リゼロ 微精霊。 リゼロで学ぶUML

エイプリルフール企画『アヤマツルート』補足|鼠色猫/長月達平の活動報告

リゼロ 微精霊

エイプリルフール企画『アヤマツルート』補足 2017年 04月01日 土 14:38 やあ、どうも、皆さんご無沙汰しております。 鼠色猫/長月達平です。 活動報告書くのすげぇ久しぶりだなと思ったら、ほとんど一年ぶりで、ほぼ一年前スタートだったリゼロアニメのときの開始報告以来でした。 一年、すげぇ矢の如く早かったですが、楽しかったです。 ぼちぼち、アニメ関係の仕事も落ち着いてきたので、そろそろWeb版の投稿を以前のペースに戻したいなと思う次第。 近況報告はそんなところで、今回は恒例のエイプリルフール企画の補足です。 「アヤマツルート」なんて感じで、スバルくんが今回もひどい目に遭いました。 まだ、四月一日更新を読んでいない方にはネタバレになるので、まだ読んでいない方は今回の割烹はここまでで区切った方がよろしいかと思いますことよ。 その上で、補足ってなんじゃろなーと思う人はスクロールしてってください。 アヤマツ世界線だと、どんな感じになってたか的な部分の話なので、ここがわかった方が面白い人もいるでしょう、メイビー。 (一章四周目で裏声で助けを求めるのに失敗すると分岐します) ・『死に戻り』の権能は健在ですが、他の魔女因子の権能は使えません。 ・根っこの部分がスバルくんなのと、今回はアドバイスしてくれる人がいないため、基本的に最適解を見つけるまで試行錯誤を繰り返すしかありませんが、本編では取れない外道な手が取れるのと、死ねば死ぬほど縋る対象であるエミリアへの想いを強くするので『死に戻り』には積極的になる。 ・リゼロ唯一といっていいぐらい、後ろめたい気持ちなく幸せに死ぬ。 【エルザさん】 ・アヤマツルートのヒロイン(本編的に言えば相棒ポジション)。 スバルくんが闇堕ちすると、何故か隣にくることが多いエルザさん。 一章からの付き合いなのがあるのと、エルザさん自身に組織への帰属意識みたいなものが欠ける部分があるので、スバルくんが味方に引き込みやすいのでしょう。 ・このルートだと、スバルくんをそこそこ気に入っていて、最終的にはメィリィと同じぐらいには親しみを感じていた模様。 最後の場面でラインハルトを足止めしたとき、別れを告げるシーンは作者的にはラブシーン。 ニーアとカイネかよ。 【メィリィ先輩】 ・エルザ同様、姉が味方になると味方になる妹。 元々、スバルに対する印象が悪くないこともあり、相応に親しみを抱いている。 最終的にスバルをとっさに庇って死亡。 ラインハルトの罪深い一撃が彼女の命を奪うのだ。 ・魔女教としての家を持つスバルだが、彼女たちとの接触にはエルザ・メィリィの隠れ家を利用していたため、疑似家族的な場面もあったのではないか。 その関係をメィリィがどう思っていたのかは、彼女が死んでまでスバルを守ろうとしたあたりに反映されるのである。 メィリィ先輩天使。 【ギルティラウさん】 ・ギルティラウさんが何をしたというのだ……。 