開は到底、「100日後に死ぬワニ」連載中の100日間で準備できるものではない!という声も。 100日後に死ぬワニのタイアップって到底100日じゃ準備できないようなものばかりなの凄くね? これってやり出す前から準備してたってことだろ?バズるかどうかも分からないものに賭けるのも凄いし、実際バズらせたプロモーション力も凄い。 普段俺らが嫌ってるメディアの力がネット内にも及んでるって怖 — イズム・ジ・エンド izumu373 「100日後に死ぬワニ」が「電通案件」と言われる理由には根拠があったようです。 引用元:wwwaap 公式サイト さらに、「100日後に死ぬワニ」の作者きくちゆうきさんが、株式会社『wwwaap』の一員だったという噂もあるようです。 株式会社wwwaap(ワープ)です! SNSで人気の漫画家やイラストレーターのマネジメント業です。 「インスタグラマーやYouTuberの漫画ver」とイメージ頂ければ幸いです。 広告事業とキャラクターライセンス事業を行っています。 wantedly. 来年も更に大規模にパーティーできるようここから1年精進します! — 【公式】wwwaap(ワープ) wwwaap0715 株式会社wwwaap(ワープ)が主宰する「ワープパーティー 」には「100日後に死ぬワニ」の作者きくちゆうきさんを始めとする様々なweb漫画家が参加されています。 株式会社wwwaap 執行役員には、漫画実業家「やしろあずき」さんも在籍されているようです。 アナ雪ステマ騒動・2019年12月3日同時刻 7人の漫画家が『アナと雪の女王2』について好意的な「感想」漫画を一斉投稿 ・漫画に「PR」や依頼の文言が無かったことから、広告であることを隠して優良誤認を狙った ステマではないかと疑惑浮上 ・翌朝になって、7人全員が「PR漫画でした」「説明をしておらず大変失礼しました」といった、非常に似通った文言の謝罪をツイート ・ウォルト・ディズニー・ジャパン株式会社は「明確に広告と表記するはずが手違いにより、結果的にステマに見えてしまったもの」だと説明、疑惑は収束 というものです。 この「アナ雪ステマ騒動」でTwitterで投稿した漫画家が、 今回の「100日後に死ぬワニ」作者が関わる、株式会社「wwwaap」に所属していたそうです。 「アナ雪ステマ騒動」はあくまで「ステマ疑惑」という形で収束しました。 しかし、今回• 「100日後に死ぬワニ」で同じようなステマ疑惑が浮上• 「電通案件」の根拠 からも、なんだか業界の闇の深さを感じる方も多いようです。

次の

電通の「見直し」と消えた組織

電通 ステマ

ワニくんは、2019. 少し前には「100日後に死ぬワニ」という漫画が一時ブームになりましたが、今回注目している漫画はそれをも凌駕するのではないかと考察されています。 その漫画とは「 眠れないオオカミ」です。 読者からは「ワニくんよりも直接的なメッセージ性を感じる」との声も上がっているみたいです。 そこで今回は【眠れないオオカミは電通案件?ステマやヤラセ、炎上の可能性はあるのか】について調べていくことにしました。 「100日後に死ぬワニ」は電通案件だったのではないか?と疑惑に包まれていましたが、果たして「眠れないオオカミ」はどうなのでしょうか? スポンサーリンク 眠れないオオカミは電通案件? 眠れないオオカミも電通案件ですか? — ゆうびーん kogbeen 眠れないオオカミとローソンのコラボにまで「案件」「金の匂い」「PRガッカリ」とか言ってる奴がいるのほんと驚くわ。 — 堀口レオ 単行本出てます silverchop いい話だが、何とかのワニのせいで、これも電通案件だったらやだなとか思ってしまう。 100日後になんとかは、それほど罪深いステマだった 「心臓がちぎれそう」続きが気になるマンガ「眠れないオオカミ」 — withnews(ウィズニュース) — 002 002t すでにネット上では電通案件なのではないか?との声も多く上がっていますね。 一体真実はどうなのでしょうか。 正直なところまだ真相は明らかにはなっておりません。 「100日後に死ぬワニ」が電通案件なのでは?と疑惑が上がったのは最終回付近でした。 そのため決定的な理由付けは今の段階ではできないというのが正直なところです。 ただ恐らく電通案件ではないでしょう! 「100日後に死ぬワニ」が本当に案件だったのかどうかをおいておいても電通はかなりの炎上とバッシングを受けました。 そのためどう考えても同じ過ちをこの短期間で行うことは考えにくいと思います。 スポンサーリンク ステマやヤラセ、炎上の可能性はあるのか ステマやヤラセ、炎上のの可能性はあるのでしょうか? 正直これに関しても今のところはわからないのが本音です。 しかしステマやヤラセの可能性を見分ける方法があります。 恐らくですが、「100日後に死ぬワニ」を超える勢いがあることは間違えないと思いますので、眠れないオオカミもグッズ化、書籍化することが考えられます。 また作者自身も書籍化したいと話しており、裏ではもしかしたら話が進んでいることが予想されます。 「100日後に死ぬワニ」が炎上したタイミングはこのタイミングです。 「100日後に死ぬワニ」のグッズ販売や書籍や映画の宣伝行っているTwitterの運営会社の取引先に電通もあったのです。 どうせ売り出したいなら、ワニがどうたらのマンガと一切絡めずに売り込んだ方が良かったんじゃないかな。 「売り込んだんじゃなくて、ネットでそう比較されてるだけ」って言う人もいるだろうけど、それをどれだけの人が信じるか。 良い作品なら、出版社のネット媒体の上で最初から商業べースで発表してゆけばいいんですよ。 それだけのことです。 正直なところ、主人公がワニだろうがウサギだろうが人間だろうが成り立つストーリーで、登場するキャラに魅力があったわけじゃない。 でも100日後を迎えた直後にそのワニを商品化して、「死」という出来事が軽く見えるような扱いをしてしまったのが失敗だったと思う。 作られた感動、狙った感動。 とりあえず死とか不自由とかテーマにしとけば共感できない層が「感動!」って共感するもんな。 本当に死とか不自由と向き合ってたらあんま共感も感動もしない気がする。 特に最後の方の描写は嫌悪感すら感じるレベルでダメ。 これが流行る世の中は大なり小なり病んでると思う。 あくまで個人の感想です。

