アリーナ マジカルカスミ 対策。 【プリコネR】アリーナ上位の現環境でほぼ勝てる攻め編成集を紹介【プリコネ】

カスミ(プリコネ) (かすみ)とは【ピクシブ百科事典】

アリーナ マジカルカスミ 対策

概要 アユミはのスマートフォンRPG『』のキャラクター。 無印版のにあたる。 プロフィール 年齢 16歳 身長 155cm 体重 43kg 誕生日 4月7日 血液型 O型 種族 エルフ ギルド 趣味 観察 CV 人物 を先輩と慕う純粋なキャラ…………の。 主人公の活動光景を観察することが純粋に楽しいらしく、その都度の行動に対する評価はともかく変に美化するようなことはないようだ。 現時点ではメインストーリーにまったくと言っていいほど絡んでこないが、他のギルドメンバーに先駆けて、イベント『』に登場した。 一応、メインストーリーの冒頭にほぼモブキャラ同然に紛れ込んでいるので、ゲームを起動するたびに表示されるワンカットにも写り込んでいる。 曰く、。 実装も遅く、サービス開始から1年以上経ってようやく本格登場となった。 コラボキャラであるを除く無印版のプレイアブルキャラクターの中では最後に実装されたことになる。 ちなみに無印でも実装は遅く、サービス終了発表の直前になって様々なキャラストーリーに登場していたモブから昇格してきたという経緯がある。 そういう経緯もあるからかイベント『ドラゴンエクスプローラーズ』のしりとりのミニゲームではアユミのパネルに「もぶ」という読みが与えられている。 やのイラストの背景にも紛れ込んでいたりもするほか、『授けの財団と聖なる学舎の異端児』ではアニメムービー内にて 聖テレサ女学院の制服を着ながら生徒の中に混じっていたりする。 上記の王都の名探偵にて、に主人公の数日間の行動について聞かれた際には、事件に関係ない日時のことまで嬉々として答えており、とカスミが心の中で若干引いていた。 ストーキングスキルはギルドマスターのからも一目置かれており、からも忍者の素質があると言われている。 イベント『激走! ランドソルギルドレース』では、【】として第3区を走った。 もともと影が極めて薄いため、走者として参加した際にインタビュアーのに選手登録していたことを認知されておらず、あらゆる走者のハプニングをスルーするどころかたすきを渡す =走り終わった 際に実況者にようやく気付かれ 「誰!?」と言われてしまった程である。 ここまで来ると 最早忍者そのものである。 第3区では2位でにたすきをつなげた。 ストーリーに登場するにつれてステルス性能はどんどん上がっており、ルナの塔のストーリー「すれちがいディスタンス」ではに気付かれないまま物理的に接触し、イベント『不思議の国のリノ 小さなアリスと希望の絵本』におけるの親愛度ストーリーでは「スパイとしてスカウトしたいぐらい」と評価されており、彼女を認識するためだけに龍眼を使用するほど。 は「ニンジャみたい」と素直に褒めているが、は「ボスの目を盗んでいなくなるとか普通じゃない」と戦慄し、その能力を羨ましがっている。 ちなみに名前も朧気にしか覚えられてないようだ。 キャラソンCDのドラマパート内ではモニカ以外のギルドメンバーと共にお祭りの出し物「風雲ニノン城」のひとつめのエリアの妨害者を担当し、そこでこのステルス能力を無意識にかつ多分に活かした結果、主人公との3人とモニカの5人がやってくるまで誰一人として次のエリアまで進めさせずに脱落させていた。 ちなみにこのときのアユミはというと「出会ってから少なくとも数分行動を共にしながらアユミから声をかけるまでこの5人の誰にも気づかれない」「妨害用のボール投げの際に投げるアユミの声はするけれど気配が全く無い上に一体どこから投げられているのかわからない」と状態であり、そんなアユミの妨害を受けていたトゥインクルウィッシュの面々をして「絶体絶命だった」「魔物に囲まれた時より恐怖を感じた」と、そしてモニカにすら「敵に回してはいけない者を敵に回してしまった」と言わしめていた。 