【黒スーツの男】 ・本編で名前が出てこなかったですが、オットー・スーウェン奴隷版です。 三章でスバルと遭遇しないと、作った借金を返済する手段をなくすため、巡り巡って王都の顔役であるラッセル・フェロー(三章参照)に捕まり、その加護と機転の利くところを重用され、右腕みたいな扱いに。 ・このルートでは、魔女教として暗躍するスバルの、悪事専門の窓口のような立場になり、何かにつけてあれこれ便宜を図っていた。 当人に魔女教と取り引きしていた自覚があったかは定かではないが、夢破れて自分の所有権もなくした時点でやけっぱちになっている。 なお、何かあれば実家の方に多大な迷惑がかかると知っているため、沼から抜け出せず。 ・最終的に生き残ったかどうかは不明ですが、おそらくスバルくんの策略のための犠牲になっている。 【青】 ・依存対象が大きすぎる場合、霧に存在を消されるとえらいことになる一例。 フェリスほど影響のある子はなかなかいません。 本編だと、二章でスバルに救われる前のレムが、ラムの記憶をなくすとこうなるかもしれない。 ・説得に失敗して『死に戻り』する経験をスバルが繰り返し、自殺から救って、偽りの過去の記憶をでっちあげてなんとか体裁を保っている。 たぶん、よくない薬品とかも使ったんでしょうが、フェリスは無意識に自分の肉体を元の状態に保ったりするので苦労したはず。 ・最終的に、このルートではスバルくんが『暴食』を倒しているのですが、そのときに記憶がどうなったのかは本編がまだ未解決なので描かず。 ・ただ、どうなったにせよ、死ぬまでスバルの傍にはいた模様。 【ロズワール】 ・どのルートでも味方なのか敵なのかよくわからん位置に立つ奴。 ・このルートでは、大罪司教からエミリアを王にするための助力をすると持ちかけられ、スバルが『叡智の書』の相手と確信し、従ったと思われる。 少しばかりロズワール自身の思惑と外れたが、このスバルの姿はロズワールが望んだ姿そのものだし、そもそもこのルートがダメでもロズワール的には問題ないため、わくわくしながら協力していたと思われる。 ・最終的にスバルの策の犠牲になった風に描かれているが、国中を火の海にするなんて作戦をスバルが単独で行うことは不可能なため、そちらの方に関わっているとすれば死んでいない。 なお、ラムは死んだ目をしてつき従っている。 【微精霊】 ・スバルがペテルギウスを殺すためだけに契約した微精霊。 スバルはあえて道具として扱い、名前は付けていなかった模様。 ・レグルスさん家の放火と、王都の大火は成長した彼女の仕業。 スバルの目的が果たされたため、王都炎上の時点で契約解除されていると思われるが、おそらくはラインハルトに立ちはだかり斬られている。 【レグルスさん】 ・本編でどんな殺し方するか色々考えていた結果、水責めで死んだので、今回は他の思いついていた候補でとりあえず殺しておいた。 ・こんな扱いだけど、どんな世界でも変わらないレグルスさんを見ていると、変わらないものの大切さを教えてくれる気がする。 しない。 ・ちなみに、この世界でスバルを殺せたかはわからない。 ノーキルかもしれない。 