加瀬康之。 加瀬 康之の出演・関連番組

images.djdownload.com: ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー (吹替版): 渋谷 はるか, 加瀬 康之, 三上 哲, 根本 泰彦: generic

加瀬康之

加瀬康之とは、のである。 概要 生まれ。 所属だが、まではに所属していた。 やで活動する以外にも、洋画やといった作品でのもこなしている。 また、幾つかの作品などでは故人となったの代役も務めている。 主な出演作品 アニメ• (、)• (善三、)• (ギロチ)• (順一)• 〜 〜(唐十朗太)• (エオ・リビシ)• (の)• (・イシィ、南佳高、他)• ジェネ()• THE ECT R(創)• (スペイっち、ハット、ムッキ、しかいっち、タメハ、辞典 他)• (ソー、ヴィス)• 第弐幕()• (泰次)• (ーロ)• (獅堂)• (小人) ゲーム• (ル・(の代役))• 園伝奇(緋勇麻、緋勇斗、九童、、他)• (ラスラ・ヘス・ナィア)• (リグディ)• (政) 吹き替え• 関連リンク• (本人の)•

次の

images.djdownload.com: ローグ・ワン/スター・ウォーズ・ストーリー (吹替版): 渋谷 はるか, 加瀬 康之, 三上 哲, 根本 泰彦: generic

加瀬康之

内容紹介 シリーズ累計発行部数390万部 理系ミステリィの名作が初のアニメ化! 四季に一目会いたいと、研究所を訪れた 那古野大学准教授・犀川創平と学生・西之園萌絵は そこである事件に遭遇する。 不可思議な密室殺人に犀川と萌絵が挑む。 孤島の研究所で隔離された生活を送る天才プログラマー・真賀田四季。 彼女の研究所を訪れた那古野大学准教授・犀川創平と学生の西之園萌絵は、不可思議な密室殺人に遭遇する。 全11話を収録。 この作品は、原作もドラマも未見でアニメで初めて知りました。 1話の時点ではこれからどのようなお話になっていくのかまるでわかりませんでした。 キャラデザインは率直に言って地味で、辛気臭い哲学的な講釈を聞かされるアニメなのかと少しうんざり気味に視聴していました。 その後、事件が起こり、物語が進み始め、ああ謎解き系のお話なんだなと思っていました。 結果から言いますと、結局私は2回良い意味で裏切られた気がしています。 それはトリックのことではなく、このアニメが何を描こうとしているのかということです。 これが原作準拠なのか、アニメ独自の視点で描かれたからなのかはわかりません。 なんだかんだで結局のところ、真賀田博士を理解することはできなかったように思います。 でも、そこじゃなかったんだって意外さと爽快感を感じることが出来、この作品を見てよかったなと素直に思いました。 この作品の最大のトリックがそこに隠されているように思いました。 犀川先生と西之園さん、2人とも最終話を見るまではそんなに感情移入できるキャラではありませんでした。 だけど、最後まで見て、改めて1話からじっくり見返してみたくなる作品でした。 構成がしっかりしていて、上記2人の描写が丁寧にされているので安心して見られます。 大人っぽいアニメが好きな方にお勧めです。 原作、森博嗣ファンです。 ドラマの犀川綾野剛さんはヒゲが…マンガや小説原作のドラマは期待してませんので、それはさておき。 アニメでなぜこんなに登場人物を不細工にしたのでしょう。 犀川と萌絵、そして映像の四季があっさりした表情なのはこういう手法なのだと思いましたが、神=四季の父より若く好きになるという立場の叔父 新藤 清二が普通のおじさん、そしてその妻 裕見子の不細工さは…天才四季に巻き込まれたというより、この不細工妻ならどんあ相手でも受け入れたレベルの安っぽさ。 四季=未来の顔も化粧っけがないとはいえない、平面顔。 ドラマであればこれがせいいっぱいと思いますが、アニメならもっと不確定な人間か人形なロボットなウォーカロンな美少女にできたと思うのですが。 「四季」とからめた内容は悪くなかったと思うので、犀川の服装も含めて、スタッフだけがおもしろがってたかのキャラクターにがっかりでした。 原作もドラマも見ていません。 今回のアニメで初めてこの作品を知りました。 1話で抱いた感想は「よく分からないアニメ」でした。 しかし、回を重ねるごとにどんどん引き込まれていきます。 最終回直前の10話では完全にこの作品の虜になりました。 最終回を見てからは何度も1話から見返しています。 見返す事で新たな発見があり、あぁ、こういう事かと微笑んでいます笑 浅野いにおさんのキャラクターデザインも最高です。 アニメでは動かしやすいようにデフォルメされているので是非どこかで見て欲しいです。 需要が多くないのかグッズが少ないので見る機会が少ないかもしれませんが… グッズ展開も頑張って欲しい…因みに私は、浅野いにおさんの絵柄のクリアファイルをゲットしました。 OP「talking」 KANA-BOON ED「ナナヒツジ」 シナリオアート もとてもよかったです。 私に財力があれば迷いなく買う作品です笑 映像表現が変わっているわけでもなく、話の展開が激しいわけでもありません。 常に平坦です。 良い意味で。 作画や雰囲気が丁寧に描かれています。 会話も小難しい話は面白く雑談は微笑ましかったです。 特典のオーディオドラマ「四季」もdアニメストアにて視聴しました。 これは作中に登場する真賀田四季の過去のエピソードです。 8分程度の話が全6話でした。 これにボックスには新規撮り下ろしが1話入るそうです。 作中の会話やその内容に魅力を感じた方は聞く価値があると思います。 面白かったです。 落ち着いた雰囲気のある作品が好きな方にオススメの作品です。 個人的には2015年秋アニメで1番面白かったです。 是非とも2期が見てみたい作品でした。 原作・ドラマ版は未見、アニメ版のみ全話視聴済みです。 Amazonの内容紹介をそのまま引用しますと、孤島の研究所で隔離された生活を送る天才プログラマー・真賀田四季 まがたしき。 彼女の研究所を訪れた那古野大学准教授・犀川創平 さいかわそうへい と学生の西之園萌絵 にしのそのもえ は、不可思議な密室殺人に遭遇する・・・と言うミステリー作品です。 視聴を終えてまず思ったことは、『すごく地味なアニメだったな~』ということ。 会話や考え事のシーンが多く、同じ部屋で同じ人物が椅子に座ったままボソボソ話してる or考えている だけの絵面が何分も続くなんてことはザラです。 成人向けマンガを思わせるような独特のキャラクターデザインも地味な印象に拍車をかけています。 基本的には、本編がしっかりと作られていればミステリー作品に余計なけれん味は必要ないと思っているので本作の雰囲気は嫌いじゃないんですが、それにしてもこれは・・・見る人を選びそうだな、という印象でした。 