また、意識して気配を消すという芸当も可能なようで、公式4コマではエリコの目の前で姿を消し、エリコがそれを認識したときには既に背後に回り込んでいた。 しかもただ目の前にいたのではなく「今まさにそのアユミが気配を消すという話題について話している最中」に「目の前にいるアユミがエリコに向かって一対一で話をしながら」という影の薄さ云々ではもはや片付けられないレベルの話である。 もちろん、エリコもホマレもかなりの実力者であるのに、というからすさまじいである。 なお、上記のエリコの背後を取っていたことに関しては上記ドラマパートにてモニカ曰くのアユミのふたつある固有スキルの内、ステルス能力の他のもうひとつである「常に相手の死角を確保するストーカー能力」であると思われる が、アユミ自身はこのふたつの能力について否定している。 TVアニメ版 第1話のランドソルの街中ではモブ同然のような形で出演していたが、 これだけにとどまらず以降も 毎回どこかのシーンにてセリフ無しで一瞬だけ出演している。 ユウキを遠目で見るような感じで登場する場合が多い。 恐るべしストーカー執念…。 敵をスタンさせるスキルのほか、ユニオンバーストでは暗闇と混乱を付与することで敵を邪魔することができる。 相手の行動妨害に特化した、中衛の物理キャラクター。 ユニオンバーストは非常に範囲が広く、大勢の敵を弱体化させられる。 特に暗闇の命中低下が影響しない魔法パーティには効果てきめんで、混乱による同士討ちで自滅を誘える。 「目を閉じて行けるかな・・・?」も、最前線のキャラクターの位置取り次第だが、最後列の辺りまで届くほど範囲が広い。 さらに恐ろしいことに、中衛では上位に入る物理耐久力・中衛ではかなり貴重な物理防御EXスキルを備えている。 かつてはメモリーピースの入手手段が女神の秘石交換かダンジョン報酬(ランダム)しかなかったため、才能開花の難易度が高かったが、2019年8月28日からダンジョンコイン交換に追加され、大分強化しやすくなった。 難点は命中率がとても低いので、一部物理キャラに攻撃を当てにくいこと。 またユニオンバーストで暗闇と混乱を同士に付与するため、相手が物理パーティだと命中低下の影響で同士討ちのダメージが大幅に減ってしまう。 状況によってはそのまま力押しで負けてしまうので、アリーナ防衛に採用する場合は、物理パーティーへの対策は必須。 混乱が非常に凶悪な状態異常であることを開発も認知しているのか、2019年5月のイベントでアユミのシャドウが敵として出た際はユニオンバーストの追加効果がオミットされていた。 しかし、ルナの塔に登場したアユミのシャドウは キャラ性能そのままでなおかつHPと防御力が強化されており、非常に厄介な相手となっている。 ルナの塔の仕様で最初からTPが半分まで溜まっているので、開幕のユニオンバーストで戦線が崩壊しやすい。 アユミを抜きにしても同キャラが登場する239階は妨害に特化したモンスターばかり並んでおり、非常に難易度が高い。 のUBを貯めておきバリアを事前に張っておくことで、ダメージを0に抑えて状態異常を無効化できるが、限定キャラなのでハードルが非常に高い。 持っていない場合はサポートを利用しよう。 らしく行動速度を操作することに特化している。 9行動中4行動がスキルと通常時とは打って変わってスキルの密度が高く、更にダメージを伴わないためバリアに阻害されることはない。 時間停止は停止時間こそ短いが頻度が多いためのような厄介なキャラクターにはよく刺さる。 速度ダウンは劇的ではないがこちらも高頻度で上書きしまくるためこちらもじわじわと利いてくる。 更に暗闇でない命中デバフを付与するため命中の低い物理アタッカーはタンク、特にに対しては目に見えて攻撃が当たらなくなる。 分かりやすいとは対照的に、知らぬ間に相手を妨害し追い詰める役割を担えるだろう。 …の登場人物で、好きな異性の観察を主体としたストーカー仲間。 …存在感が皆無仲間 関連記事 親記事.

