髪型ショート女。 お祭りの髪型でショートの女性から人気のアレンジって?自分でセットするやり方も!

≪ 2020 夏 : 新着順 ≫ ショートヘアスタイル髪型

髪型ショート女

画像引用元: スポーツをしている女子の髪型は、競技中も邪魔にならず、アレンジ次第では可愛く仕上げることも可能です。 さらに、活発な女子が好きという男性は少なくありません。 いつも元気で、周りにパワーを与えてくれる太陽のような女子は人気ですよね。 ショートカットの女子だと、 活発で元気な印象を周りに与えることができます。 健康的なイメージも持たれやすいので、お嫁さんにしたいという男性からアプローチされるかもしれません。 ロングでも、しっかりとまとめればスポーツ中も邪魔にならず、なおかつ色んなアレンジもできるのでおすすめ。 編みこみを交えたまとめ髪や、爽やかなポニーテールなども可愛く、スポーツしながらもお洒落な髪型でいられるでしょう。 スポーツ女子の髪型:ベリーショート編 まずは、スポーツ女子におススメの髪型を紹介していきます。 最初はベリーショート編。 ベリーショートは少し勇気のいる髪型かもしれませんが、スポーツ女子には適しています。 可愛くアレンジもできるので、ぜひ参考にしてください。 毛束感をワックスで作るベリーショート 画像引用元: ある程度伸びてもアレンジしやすいのでおススメです。 常に短い状態をキープしないといけない、という状況だと難しいですが、そうでないならチャレンジする価値はあります。 黒髪でもスタイリッシュにまとまりますが、カラーを入れるのもよいでしょう。 個性的なヘアスタイルがいいという方にもおススメしたいです。 活発なショートヘアが可愛い女性アスリート5人 ここからは、活発なショートヘアが可愛い女性アスリートを、5名紹介していきます。 木村沙織 耳かけが可愛いナチュラルなショートヘアスタイルのバレー選手。 動くたびにさらっと揺れる髪が爽やかなショートです。 石川佳純 透け感のある毛先で、動きを出したショートヘアが魅力的な卓球選手。 爽やかで活発な雰囲気が人気の秘密です。 三宅宏実 くるんと内巻きのショートボブが可愛い重量挙げ選手。 ショーバングとの組み合わせがトレンドなヘアアレンジです。 奥原希望 きりっぱなしのショートボブが印象的なバドミントン選手。 明るいカラーでカジュアルな雰囲気です。 坂本詩緒里 黒髪で、さらさらストーレートのショートヘアが魅力的なプロボーラー。 清楚で女性らしい雰囲気が魅力の女性アスリートです。 ワックスを使った基本的な前髪セットの方法 スポーツをする際、前髪が崩れたりべたついたりと、煩わしさを感じることが多いのではないでしょうか。 そんなスポーツ女子におすすめの、ワックスを使った基本的な前髪セットの方法を紹介します。 ワックスを指先で取り、温める ワックスを適量指先に取り、 両手の指をこすり合わせて温めましょう。 前髪の半分から下を中心的に塗っていく 前髪の半分から下を中心的に、 指で挟むようにして塗っていきます。 完成 きれいに整えたら完成です。 束感を出せる前髪アレンジ法 続いて、束感を出せる前髪アレンジ法 の手順を紹介していきます。 スタイリング剤を手に馴染ませる スタイリング剤を手のひらに適量だし、 両手をこすり合わせて馴染ませます。 前髪につける 手ぐしでとかすようにして、 前髪の表面からと裏側からもつけていきます。 ドライヤーで乾かす ドライヤーの風を当て、 根元の方から軽く乾かしていきます。 完成 きれいに整えて束感を出したら完成です。 ショートヘアを可愛く見せるポイント ショートヘアを可愛く見せるためには、 毛先に動きをつけることがポイントです。 