アリアドネー。 アリアドネー (ありあどねー)とは【ピクシブ百科事典】

テーセウス

アリアドネー

の妻としてアマトスで崇拝された[1]。 クレータ島の女神の若き姿である。 ギリシア神話ではこの女神を軽視して、単なる人間の娘にした。 アリアドネーはテーセウスを助けてクレータ島の 大迷宮 から脱出させ、一緒に逃げた。 ところがテーセウスはアリアドネーに飽きると、捨てた。 しかし、アリアドネーが、その後、としたのを見ると、アリアドネーはそもそも神の花嫁にふさわしい者であったことがわかる[2]。 , W. , 93. , G. 1, 347 ; 2, 381. Barbara G. アリアドネーは「この上もなく清らかな」という意味のアリアグネーの変形とも考えられているが、実際にはシュメール系の名前アル・リ・アン・デ、つまり「豊かな麦の実りをもたらす母」であるように思われる。 または、パドリの名で南パレスティナの碑文の中にしばしば出てくる。 (グレイヴズ、p. 440) テーセウスがの巫女とした結果、彼はクノーソスの王になったわけである。 クノーソスの貨幣には新月が迷路の中央部におかれた図案がみられる。 しかしの巫女がといっしょに国外へ出た場合には、母系制度の慣習によって、王位継承者たるべき彼女は自分の国土にたいするあらゆる権利を喪失することになっていた。 テーセウスがアリアドネーをアテーナイへつれていかなかった、あるいはクノーソスを望むことのできるクレータ領のディーア島までしかつれていかなかったのは、そのためである。 そして彼女の狂乱の祭には、クレータで醸造された葡萄酒がふるまわれたのであろう。 彼女と侵略者のテーセウスが寝床をともにしたといってが激怒したとホメーロスは述べているが、その理由はこれで説明がつこう。 (グレイヴズ、p. 498) 北かんむり座 Corona Borealis 、つまりアリアドネーの花嫁の冠は、またの名を「クレータの冠」とよばれていた。 は、とおなじように生まれおちるとすぐに八つ裂きにされた。 (グレイヴズ、p. 164) クレータ島のぺツォーファからはおびただしい数の粘土細工の人間の首や手足が発掘されてきている。 どれにも穴があいていて糸を通すことができるものだが、これらをまとめて木製の胴にくくりつけると、あのダイダロスが組みたてた人形の一部となって、これがおそらく豊饅多産をつかさどる女神をあらわしたのであろう。 このつかいかたは、たぶん果樹の枝につるして人形の手足が風にゆれるようにし、豊作を祈ったものであろう。 ミュケーナイのアクロポリス宝物殿からでた有名な黄金製の指輪には、この種の人形が果樹の枝からつるされているところがきざまれている。 樹木の信仰はいくつかのの工芸品の主題になっており、クレータの女神であるアリアドネーは、アッテイカのエーリゴネーのように、みずから首をつって死んだといわれる(『ホメ一口スとへーシオドスの競技』一四)。 アルカディアのコンデュレイアにその聖所があった「縫死した」(パウサニアース・第八苦・二三・六)や、ロドス島にその聖所があり、ポリュクソーから威嚇され木に首をつって死んだといわれる「木のへレネー」(パウサニアース・第三書・一九・一〇)は、おなじ女神の変身であろう。 (グレイヴズ、p. 428-429) しかし、果樹に吊された女神は、それが太陽女神であることを意味している。 画像は、アリアドネー(左)と(右)の壺絵。