次の

【プリコネR】アリーナ防衛編成の突破方法まとめ

アリーナ マジカルカスミ 対策

プリンセスコネクト!Re:Diveでカスミを使う際には是非参考にしてください。 さらにUBには行動速度ダウンやTP上昇ダウンも付随されているためボス相手にも使いやすい性能をしている。 通常スキルでは敵の動きを妨害できるため耐久力の低い魔法キャラを守ることもできる。 編成しておくことで攻撃、耐久の両方で貢献できるコスパの良いキャラクターだと言える。 カスミ単体の攻撃力は高くはないため、 ある程度キャラが揃っていないと運用レベルには持っていけないので注意。 クエストでの編成例 編成例 カスミと相性の良いキャラクター 【 タンク役】 挑発で味方を守れる 回復持ちで耐久力が高い 【 タンク役】 挑発で味方を守れる 押し出しで多くの敵を範囲に巻き込める 【 アタッカー 役】 全体UBの威力が高まる スタンスキル持ちで妨害も可能 【 アタッカー 役】 全体UBの威力が高まる 専用装備でスキルでも範囲攻撃が可能に 【 サポート 役】 TP回復でUB発動を早められる 単体回復でHP管理も可能 最大の魅力である範囲魔法防御ダウンを活かすために範囲攻撃が可能な魔法アタッカー、UBの発動を早めるTP回復キャラは相性が良い。 タンク役は挑発持ちなどの味方を敵の攻撃から守れるキャラもおすすめだ。 また、 アリーナの防衛編成に多く採用されているツムギなどの初動を止められるため、バトルを有利に進行できる。 【 重要】ハロウィンミヤコを相手にするのは危険 カスミをアリーナで運用する場合、パーティの最後尾に編成されることが多い。 最後尾を狙って攻撃を行ってくるハロウィンミヤコに対しては不利な立ち回りになってしまうため注意。 全く使えないというわけではないが、挑発持ちキャラを編成して攻撃対象を変更する必要があるだろう。 アリーナでの編成例 攻撃編成例 カスミと相性の良いキャラクター 【 タンク役】 敵の初期配置をずらせる 束縛に一部中衛キャラも巻き込める 【 アタッカー 役】 範囲攻撃が強力なアタッカー 自傷スキルでTPの貯まりも早い 【 サポート 役】 全体ダメージのUB持ち 誘惑や束縛で妨害も可能 基本的にはUBを活かせる範囲アタッカーやTP支援が可能なキャラが相性抜群。 リマを使って相手の初期配置を前にずらし、初手の束縛を多くのキャラに当てる戦術も強い。 従来のクランバトルボスは魔法防御力が高くても200前半程度だったため、カスミを編成するだけで敵の魔法防御力を下限まで下げられることは大きな強みだと言える。 UBを常に発動しておきたい デバフの効果量は高いものの、効果時間は16秒程度。 UBの発動を維持し続けなければ火力のサポートは難しいことは覚えておこう。 運用する場合はTP供給が優秀なキャラクターとの同時編成が理想だ。 クランバトルでの編成例 編成例 カスミと相性の良いキャラクター 【 サポート役】 TP回復でUB発動を早められる 単体回復でHP管理も可能 【 アタッカー 役】 特大ダメージのUB持ち デバフ中の攻撃威力が高い 【 サポート 役】 全体攻撃バフが優秀 UBで全体回復も可能 プリコネRの関連リンク 最新のキャラ・ガチャ情報 開催中・予定のガチャ情報 イベント攻略情報 【復刻】真夏のマホマホ王国 【プリコネR】おすすめの記事 プリコネRの人気記事 注目の攻略情報 各種掲示板 データベース その他お役立ち記事.