【ペテルギウス】 ・このルートだと、スバルくんが唯一、友情を覚えた相手。 ただし、ペテルギウスさん的にその友情は傲慢すぎたのでNG。 ・おそらく、大罪司教の中でスバルが始末するのに一番手間がかかった。 【候補者たち】 ・エミリア以外の候補者も本編と同じです。 フェルトが盗品蔵関係で捕まっていますが、氷漬けになった蔵の事実関係を確かめにラインハルトが足を運んだ先で、やっぱり巫女の資格が認められて、ラインハルトが騎士になる。 ・ユリウス毒殺後、アナスタシアが辞退したかは不明。 また、参加していたプリシラだが、このルートでは従者諸共姿を消すことになる。 ・エミリアは身に覚えのない功績が積み上がり、ひどく困惑している。 このルートでは『聖域』へ行く理由がなくなるため、ガーフィールやフレデリカを味方に加えることもなく、過去も乗り越えていないため、かなりふわふわした状態で最後までいってしまった。 三章の精神状態のままである。 【ラインハルト・ヴァン・アストレア】 ・英雄殺しという、スバル的なジャイアント・キリングで殺された『剣聖』。 ・スバルが千回以上挑んでも、勝機の一筋も見つけられなかったご存知最強。 そのため、スバルは命ではなく、名誉を汚すことで彼を殺すことを決断する。 王都や国を焼いたのはエミリアのためであり、ラインハルトを殺すため。 ・このルートでは、白鯨戦でヴィルヘルムとクルシュが消されており、その結果を受けて家族関係がやや変化。 父との確執がかなり薄まったこともあって、親子関係は本編よりはるかに改善されている。 そのため、ラインハルトの読者的に疑問視されている人間性が、本編よりわかりやすくなっているため、フェルトとの関係も始まりは悪いが、最終的にはそこそこうまくやれていた。 エルザ以外で唯一、本編より幸せかもしれない状態にあった。 (祖父は消えていますが) ・スバルが起こした王都大火で、フェルトやロム爺、ハインケルあたりはおそらく殺されている。 国を守れないのはもちろん、主人を守れないという最大の汚名を着せる必要があったため、スバルは確実にやっているはず。 これにより、『傲慢』スバルの英雄殺しは完遂するのだ。 ・ただし、このルートで一番アレなのは、『英雄殺し』を名誉失墜によって完遂したスバルに対し、ラインハルトの怒りは名誉を汚されたことではなく、自分の大切な人たちを殺されたことなので、最後の言い合いでは二人は何一つわかり合えないし、何も解決していない。 【本編との差異】 ・二章でレム死亡、アーラム村も半壊(ペトラたち死亡)。 ・三章の白鯨戦でクルシュ、ヴィルヘルム死亡、存在消滅。 ・四章の『聖域』編発動せず。 ロズワールが雪を降らせないため、ガーフィールひきこもり継続。 エキドナ待ちぼうけ。 ・五章のプリステラ戦発生せず。 大罪司教を人知れず攻略するスバルのルートに分岐している。 ・六章以降、完全に別ルートへ突入。 以上だ! 作者による二次創作! 脳内設定でした! 俺も二次創作畑の人間だし! みんなが好きなもんは俺も好きだよ! 来年も楽しみにしててくれよな!! じゃあの!!.