とりあえずミステリー部分については、研究所という舞台設定だけに聞き慣れない理系単語も多用されていますが、まずまずだと思います。 トリックの解明を先行させて必然的に犯人となる人物を絞り込むような作りではなく、関係者の人物像や若き日の真賀田四季の回顧シーンなどから徐々に犯人像を絞っていき、彼 彼女 が犯人であるならこういうトリックを使わなければならない、と言う構成です。 後はトリックの謎だけだ』と言う「金田一少年」タイプとでも分類できるでしょうか。 本作のようにトリック解明は後回しにして先に犯人像を絞り込んでいくような場合、視聴者にも先入観や思い込みではないと納得させるような客観的材料 状況証拠 を積み重ねていく必要があります。 事件関係者の人物像を丹念に掘り下げていく必要もありますから、それだけ多くの時間も必要となります。 真賀田四季事件だけで丸々1クール使うという構成にしたのは、トリックの謎を解くよりも、犯行の動機を解明する上で犯人の深層心理を探っていくというサイコロジカルドラマに焦点を当てているからでしょう。 謎の殆どは最終話一つ手前の10話までに解明されますが、最終11話で再び、後日譚のような形で真犯人に語らせている辺りが、この作品が何に焦点を当てていたのかを物語っています。 一方、演出や構成の部分で気になった点がいくつかあるんですが、一つは、犀川教授と萌絵、二人の役割分担が不明瞭に感じられたこと。 序盤、犀川が事件の調査に対して消極的だった時点では、犀川のテキトーな意見に萌絵が論理的に反論したりして、頭脳明晰でセレブな少女という設定通りのキャラクターに見えました。 4話くらいまでは『萌絵が謎解きの主役? もしくは共同作業的な展開? 』と思っていたほどです。 ところが、中盤以降、犀川が謎解きに本腰を入れ始めると、 高い計算スキルで謎解きを手助けしたりはするものの 序盤で見せた萌絵の聡明な洞察眼は影を潜めて単なるムードメーカー的な存在になってしまいます。 どちらのキャラでも生かしようはあると思いますが、全編通してキャラに一貫性がなかったのは気になりました。 二つ目は単純に、この事件だけで丸々1クールはいかがなものか?というプロットそのものへの疑問です。 確かに、関係者の人物像を丹念に掘り下げたり、最初は謎解きに消極的だった犀川が心境を変化させていった様子も、丁寧に描こうと思えばそれなりの尺は必要になるでしょう。 しかし、それを勘案しても半分程度で充分だったのでは、と思えてなりません。 トリックも密室の謎がほぼ全てですし、これだけで1クールというのはさすがに冗長に感じます。 他の事件でももう少し犀川教授と萌絵の掛け合いを見てみたかったな、と感じました。 本編で、事件の真相に迫る高度な計算をした萌絵に対して犀川が、『今の計算は君にしか見えない世界だ』と評価する1コマがあります。 例えばですが、その「萌絵にしか見えない世界」をテーマにしたようなエピソードを追加してくれれば、萌絵のキャラもかなり立っていたと思うんですが。 最後にもう一つ、二つ目の疑問点にも関連する内容ですが、全体的にテンポの悪さは否めません。 1クール1エピソードと言う構成の問題もあるでしょうが、コンテ カメラワーク の工夫や演出力の不足も原因の一つでしょう。 ストーリーの進捗具合は変えなくても、映像メディアならではの、体感的にテンポアップを図るテクニックはいくらでもあると思うんですが、その辺りの引き出しがあまりにも少ない。 会話や心理描写が大切な作品とは言え、登場人物が止まって語っているだけのシーンが多過ぎて、これならドラマCDでも充分では?と感じます。 個人的には楽しみながら最終話まで視聴することはできましたし、最終話を観た後にはストンと腑に落ちた気分にもなれましたので、アニメ表現を借りたミステリーとしてならそれなりに楽しめる内容だと思います。 ただ、ミステリーを題材とした「アニメ」を期待をしている場合は、犀川が本気モードに入る前の前半で飽きてしまう可能性も高いと思います。 漠然とした言い方になりますが、映像化するにあたって何かもう一工夫欲しかった・・・というところでこの評価とさせて頂きました。

次の

海外ドラマ吹き替え♡イケメンボイス声優BEST10【画像・動画・声付き】

加瀬康之

この作品は、普段見ているスターウォーズとはちょっと違う。 ジェダイの騎士や華やかな主人公たちが繰り広げる冒険活劇とは違って、名も無き戦士達のお話です。 エピソード4新たなる希望でレイア姫が最初に持っていた設計図が、どれだけの犠牲のもとにそこにあるのかがあらためてわかる物語です。 惑星ジェダやスカリフの戦いでは、ブラスターがビュンビュン飛び交ってものすごい銃撃戦で、一般の兵士たちはこんな怖い戦場で戦っているんだというのが、よくわかりました。 あんなブラスターは、いつもだったらジェダイがライトセーバーで簡単に弾き返すところですが、そのジェダイはいない。 ある意味リアルな戦争映画でもあるし、このエピソードに出てくるダースベイダーは、本当に怖い。 震え上がりますね。 あんな怖いベイダー卿は初めて見ました。 いつものスターウォーズみたいに簡単には作戦成功しない。 だからあの設計図は名も無き戦士達みんなの「希望」が込められている。 この作品は素晴らしい作品です。 フォースと共にあらんことを。 『エピソードIV』の冒頭の「反乱軍スパイによるデス・スター設計図」入手のくだりを映像化。 帝国の最強兵器の設計図、しかも動力炉に弱点があるとかガバガバだなぁって思っていた疑問を見事に回収してくれました。 ジェダイが滅び、フォースに至っては得体の知れない魔法扱い、という帝国支配下の銀河。 そこで生身の人間たちが繰り広げる、最も泥臭いながら最もスターウォーズらしい冒険活劇である。 誰も生き残れない事が確定しているので 下手に生存ルートとかあっても冷めますし SW本編では帝国が悪、反乱軍が正義という単純な筋立てだったが『ローグワン』では反乱軍も後ろ暗い活動を行っている、しかも一枚岩とは言えない烏合の衆だ。 一方の帝国もデス・スター開発責任者であるクレニックと、ターキン総督 CGでピーター・カッシングが蘇った! の手柄を廻る権力闘争の様相を呈していて、優勢に立とうとベイダーに擦り寄ってシメられるクレニックがなんかサラリーマンに見えてしまう。 『エピソードIV』でオルデランを文字通り木っ端みじんに破壊したスーパーレーザーの威力に震え上がりました。 惑星丸ごと消滅させるのにネーミングセンスないなと思っていた。 それだけにあのスカリフのシーンはまさに絶望と言ってもいい。 役目を果たしたジン、キャシアンの清々しいほどの最期、なんであんなに切ないのだろう。 絶望の体現者として登場するダース・ベイダーの無双っぷり、銀河最強最悪のシスそのもの。 