次の

アリーナの構築について

アリーナ マジカルカスミ 対策

攻略情報一覧• 最新情報 キャラ• ホットな記事• 開催中・予定のイベント• ランキング• 注目の攻略情報 アリーナ• クランバトル• ルナの塔• ダンジョン• 専用装備• その他の攻略情報• データベース ドロップ情報• その他のデータベース• 初心者向け攻略情報• その他・基本的な攻略情報• プリコネのアリーナで、流行りの編成に勝てない方は是非ご活用ください。 敵の数に応じて効果が上昇する防御デバフや範囲攻撃を持つキャラクターとなっている。 なお、水着カオリのメモリーピースは16日から開催のイベント「」にて獲得できます。 UBが大きく強化され防衛で活躍できる性能へと進化しました。 流行りの防衛編成早見表 注意事項 当記事では防衛編成に対して有利なパーティをまとめていますが、 攻撃側、防衛側が同等の育成状況である事を想定しているため、才能開花などの育成状況や回避、クリティカルなどの不確定要素によっては突破ができない場合もありますので、予めご了承ください。 また、掲載後に新装備や専用装備が追加されたキャラが入っている編成に関しても突破できない可能性がありますのでご注意ください。 情報求む! 現在流行の防衛パーティに対して 「このパーティで突破できた!」や、 「最近この防衛編成が流行っている」などの情報を随時募集しています。 コメント欄より情報提供をお願いいたします。 星6シズル入り編成 星6のシズル入り防衛。 シズル自身、物理に対しての耐久力が非常に高いため魔法に対しての強いキャラと同時編成されることが多い。 突破に時間がかかりやすく、育成が進んでいるアタッカーを編成しなければ攻略が難しい。 星6ミフユ入り編成 星6才能開花のミフユが編成された防衛。 マヒル レンジャー 入り編成 先頭キャラを高頻度で吹き飛ばすキャラ。 隊列圧縮によって耐久力の低いアタッカーが先頭になるケースが多く、混乱UBと合わせてアタッカーが倒されやすい。 星6ハツネ入り編成 物理キャラに対しての攻撃性能が高く、UBには6秒スタンもあるため攻撃と妨害が面倒な相手。 その分耐久力は比較的低いため、バトル序盤で素早く倒すか、魔法パーティで固めて挑戦する必要がある。 リン デレマス 入り編成 挑発や束縛による妨害があり、UBでは耐久度の高いバリアを展開するため、バトルが長引くほど厄介になる相手。 火力特化で素早く倒すか、妨害に特化させてUBを発動させないようなを工夫したい。 星6ユイ入り編成 全体回復に加え物理無効バリアや行動速度バフを付与する星6ユイ。 ユカリやマホと組み合わせることにヨリ高い耐久力を発揮するため、討伐に時間がかかる。 クリティカル運によっては抜けないことも多く、見た目よりも厄介な防衛。 星6ヒヨリ入り編成 UBが大きく強化され、一部後衛キャラまで届く範囲攻撃が非常に痛い。 ヒヨリを素早く倒すか、耐えながら突破することが重要のため、タンクキャラまで含めて編成を工夫しなければならない。 PFペコ入り編成 タンクキャラながら威力の高い攻撃を行ってくるため厄介な相手。 攻撃力は自身の体力の量に依存しているため、範囲攻撃などでペコリーヌを削りながら突破していく必要がある。 星6マホ入り編成 UBで全体のTPを大きく回復し、物理防御バフを付与するため耐久性能を高める厄介なサポート。 暗闇付与などの妨害も行ってくるため、物理パーティでの突破は比較的難しい。 MCカスミ入り編成 TPダウン性能が優れるマジカルカスミが使われた編成。 UBによるTPダウンはダメージ自体を無効化しても貫通するため、ユカリなどで防げない点が厄介。 イオなどと合わせてUBを打ちづらくされてしまうと突破が難しくなる防衛だ。 