次の

リゼロで学ぶUML

リゼロ 微精霊

U-NEXTの31日週間無料体験に登録• サイト内で リゼロ2期のアニメ動画を無料視聴する• 期間内であれば他の配信動画も無料で見放題• さらに無料登録で貰えるポイントで新作映画や書籍も読める \ 登録後すぐに動画視聴が可能 / 無料期間中に解約すれば料金はかからないので安心安全 Re:ゼロから始める異世界生活 2nd seasonの作品概要 放送 2020年夏アニメ 話数 26話~話 制作 WHITE FOX 声優 ナツキ・スバル:小林裕介/エミリア:高橋李依/パック:内山夕実/レム:水瀬いのり/ラム:村川梨衣• 頼れるものなど何一つない異世界で、無力な少年が手にした唯一の力……それは死して時間を巻き戻す《死に戻り》の力だった。 幾多の死を繰り返しながら、辛い決別を乗り越え、ようやく訪れた最愛の少女との再会も束の間、少年を襲う無慈悲な現実と想像を絶する危機。 大切な人たちを守るため、そして確かにあったかけがえのない時間を取り戻すため、少年は再び絶望に抗い、過酷な運命に立ち向かっていく。 出典:ジ 1期再編集版のラストでエミリアの意味深な発言で2期を待ち望んだリゼロファンは多いでしょう。 延期もあり待ちに待ったリゼロの放送開始です。 今期もスバルにはつらい思いをしてもらわないといけませんが、ファンとしては毎週楽しみに待ちしています。 にっくき魔女教とスバル達がどう戦っていくのか?レムの恋の行方は? Re:ゼロから始める異世界生活 2nd seasonの各話あらすじ 1話 幾多の死を繰り返しながら、ついに白鯨の討伐を成功に導き、暗躍する魔女教大罪司教「怠惰」担当ペテルギウス・ロマネコンティを打ち破ったスバル。 辛い決別を乗り越え、ようやく最愛の少女・エミリアとの再会を果たしたのも束の間、スバルはこの世界からレムの存在が消え去ってしまっていることを知る。 死のループの中で白鯨に襲われたときに起きた《存在の消失》。 白鯨を倒した今、起こり得るはずのない事態がスバルたちを襲う 出典:ジ 2話 3話 4話 5話 6話 7話 8話 9話 10話 11話 12話 Re:ゼロから始める異世界生活 2nd seasonの声優キャスト・登場人物 ナツキ・スバル cv: 小林裕介 本作の主人公。 4月1日生まれ。 黒の短髪、平凡な顔立ち、筋肉質のがっちりした体格の持ち主である少年。 足は一般的な日本人よりも速く、目つきの悪さ(三白眼)が特徴である。 年齢は17歳(開始時点)。 父と母の三人家族。 学校へは登校せずに好きなだけ寝て遊ぶ怠惰な生活を送っていた。 座右の銘は「やるかやらないか迷ったらやらない」。 いわゆる中二病の傾向があり、神話や星の名前などに詳しい。 中学生時代、剣道部に所属していたこともあり、街のチンピラ3人に素手でケンカに勝つ程度の度胸と腕っ節はあるものの、際立った身体的な特技などはない。 空気を読まず、ふざけた態度で人の神経を逆撫でするような性格だが、一方で情に厚く大事な人たちを守るためなら自らを省みない。 出典: 小林 裕介(こばやし ゆうすけ、1985年3月25日 )は、日本の男性声優。 東京都出身。 ゆーりんプロ所属。 出典: エミリア cv: 高橋李依 本作のメインヒロイン。 9月23日生まれ。 人間とエルフの間に生まれたハーフエルフで、銀色の長い髪に紫紺の瞳を持つ美貌の少女。 火のマナを司る大精霊パックと契約し、低温の熱量による氷系統の魔法を好んで使う。 ほかの微精霊とも契約関係にあり、四系統の魔法ならいずれも浅く使いこなせる『精霊術師』。 ルグニカ王国の次期国王を選ぶ王選の5人の候補者の1人。 嫉妬の魔女と容姿が似ていることから世間から不当な差別を受けている。 出典: 高橋 李依(たかはし りえ、1994年2月27日- )は、日本の女性声優。 81プロデュース所属。 愛称はりえりー。 声優ユニット・イヤホンズのリーダー。 第5回81オーディション特別賞、日本BS放送賞を受賞した。 