大崎洋 若い頃。 【画像】加藤浩次の若い頃がイケメンすぎるw昔も今もかっこいいと話題!|RealVoice

吉本HD・大崎会長「ウソは一番アカン、原因突き止めチャレンジ」一問一答

大崎洋 若い頃

1978年 吉本興業株式会社に入社• 1980年 吉本興業東京支社(当時は東京事務所)へ上司の木村政雄と共に異動• 1982年 吉本興業東京支社(当時は東京事務所)から大阪の吉本総合芸能学院の担当社員へ異動• 2000年 株式会社ファンダンゴの取締役に就任• 2001年 吉本興業の取締役、株式会社アール・アンド・シーの取締役に就任• 2002年 株式会社有明スタジオの取締役に就任• 2006年 吉本興業取締役副社長に就任• 2009年 吉本興業代表取締役社長に就任• 2019年 吉本興業代表取締役会長に就任 入社当初は「私服OK」という理由だけで選んだ会社ということもあり、やる気もなく適当に仕事をしていたという大崎会長。 しかし、ある日を境に仕事への姿勢が一変したと言います。 それは 会社の同僚と徹夜でマージャンをしたときのことでした。 明け方近くまでずっと終始一人負け続けた大崎会長はいきなり立ち上がると、カーテンや窓を開けて外に向かって 「絶対に出世する! 」と大声で叫んだんだそう(笑) 深夜+負け続きというテンションでおかしくなってしまったのかと思われましたが、 その日以来、真面目に仕事に取り組むようになり、ついには社長職に就くという結果に至ったのです。 「マージャンで負けた=出世する」の発想は常人には理解できません…! タレントには厳しい一面も 大崎洋会長は、1980年に吉本興業東京支社へ上司の木村政雄さんと共に異動してから、企業としての近代化を進めると共に、新たな劇場の建設や若手育成に力を注いできました。 しかし、その中には 会社の方針に従わない芸人やタレントは容赦無くリストラするという厳しい一面もありました。 山本圭一さんの淫行事件での契約解除など、不祥事やモラルに反する行為を起こしたタレントに対しては厳格な措置を取る姿勢を見せています。 一昔前の芸能界、特に芸人の世界は不祥事を起こしても変わらず活動ができたりと、一般社会に比べて犯罪や不祥事に非常に寛容な世界でした。 大崎会長はそんな会社の在り方を大きく変えた人物なのかもしれません。 年収は10億円? 大崎洋会長の年収はどのくらいなのでしょうか? 吉本の現社長の岡本昭彦さんの年収は7億円ほどと言われています。 大崎会長自身は、吉本の芸人の給料についてこう語っています。 吉本興業の会長・大崎洋とダウンタウンの関係は? 大崎洋会長は、吉本興業のタレントの中でも特にダウンタウンとの関わりが強かったと言われています。 タレントと社員という間柄ですが、若い頃から切磋琢磨し合ってきた3人。 ここでは大崎会長とダウンタウンのエピソードをいくつか紹介させていただきます。 ダウンタウンの育ての親 大崎洋会長は、 ダウンタウンの才能にいち早く気づいた存在として知られています。 当時全くの無名だったダウンタウンの才能に気づいた大崎会長は、吉本総合芸能学院(NSC)開校時に2人の 担当社員となり、 マネージャー的存在として業界のイロハを教えたと言います。 マネージャーという立場でもなかったけれど、つきっきりで接していたということですね。 大崎会長はダウンタウンのお二人よりも 10歳年上ということで、いい兄貴分、いい相談役として慕われていたそう。 また、大阪で人気の頂点に立ったお二人を 東京進出させたもの大崎会長でした。 大阪で満足していたのに、遠くて近い外国・TOKYOに無理やり移住させられた… 松本人志さんはネタにしていますが、結果的にダウンタウンはここから全国的な人気を獲得し、スターダムにのし上がりました。 若手時代から大阪での活躍、そして東京進出…と、 ダウンタウンが人気の頂点に立つまで育て上げた存在として業界でも大崎会長の名前は一気に有名になったそうです。 ダウンタウンとのドッキリで今田耕司が号泣 旧知の仲であるダウンタウンと大崎洋会長。 ダウンタウンの冠番組である「ダウンタウンのごっつええ感じ」には、大崎洋はプロデューサー・オーガナイザーとして参加をしていました。 ドッキリの仕掛け人として企画に登場したこともあります。 ダウンタウンの二人が打ち合わせ中に大喧嘩するというドッキリの仕掛け役として出演。 大崎会長「あのときのプールの約束、今使うわ」 松本人志「こんなときにですか…わかりました」 一体どんなことに使われたか…めちゃくちゃ気になりますが、これは男2人だけの秘密なのでしょう。 吉本興業の会長・大崎洋まとめ 吉本興業の会長・大崎洋さんに関する情報をお届けしました。 学歴は関西大学を卒業しており、大学卒業後吉本興業に入社し、無名時代のダウンタウンの才能にいち早く気づき、お笑い界の頂点に立つまで育て上げた大崎会長。 今回宮迫博之さんと田村亮さんからの契約解除の最終判断をした張本人としも言われているようですが、松本人志さんはこの事態をどう受け止めているのでしょうか? 松本さんが働きかけて吉本が何か動きを見せるのか、今後の情報に注目したいと思います。