どうしても髪の長さがない分、アレンジの幅も狭くなりますが、毛先をハネさせたり、束感を作ったりするのが簡単でオススメです。 さらに、前髪をおしゃれにカットするのも良いでしょう。 斜めにカットしたりショートバングにしたり、 大胆な前髪アレンジがおすすめです。 ロングヘアが可愛い女性アスリート5人 ここでは、ロングヘアが可愛い女性アスリートを、5名紹介していきます。 本田真凜 さらさら黒髪ロングが魅力的なフィギュアスケーター。 綺麗に流したななめ前髪が、上品で女性らしい女性アスリートです。 池江璃花子 ナチュラルなブラウンカラーがきれいなロングの水泳選手。 健康的で爽やかなヘアスタイルが魅力の女性アスリートです。 吉田沙保里 最近では、テレビなどで可愛いまとめ髪で登場する事が多い吉田沙保里さん。 ゆるふわカールやアレンジポニーテールなどがお洒落で魅力的です。 宮原知子 かきあげ前髪が印象的なフィギュアスケーター。 凛とした大人の魅力溢れるロングヘアの女性アスリートです。 シンプルで可愛いひとまとめヘア スポーツ女子におすすめの、簡単シンプルだけど可愛いひとまとめのヘアアレンジを、3つ紹介していきます。 お手軽ローポニーテール ハイカラートーンとの組み合わせがひときわ目を引くドレッドスタイル。 周りと差をつけたい個性派お洒落さんにおすすめのアレンジです。 スポーツ中でも可愛く!ロングにおすすめヘアアレンジ スポーツ女子にぜひおすすめしたい、ロングのヘアアレンジを紹介していきます。 スポーツ女子には前髪なしポニーテールがおすすめ 前髪なしポニーテールの、アレンジの手順を説明していきます。 後ろでまとめる サイドの髪を多めに残し、髪の毛全体を手ぐしできれいに整えながら、後ろの高い位置で一つにまとめていきましょう。 ゴムをしっかり結ぶ 髪を一つにまとめたら シリコンゴムでしっかり結びます。 襟足部分を3mm幅出す 襟足部分の髪を指で少量ずつつまんで、3mm幅ほど引き出します。 表面も3mm幅出す 表面部分の髪の毛も、指で少量ずつつまんで 3mm幅ほど引き出します。 前髪を優しくねじり、ボリュームを出す 前髪と残しておいたサイドの髪をまとめて後ろに持っていき、 指でくるくるねじりボリュームを出しましょう。 ゴムの部分とまとめて一緒に結ぶ ねじった毛束と後ろのゴムの部分をまとめて、一緒に結びます。 ねじった部分を引っ張る ねじった部分の髪の毛を、 少量ずつ指でつまんで引き出しましょう。 完成 前髪なしポニーテールの完成です。 大人ポニーテールをするコツ 大人ポニーテールを作る際のコツを、詳しく見ていきましょう。 毛先を巻く ポニーテールを作る前に、 あらかじめコテで毛先全体を巻いておきましょう。 アイロンでトップを波ウェーブにする アイロンを使って、トップの髪の毛を波ウェーブにします。 適量の毛束をアイロンで挟み、 内巻き外巻きを繰り返しながらずらしていくと波ウェーブが出来ます。 ポニーテールにする 手ぐしできれいに整えながら、後ろに一つにまとめて結びます。 大人のポニーテールは、 位置をあまり高くしすぎないことがポイント。 さらに、サイドとこめかみ部分の髪の毛は少量残すようにしましょう。 ルーズ感が出て可愛さを演出できます。 ほぐす トップや襟足の髪の毛を指で少量ずつつまんで引き出し、ほぐしていきましょう。 無造作感が出て、大人可愛い雰囲気に仕上がります。 毛束を少量掴んで、結び目に巻く 結び目の横の毛束を少量掴んで、 結び目に巻きつけてピンで固定します。 巻きつけた髪も指で少量つまんで引き出しましょう。 