次の

電通案件とはステマで理由はなぜ?100日後に死ぬワニでさくら行為?

電通 ステマ

改めて言いますが、ワニの話しは自分1人で始めました。 それから色んな人が付いてきてくれました。 1人1人と話をして、自分なりにしっかり見極め、信じて、この人になら任せてみてもいいかな、と思った結果が「今」に繋がっています。 — きくちゆうき yuukikikuchi 電通ワニが話題になっているが、他にも「電通案件」と思われるメディアのゴリ押し作品(コンテンツ)が数多くある。 その最たる例が、「鬼滅の刃」だ。 鬼滅の刃はたしかに面白いが、週刊少年ジャンプは他にも多数の人気マンガが連載されており、 鬼滅の刃がゴリ押しされるせいで、他の作品が埋もれてしまっている。 特に私は「チェンソーマン」が大好きなので、苦々しい気持ちでいる。 以前は「鬼滅の刃」一強ではなかった(以前は、ワンピースがゴリ押しされていたが・・・)。 しかし、「鬼滅の刃」が電通の息がかかったツイッターやユーチュバー(UUUM)、その他メディアで最近になってゴリ押しされるようになり、これはいわゆる「ステマ(ステルスマーケティング)」である。 ステマは、アメリカやヨーロッパなどの海外では「違法」とされている。 ステルスマーケティングとは、 消費者に広告と明記せずに隠して、消費者をだまして宣伝する手法。 ヤラセやサクラはその一種。 広告代理店(電通)などがチームで作戦を練り、組織立って大量の人員が動員されて行われる。 芸能人やユーチュバーによる、ネット上やSNS(ツイッターやYOUTUBEなど)におけるステマが絶えない。 ヨーロッパやアメリカでは ステマのような広告表記のない宣伝は「不公正な詐欺」だとして、罪に問われる行為になっている。 例)イギリス:不公正取引からの消費者保護に関する規制法(2008年施行。 罰則あり) ワンピースのステマを認めて謝罪する、ジャンプ編集部 (ヤフーニュース) ステマ対策は?見破る方法 ステマ対策は、消費者(視聴者)が賢くなるしかない。 例えば、私の祖父母は、テレビしか見ないので、先日までテレビの言うことを信じて「コロナウイルスは風邪みたいなもの。 人から人への感染はしない。 オリンピックも通常通り開催される。 心配しすぎ」などと言っていた。 現在、政府はまったく反対の事を言っている。 (オリンピック延期する、人人感染する、東京を封鎖する)。 つまりテレビやユーチュバー、ツイッターの言うことを真に受けてしまうと、「本当の事」が分からない。 日頃から自分で、情報収集して、何が本当なのか、「疑問」を持つことが大切だ。 あと世の中のしくみを考える。 人気ユーチュバーは、ユーチューブに表示される広告より、「企業案件」で稼いでいる。 企業案件とは、企業からお金をもらって、商品を宣伝する行為だ。 つまり商品紹介系ユーチュバー=「ステマユーチュバー」と考えるべき。 彼らはそれで稼いでいる。 ゲーム実況系も同じだ。 人気ユーチュバーの弟者なども、ゲーム開発会社からお金をもらって、ゲームを先行プレイして大金を稼いでいる。 ステマの何が悪いかと言うと、それを隠してやる「卑怯さ」にある。 海外では「違法」とされている。 本来「ステマ」は日本では嫌われていた。 2chでは根絶されたはずだが、ツイッターやYOUTUBEなどの新しいSNSでは、露骨に行われている。 つまり見破る事ができないバカが多いという事だ。

次の