出典: パック cv: 内山夕実 小さな灰色の体毛の猫の姿をしたエミリアの契約精霊。 魔法の威力は絶大で、攻防揃っている。 火を司る大精霊で、熱量を奪うことによる氷系統の魔法を使う。 おっとりとした性格でかなりのマイペース。 出典: 内山 夕実(うちやま ゆみ、1987年10月30日 — )は、日本の女性声優。 東京都出身。 大沢事務所所属。 出典: レム cv:水瀬いのり 本作ヒロインの1人。 青髪のロズワール邸のメイドの少女。 双子のラムの妹。 2月2日生まれ。 17歳。 一人称は「レム」。 スバルのことは「スバルくん」と呼ぶ。 メイドとしては万能で、屋敷の仕事の9割方は彼女が行っている。 ラムより胸が大きい。 亜人の一種である『鬼族』の生き残り。 酒豪が多いことで有名な鬼族だが、アルコールに極端に弱く、酒の上を吹いたそよ風を吸っただけで酔っぱらってしまう。 穏やかな物腰だが、姉同様に毒舌なところがあり慇懃無礼。 身内への情が深い一方で、感情に任せて暴走してしまうところがあるのが玉に瑕。 出典: 水瀬 いのり(みなせ いのり、1995年12月2日 )は、日本の女性声優、歌手。 東京都出身。 アクセルワン所属。 レコードレーベルはKING AMUSEMENT CREATIVE。 愛称はいのりん。 血液型はB型。 公式ファンクラブはいのりまち。 出典: ラム cv:村川梨衣 桃髪のロズワール邸のメイドの少女。 双子のレムの姉。 2月2日生まれ。 17歳。 一人称は「ラム」。 スバルのことは「バルス」と呼ぶ。 レムよりメイドのスキルは低い。 傲岸不遜な態度で隠しているが、その実面倒見のいい性格。 毒舌家で、特にスバルには容赦なく毒を吐くが、その一方で彼のことをある程度は評価している。 主人であるロズワールに主従を越えた親愛を抱いており、彼の意思がラムの行動原理となっている。 妹のレムのことも大切に思っており、第二章でレムが衰弱死した際には正気を失うほど動揺した。 出典: 村川 梨衣(むらかわ りえ、1990年6月1日 )は、日本の女性声優、歌手。 東京俳優生活協同組合所属。 レコードレーベルは日本コロムビア。 埼玉県生まれ東京都育ち。 身長152cm。 血液型はB型。 出典: Re:ゼロから始める異世界生活 2nd seasonの監督・スタッフ・制作会社• キャラクター原案:大塚真一郎• 監督: 渡邊政治• シリーズ構成:横谷昌宏• 撮影監督:峰岸健太郎• 音響監督:明田川仁• 制作:WHITE FOX 製作の WHITE FOXは『STEINS;GATE』を製作した会社です。 今回もリープものでとの声もありましたが1期を見ての通り素晴らしい作品に仕上げました。 2期も期待できそうですね。 Re:ゼロから始める異世界生活 2nd seasonの予告映像・主題歌 OPED こちらが予告映像となります。 PVにレムverを作るあたりがファン心理をついてますね。 続いて 主題歌 を紹介します。 「Re:ゼロから始める異世界生活 2nd season」のオープニングテーマは 鈴木このみさんの「 Realize」です。 「Re:ゼロから始める異世界生活 2nd season」のエンディングテーマは nonocさんの「 Memento」です。 Re:ゼロから始める異世界生活 2nd seasonの評判・口コミ レグルスさんめっちゃいい🥺👍🏼 — カエル🐸 252525kaeru 遂にやってきたリゼロ2期。 前半は嫌な新キャラをレムが片付けるというレムが美味しいだけのシーンかと思いきや…。 魔女教連中に大切な人の記憶が奪われ葛藤するフェリス。 レムを守れなかったスバルの後悔。 それでも、そんな時にそばに居てくれる人がいるありがたさがしみる。 素晴らしい。 第1期は2016年4月より放送されてから約4年、延期もありましたが待望の2期スタートです。 期待の高い作品だけに今後の展開から目が離せませんね。