コテで髪を巻く サイドに残しておいた髪の毛も、コテで巻きます。 完成! 大人ポニーテールの完成です。 ロングヘアを可愛く見せるポイント ロングヘアを可愛く見せるポイントは、 毛先をゆるふわにすることです。 ふわふわ揺れる可愛い毛流れを作れるのは、ロングならではのメリットです。 まとめ髪にする際にも、あらかじめ髪の毛全体をゆるふわに巻いてからアレンジしていくのがいいでしょう。 まとめる際にはきっちりまとめすぎず、無造作感を出すのもポイント。 まとめた後はルーズに髪を引き出すと、可愛さもアップします。 まとめ スポーツ女子でも、その気になれば女性らしくアレンジができるので、ぜひショートからロングまで、色んなヘアスタイルに挑戦してみてください。 ここでは、参考になる画像や有名スポーツ選手も紹介したので、気になるものがあれば、積極的に試してみましょう。

次の

メガネ女子に似合う可愛い髪型24選!ショート・ボブ・ロングのアレンジも

髪型ショート女

春は心機一転イメチェンしたくなる季節!バッサリショートヘアにしちゃう?ふんわりボブもかわいい!ぱっつんミディアムであか抜ける!?ここまで伸ばしたセミロング・ロングはパーマで変身!40代におすすめのスタイルも!この春トライしたい髪形を見つけてください。 【目次】 ・ ・ ・ ・ ・ トレンドのおすすめショート・ショートボブ 外ハネウェットショート&脱力系アンニュイボブ \ヘアスタイルのポイント/ ・モデルさんの骨格に1番合う形のショートスタイルに。 ・後頭部にボリューム、襟足に向かうにつれてくびれるようにすることで横顔が引き立つように。 \ヘアスタイルのポイント/ ・力の抜けた、ラフでアンニュイで、絶妙なバランスのウェーブスタイルを表現。 ・綺麗な顔立ちのモデルさんなので、ヘアで崩しすぎないように、モデルさんの顔立ちや雰囲気にマッチするようにウェーブををつけて、バランスをしっかり取るように心がけた。 ラベンダーブラウンのツヤショートヘア \ヘアスタイルのポイント/ ・シンプルなあごラインボブに遊びを加えているのは、ハイライトを施したツヤカラー。 ・全体に毛束を細く取ってトーンアップ し、上からラベンダーとブラウンを混ぜたカラーをオン。 ・光が当たったときに透けるため、髪をソフトに見せてくれる効果も。 \SIDE/ \BACK/ 目元リバースバングショートヘア 目尻を隠しながらの外への広がりにほんのり色気を潜ませて。 顔周りふんわりショートヘア \ヘアスタイルのポイント/ ・真ん中で分けた長め前髪に、ソフトなリバースカールをプラス。 ・大人っぽくなりすぎず、カジュアルな印象を与える。 ・ふわっと仕上げるコツは、前髪の毛先をアイロンで平巻きしてからドライヤーの風でほぐすこと。 ・頰骨が隠れ、小顔効果もあり。 \SIDE/ \BACK/ 小顔になれるショートヘア \ヘアスタイルのポイント/ ・サイドにニュアンスをつけにくいショートヘアの場合、もみ上げを長めに残してできた影を利用して、エラをシェーディング。 ・その際、頰の丸みに自然と沿うようなカーヴィな動きをつけるのがコツ。 ・頰の丸みが際立つ&シェーディング効果で、小顔美人に!頰に落ちた影で シェーディング 効果が狙える! \SIDE/ \BACK/ 定番人気のおすすめボブ 小顔効果も!肩ラインボブ \顔周りのニュアンスと幅狭の前髪で憧れの小顔がかなう/ \ヘアスタイルのポイント/ ・広がりがちな髪なので、ベースにはきちんと重さを残しつつハチ上のレイヤーで動きをフォロー。 ・前髪は幅を狭くとって隙間を作り、重さを中和して。 ベージュカラーで優しげに。 \SIDE/ \ペタンコの柔髪はパーマ+ワンカール巻きのダブルテクが効果的/ \ヘアスタイルのポイント/ ・後頭部に入れたレイヤーが、ボリュームレスな髪をエアリーに見せてくれる。 ・大きめのロッドで毛先から1回転巻いたパーマをかけ、さらにアイロンで巻いてふんわり感をキープ。 \SIDE/ \レイヤーを入れた髪を巻いてボリューム感をサポート/ \ヘアスタイルのポイント/ ・裾は重めにしつつ、顔周りとトップにレイヤーを入れて、重軽なバランスに。 ・中太のアイロンで、耳下は外ハネ、ハチ上は内巻きのワンカールにして動きをつけ、細い髪をふわっと。 \BACK/ 輪郭もカバー!好感度ボブ \ヘアスタイルのポイント/ ・縦ラインを強調したシンプルなシルエットで顔の丸さをカバー。 ・スッとシャープに見えるように、顔周りを長くした前下がりラインでカット。 ・毛先が軽いと丸いシルエットになってしまうため、毛先の厚みは残して中間部分の毛量をコントロール。 \BACK/ \ヘアスタイルのポイント/ ・毛量の多さを逆手にとったドライな毛流れで差をつけて。 ・バサッとした外国人風ボブが狙い。 全体にグラデーションカットを加え、なめらかな丸みを。 ・オリーブアッシュカラーで髪をしなやかに見せつつ、波巻きにしてマットワックスをもみ込む。 ・裾を平行ラインにカットし、なじむ程度にレイヤーを。 ・スタンダードなAラインボブを今っぽく見せるには、シースルーバングを合わせて。 透明感のあるブラウンで品良く仕上げる。 \SIDE/ \こんな人に合う!/ ・顔型が卵形や面長の人。 ・髪のボリュームが出にくい人。 ・首が短めの人。 立体カービィフォルムボブ \ヘアスタイルのポイント/ ・眉上でスライドカットし前髪を流しやすく整える。 ・さらに切りっ放しのざっくり感が出るよう毛先をカットし、カジュアルさを強調。 ・前髪と顔周りをつなげるよう前上がりにカットすると、顔が包み込まれて自然な小顔効果も狙える。 \SIDE/ \BACK/ くせ毛風エアリーパーマボブ \ヘアスタイルのポイント/ ・中間部分から平巻きでかけ たホットパーマは、細かい動きでボリュームが出すぎないのが特徴。 ・髪の動きが繊細なので、重くならずに無造作なおしゃれ感を出すことができる。 ・ボサ質感で、即こなれた印象に。 \SIDE/ ・サイドから見たときのボサっとした毛流れが、今っぽさを演出。 ・まとまりすぎない自由な毛流れと、センターで分けた前髪で子供っぽさを回避。 ・短めレングスでも大人っぽく仕上がる。 大人っぽくあか抜けるならミディアムがおすすめ カジュアルな外ハネミディアムヘア \ヘアスタイルのポイント/ ・外ハネパーマでカジュアルさをプラス。 鎖骨下8㎝、前髪は目の上でカット。 ・前髪はかわいらしい内巻きに、裾はカジュアルな外ハネにパーマをかける。 ・ワンカールなので動かしやすく、印象を変えやすい。 またアレンジもおしゃれにキマる。 ・鎖骨丈、前髪は鼻ラインからサイドにつなげたレイヤーベース。 ・軽い質感になるよう、毛束の中間から1. 5回転、内・外交互にパーマをかける。 毛先にワックスをもみ込み、ゆるふわ感を出してひし形に整えると柔らかな印象に。 \SIDE/ \FRONT/ 眉上バングであか抜けミディアムヘア \ヘアスタイルのポイント/ ・幅狭めの水平カットでこなれた印象に。 前髪を厚めに取り、眉上でパッツン気味にカット。 ・小顔に見えるよう横幅は狭めにし、サイドはレイヤーを入れず水平ラインを強調。 ・毛先にワックスをもみ込み束感を出す。 大人だからこそ眉上バングは目を引き、それだけでこなれた度UP。 \SIDE/ \FRONT/ センターパーツでカジュアルミディアムヘア \ヘアスタイルのポイント/ ・センターで分けて左右の毛先に動きを。 トップをざっくりセンターで分け、長めの前髪を鼻ラインでカット。 ・サイドにレイヤーを入れてつなげ、動かしやすくする。 顔周りは軽く巻いてサイドに流し、毛先にワックスを。 ・ラフにかきあげて立体感を出すと、カジュアルおしゃれな前髪に。 \FRONT/ \TOP/ 脱のっぺり!大人ミディアム \ヘアスタイルのポイント/ ・頰でふわっと揺れる大人な前髪を作る。 ・ワンレンだった顔周りの毛を鼻先でカットして前髪を作り、自然にサイドにつなげる。 ・トップの根元を濡らし、毛束を左右に振りながらドライ。 ・6:4で分け、アイロンで毛先をワンカール。 大人っぽさをキープしつつ軽やかな印象に。 鎖骨下15㎝、動きやすいレイヤーベース。 ・くせ毛にはストレートパーマより、質感だけをサラッと変えるトリートメントがおすすめ。 ・くせ毛のニュアンスを残しながら髪質が柔らかくなり、簡単に外国人風のこなれ髪に。 \SIDE/ \SIDE/ 下ろし前髪がかわいいおしゃれセミロング \ヘアスタイルのポイント/ ・〝気持ち短めカット〟で今っぽい下ろし前髪に。 目にかかる前髪は分かれやすく、ペタっとしがち。 ・目にかからないくらいでやや短めにカットし、毛先を軽く巻くと、分かれにくい今どき下ろし前髪に。 ・眉尻近くの前髪を長めにカットし、巻いてサイドに流すと小顔効果もあり。 ヘルシー&セクシーなセミロング \ヘアスタイルのポイント/ ・前髪は、流す方向と逆に引き出し、頰下で斜めにカットしておくと、毛先にニュアンスがついて、アイロンで巻いたときにちょっぴり華やかな 雰囲気。 ・落ち感のあるレイヤーを加えたセミロングとの相性も抜群で、嫌みのない女性らしさが際立つ。 \SIDE/ \BACK/ 女っぽさが際立つロングヘアスタイル 波打ちパーマで華やかロングウェーブヘア \ヘアスタイルのポイント/ ・ゴロンとさせない、波打ちパーマが旬!鎖骨下20㎝、裾はやや前上がりベース。 ・内・外交互に巻いた、今っぽい波打ちウエーブのパーマをかける。 ・バサバサ見えずに緩くしっかりかかる〝デジキュアパーマ〟で、クールなワンレンロングを華やかにチェンジ。 \FRONT/ \SIDE/ 抜け感バングが色っぽいロングヘア \ヘアスタイルのポイント/ ・透け感のある前髪なら大人な表情に。 黒目と黒目の間の毛を薄く取り、目の上ギリギリでカット。 ・サイドは頰ラインでカットし流す。 前髪の根元を起こすようにドライしてから、軽く巻いて透け感を調整。 ・隙間のある透け感バングは幼くなりすぎず、今っぽさや色気も演出。 \FRONT/ \TOP/ 自由奔放なカールが魅力のロングヘア \ヘアスタイルのポイント/ ・顔周りの短い髪を頰の位置で設定し、トップからレイヤーを入れる。 ・すきバサミはあまり使わず、顔周りの毛束感を残すように調整。 ベースはデジタルパーマで全体を中間巻きに。 ・アッシュの透明感とバイオレット のこっくりしたツヤ感を兼ね備えたカラーは、洗練された印象。 ・サイドパートのゆるっとしたロングを、都会的にクラスアップ。 \SIDE/ \BACK/ ミステリアスな雰囲気のロングヘア \ヘアスタイルのポイント/ ・眉下でややカーブがつくように切りそろえた前髪は、隙間を作るように毛量調節。 ・6:4で分けてから、左右それぞれ外はねになるように毛先をアイロンで巻く。 ・ダークカラーのロングのおしゃれなアクセントに なり、程よく個性的な仕上がりに。 \SIDE/ \BACK/.

次の

大人女性が好むベリーショートの刈り上げた髪型とは?