絶望の先に見えた一筋の「希望」はローグワン同様に名もなき反乱軍兵士の手から手へと繋がれ、ラストの感動を生む。 SW本編への敬意と、ファンへのサービス精神を忘れず旧3部作以降では最高傑作と呼んで相違ない作品を作り上げたギャレス・エドワーズ監督に拍手と感謝を贈りたい。 EP4をロードショーで観て以来、すでに40年もスターウォーズのシリーズとつきあっている者としては、EP3ですべてが完了と思っていたあとに、ディズニーが引き継いで新作が次々と登場することになったのは、予想外のボーナスをもらえるような気分です。 また、長年のファンにとって、スターウォーズはどの作品も「おもしろい」と感じるのが基本で、「とてつもなくおもしろい」「まあまあおもしろい」「一応おもしろい」など、おもしろさの程度が違うだけです。 そういう意味では、この「ローグ・ワン」はEP3以降では最もおもしろいと感じた作品でした。 正直、EP7、EP8 は「まあまあおもしろい」、ハン・ソロは「一応おもしろい」と感じた程度なので、この作品のおもしろさは個人的には際立っています。 なお、わたしにとっての「おもしろさ」の基準は、何回繰り返し観るかが基本ですが、ローグ・ワンは劇場公開で3回、EP7は2回、EP8とハン・ソロは1回でした。 ディスクを購入してから観た回数は、ローグ・ワンが3回、EP7 と EP8 は各1回です。 ストーリー的には、後半の怒濤の展開が非常にスリリングですね。 これは何度観ても飽きない。 キャラクターたちも魅力的です。 スターウォーズ本編はDVDをBRに買い直すくらい好きでしたが、フォースの覚醒以後はどうもその気になれなかった。 何かこう若い世代が作った新作ガンダムのような感じで別物だなと。 そんな中での本作ですが、完全に本編にリンクするストーリーと本編に悪影響を与えない完璧に地味なキャラクターたち(笑)が織りなす本物の裏話に心奪われました。 特別な力ももたずイケメンでもなくただ時代の中で命を燃やす人間のドラマに、少々疲れぎみの中年の心は揺さぶられたわけです。 ご都合的な演出など突っ込み所はあるけどそんなものいいんですまあ見てみてください。 ただ超絶強くてかっこいい主人公と共に夢見てなんぼの人にはこの映画は地味すぎるかな。 SWシリーズで唯一ジェダイが主役ではない、ごく普通の戦士達の物語。 でも本作こそがエピソード4と前後編を成すSW最高傑作だ。 フォースを持たない普通の人間同士が敵味方に別れての攻防は、単なる現実路線の普通のSFに見えるがそうではない。 ジェダイやシス、ダース・ベイダーらの神秘的で圧倒的なフォースの力を持つエリート達に君臨される一般人の依存心や反抗心が本作の核心だからだ。 ジェダイ崩壊後も諦めない主人公達の自立心には雑草にしかないプライドを見れる。 一方のデススター建造にひたすら奔走する敵役の長官すら、帝国軍での出世を目論むプロジェクトリーダーに過ぎす、最期は上司に棄てられる様には、中間管理職の悲哀すら覚える。 本作は良い意味でSWらしくない、普通の人々が歴史を作るとはこういう事か!と共感できる、まさに企画が嵌まったスピンオフ。 特に、戦力差からの確率論で淡白に後退しようとする同盟軍首脳を、汚れ仕事に飽いて死に場所を求める兵士達が突き動かすシナリオには心を揺さぶられた。 主人公は本家のスカイウォーカーを凌ぐ純粋さと勇気を纏い、決死の作戦に身を投じる同盟軍兵士の使命感も生々しく伝わってくる。 何とドロイドすらも愛すべき熱さなのだ。 ジェダイに頼らない、この最も人間臭いSWは、最もスリリングなSWであり、自分が一番見たかったSWとも言える。 名もなき兵士の一途な思いに泣かせるとは、ルーカスも味な真似をしてくれる。 最近はしょうもない映画が多く、海外ドラマの方が出来の良いものがあるので、ついつい、そちらになびいてましたが 久々にローグ・ワンのDISKを取り出して鑑賞。 スター・ウォーズは、やはりいいですねぇ。 どんな話でも心が震えます。 若い世代のファンなのかな?ライト・セーバーのチャンバラやらアンナチュラルナなパワーの激突に心が躍る人たちも多いようですが、そんな枝葉末節はどうでもよい。 ドラマがあります。 スター・ウォーズには。 キャラが魅力的です、スター・ウォーズでは。 物語が語られるのがスター・ウォーズ。 そうローグ・ワンも、この素晴らしいスター・ウォーズの正史なんですね。 今日もスター・ウォーズの世界を堪能できました。 ありがとう!!!! ところで、エピソード8がいまだに賛否云々って、馬っ鹿みたい。 映画として出来そこないの作品に評価もくそもないですよね。 大金かけた、超B級以下の駄作なのに、今や映画評論家って絶滅したのかな?ちゃんとした事言ってくださいな。 語るに値しない映画を、擁護するSWファンと称する人々には残念、としか言いようがないです。 JJエイブラムスにはものすごく期待してますが、あそこまでグチャグチャにされた状況を1話で修復するのは大変でしょうから、あと2・3作作ってもらいたいところです。 この映画を一言で表すなら「絶望が希望に変わる瞬間を味わう」映画です。 傑作です。 EP7以降のタイトルの中では間違いなく最高傑作です。 ではなぜそう思ったのか3つの要点で書きます。 キャラクター 駄作のEP7ではなぜこのキャラクターは行動しているのか、なぜもっと見せ場がないのか、なぜ死ぬ意味があったのか と疑問に思う場面が多々ありました。 皆さんもそう思ったはずです。 ローグワンはそんなキャラクターは1人もいません。 皆の生き様には意味があり、誰一人欠けても「希望」は手に入りませんでした。 全てのキャラクターに見せ場があり、スタッフから愛されてるように感じました。 ストーリー設定 飽きることのない脚本、2時間がまるで流れるようにヌルヌル経過していきました。 そして最後は「希望」を感じられる表現でズバッと潔く終わる流れに涙します。 後半はほぼ泥臭い戦闘で銃弾飛び交う戦場での駆け引きが思う存分見れます。 それだけに最後のベイダーとの戦闘は泥臭い戦場がバカバカしく思えるほどあっけないです。 ジェダイと言う存在がなぜ強者として認知されているのか理解できる描写でした。 スタッフがSWを愛している ここまで細かい設定やキャラクターの演出を表現できるのはスタッフがSWを愛しているからだと思います。 それがひしひしと伝わってくる内容です。 お金儲けだけでなく、SWのストーリーをファンに見せたいという意思がそこには確かにあったと思います。 EP7からはまったくその愛が感じられませんでした。 まとめ ここまで素晴らしい映画を見たのは久しぶりです。 まさに正統に進化した現代の映画と言えると思います。 昨今の無駄に多方面に配慮した映画、どこかで見たことのある内容の映画、明らかに予算がないAAA級風映画 そんな映画に飽きた人は絶対にローグワンは見た方が良いです。 