次の

スカンディック アリアドネー. ストックホルム, スウェーデン

アリアドネー

概説 [編集 ] クレータ王ミーノースは、息子がで殺されたため、を攻めた。 こうしてアテーナイは、九年ごとに七人の少女と七人の少年をの生贄としてクレータに差し出すことになっていた。 テーセウスはこの七人の一人として、一説ではみずから志願して生贄に加わってクレータにやって来た。 迷宮とアリアドネーの糸 [編集 ] アリアドネーはテーセウスに恋をし、彼女をアテーナイへと共に連れ帰り妻とすることを条件に援助を申し出た。 テーセウスはこれに同意した。 アリアドネーは工人の助言を受けて、(ラビュリントス)に入った後、無事に脱出するための方法として糸玉を彼にわたし、迷宮の入り口扉に糸を結び、糸玉を繰りつつ迷宮へと入って行くことを教えた。 テーセウスは迷宮の一番端にミーノータウロスを見つけ、これを殺した。 糸玉からの糸を伝って彼は無事、迷宮から脱出することができた。 アリアドネーは彼とともにクレータを脱出した。 クレータよりの脱出後 [編集 ] ディオニューソスとを持つアリアドネー クレータより脱出後、は、二人は子供もつれてへと至ったと記すが、これ以降のアリアドネーの運命については諸説がある。 プセウド・アポロドーロスは、ナクソス島でが彼女に恋し、奪ってへと連れて行きそこでアリアドネーと交わり子をなしたとする。 この交わりによって、、スタピュオス、オイノピオーン、ペパレートスが生まれたとされる (オイノピオーン、エウアンテース、スタピュロスの三人ともいわれる )。 しかし別の説では、アリアドネーはナクソス島に至りひどい悪阻であったため、彼女が眠っているあいだにテーセウスに置き去りにされたともされる。 或いはこの後、ディオニューソスが彼女を妃としたともされる。 また、の『』においては(巻11、324-5)、一行がに至ったとき、ディオニューソスの了承のもと、アリアドネーはに射られて死んだとされる。 はこちらが本来の神話であったろうとしている。 大女神としてのアリアドネー [編集 ] アリアドネーの名は、むしろ女神の名に相応しい。 5世紀の辞典編纂者ヘーシュキオスの記録に従えば、クレータでは、 アリアグネーと彼女は呼ばれていた。 この名は「いとも尊き(女・女神)」の意味で、この名の女神はの多くの島で知られている。 またディオニューソスの妃として結婚の祝祭が行われていた。 では、(「天のアプロディーテー」の意、より生まれた女神をこの称号で呼ぶ)の社殿の傍らにアリアドネーの墓が存在していた。 系図 [編集 ] 美術用の石膏像 右端が通称「アリアス」• アリアドネーのフランス語読みはアリアーヌ、イタリア語はアリアンナで、次のような作品などが知られる。 の『』(マドリガーレ集 第6巻、もとはオペラ『 アリアンナ ()』のアリア)• のオペラ『ナクソスのアリアンナ』(1733年12月、ヘンデルに対抗する貴族オペラの最初の出し物としてロンドンで初演)• のオペラ『クレタのアリアンナ』(1734年1月初演)• のメロドラマ『ナクソス島のアリアドネー 』(1775年)• のカンタータ『ナクソスのアリアンナ』(1789年)• のオペラ『』• のバレエ音楽『』• ・所蔵の「アリアドネー」(作者不詳)は通称「アリアス」と呼ばれ、美術におけるに使用される石膏像に取り上げられており、多くの画学生や絵を描く人々に親しまれている。 バッカスとアリアドネーを扱った絵画等が描かれている。 による『』 ギャラリー [編集 ]• 呉茂一『ギリシア神話』p. 302。 『ギリシア・ローマ神話辞典』p. 161。 フェリックス・ギラン『ギリシア神話』p. 217,220。 呉茂一『ギリシア神話』pp. 171-172。 呉茂一『ギリシア神話』p. 172。 参考文献 [編集 ]• アポロドーロス 『』 改版1978年 1982年• 『ギリシア・ローマ神話辞典』 岩波書店 1960年 2007年 ISBN 4-00-080013-2• 呉茂一 『ギリシア神話』 1969年 1986年 ISBN 4-10-307101-X C0014• フェリックス・ギラン 『ギリシア神話』 1991年 ISBN 4-7917-5144-2 関連項目 [編集 ] ウィキメディア・コモンズには、 に関連するカテゴリがあります。

次の

《アリアドネーに扮したハミルトン嬢》エリザベート=ルイーズ・ヴィジェ=ルブラン|MUSEY[ミュージー]

アリアドネー

誘導分岐• の登場人物。 本項で詳述。 の楽曲。 本項で詳述。 の小説。 に登場するラビリスの。 における。 ギリシャ神話のアリアドネ 長母音を略さなければ「」。 の王と妃の娘。 クレタ島を訪れたに恋し、自分を連れ帰って妻とする事を条件に手助けを申し出る。 そして、の棲むに挑む彼へ糸玉を渡し、迷宮から脱出させた。 この事から、難問解決の鍵をと呼ぶ。 その後、テセウスと共にナクソス島に到着してからの妻となるまでの経緯の伝承には異同が多い。 主なものに、下記のものがある。 テセウスに置き去りにされた彼女をディオニュソスが妻にした。 彼女に恋したディオニュソスが略奪した。 ディオニュソスはがアリアドネを射殺すのを黙認した上で冥界から彼女を引上げて妻にした。 ちなみに、は、結婚の際にディオニュソスが彼女に贈った冠を由来とする。 また、元はクレタ島に伝わる女神であるとする説もある。 楽曲のアリアドネ.

次の