髪型ショート女

画像引用元: スポーツをしている女子の髪型は、競技中も邪魔にならず、アレンジ次第では可愛く仕上げることも可能です。 さらに、活発な女子が好きという男性は少なくありません。 いつも元気で、周りにパワーを与えてくれる太陽のような女子は人気ですよね。 ショートカットの女子だと、 活発で元気な印象を周りに与えることができます。 健康的なイメージも持たれやすいので、お嫁さんにしたいという男性からアプローチされるかもしれません。 ロングでも、しっかりとまとめればスポーツ中も邪魔にならず、なおかつ色んなアレンジもできるのでおすすめ。 編みこみを交えたまとめ髪や、爽やかなポニーテールなども可愛く、スポーツしながらもお洒落な髪型でいられるでしょう。 スポーツ女子の髪型:ベリーショート編 まずは、スポーツ女子におススメの髪型を紹介していきます。 最初はベリーショート編。 ベリーショートは少し勇気のいる髪型かもしれませんが、スポーツ女子には適しています。 可愛くアレンジもできるので、ぜひ参考にしてください。 毛束感をワックスで作るベリーショート 画像引用元: ある程度伸びてもアレンジしやすいのでおススメです。 常に短い状態をキープしないといけない、という状況だと難しいですが、そうでないならチャレンジする価値はあります。 黒髪でもスタイリッシュにまとまりますが、カラーを入れるのもよいでしょう。 個性的なヘアスタイルがいいという方にもおススメしたいです。 活発なショートヘアが可愛い女性アスリート5人 ここからは、活発なショートヘアが可愛い女性アスリートを、5名紹介していきます。 木村沙織 耳かけが可愛いナチュラルなショートヘアスタイルのバレー選手。 動くたびにさらっと揺れる髪が爽やかなショートです。 石川佳純 透け感のある毛先で、動きを出したショートヘアが魅力的な卓球選手。 爽やかで活発な雰囲気が人気の秘密です。 三宅宏実 くるんと内巻きのショートボブが可愛い重量挙げ選手。 ショーバングとの組み合わせがトレンドなヘアアレンジです。 奥原希望 きりっぱなしのショートボブが印象的なバドミントン選手。 明るいカラーでカジュアルな雰囲気です。 坂本詩緒里 黒髪で、さらさらストーレートのショートヘアが魅力的なプロボーラー。 清楚で女性らしい雰囲気が魅力の女性アスリートです。 ワックスを使った基本的な前髪セットの方法 スポーツをする際、前髪が崩れたりべたついたりと、煩わしさを感じることが多いのではないでしょうか。 そんなスポーツ女子におすすめの、ワックスを使った基本的な前髪セットの方法を紹介します。 ワックスを指先で取り、温める ワックスを適量指先に取り、 両手の指をこすり合わせて温めましょう。 前髪の半分から下を中心的に塗っていく 前髪の半分から下を中心的に、 指で挟むようにして塗っていきます。 完成 きれいに整えたら完成です。 束感を出せる前髪アレンジ法 続いて、束感を出せる前髪アレンジ法 の手順を紹介していきます。 スタイリング剤を手に馴染ませる スタイリング剤を手のひらに適量だし、 両手をこすり合わせて馴染ませます。 前髪につける 手ぐしでとかすようにして、 前髪の表面からと裏側からもつけていきます。 ドライヤーで乾かす ドライヤーの風を当て、 根元の方から軽く乾かしていきます。 完成 きれいに整えて束感を出したら完成です。 ショートヘアを可愛く見せるポイント ショートヘアを可愛く見せるためには、 毛先に動きをつけることがポイントです。 どうしても髪の長さがない分、アレンジの幅も狭くなりますが、毛先をハネさせたり、束感を作ったりするのが簡単でオススメです。 さらに、前髪をおしゃれにカットするのも良いでしょう。 斜めにカットしたりショートバングにしたり、 大胆な前髪アレンジがおすすめです。 ロングヘアが可愛い女性アスリート5人 ここでは、ロングヘアが可愛い女性アスリートを、5名紹介していきます。 本田真凜 さらさら黒髪ロングが魅力的なフィギュアスケーター。 