SWがさらに好きになると思います。 Warum sag ich noch, aber zuerst in kurz: Einfach kaufen, da kann man nichts falsch mit machen. In den ersten Minuten merkt man sofort, der Film wird kein Kindergarten. Man sieht wie diese leiden, sich an der Hoffnung festklammern, dass sie auf manche ihrer Taten nicht stolz sind. Ich empfand sie als sehr Lebensecht, von da her in meine Augen kein Negativpunkt. Ich liebe den Film... Let me first say I am a fan of Star Wars, but I havent let that affect my review. This movie, is far better than The Force Awakens. Dont get me wrong, I really did enjoy The Force Awakens with the fresh cast of John Boyega and Daisy Ripley, but this film has got a darker edge to it and is more grown up, even though its got a 12 Certificate. The film has got a fabulous storyline, which ties in to Episode 4 the original Star Wars Movie. The acting, script and effects are all first class. The scenery and different locations throughout are breath taking. I cant believe anyone is giving this 1 star! I did get the Limited Edition Sleeve see attached photos , but that's not why I'm giving this review 5 stars; the review is for the film. Lots of different scences, with plenty to take in and link to the original saga. There are lots for the hardcore fans to shout "Oh my God, its so and so" or "Wow, look, there is a... " and to bore their friends and family with links to the original-I got told to shut up in the end :- I've shown this film to at least 14 different non Star Wars fans-friends and family not at the same time! , they've all said how much they enjoyed the film and it wasn't what they were expecting. As a fan I must say 'hats off' to the writers and team behind Rogue One, the attention to details from the 1977 original are fantastic-Well done! Sogar das Ende war richtig gut und fesselnd. Meine Meinung. My six year old has just watched all the star wars films in story timeline order. I am a little jealous..... because, even though we had to start with Phantom Menace, it all stood up together rather well Revenge of the Syth was the best of the frist three according to my daughter! but all that aside when it came to rogue one we were both hypnotized and amazed by this film It was my third go at it and it looked even better the third time!! I guess it is the heart and the texture of the film, settings, characters and use of effects which makes this prelude to episode 4 so outstanding. The thing that makes the best star wars films tick is the heart of the story, supported by the masterfully poignant use of effects, props, the force mythology and quality character building. For me this film has it all - and everyone involved should be so proud of this - You should have seen the look on my daughters face when episode 4 kicked in - the story and how it continued made sense to her and she really wanted to know more