次の

【リゼロ】氷結の絆(映画)のあらすじ紹介!後半の結末をネタバレ!

リゼロ 微精霊

【リゼロ】魔法使いとは リゼロの世界では、自然界に存在するエネルギー・マナを消費し、効力のイメージを思い浮かべ詠唱する事で魔法を発動する事が出来ます。 魔法使いの場合、 『マナを体外からゲートを介して一度体の中へ取り入れ、またゲートを介し発動する』という方法を取るのが特徴です。 ゲートとは、使用者の体の内外へマナを通す為の門の事で、この世界の生き物全てが持っています。 そのゲートの大きさと数がその使用者の魔法使いとしての格と比例しており、魔法使いとなる者の実力を測る一つの指標となります。 ゲートは素養に関係なく持っているものですが、持ってるだけでは魔法は使えず、魔法使いになるには訓練をし習得する必要があります。 位の高い者やその護衛が教養や自衛の為に習得するので、一般人のほとんどが魔法を使えないようです。 リゼロの世界には、火・水・風・土・陰・陽の6つの属性の魔法があり、使用者と相性の良い属性が適正となります。 火・水・風・土のうちの1つの適正があるものですが、稀に複数に適正がある者もおり、魔力が許せば複数の属性持ちとなり、戦闘を有利に運べる存在になれます。 実力は上の下(ロズワール評)とあるが、鬼化する事で額に現れる 角から多くのマナを取り入れ強力な魔法も使えるようになります。 魔導の名門・メイザース家でも過去最強と言われ、「魔導の加護」という生まれ持っての恩恵により 六属性の魔法が使える。 水属性の適正はあるが、回復魔法だけは使えない。 また空も飛べる。 魔力の強い大精霊のパックと火属性で比較しても、魔力の強さでは負けるが魔法を操るあらゆる技術で使いこなし、上回る事が出来る。 最弱クラスの弱さのスバルにとっての貴重な攻撃手段だったが、仲間たちを救う為に酷使し続けた事でゲートが壊れてしまう。 そのため、魔法使いとしては不能の状態。 【リゼロ】精霊使いとは ゲートを使わず 大気中のマナを直接使って精霊を使役する者の事です。 本人の資質ほとんど問わず、契約している精霊の強さが精霊使いとしての実力となります。 更に実戦では、精霊と精霊使い本人がそれぞれの戦略で戦闘に参加する事が出来るので、そのアドバンテージを活かせるならば、かなり手強い存在となると広く認識されています。 スバルは精霊使いになる 人工精霊・ベアトリスは魔法を使う事が出来なくなったスバルを憂慮しサポートする為、またスバルは古い約束からベアトリス解き放つ為にと契約を結ぶ。 晴れて数百年もの間、禁書庫へ縛り付けられていたベアトリスを自由の身にする事が出来た。 そのベアトリスは愛らしい幼女の容姿の為、使役しているスバルの事を世間では精霊使いとしてではなく『幼女使い』として認識が広まってしまっている。 そんな誤解を受けている2人だが、契約の経緯の通り、お互いの献身と信頼が見て取れ、同じ陰属性と言う相性の良さもありなかなか良いコンビとなっている。 【リゼロ】精霊術師とは 精霊使い同様ゲートを使わず、大気中のマナの消費で契約している精霊の協力のもと魔法を使う事を精霊術と言い、その使い手の事を指します。 使える魔法の属性と力はその精霊に依存します。 魔力があり、精霊と仲良くなれるという素養が必須のようです。 本来は魔力も高く魔法使いとしての素養があったのだが、何かしらの事情があるパックにより体内のオド(と言う生まれ持って体内あるマナのようなエネルギー)をコントロールされ、魔力が弱いのだと認識させられている。 その為、精霊の助けを借りて魔法を使う精霊術の使い手となっていた。 後に、パックとの契約を解除し、魔女による試練で自分と向き合い乗り越える事が出来た時に自らの魔力で魔法を使えるようになった。 試練を受ける際に必要だった為、パックと契約を解除しているが、他の微精霊との契約は継続しているので精霊術師としても健在。 因みに、オドはマナと同じ魔力となるエネルギーだが、マナと違い、消費するとその分は回復する事はない。 使い切ると廃人となるので、使用するのは命を削るような無謀な行為。 【リゼロ】精霊騎士とは 精霊術師でもある騎士の事をユリウス自身がそう称しました。 騎士になった精霊ではありません。 剣術や体術だけでなく、魔力にも優れているハイブリッドな存在です。 後に、大罪司教・ロイにより名を奪われ人々から存在を認識されなくなり、精霊達との契約も解除となった。 まとめ それぞれ共通しているのは、自然界にある魔法エネルギー・マナを消費する事で魔法や精霊を使います。 強さは 使用者の実力次第で決まります。 精霊と精霊使い別々で戦う事が出来ます。 強さは精霊の実力次第で決まります。 強さは 精霊の実力次第で決まります。 よって 精霊の実力+本人の実力が強さになります。 それぞれ、作中によく登場していましたが、改めて思い返してみると理解が曖昧だったり、混同して覚えていたりしたので、まとめる事で明瞭になって理解も深まりました。 リゼロならではの独特な解釈もありますので、世界観の理解を深める為に、是非、お役立て下さい。

次の