綺麗に流したななめ前髪が、上品で女性らしい女性アスリートです。 池江璃花子 ナチュラルなブラウンカラーがきれいなロングの水泳選手。 健康的で爽やかなヘアスタイルが魅力の女性アスリートです。 吉田沙保里 最近では、テレビなどで可愛いまとめ髪で登場する事が多い吉田沙保里さん。 ゆるふわカールやアレンジポニーテールなどがお洒落で魅力的です。 宮原知子 かきあげ前髪が印象的なフィギュアスケーター。 凛とした大人の魅力溢れるロングヘアの女性アスリートです。 シンプルで可愛いひとまとめヘア スポーツ女子におすすめの、簡単シンプルだけど可愛いひとまとめのヘアアレンジを、3つ紹介していきます。 お手軽ローポニーテール ハイカラートーンとの組み合わせがひときわ目を引くドレッドスタイル。 周りと差をつけたい個性派お洒落さんにおすすめのアレンジです。 スポーツ中でも可愛く!ロングにおすすめヘアアレンジ スポーツ女子にぜひおすすめしたい、ロングのヘアアレンジを紹介していきます。 スポーツ女子には前髪なしポニーテールがおすすめ 前髪なしポニーテールの、アレンジの手順を説明していきます。 後ろでまとめる サイドの髪を多めに残し、髪の毛全体を手ぐしできれいに整えながら、後ろの高い位置で一つにまとめていきましょう。 ゴムをしっかり結ぶ 髪を一つにまとめたら シリコンゴムでしっかり結びます。 襟足部分を3mm幅出す 襟足部分の髪を指で少量ずつつまんで、3mm幅ほど引き出します。 表面も3mm幅出す 表面部分の髪の毛も、指で少量ずつつまんで 3mm幅ほど引き出します。 前髪を優しくねじり、ボリュームを出す 前髪と残しておいたサイドの髪をまとめて後ろに持っていき、 指でくるくるねじりボリュームを出しましょう。 ゴムの部分とまとめて一緒に結ぶ ねじった毛束と後ろのゴムの部分をまとめて、一緒に結びます。 ねじった部分を引っ張る ねじった部分の髪の毛を、 少量ずつ指でつまんで引き出しましょう。 完成 前髪なしポニーテールの完成です。 大人ポニーテールをするコツ 大人ポニーテールを作る際のコツを、詳しく見ていきましょう。 毛先を巻く ポニーテールを作る前に、 あらかじめコテで毛先全体を巻いておきましょう。 アイロンでトップを波ウェーブにする アイロンを使って、トップの髪の毛を波ウェーブにします。 適量の毛束をアイロンで挟み、 内巻き外巻きを繰り返しながらずらしていくと波ウェーブが出来ます。 ポニーテールにする 手ぐしできれいに整えながら、後ろに一つにまとめて結びます。 大人のポニーテールは、 位置をあまり高くしすぎないことがポイント。 さらに、サイドとこめかみ部分の髪の毛は少量残すようにしましょう。 ルーズ感が出て可愛さを演出できます。 ほぐす トップや襟足の髪の毛を指で少量ずつつまんで引き出し、ほぐしていきましょう。 無造作感が出て、大人可愛い雰囲気に仕上がります。 毛束を少量掴んで、結び目に巻く 結び目の横の毛束を少量掴んで、 結び目に巻きつけてピンで固定します。 巻きつけた髪も指で少量つまんで引き出しましょう。 コテで髪を巻く サイドに残しておいた髪の毛も、コテで巻きます。 完成! 大人ポニーテールの完成です。 ロングヘアを可愛く見せるポイント ロングヘアを可愛く見せるポイントは、 毛先をゆるふわにすることです。 ふわふわ揺れる可愛い毛流れを作れるのは、ロングならではのメリットです。 まとめ髪にする際にも、あらかじめ髪の毛全体をゆるふわに巻いてからアレンジしていくのがいいでしょう。 まとめる際にはきっちりまとめすぎず、無造作感を出すのもポイント。 まとめた後はルーズに髪を引き出すと、可愛さもアップします。 まとめ スポーツ女子でも、その気になれば女性らしくアレンジができるので、ぜひショートからロングまで、色んなヘアスタイルに挑戦してみてください。 ここでは、参考になる画像や有名スポーツ選手も紹介したので、気になるものがあれば、積極的に試してみましょう。

次の