about everything....... but as far as the film being a stand alone goes it also is so memorable and rewarding a viewing experience - the ending leaves you pumping but also distraught, and excited - just like any decent mythical short story, you are itching for more. Mythical stories tend to contain the bare bones of what an audience truely craves - the heroes and villains yes, but also the fight, the heart and the adventure, the passion.... you do not need to show everything about a character - leave the audience something to use their imaginations with......... I Anyway I am starting to twitter on, so just let me re-assure you if you have any doubts - this film rocks - the people who made this did so with great care and affection. Watch, enjoy, then watch again......... By the way - watching all 8 films so far in order is an awesome experience....... just have to wait 5 months and me and my little one will be in front of the big screen waiting for The Last Jedi........ my daughter rated this film in first place, new hope in 2nd, Empire Strikes Back 3rd and believe it or not Force Awakens 4th............ and yes I kind of agree with her! We both agreed that whatever the case this has to be one of the greatest stories told ever! This movie was a fantastic Adventure. I was once again damned to see it first on Blu Ray because I fell ill when it was in theaters but it was so worth the waiting. A fantastic movie with many nods to Parts III and IV... A really original story. I am not gonna write a lengthy review since you all probably know it anyway but the Blu Ray is really worth the money compared to a Download.. I've looked at it side by Side and the Higher Bitrate gives both a better picture and of course the real DTS-HD Soundtrack. I kind of appreciate the new trilogy and certainly the prequels. But I lost hope that I would ever experience the plain excitement and joy of the original trilogy again. But Rogue did it for me! The movie includes intriguing characters like Jynn, Krennic, K3-SO and Galen. There are new fascinating locations like Jeddah and Darth Vader's man-cave. The battles and action are impressive - in particular Vader's 60-second rage at the end. And most importantly the story line is straightforward, refreshingly dark, but makes sense and flows well. Our 8-year old daughter who is a big fan of the series, liked the movie but the ending a bit sad and misses the lightsabers. While our 4-year old son likes it because of the AT-AT's and Darth Vader. We buy the 3D version of movies where possible. Certainly for this one, that I had a dark and somewhat blurry viewing in a 4DX cinema. This 3D version at home on our fairly high-end OLED screen is excellent and bright. This is one of my favourite Star Wars movies though it's not to everyone's taste. I had the blu-ray version already and when the 3D version this was discounted down to