専用付き正月レイ入り編成 専用装備が付いた正月レイが編成されている編成。 UBの全体4秒スタンが厄介で、装備ステータスやスキルにより魔法耐久が大幅に上がっているため、魔法編成で討伐するのは時間がかかる。 星6ユカリ入り編成 星6ユカリのUBで全体回復、全体魔防バフ、魔法無効バリアを展開されるため、魔法パーティでの攻略は特定のキャラがいないと難しい。 星6イオなどの妨害を凌ぎつつどうやって倒すかが鍵となる。 星6イオ入り編成 イオのUBでTPが下げられ、誘惑状態を付与されてしまうため時間を稼がれてしまう。 イオ自身の耐久力も高く、火力特化の編成で挑んでも落としきれない場合がある厄介な防衛編成。 どちらかのUBが発動されてアタッカーが倒されることも多く、守りに入りすぎると時間内に討伐することが難しい。 HWミソギ入り編成 倒れてもUB効果が残るハロウィンミソギが使われた防衛。 TP加速によってUBを素早く発動してくるため、アタッカーが速攻で倒され、時間切れまで粘られることが多い。 星6リノ入り編成 星6のリノが編成された防衛。 コッコロやクルミなど、攻守サポートを行うキャラも同時に編成されていることが多く、UBを素早く発動してくることも。 リノを倒した後も耐久が高いキャラ達ばかりなので、討伐には時間がかかってしまう。 星6キャル速攻編成 ユカリなどのTP回復を利用してキャルのUBを速攻で発動してくる防衛。 アタッカーが開始数秒で倒されてしまう可能性が高く、そのあとは時間切れまで粘られてしまうことが厄介。 効果量の大きな防御バフや特大ダメージのUB、全体回復などにより突破に時間がかかってしまうことが多い。 ネネカ入り編成 プリフェス限定キャラ「ネネカ」が編成された防衛。 分身生成や強力な範囲攻撃、TP上昇フィールドを展開するため対処をしなければ非常に厄介な相手。 水着ミフユ入り編成 専用装備がついた水着ミフユ入りの防衛編成。 範囲攻撃やアオイの毒攻撃によって体力を削られやすいため注意。 攻撃威力や耐久力が上がっているため広範囲のキャラクターに対してのダメージが痛く、スタンや束縛によって時間も稼がれてしまうため突破が難しい。 限られた後衛キャラなどを使わなければ突破が厳しいため、手持ちによっては戦うのが難しい。 アンの加速によって行動も早まるため、安定して突破できる編成。 カスミが束縛や防御デバフでサポートしてくれるため、イオのTP吸収先に関わらず討伐可能。 相手の回復はユカリとシズルのみなので、ネネカやハツネで妨害しながら討伐可能。 ミフユを落とせば自分のユカリが倒される心配がないので、あとは安全に突破可能。 ツムギで相手の隊列を圧縮させつつ、星6ヒヨリのUBで一気に倒しにかかる編成。 ユカリのランクが低いと落ちることもあるため注意。 さらにルナで加速させ、ヒヨリ前から倒していくことで、相手にほぼ何もさせずに討伐することが可能。 正月コッコロと正月ヒヨリで火力を高めることで安定して突破できる。 行動を止めつつ、カスミUBを発動して素早く倒すことが可能。 ユイの物理無効バリアで正月レイのUBを無効化し、カスミや水着キャルのデバフをかけて前から討伐していく。 TPダウンや全体束縛ができるHWミサキで妨害することで安定して突破できる。 タンクキャラはリマだけなので、アタッカーはネネカとルナで十分に突破可能。 リンを入れて魔法攻撃に対する耐久を高めつつ、正月コッコロやクリスマスチカ、ユニでリノの攻撃力を高めUBで一気に倒す戦術が有用。 討伐TPによって次のUBも素早く発動できるため、短い時間での討伐が可能。 ヒヨリにUBを打たれないように、イオやマジカルカスミをルナで加速させていこう。 デバフフィールドが展開された後はネネカの範囲攻撃で削っていく。 回復キャラの討伐時間にもよるが、早い段階で倒せれば勝率は高め。 