次の

大崎洋はさんまやダウンタウンMG?松本人志と退社の可能性は?

大崎洋 若い頃

宮迫博之(雨上がり決死隊)ら吉本興業のタレントが反社会的勢力の会合に出席して金銭を受け取った問題は、事態が収まる気配がない。 宮迫と田村亮(ロンドンブーツ1号2号)は7月20日に自前で記者会見を開き、「会見したらおまえら全員クビにするからな」といった吉本興業・岡本昭彦社長の冷徹な対応を涙ながらに訴えた。 22日にはその岡本社長が5時間半にも及ぶ会見を開く事態に発展したが、的外れな受け答えに終始。 宮迫と田村の契約解除処分は白紙に戻したが、当事者能力のない経営陣の態度に所属芸人たちも不満の態度を隠さず、事態は「事務所vs. 芸人」の全面戦争の様相を呈している。 黒のポロシャツ姿で、ロードバイクに乗っていた島田氏は、取材班の問いかけにバイクを止め、胸の内を語り始めた。 「辞めたらあかんし、まだまだ引退したらあかん」 島田氏は今回の事態が起こる直前、じつは宮迫と会っていたという。 「宮迫はすごい仲良しやし。 辞めるって言ったとき、まじで凹んだもんなあ。 トラブルが起きる1週間くらい前にも一緒だったんすよ。 遊びに来て、みんなで。 (宮迫には)絶対辞めんなよと。 絶対に辞めんなって。 辞めたらあかんし、まだまだ引退したらあかん。 ほんで、吉本に対して、腹立つこともあるやろし、ここはひとつ長いものにはぐるぐる巻きやと。 先輩たちも心配して動いてるんやから、宮迫も意地を張るなと。 わかるけどね、気持ちはわかるし腹立つこともあるけど、元々はお前やぞ。 もういっぺん冷静になろうぜと。 元々はお前が悪いと。 腹立つこともいっぱいあると、だからもっと偉なってから言えと。 偉くなってもういっぺん喧嘩せいと」.