it's recent price I decided to get purchase it. I really enjoyed watching it again even though the 3D didn't give any stand out moments. I have not compared the 2 versions so can't give a comparison and just more of a feel. In general I'm happy with this version as there appeared to be some 3Dish moments. This was viewed on an LG E6 55" OLED tv. I like Star Wars. I really do. And unlike some hard core fan boys who just live to trash everything that isn't the original trilogy, I really, really wanted to like this. But sad to say, it is dull. Dull, dull, dull, dull. It takes a long while for the story to get going and the set piece battles that crop up now and again don't really excite, because its really hard to care about such a nondescript cast of characters. All the actors here seem to have had a charisma by-pass. None of them are particularly likeable or have anything about them that makes you care. Or even remember their names. Or faces. The most memorable one amongst them is the robot and he also wins the title of the best actor in the movie too. I was excited to see Darth back on screen, but saldy James Earl Jones' booming voice has lost all its power over the years and any lines he has which are supposed to be intimidating are like being threatened by a doddery old man. Which is literally what is happening. However, you might have fallen asleep by this point. If so, get someone to give you a nudge, cos that bit is worth watching. Hence 2 stars instead of one. Also SPOILER ALERT everybody dies at the end and I'm still trying to decide if this was a disappointment or a relief as I won't have to see them again in a follow up. I did hope this was just an abberation in the series, but then I saw Last Jedi, so whilst this is not great by any means, its certainly not the worst Star Wars movie they've ever made. Bring back the Ewoks. This has to be the best Star Wars film up to now. A darker, much more emotional film, set in the Star Wars universe, just before A New Hope. This is very much a war film, that I found extremely enjoyable. The 3D is ok, average. I understand it was filmed in 2D and then converted into 3D in post-production. Which means it looses a bit in quality. Another reason I bought this version, was for the extras. They're decent, but there could be more. Saying all that, I would recommend to all. Weather you buy it now or wait in the hope that the price comes down, it is a great addition to any collection. This is sort of like a STAR WARS A Magnificent Seven..... and its so darn good. This may be a so called spin off but actually it is and it isnt ,this film blends in very well ending where A New Hope Begins.... if you watch them back to back youll understand that Rogue One and A New Hope is almost a Four hour Story....... And you get to see Darth Vader in action which is pretty cool as you really have no idea what hes done