MCカスミやHWミサキでUB発動を妨害しつつ前から順番に突破可能。 カスミのデバフフィールドが展開されたら、ネネカの範囲攻撃でまとめて殲滅できる。 タンクにリマを採用することで初速を早め、なおかつスタンでペコリーヌの妨害も可能。 ヒヨリを倒した後は妨害しつつ前から突破可能。 ネネカの範囲攻撃でPFペコを削れるため、ユカリを落とさずに戦うことが可能。 リノ討伐後はネネカの範囲攻撃で前から順番に突破可能。 TPサポートを行うことで妨害を受けても勝利しやすい。 正月レイにUBを発動されないようにイオでTPを吸収すると安定して突破可能。 正月コッコロによって耐久と火力が両立できるため、安定しやすい。 ハロウィンミソギや水着カオリで相手の後衛や回復キャラを倒すことが可能。 編成難易度は高いが安定して突破可能。 コストが比較的軽いため、プリンセスアリーナでの攻め編成としても使える。 コッコロがいない分耐久力は下がっているため、ネネカなどの高火力魔法アタッカーでリマを倒せれば安定して突破可能。 カスミの防御デバフと合わせてネネカ、キャルで前から順番に倒していく編成。 相手に先打ちされないように水着サレンの編成は必須クラス。 ツムギを倒した後は時間との勝負。 星6ユカリを編成することでイオUBを防ぐこともできる。 妨害役としてツムギや星6イオを編成して、回復スキルを止められるような編成を組もう。 スタンや恐慌なども付与できるため、ペコリーヌやコッコロ対策にもなる。 相手を中心にまとめることで、カスミUBの効果を最大限に生かすこともできる。 初弾で倒すことは難しいが、クルミの防御バフによって相手のUBを耐えることが可能。 ダメージによるTP獲得ができ、2回目のUBでアタッカーを倒せる。 討伐TPによって2回目のUBをすぐに使うため、HWミソギもUB発動前に討伐可能。 カスミのデバフによって耐久力が高いペコリーヌやコッコロもそこまで時間をかけずに処理できる。 そのあとキャルのUBでHWミソギを倒すことができる。 専用装備付きのHWミヤコでTPをダウンさせると安定して突破可能だ。 育成が不十分だと時間が厳しくなるが、事故が無く安定して突破可能。 魔法耐久を上げつつタマキでキャルを処理、アオイでペコリーヌを倒そう。 味方が倒されずに討伐できれば時間内の突破は容易だ。 サレンなどのTP回復を利用してキャルを素早く倒そう。 スタンや束縛など妨害もできるため相手のペコリーヌも処理しやすい。 ツムギなどで隊列を圧縮しつつ範囲攻撃でまとめて攻撃するのが理想。 攻撃的なパーティな分耐久力はあまりないため、敵のアタッカーを倒せさえすれば突破は容易だ。 水着サレンを使ってUB発動を早めることで、素早く倒しにいける。 相手の範囲攻撃が届かない後衛アタッカー主体で攻めていこう。 横薙ぎ攻撃がリンまで届くため敵を倒しやすく、撃破TPにより天楼破断剣状態を維持しやすい。 ミミやツムギの攻撃を凌ぐために専用装備付きリマを編成して味方を守ろう。 ミサキによる速度妨害でミヤコやクウカの回復を遅らせられるため、時間内にも突破しやすい。 唯一無二の強さを持ち、物理に対して非常に高い耐久力を発揮することが使われ続ける理由となっている。 アタッカーキャラ 順位 キャラ 使用者数 100人中 1位 54人 2位 33人 3位 10人 4位 9人 9人 5位 6人 イオの1位は変わらず アタッカー部門で不動の人気を誇る星6イオ。 TP吸収や誘惑による同士討ちが非常に強力なため、防衛編成に採用している人が多い印象。 編成するだけで乱数を発生させることができるのが強みだ。 サポートキャラ 順位 キャラ 使用者数 100人中 1位 70人 2位 54人 3位 48人 4位 43人 5位 13人.

次の