次の

吉本興業会長大崎洋の経歴や年収が意外?若い頃サーファーがなぜ社長に

大崎洋 若い頃

・名前:大﨑洋(おおさきひろし) ・生年月日:1953年7月28日 ・出身地:大阪府堺市 ・出身大学:関西大学 ・出身高校:大坂府立泉北高校 ・職業:プロデューサー ・役職:吉本興業ホールディングス株式会社会 大崎洋会長は大阪出身。 関西大学卒業後の1978年に吉本興業に就職しました。 なぜ吉本興業に入社したのかというと 「私服OK」の会社だったからとの噂です。 当時は1970年台。 本当だとしたら、かなり個性的ですね。 大崎洋会長は現在吉本興業ではカリスマ的な存在感を放っている人物と言われています。 吉本興業・大崎洋会長の経歴!ダウンタウンと共に出世していった 大崎洋会長が吉本興業に入社してからの経歴は次のようになっています。 1978年 吉本興業株式会社に入社 1980年 吉本興業東京支社へ上司の木村政雄と共に異動 1982年 吉本興業東京支社から大阪の吉本総合芸能学院の担当社員へ異動 2000年 株式会社ファンダンゴの 取締役に就任 2001年 吉本興業の取締役、株式会社アール・アンド・シーの 取締役に就任 2002年 株式会社有明スタジオの 取締役に就任 2006年 吉本興業取締役 副社長に就任 2009年 吉本興業代表取締役 社長に就任 2019年 吉本興業代表取締役 会長に就任 大崎洋さんは、1978年に入社して、 1982年のNSC開校時に ダウンタウンの担当社員になりました。 ダウンタウンとは売れない頃からの付き合いで 昔から近くで深く関わってきました。 ダウンタウンの育ての親となった大崎会長は一躍業界内で 有名人となりました。 大崎洋さんの出世は、ダウンタウンと一心同体。 ダウンタウンのマネージャーから吉本興業の上層部に出世していきました。 吉本興業・大崎洋会長とダウンタウン松本人志の熱い関係! 大崎洋の若い頃は窓際族だった 大崎洋さんは、吉本入社当時は、完全に窓際族でした。 会社から大して期待もされず、仕事も任されず、自分の居場所がありませんでした。 入社2年後には東京に飛ばされ・・入社4年後には大阪に戻され・・たらい回し。 入社4年後に大阪で NSCの開校とともにダウンタウンの担当社員となりました。 当時、ダウンタウンは全く売れておらず無名の存在でした。 ふたりは、「ありがとうございます」と言って受け取り、時間通りに来ていたそうです。 そして時間を惜しまず3人で黙々とネタ作りに励んでいました。 そして、ふたりのコンビ名についても 「コンビ名どうする?いつまでも、松本・浜田じゃイカンだろう」 「何がいいかなぁ」 と言って朝方まで一緒に話し合っていたそうです。 大崎さんと一緒にサウナ行ってな サウナにプールがあったのよ そこで大崎さんが 「松本!こっからむこうまで泳いで息継ぎせずに、俺行けると思うか」 て聞くねんな 「ソレ無理ちゃいますか」 「じゃぁもし出来たら、お前がどんだけ売れても、俺の言うこと絶対1個だけ聞いてくれな」 当時(おれは)全然売れる見込みなんてなかったわけでしょ それに・・このおっさん(大崎さん)も大丈夫かって思ってたわけよ 「ま・・・まぁ、出来れば聞いてもいいですよ」 「そお~れっ」(ザブーン) ほんまに行ききってしもうて・・ すごい話やね どんだけ売れても聞かなあかんね・・ まぁ(そんなん)断ろうと思ってるけどね(笑) まったく売れる見込みのなかったときに、 「これから先、お前が売れたら・・・」という話をしてくれた大崎さん。 松本のブレイクを誰よりも信じていたし願っていたのでしょう。 吉本興業・大崎洋会長の反社撃退の裏話とは? ちょうどダウンタウンがブレイクした頃から 暴力団組織(反社会勢力)がダウンタウンや吉本興業に食い込もうとしてきました。 当時はまだ吉本興業側に、そういった怖い人達を撃退するきちんとした仕組みは、整備されていませんでした。 なんとかして吉本と芸人を守らなければならないと思った大崎さんは、その役割を一手に引き受けたそうです。 撃退方法は、ひたすら相手に会って話を聞くこと。 「〇〇組のもんじゃ、今から行くからな!」 「わかりました、明日、直接会って話をしましょうか」 という形で電話を取りつぎ、実際に会ってからは、 ひたすら話を聞いて、それに対して笑顔で話を聞き、 「それはできません」 とひたすら粘り強く断り続けたそうです。 芸人が、芸で戦い続ける一方で、大崎さんはそういった方面で戦い続けていたわけです。 まさにダウンタウンにとっては、大崎さんは同志であり家族のように支え合ってきた関係だったのですね。

次の