before A NEW HOPE unless like myself you've seen the annimated series that gives you questions youve been struggling with after episodes 1-3 came out..... great seeing the Stormtroopers again,its also good too see other Jedi involved too with almost an ancient destructive pompei ending if youve seen that film too...... I can say that i enjoyed this far better than expected and i rate this better that The Force Awakens and i enjoyed that film too.... to be fair i cant fault this film like others are on here.... i saw them at cinema in 1977 and 1980 and i saw the original 3 episodes at the cinema back in 1983 when all 3 were shown in one day.... i can understand with episodes 1-3 as they are good but could have been better but i think ROGUE ONE makes up for that.......... Rogue One: A Star Wars Story follows Jyn Erso Felicity Jones whose father Mads Mikkelsen is forcibly taken by the Empire to help the complete the construction of the Death Star. As an adult Jyn joins a group of resistance fighters and try to steal its blueprints. Rogue One feels truly different to the main saga of films old and new. Even with a troubled production uncredited writer Tony Gilroy being brought in to reshoots instead of director Gareth Edwards everything still works and the film feels extremely well put together. Even just watching the film on an average sized screen seeing the star destroyers collide together and shatter to pieces, or the scale of the Death Star are still jaw-dropping. The film also has some of the best action-sequences within the franchise. The last 30 minute assault on Scarif is one of my favourite sci-fi movie battles of all time. There is so much going on but the whole sequence is put together so well that you will never lose focus on who is doing what and where. The ultimate moment of well implemented fan service. Felicity Jones is commanding and courageous as Jyn and truly becomes an excellent action heroine. Diego Luna is great in the morally flexible but really a good guy role what other Star Wars character does that remind you of? Ben Mendelsohn is playing his typical role here and Krennic is a solid yet albeit uninteresting villain, however his scenery chewing does give him a good screen presence. The use of a lot of practical effects and costumes for the various creatures and different planet inhabitants is welcome as always. There are a few moments of dodgy CGI mainly on one particular character towards the finale of the film and Tarkin is very noticeably a complete CGI augmentation. Rogue One is an action packed blast which never lets up. It features a likeable group of well acted unique characters, some of the most visual stunning visual effects and cinematography seen in the franchise and some of the best sci-fi battle sequences put to screen. A major highlight of the series and well worth watching. I saw this movie upon release and have since seen it many more times. I'm a long time Star Wars fan and now find it hard to chose which movie is my favourite. This came very close as it had the great acting, storytelling and cinematography of the 21st century but the wonderful nostalgia of the original trilogy that we all know and love. The last 10 minutes or so of this movie contain some of my favourite EVER Star Wars scenes. The CGI that was done on Tarkin and Leia was pulled off very well, and it seemed as if the Blu Ray version has more refined, human-like CGI than what was shown in cinema last year although I may be wrong about that. If you've not seen it yet and love the original trilogy then do yourself a favour and go watch it. This is an excellent addition to the Star Wars saga. The plot does seem to switch in the third act, from whether the heroes will escape in person with the Death Star plans, transmit the plans and escape separately, or do something else. That bit kind of messes it up a bit, but it does just about hang together to the big finish. That's the movie. The DVD is another matter. We couldn't get it to play properly on any computer. tried a few players. Also tried Adobe Premier but it could do nothing with it, reporting errors all over the place. They seem to have fiddled so much with the DVD encoding that it is unusable on a computer's DVD player. That's not nice, when I just want to play a legitimate DVD I've paid for, and I've not seen anywhere on the box that says anything about this limitation. There is the free download of course, but that's a pain too, and a huge file to have on my laptop. I'd rather just keep the DVD in the drive, to play when I'm travelling. Overall, a great movie. Just don't try t play it on a computer. This is everything I hoped for in a Star Wars movie: the classic era embellished in a way that fits seamlessly with the originals. It has a solid group of characters, a solid story and the same solid feel of Lucas' original "used universe". Mo-cap has come such a long way they've even managed to resurrect Peter Cushing like one of his Hammer films. He not only makes a cameo but plays a full part. It's good, steady stuff throughout but when the finale kicks in, that's when it's really impressive. The ground battle's brilliant, the space battle is better still and the ending gave me goosebumps. This is without doubt the best of the extra "Story" extensions to the Star Wars main movies. Linking into the opening of Ep4, this really brings into sharp focus the "sacrifice" of so many lives to get the secret plans of the Empire Death Star into the hands of the Rebel Alliance. The Blu Ray playback was sharp and good colour and sound I wear headphones. The extras on a seperate disk seem somewhat lacking and more like promo snipets in content considering there is so much room for several full documentaries on the second disk.

次の